FC2ブログ

マウンテンサイクリングin乗鞍 gaap参戦記

時系列に乱れありますが、今更ながらに記録を。

 ヒルクライム大会って申込したことはあれど、荒天中止とかで走ったことが無かったのですが、今回、初めて参加してまいりました。今回は乗鞍で国内舗装道路最高点の標高2720mを目指します。

 GaapOwner'sClubのお誘いにより、gaaperさん、kkkwさんの出走、泥狐さんの付き添いでの参加となり、gaap三台で参加して参りました。

0.スタートまで

 お宿は取ってくれたので、松本駅まで輪行して合流することになり、特急しなので一路松本駅まで。
松本に来るのはフレッシュ「チーム風林火山」のスタート地点依頼。

 ここでkkkwさんと合流し乗鞍まで。

 途中、道中最後のコンビニで買い出しのタイミングでgaaperさん、泥狐さんと合流。

 ちらほらと参加者たちのクルマも。
 自走組もちらほら。

 最初は自走で会場までと考えていたけど、クルマで行って正解。
 途中、登りのトンネル、これは厳しい。トンネル内で分岐あるし、結構な斜度を登るので背中にお泊りセット背負って登るのは距離考えても相当時間かかる見込みで、来年以降参加するならどうするか悩むところですなぁ。

 途中、宿をスルーして会場行って前日受付。宿の場所を確認しようとして走っていると、斜めに車が下っている?よく見ると、後輪が浮いており、どうやら、誤って道路踏み外して落ちたようだ。おかげで宿を見過ごしたが、まぁ、とにかく会場に。

 クルマ止めるのに難儀しましたが、受付会場に。
12946333_2296352513_179large.jpg
12946333_2296352501_59large.jpg
チャリダー取材班も。
12946333_2296352512_39large.jpg
会場は参加者で混雑してましたが、ゼッケンやらもらって、ブースとか眺めて、改めてお宿へ。
12946333_2296352509_254large.jpg

 宿は、やはり、事故っていた車のすぐ傍でした。

 クルマ止めてチェックインして、まずは自転車の組み立て。
今回は軽量ホイール装備のラベンダー号。フロントトリプルにリア30Tいれた貧脚ヒルクライム仕様です。

 試走がてら、受付過ぎてコース上を行けるところまで。
 制限エリア手前で折り返して、今度は白骨温泉へ抜ける道を足慣らしに上る。
 登り切ってトンネルところで休憩。
12946333_2296352505_100large.jpg
12946333_2296352506_232large.jpg
12946333_2296352503_97large.jpg
 天気は良く気持ちいい。

 降って、宿行って、お風呂入ってのんびり。

 お宿の晩御飯は地元で採れたきのこ鍋。
 12946333_2296356185_203large.jpg
12946333_2296356178_42large.jpg
 雑炊まで頂いて満足満足。

 お部屋で積もる話もありましが、朝早いので早々にお休みとなりました。

1.スタート〜ゴール

 先ずは年齢別のスタートになるので、自分のゼッケン箇所にgaapを置いて、開会式。
12946333_2296352499_98large.jpg
 天気は雲はかかってるけど、何とか晴れ間も。登りは暑いかも。
 年齢別にスタートなのでgaaperさんとkkkwさんとは30分ぐらい時間差があり、正直追いつくのは厳しいだろうなぁと。

 時間になってスタートラインに誘導してもらうとなんとなく最前列に。
12946333_2296352493_75large.jpg
 スタート時間を知らせるカウントが始まり、そこそこ緊張。
12946333_2296352492_98large.jpg
 時間来て、一斉スタート。

 とりあえず、追いつくか分からんけど、kkkwさん、gaaperさん追いかけて、アウター縛りでそこそこのペースで登っていきます。

 王滝と同じでやはり小径車は目立つのか、あちこちでお声掛け頂きました。ありがとうございます。
 気温はスタート時はちょうどいいくらいでしたが、やはり登りだすと暑い。
 
 CP1を通過時に給水サービスがあったので、最初の一杯スポーツドリンクを貰い、二杯目は水を貰い、軽く頭にかけて冷却。
12946333_2296354648_56large.jpg
 ここらで、既に後発スタートの30台ゼッケン組に抜かれ始めて、しかも前走する50台ゼッケンも見えず、気合入れて走るモードからサイクリングモードに切り替えて、景色を堪能しつつ、フロントインナーでくるくる回してのんびりモードに。

