BRM609川西600km gaap参戦記

 BRM609川西600km「海だお寺だ湖だ」を走ってきました。

 諸般の事情で当初はDNS予定でしたが、前日金曜日になって、走ることに。
 バタバタと、GPSデータを落として、キューシート印刷して、コースざっと見て、320km地点でホテル押さえ、段取り。

 前日にバタバタしたので用意が大丈夫か不安でしたが、朝は早い為、21時ごろ就寝。
 4時起床で、自走で川西のスタート地点、ドラゴンランドに向かいます。
12946333_2287863146_48large.jpg
 今回の装備は雨とのことで、モバイルバッテリー用に完全防水のバイク乗り用のレッグポーチを用意して、フロントフォークに取り付けてみました。嵩張りますが、完全防水で20000mAhのバッテリー入れるとなるといいサイズが無くて、とりあえず御試しで。

 5時過ぎに到着すると既に多くのランドヌールが。
 受付を済ませ、皆様方にご挨拶。

 元々DNS予定だったんで、どうしたん?等々聞かれました、SR取るならここ逃せないので急きょ参戦ですと。
12946333_2287863145_182large.jpg
 ブリーフィング後、車検、出発と相成りました。
12946333_2287863144_208large.jpg

1.スタート〜PC1

 今回のコースは福知山まで、BRM407川西200kmと同じ。
 なので、快調に進んで行きます。

 西峠、城東トンネルをクリアしたら、丹波竜のところを通過。
12946333_2287863143_144large.jpg
 休憩なしでPC1ローソン丹波市山南町奥店(67.7km地点)に9:26到着。

2.PC1〜PC2

 休憩もそこそこ、続いて酷道429号、榎峠に。
12946333_2287943438_174large.jpg
 道は悪いが、標高も斜度も無いので、早々にクリアして、福知山へ。

 一気に下って福知山市街地。
 福知山線の線路くぐる所の王将でお昼にしようかと思っていたのですが、思いのほか、いいペース。11:30ぐらいにこのあたりのつもりだったのですが、11:00過ぎに通過してしまったので、お昼には早いと思い、先へ進みます。

 この先は、BRM407と違い、線路くぐって左折。

 食事できるところぐらいあるやろうと思っていたら誤算。

 結局、舞鶴までなんも無くて、途中、眠気が来たので自販機でコーラ補給しただけで舞鶴へ。
 ややハンガーノック気味でへろへろなりながら・・・。

 舞鶴港で、妙高、愛宕、日向を見物。
12946333_2287863142_228large.jpg
12946333_2287863178_149large.jpg
 空腹のお腹を押さえて赤煉瓦倉庫のカフェへ。
12946333_2287863177_110large.jpg
 ここで海軍カレー大盛りとゆで卵頂きます。
12946333_2287863174_142large.jpg
12946333_2287863176_92large.jpg
 空腹を満たして、PC2ローソン 舞鶴潮路通店(149.2km地点)に13:40到着。

3.PC2〜PC3

 お腹は満たされましたのでドリンクとアイス最中のみ補充して出発。

 途中、大盛りは食べすぎかと急遽ミニストップでトイレ駆け込み。
 どうも、自分の腸はロケットペンシル状態で入ったら出るのが常で、わかりやすい。

 R27を延々と走り、高浜過ぎて、振り返ると、今日は青葉山が雲に隠れて見えない。
 残念。若狭富士を観損ねて、若狭本郷に。
12946333_2287863173_102large.jpg
12946333_2287863172_164large.jpg 
 ポータルで休憩して、ルート外れて、創業100年、おおい町の老舗の和菓子屋 丸栄菓舗さんへ。
12946333_2287863169_185large.jpg
 至福の松露を頂きます。お土産用にも1つ。
12946333_2287863170_148large.jpg
12946333_2287863161_54large.jpg
12946333_2287863167_156large.jpg
12946333_2287863165_148large.jpg
12946333_2287863163_60large.jpg
 ガキの頃、よく遊んだ青戸の大橋、青戸の入江、佐分利川をながめて。
12946333_2287863160_175large.jpg
 さらに、昨年のBRM415枚方600kmのPC兼仮眠所になったうちの実家にご挨拶。
 
 伯父さん、伯母さんにご挨拶。SKYPE見るとうちの母親がPC起動しているみたいなので、せっかくなので、SKYPEご対面。突然の来訪に驚かせてしまいましたが、昼間に通過してるのに顔出さんのはどうかと思って。

 上がって休憩していきと言われました、今日はこの先、福井市街まで行かないといけないので固辞して先へ進みます。

 小浜へ抜ける勢浜トンネルで先行するランドヌール・ランドヌーズが立ち止まっている。女性の方が何かトラぶってるらしい。
 大丈夫かと尋ねるもトンネル内、クルマも多く、ランドヌールの方が付いているので立ち止まるのも邪魔かと思い一声かけて、先へ行きます。