 森林限界超えて、景色いいところを進みますが、標高2000m超えてから空気薄いのか、全然力はいらずヘロヘロ。インナーローでのんびり登って、ようやく天辺が見えてきます。
12946333_2296354647_76large.jpg
 バス送迎でのギャラリーポイントでは調子乗って、勢いでぐいぐい行くも人目途切れるとヘロヘロ(笑)。

 最後の最後、ゴール地点で気合入れるも、あえなく撃沈。結局2時間越えてしまいゴール。。。
12946333_2296354649_41large.jpg


3.ゴール後

 ゴールしてドロップバッグポイントに向かうと、kkkwさんは既に帰り行列に待機中。急ぎドロップバッグ回収して、下山列に並んで待機
12946333_2296352530_46large.jpg
 待ってると汗冷えして来て、冷え込むので冬ジャージ着込んで待機。
12946333_2296352523_229large.jpg
 降りだして、ギャラリーポイントでkkkwさんが待ってくれていて、また途中で写真撮ってるgaaperさんとも合流して降り。
12946333_2296352517_201large.jpg
 待ち時間に風景撮影。
12946333_2296352520_67large.jpg
12946333_2296352519_132large.jpg
12946333_2296352524_85large.jpg

 トライアル車で登る凄い人も!
12946333_2296352518_205large.jpg
さすがに20kmの降りは大変。油圧ディスクブレーキでこれだから、ロードのキャリパーブレーキの人は大変だなぁなどと思いつつ、下山。

 無事スタート地点に戻り、完走証(その場で印刷してくれる!)とリンゴやアミノバイタルとかもらって、お宿へ。お風呂お借りしてさっぱりしてから片付けして帰路へ。

 帰り道、バームクーヘンをお土産に買って、お蕎麦頂いて帰りました。
12946333_2296352514_245large.jpg

 今度は高山側から登ってみたいですね。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
スポンサーサイト

セルフディスカバリー王滝2018秋60km gaap参戦記

 今年は水害の為、多くの被害が出た王滝村。水公園へ行くルートが崩落により使えないとの話をニュースとかで聞いていたが、どうなるのだろうとやきもきしていたら、中止の発表。まぁ、こればっかりは仕方ないよね。関西でもエライ大雨で被害出てたし、全国的にも仕方ないところ。

 王滝用のマシン準備も練習も全くしていたかってところ、急遽ルート変更して周回コースにての開催になるとのこと!
 お宿キャンセル踏みとどまっていてよかったぁ。

 と言うことでマシン準備をセコセコと。
 今回は前回同様、20-451ホイルでTIOGA COMPⅢの1-3/8と細めのタイヤで行くことに。
 前回はCP1でタイヤトレッド面をざっくりカットしていまい、タイヤブート貼ってもどうにもならず無念のDNF。
 
 今回は、11月の冬王滝のコースを3周回で距離は60km。これなら何とかなるかも淡い期待を頂きながらの参加となりました。

0.スタートまで

 いつも通りの輪行出発。始発で行くと眠い。アーバンライナーでは熟睡。
 特急「しなの」に乗り換えて、10:00過ぎに木曽福島駅に到着。

 ホントは自走で行くはずでしたが、雨模様で、kkkwさんが木曽福島駅まで来てくれました。
 車に乗せてもらい一路王滝村へ。

 途中、サルがたくさんいましたね。久しぶりに目撃しました。

 早めについたので、まずは松原スポーツ公園へ。
12946333_2295170968_254large.jpg
 まだ、受付してなかったので、腹ごしらえに王滝食堂に。
12946333_2295170908_59large.jpg
 いつもの猪豚ステーキ定食で力入れます。
12946333_2295170905_157large.jpg
12946333_2295170971_218large.jpg
 それから受付へ。

 受付行って気づきましたが、今回は参加者が少ない。
 残念なことです。
 
 今回は参加者に王滝村内で使える商品券3000円がキャッシュバッグ。
 しかも事前の100kmエントリー者には2000円の返金もあり、すごく申し訳ない気持ちに。

 しかも商品券はお宿でも使えるという超お得感。
 もっと早くにアピールしていれば、来られる人も増えたかも。
 やはりコースの安全確保や段取り含めて時間が無かったのでしょうね。重ね重ね残念です。
 商品券を使える屋台も出ており、焚火の下、賑やかになっていました。
12946333_2295170965_246large.jpg
 ここでマウンテンユニ(一輪車)の方にご挨拶。
 過去に何度かマウンテンユニを見かけたことはあるのですが、今回のマウンテンユニはディスクブレーキに進化していました! 
12946333_2295170963_137large.jpg
12946333_2295170960_130large.jpg
12946333_2295170959_23large.jpg
これはびっくり。前回もお見かけしており、色物同士頑張りましょうと(笑)。

 受付も済ませたので、この9月で営業終了する「王滝の湯」へ湯あみに。
12946333_2295170955_186large.jpg
12946333_2295170957_169large.jpg
 いつもならここで自転車組み立てて試走がてら行くのですが、今回は雨降りなので車で。

 王滝の湯でたっぷり癒されてから「滝旅館」にチェックイン。
 王滝の湯は経営してる所が手を引くみたいで、建物は残るらしいので、村営なり、他に経営してくれるところがあればいいなぁと淡い期待。温泉から望む御嶽山は絶景なので、毎回、それを拝みに行ってると言っても過言ではないので。

 荷物おいて、自転車組み立て。
12946333_2295170952_235large.jpg
 タイヤの空気圧確認して、ゼッケン付けたりして準備OK。
 最後にオータキちゃん缶バッジで完走祈願!
12946333_2295170948_90large.jpg
12946333_2295170945_26large.jpg
 夜に雨が降るということでお宿の方が気を使ってくれて、屋根つきの駐車場を開放してくれて、そこに保管。

 MATTさんも合流して、残り、夕飯まで宿でごろごろ。
 こんなにのんびりした王滝は初めてかも。

 晩御飯頂きましたが、今回はお宿の利用も少ないようで、なんとなくさみしい。
 明日に備えてごはんたっぷり頂きました。
12946333_2295170943_40large.jpg
 翌日スタートは8:00で、自転車並べれるのは7:00から。と言うことは7:00に宿出発すればいいかと言うことで6:00起きにして早々に就寝と相成りました。
 朝起きてお宿で用意してもらったお握りとバナナ、魚肉ソーセージに買いこんでいたかねまるパンを食してから出発。
12946333_2295170933_48large.jpg
12946333_2295170939_104large.jpg

2.スタート

 7:00にのそのそおっとり駆けつけるとまだスタートに並んでいるのは少なく。グランドの土の手前、舗装面に自転車おくことが出来ました。
12946333_2295170931_198large.jpg
12946333_2295170928_168large.jpg
12946333_2295170919_93large.jpg
 スタートまでの時間、のんびりしていると何人か知り合いに声かけられます。
12946333_2295170923_148large.jpg
 もう少し手前にニパ子ジャージの方が。これはあいさつ行かねばと行くと、小諸とかよく一緒する「狂四郎さん」でした。
レーシングニパ子ジャージ着弾したらしいですが、今回には間に合わず。うちも今頃ついているだろうけど、流石に王滝に新しいの着てくる気はしないので、一着目の汚れ物専用ニパ子ジャージでお互い参戦です。
12946333_2295170921_54large.jpg
 7:50頃からいつもの安全祈願。霊峰御嶽山は今回は雲にお隠れになって見えませんでしたが、皆で御嶽山の方向に向いて二礼二拍手一礼して完走と安全を祈願。そしていつもごとく、ファーンと気の抜けたらっぱ?でスタートです。

3.スタート〜

 スタートしてはダートに入るまではパレードラン。
 舗装路とはいえ、登りだすと斜度がきつくて、軽いギアでのんびりと。
 ここで多くの方にお声掛け。毎度毎度ありがとうございます。

 舗装路登り切って、いよいよダート突入。
 500mアップのダートです。斜度に合わせてギア切り替えながら我慢の登り。
 ダート入口が今回混雑せず、足つきなく登っていけます。

 じわじわ標高あげながら、去年の冬王滝ではこのあたりは霜柱で既に白い世界だったなぁ、と思ったらいきなりパンク。
 なぜ登りでパンク???