 小浜市街を抜けて。商店街を抜けてとキューシートに合ったけど、まさか鯖街道起点のあの細い商店街とは思わず、びっくり。この商店街の中にある、田村長のへしこが絶品なのですが、流石に持って帰るわけにはいかんので、未練たらたら進みます。

小浜超えて、暫く平坦路。向かい風がきつく脚を削られます。
三方五湖を抜けて敦賀方面、関峠を抜けて、PC3 ローソン敦賀赤崎店(235.3km地点)に18:33到着。

4.PC3〜PC4

 コーラにカレーメシ補給。
 夕陽と共にしおかぜラインへ突入。

 向かい風がきつくてペース維持が難しい。孤独な旅路で延々と下ハン握って風に抗って進みます。越前温泉とか一部街があるのですが、他は真っ暗な海沿いの道。結構、心折れそうでしたが、エスケープゾーンもあるわけもなく、前後共に走者おらず、60km黙々漕ぐのは辛かった。

 ようやく越前海岸を離れ、福井市方面へ。三国大橋越えて降って、PC4直前にいきなりのチェーン落ち。何事!と思って見ると外側にチェーン落ち。ハメなおしてると、どうもチェーンテンションがぶらぶら。延々と強く踏んできたせいなのか、チェーンが伸びきってしまってる様子。この先何度も路面からの振動や、降り快調に踏んだ時に気を許した瞬間にチェーン落ちを繰り返し苦労する羽目に。

 気を取り直して、PC4ファミリーマート小林木部店に22:29到着。

5.PC4〜PC5

 宿を15km先に抑えているのでおにぎり一個にアイスクリームの最低限の補給で出発。
 8番ラーメンに行こうかと思ったが、睡眠時間確保優先でホテルへ。

 ホテル到着23:20。全裸なうで目覚まし3時セットして即就寝。
 アラームなるまで気絶するように寝てました。

 3時に起きて急ぎシャワー浴びてスッキリしてから再び汗臭いジャージに袖を通し、コース復帰。永平寺を目指します。じわじわ登りつつ、フォトコントロール永平寺到着。
12946333_2287863158_252large.jpg
12946333_2287863157_169large.jpg
ちなみに今回のジャージはピンクのスズキケ牛ジャージ。
アメリカ大陸横断レース RAAMに挑戦のTEAMスズキケ応援ライドです。ここで成功祈願していきます。

 この先、宇坂トンネルまでもう一登り。トンネル抜けて、降って、完全に南向きに方向を転じて
追い風基調にて快適に進みます。
 鯖江の手前のマクドで朝ごはん。
12946333_2287863156_203large.jpg
 鯖江を通過。本日はメガネフェスやってるんで日中通りたかったです。。。
 メガネフェスに来ているちゃーさんにはスルーしてツッコミ入れられました(笑)。
 R365号に入り、PC5ファミリーマート南条店(386.2km地点)に7:01に到着。

6.PC5〜PC6

 朝ごはんは食べた後だったので、ドリンクとおにぎり補給のみで出発。
 今庄方面へ。
 今庄365へスキーではよくとおったけど、自転車ではこのあたりは初めて。
 スキー場への道を外れて、旧北陸本線方面へ。

 じわじわ山中トンネル目指して登っていきます。
 途中、旧北陸本線遺構がちらほら。

 鉄分多めのルートです。
12946333_2287863155_125large.jpg
12946333_2287863152_25large.jpg
12946333_2287863151_53large.jpg
12946333_2287863150_50large.jpg
12946333_2287863148_194large.jpg
 スイッチバック地点やら、スイッチバックの為のトンネルやら。脚を止めてみるところ多しでした。
12946333_2287943436_69large.jpg
 山中トンネルから下りへ突入。
12946333_2287943433_226large.jpg
 トンネル内は水が滴り、路面はウェット。
12946333_2287943434_136large.jpg
 しかも途中のトンネルでまったく明りの無い真っ暗闇なトンネルも。ここは怖かった。ライトはハブダイナモからのE3を使っているのですが、それでも明りが暗闇に吸収され、路面が見難い。慌てて、VOLT400を2灯点灯して何とか降ります。路面もあまりよくなく、あまりスピード出せません。

 また、トンネル入り口に信号機があり、待ち時間5分とか3分の表記。
12946333_2287863147_177large.jpg
 つまり待ち時間内にトンネルを通過しないと、対向車が来るってことで、焦って走り抜けます。

 降り切って再び敦賀へ。

 敦賀市内からR8を経由して、県境を抜けて、琵琶湖へ向かって下って、旧賤ヶ岳トンネル抜けて木之本へ。そこから湖岸道路へ入って行ってもう少しでPCってところで遂に雨。最初は小ぶりだったのでPCまであと10kmほどだし、着替えず行くかと思ってる間に土砂降りに。もう既に遅しで諦めてずぶ濡れのまま、PC6 セブンイレブン長浜バイオ大学前店(470.5km地点)に11:39到着。

7.PC6〜PC7

 濡れ鼠になったしまったので、体を温めたくて、チキンラーメンごはんで暖を取り、一応雨具装着。走り出して、彦根手前で雨が上がり、しかも路面は乾いているので、一回立ち止まり、雨具片づけ。