 頭にクエスチョンマークを浮かべながらチューブ交換。
 パンク箇所確認するとトレッド面に小さい穴。何か刺さったか?

 取り急ぎチューブ交換してると、MATTさんにマウニンテンユニの方に追い越される。

 これは急がなくてはと空気入れて追いかけ始める。

 前回は一面真っ白で路面はよくわからなかったが、景色からもうそろそろ天辺と分かるぐらい。以外に路面はガレてなくて、マッディ。泥路面は、細いタイヤには厳しい。降り入ると何度か前輪が突っかかり転倒の危機に。何とかマシンコントロールしてると、いきなりパンク。。。。

 何なんと思ってチューブ交換。チューブ見るとリム打ちしてる。空気圧低すぎたか?仕方なく、2.4barから3.5ぐらいまで上げて空気入れ。レザインの携帯ポンプのホース途中の空気圧計なので信頼性はイマイチ。触った感じはもっと低いかもと思いつつ、再スタート。数キロ行くまもなく、またパンク。リム打ち。もしかしたらリムテープが悪いのか?でもスネークバイトで2か所穴開いているから、リム打ちに違いない。今度は4barまで空気圧上げて再スタート。下りの調子乗ってペース上げだすとまたぷしゅー。。。。これは何か根本的にあかんなぁ。ホイルに問題あるんちゃうかと疑いつつ、タイヤいったん外して、リム面の清掃。タイヤ内も拭き取って小石等のごみ撤去して、タイヤ嵌めてチューブ入れて、高めの空気圧で走り出す。だいぶ高度落ちてきて周回ループまであと数キロでまたパンク。ここからもう原因分からず、2キロごとぐらいにパンク。もう完全に諦めて、ループ入らず、DNF宣言して、タグ外してもらいDNF。最後のゴール手前の橋のところで最後のチューブもパンク。残りはとぼとぼ歩いてゴール地点へ。
 12946333_2295170916_240large.jpg
 今回は走ってる時間より、チューブ交換してる時間の方が長かったというトンデモ王滝でした。


4.DNF後

 ゴール地点で穴あきチューブにパッチ当てて修理ていると、回収車の軽トラがやってきて乗ってく?と問われたので、是非是非と。チューブレスで前輪裂けてどうにもならん人と共にドナドナ帰還。。。
12946333_2295170913_156large.jpg
 松原スポーツ公園で、王滝村の方の振る舞い豚汁を頂きました。
12946333_2295170911_201large.jpg
 パンクしたまま、お宿まで戻って、お風呂頂き、kkkwさんの帰還待ち。MATTさんは腰痛が出たとのことでループ1で脱出して帰路につかれたとのこと。風呂あがって荷物片づけていたらkkkwさん帰還。泥だらけの自転車を、お宿の方に水道借りて洗って、輪行体制に。再びkkkwさんに乗せてもらい木曽福島駅へ。
12946333_2295170910_197large.jpg
 そういえば昼ごはん食べてなかったんで、お蕎麦とソースかつ丼頂いてから、kkkwさんとお別れして特急しなので一路帰還。名古屋で弁当買いこんで、無事帰宅。

 謎のパンクでえらい目に合いましたが、謎を追求し、次回は万全の対策を施し、出走したいと思います。
 2019春王滝はもう既に始まってるのだ!

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

今頃ですが、「第二回米原ファミリー自転車キャンプ」行ってきました。

夏休みの話題を今頃ですが。。。

第二回目の開催となる米原ファミリー自転車キャンプに娘と参加してきました。
娘のバレエコンクールの翌日となり、参加するかギリギリまで悩みましたが、折角の夏休みなので参加。
バレコン頑張ったご褒美と言うことで。

1.初日

 米原まで輪行。
 娘の分まで自転車担ぐと大変。

 到着して、輪行解除して受付。
12946333_2294857816_120large.jpg
12946333_2294855104_34large.jpg
12946333_2294857792_53large.jpg
 昨年同様のスタッフさんにご挨拶。
 娘の成長(背伸びた)と自分のダイエットに驚かれました(笑)

 琵琶湖沿いの街、米原にちなみ、「びわ湖の素」チャームを頂きましたので、早速、サドルに取り付け。

 今回は参加は20家族。
 女の子はうちと、もう人ファミリーの姉妹。
 
 同じチームとなり二日間お世話になります。

 準備運動して、ブリーフィング。
12946333_2294857827_158large.jpg
12946333_2294857783_64large.jpg
 本日の行程とお楽しみの説明。一日目は昨年とほぼ一緒と言うことで、早速スタート。
12946333_2294857808_252large.jpg

 最初は列車退避壕へ。
12946333_2294855102_195large.jpg
 米原駅から近くで、戦時中の機関車退避の為に岩山を掘ったトンネルです。
 貫通はしていますが、終戦を迎え、機関車が入るサイズまでは掘り上げれていないので途中、大人の背丈では厳しいところも。

 昨年はこの中を蝙蝠が飛び交っていたので、シャッターチャンスを狙いましたが、今年はどこかへ行っていていませんでした。

 続いて、ツリーハウスへ。
12946333_2294857811_55large.jpg
 階段が手摺無くてビビりまくりの娘でした。
12946333_2294855120_99large.jpg
12946333_2294857813_81large.jpg
12946333_2294857791_119large.jpg
 昨年同様チューペット頂きましたよ。
12946333_2294857788_252large.jpg
 ここでキャンプしている方々が流し素麺してました。楽しそう。
12946333_2294857790_174large.jpg

 そこから醒ヶ井宿へ。
 ここの水は山からの湧水で、超冷たくて、ここでは我慢大会。
12946333_2294855084_208large.jpg
あ、沢蟹!
12946333_2294855083_121large.jpg
 親子ともども制限時間7分間耐えきりました。
12946333_2294855082_52large.jpg
12946333_2294855081_178large.jpg
 醤油屋さんで醤油アイス頂きました。

 続いて線路道。セメント工場までの貨物輸送の廃線跡を整備したサイクリングロードを走って行きます。なかなか快適。
 途中、見晴良いところで写真。子供たちは、何気に道沿いの丘を登りだしたのでこちらも。何もなかったけど見晴よく、これから登る伊吹山を一望。
12946333_2294855080_243large.jpg
 ここの線路道がじわーと登りなんで、娘がペース落ちてきて、この先登るの嫌とか言い出すが、休憩時に保冷ボトルの氷水飲ませて宥め賺したり。線路道の駅で休憩。

 線路道を抜けきったら、いよいよ伊吹山の登山口。セメント工場のベルトコンベアをくぐっていきます。
12946333_2294857826_183large.jpg
 上る前に神社前で休憩。

 ドリンク補給して、アイスクリーム食べて、体を冷やして準備万端。
12946333_2294857825_120large.jpg
 昨年は押し歩きしまくったが今年はどうかな?

 登り始めは無理とか言ってたのに、一回走った峠は楽に感じるんだよって言ってあげながら宥めすかしていると、意外としっかり登っていく。
12946333_2294857830_196large.jpg
 但し、暑いしボトルからの給水が走りながら出来ないので、「水!」と言って足付き。保冷ボトルの氷水飲んだら、また自転車乗って登り始めていく。
12946333_2294857798_243large.jpg
 これは意外と行けるかなと見守りつつ途中何度か足付きドリンク休憩。標高あげてきて、琵琶湖の長めにほっと一息。去年はこの場所ではもう押し歩きだったよっていうと、まだ行けると心強い言葉を。
12946333_2294857829_49large.jpg
 最後、平坦に近いところでは加速して一気に伊吹山山荘へ。

 無事にフル乗車で1時間ほどかけて3キロ標高差300m程のヒルクライム登り切りました!
12946333_2294855075_66large.jpg
 ご褒美に、ガリガリ君を頂きました。

 自分は物足りなかったので、お代わりで一度ゲートまで下って登り返し、14分ほどかかってしまい、すっかり登りはヘタレぶりを発揮してしまいました。

 伊吹山山荘に戻ってから、トンボ捕まえたりして遊んでからお風呂。

 風呂上りに、おにぎり握ったり、親子でお手紙書いたり、皆で歌うたったりして楽しく時間過ごしてから、お楽しみの晩御飯。
12946333_2294857818_196large.jpg
12946333_2294855074_176large.jpg
12946333_2294855118_196large.jpg