 彦根に入り、寄り道。
12946333_2287943437_7large.jpg
 先日、彦根歴史ポタ主催頂いた侍サイクルさんへ。

 しばし、雑談。
 KUWAHARA100周年の記念パイントカップ入荷したそうで、早速KUWAHARAの自転車ユーザが買われていったそうで、KUWAHARAユーザ2人目の到着とのこと。パイントカップは嵩張るので、今日は買わずに、今回はヒラメポンプヘッドを購入(携帯ポンプに挿げ替えたヒラメが走行中の振動で分解してしまってましたorz...)。近郊に行く際はパイントカップ買いますね〜。

 先日は侍サイクルさんから湖北湖西と琵琶湖半周。今回は湖東を南に向かいます。併せて琵琶湖一周になるなぁと思いつつ、湖岸道路を進みます。南へ向かうと怪しい雲行ながらもなんとかパラパラはあれど大きくは雨に降られず無事に瀬田まで到着。大津入ってからの渋滞には辟易しましたが。瀬田川沿いに宇治まで駆け抜けて無事にPC7セブンイレブン久御山市田店(569.4km地点)に17:04到着。 

8.PC7〜GOAL

 残り30km、最後の補給、ホットドッグをコーラで流し込みます。
 淀へ出てから171号へ。

 高槻手前で再び雨に。本降りでずぶ濡れになるも、気温はまだそんなに低くないのでこのまま進みます。
 夕方薄暮の時間帯で雨。171号は正直走り辛かったですね。ただ、迂回ルートで西国街道も推奨されていたんですが、細かくて面倒だったのと、ルートを171版しか入れてなかったのでそのまま171で走り切りました。西国街道いった人いわく、そちらはそちらで大変走りにくかったとのことでした。

 何とか19時ちょっと前にGOALファミリーマート箕面市役所前店(601.9km地点)に到着。

 ミントチョコアイスかって最後のレシートゲットです。時間は18:56と言うことで36時間56分。自分としては初めての600kmで36時間台ゴールとなりました。

9.GOAL〜帰宅

 ゴール地点から3.8km離れたゴール受付へ移動。
 これがまた場所が分かりにくくてしばらくうろうろ。

 一方通行の旧街道を見逃していてようやく無事に受付到着。
 無事に600km完走認定頂きました。

 3年連続SR達成。

 今回のコースは初めての600km向きのコースと言うことで難易度は低く走りやすく(最後の171除く)とてもよかったうえに、お題の通りに、見どころもたくさんあり、なかなか楽しめました。

 おうちまで12km自走して無事帰宅。
 お風呂入って洗濯すまして泥のように眠りました。

 これでしばらくブルベはお休み。
 しばらくはサイクリングメインで。何とか秋のオダックス近畿15周年の1000kmには参加したいかな。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
スポンサーサイト

彦根歴史ポタリング 「侍サイクルさんプロデュース」

 お世話になっている侍サイクルさんが主催される「彦根歴史ポタリング」に行ってまいりました。

 侍サイクルさんは彦根の自転車屋さん。
 某ブルベでコース上に立地があり、開催お手伝い時に、シフトワイヤー切れのランドヌーズさんを駆け込み寺的に案内したことがご縁で何度か立ち寄らせていただいております。

 王滝でパンク中にお声かけして頂いたり、大阪市内の某自転車乗りの集う店にてご一緒したりとご縁ありと言うことで、たまたまの空き日程。彦根まで輪行して、たまにはゆっくりサイクリングとしゃれ込みました。

 先ずは輪行して彦根まで。新快速でばびゅーんと一気に。
 お店ついて、まずは前回王滝お疲れ様でしたと言うことで、ユウさん謹製の王滝本をお店の方に献本してまいりました。
12946333_2287264149_161large.jpg
12946333_2287266158_138large.jpg
12946333_2287264148_49large.jpg
 10:00スタートと言うことで、そろったメンバー見るとなぜか、前回小諸で見たメンバーだったり、大阪の某店で飲み食いしてるメンバーだったり偏ってるのは気のせいでしょうか(笑)。

 彦根の街は大昔デートで梅か桜を見に来た記憶はあるのですが、観光と言う観点で来たことはほとんどないなぁと。ブルベで通過して彦根城で写真と撮ったとかそんなんばかり。

 今回は彦根の歴史スポットを巡るということでのんびり観光してきました。

 近江の国は京に近いということもあり、彦根城を中心になかなか戦国時代以降の歴史舞台に立った街と言うこともあり、意外と面白いスポットがあり、店主の案内でなかなかふつーに観光しているだけでは観ることの出来ないスポットを案内いただけます。

 面白かったのは彦根城のお堀の話。
 琵琶湖とは微妙に距離有るので、お堀がまさか琵琶湖に接しているとは初めて知りました。
 琵琶湖側のお堀の水位が琵琶湖と同じということを知り、妙に納得。