 BBQの始まりです。
12946333_2294855098_106large.jpg
 昼間、一杯走って楽しんで遊んだのでお腹ペコペコでたんまり食べてしまいました。
 娘はマシュマロ焼いてデザートも楽しんでました。
12946333_2294855073_163large.jpg
12946333_2294855112_138large.jpg
 食後は星空観たり、スタッフ若手のがまちゃんのカメラで遊ぼうなどして楽しんで、9:00就寝。
12946333_2294857785_35large.jpg
 楽しい一日目終了。

2.二日目

 起きて、まずは朝ごはん。今日も走るのでしっかり食べますよ。
12946333_2294855117_11large.jpg
 今日の工程を確認してから、安全に下山。
 こういう時にディスクブレーキは安心。娘も自転車もCXバイクしてるので、ハンドルバーのサブブレーキでも十分な効きで安心してスピードコントロール。

 下山して最初に田園アート見学。田んぼに地元中学生の力作が見れます。
12946333_2294855072_132large.jpg
 それから、鉄分補給に新幹線ポイント。
12946333_2294855105_157large.jpg

12946333_2294857832_64large.jpg
12946333_2294857803_215large.jpg
 三島池で昨晩泊まった伊吹山をバックに撮影。
12946333_2294855097_212large.jpg
 今年は微妙に風があり、水面が凪でなく、逆さ伊吹は写らず。。。
 途中、ローザンベリーにて休憩。ソフトクリームいただきました。
12946333_2294855095_55large.jpg
 琵琶湖に出て、お昼ご飯頂きます。

 昨年と違いここからは、カヤック体験と釣り体験。

 カヤックは初めてでしたが、意外と乗れてびっくり。娘も器用にパドル操って楽しく併走。
12946333_2294855092_93large.jpg
12946333_2294855090_21large.jpg
 結構、沖まで出たので面白かったです。

 カヤックの後は釣り。
 小エビを餌に釣り針垂らすとブルーギル爆釣!
 大きなのを釣り上げて満面の笑みです。
12946333_2294855067_209large.jpg
12946333_2294855089_160large.jpg
12946333_2294855107_200large.jpg
 地元の漁師さんに天然ウナギも見せて貰ったり。
12946333_2294857810_119large.jpg
 5匹釣り上げてタイムアップ。

 最後は米原駅までサイクリング。
 見通しいい車通りの少ない道で子供ら同士でアタック合戦。
 30km/h以上のペースを娘が出していたからびっくり。
12946333_2294855109_233large.jpg
 最後、脚が売り切れてヘロヘロでゴールイン。

 二日間、親子でサイクリング満喫してまいりました。

 スタッフ皆様にご挨拶して、輪行帰宅。
 夏休みの楽しい思い出できたかな?

 来年も行ったみたいのですが、よくスケジュール見ると、PBPと重なってますね。。。。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM715和歌山200km gaap参戦記

暑い最中にBRM715和歌山200km和歌山・奈良サイクリング走ってきました。

0.スタートまで

 連休の中日だったので、のんびり過ごしてから出発。
 そしたら、環状線が暑さで線路点検が必要な気温になってしまい、阪和線まで影響。暑さでレール伸びた?
 しばらく電車で待ちぼうけ。

 日も暮れてすっかり遅くなって海南駅に到着。

 和歌山ラーメン食べに行って。
12946333_2290561092_180large.jpg
12946333_2290561091_12large.jpg
12946333_2290561088_10large.jpg
 好みの細麺、醤油味濃い目で大満足。
 朝ごはん諸々仕入れて就寝。

 翌朝、4:30起床してスタート地点の和歌山マリーナシティへ。
 さすがに今回は参加者250人。すごい人だかり。
 早々に受付・車検済ませて、知り合いにご挨拶して、待機。
12946333_2290560348_242large.jpg
 ブリーフィング後、6:30スタートで出発。
12946333_2290560347_115large.jpg

1.スタート〜PC1

 天気は快晴。
 まだ6:30なのに気温は30度。
 しかし、昼間は35度を超えてくる予想。
 まだ涼しい?うちに距離稼ごうと、ロードの方々の集団につかせてもらう。

 まぁまぁいいペースで進んで行きます。
 20kmほど進んで、泉佐野ブルベでいつも通る通過チェックのローソンを横目に、ここからはほぼ知ったコース。
 暑さもマシマシな中ペース揚げていきます。

 途中一度、ドリンクが尽きたのでコンビニで補給。

 柿の葉寿司 九和楽さんによって補給用に柿の葉寿司を買うつもりが開店前に通過・・・。

 ほぼノンストップでPC1ローソン九度山町店(45.9km地点到着)に8時過ぎに到着。
 1時間半で走り切って、ちょっとペース上げ過ぎ感にヤバさを感じる。
12946333_2290560346_213large.jpg
 ふと見つけたクワガタ(雌)と戯れ。

2.PC1〜PC2

 コーラ、アクエリアス、冷凍アクエリアスを購入し、冷凍アクエリアスを背中のポッケに放り込んで冷却用にして出発。

 この先も五条まではいつもの泉佐野ブルベの道なので余裕かましていくも暑い。
 冷凍アクエリアスを優先して信号待ちの度に冷たいのををごくごく。
 ボトルのアクエリアスは温いというか、熱くて飲める気がしない。

 五条から吉野川沿いへ方向を転じ、PC2ローソン吉野リバーサイド店(81.9km地点)に10時前に到着。

3.PC2〜PC3

 ここで、今回DNSの筈のオダキング発見。
 聞くと冷やかしついでにグルメしに来たということで、グルメポイントを教えてもらう。
 ラーメン「河」、50食限定とのことで、間に合うか分からんけど、急ぎ折り返すことにして、先を急ぎます。
 この先は大滝ダムまでじわじわ登り。暑さもまして、ヤバい感じ。
 喉が渇く、腹が減る、暑い、日陰やトンネルが嬉しい状態。

 ダムまで登ってしまえばあとは一気に折り返しのフォトチェックの川上村武光橋へ。
12946333_2290560812_128large.jpg
 写真おさめて、ドリンク飲んで一息。
 この時点で11:00
 ここには消防倉庫しかないのだけど、皆さん、お疲れのようで建物の日陰で休憩中。

 しかし、いくら日陰でもこの暑さは酷くなる一方なので疲労感とちょっと熱中症の初期症状的なだるさがあったのだが、冷たいドリンク補給できるところまで行こうとリスタート。
12946333_2290560814_11large.jpg
 途中の道路表記の気温は35度。。。ヤバいヤバい。

 トンネル抜けて道の駅で補給と休憩。
 暑さで体の塩気が完全に抜けている。
 ジャージが塩吹いてえらいことに。
12946333_2290560341_104large.jpg
12946333_2290560342_57large.jpg
12946333_2290560367_191large.jpg
 黒色のCW-Xがグレーに変色するぐらい塩を失ってます。

 慌てて、塩分タブレットとアミノバイタルを補給。
 冷たいコーラとアクエリアスを補充。

 再びコースインして、オダキングお薦めのラーメン屋「河」へ12時前に到着。
 たどり着くも無情にも50食売り切れ。。。。
12946333_2290560366_8large.jpg
 キングは30番ぐらいでまだ待ってました。うらやましい。

 と言うことで、キングお薦めの二件目、蕎麦屋「くまそば」を目指すことに。

 先ずは気を取り直して、再びPC3ローソン吉野リバーサイド店(120km地点)に12時半頃到着。

4.PC3〜PC4

 最後1本の冷凍ボトルを運よく補充。

 お腹も空いたので急ぎ「くまそば」さんへ。

 なかなか、隠れ家感あるお店で、赴きありました。
12946333_2290560355_149large.jpg
12946333_2290560360_117large.jpg
12946333_2290560357_127large.jpg
 サイクルラックもあったし。
12946333_2290560359_146large.jpg
 お蕎麦も大当たり、大変美味しく、大盛り頂きました!
12946333_2290560362_84large.jpg
 ここで座敷で胡坐書いてると、両足攣って悶絶。
 塩分が足りてない。蕎麦食べ終わって蕎麦つゆを蕎麦湯で割ってごくごく飲みほして塩分補給。

 扇風機に当たりながらくつろいで1時間ぐらい過ごしちゃいました。

 再びコースに戻るも、気温はどんどん上がって体温越え。

 サイコンの表示では39度に。。。
12946333_2290560350_149large.jpg
 気温の上昇とともにペースも落ち始め、五条病院の所の吉野スーパーにて大休止。
 頭痛が始まっており、これ完全に熱中症の症状やと。

 涼しい店内で何か良いもんないか物色しつつ、体温落として、アイスクリームにコーラ、さらにはかち割り氷の袋を購入。
 氷は首筋から背中にかけてジャージで挟んで固定。

 さらに塩分補給できるもんないか物色。
 くらこんのこん部長に助けてもらうことにしました。
12946333_2290560354_92large.jpg
 普通ならご飯にでも合わせないとしょっぱくて食べれませんが、フツーに美味しく頂けたということは相当塩分足りてなかったみたい。

 背中に氷を背負ったままくらくらしながら走りだして、すぐ、直後、後輪に嫌な感じ。
 何か踏んだような感覚。
 思った通り、空気抜け出して、仕方なく次の信号までゆっくり走って、歩道の日陰を探してチューブ交換。
 小さい尖った石を踏んだようでチューブには小さい穴が。
 空気入れるのに体力使い果たして、木陰でしばし休憩。

 思い切り休み休みで走って、PC4ローソン九度山町店(156.2km地点)に16時ごろ到着。

5.PC4〜GOAL

 着くなり背中の氷をおろすと全て解けて水になっていたので、まだ冷たいうちに頭からざばっとかけて体を冷やしてからお店に入ります。冷房って文明の利器は素晴らしいね。

 今回のブルベは人数が多いとのことで、各PCは近隣コンビニ3か所が指定されていたのだが、あえて往きと同じにしたのはローソン九度山町店にはイートインが合って座れることを思い出したから。

 椅子に座ってアイスクリーム食べてコーラ呑んで、塩こぶ食べて、のんびり。スマホ弄ってたら左手の親指が攣る珍事発生。
 塩分、ミネラル各種成分が相当身体から流れ出してる。ヤバいのでさらに塩こぶ食べて、ゆっくりしてから出発。

 出発するもペース上らず。

 だらだら走って残り20kmで、力尽きて、泉佐野通過チェックのローソン桃山市場店にて再び休止。
 暫く日陰でやり過ごしてから出発。

 確か19時からゴール地点は花火の為、交通規制が入るとか言ってたので、19時前には到着したい。
 最後だけちょびっと無理して何とか19時ちょっと前にゴール受付マリーナシティわかやま館に到着。

 12時間半で認定もらいました。
 無事にオダックス近畿200kmピンバッジもゲット。
12946333_2290560809_156large.jpg
 これでオダックス近畿単独でSR取得。
 しかしながら、往きの片道100kmを4時間半で行って、帰りの100kmを8時間かかるってどうなん?
 完全に暑さにやられたブルベでした。

 ちなみに熱中症の症状が出てたので、かえって水風呂30分浸かって身体冷やして即就寝。
 いくら水分とっても翌々日まで尿があまり出ないし、頭痛は続くはで200kmで峠もないブルベにしたらダメージ大きくてエライ目に遭いました。しばらく日中は自転車はいいです。7月8月は朝か晩しか乗っちゃダメですね。

 当分ブルベはいいです。次はたぶん秋のオダックス近畿15周年記念1000kmまでロングは走らないです。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

近江高島トライアスロン

娘が近江高島トライアスロンにチャレンジしてきました!
12946333_2289657585_53large.jpg
小学生の部、スイムをプールで100m、バイクを3.8km、ランを1.5km。
スイムとランは全く苦手な中、よく行くと言い出したもんでこちらもびっくり(@_@)。

スイムはビート板使用可ということで、軒並みクロールでスイスイ行く中、バタ足で頑張り、続く自転車では結構ペース上げて遅れを取り戻しましたが、最後、ランでへばっちゃってけど、歩くことなく見事完走を果たしました。
12946333_2289657599_187large.jpg
12946333_2289657598_121large.jpg
12946333_2289657597_109large.jpg
12946333_2289657595_30large.jpg
12946333_2289657594_55large.jpg
12946333_2289657592_173large.jpg
12946333_2289657591_135large.jpg
12946333_2289657589_50large.jpg
12946333_2289657587_103large.jpg
頑張ったね!
まだ出る気あるなら、今度はお父ちゃんも出るよ!




小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR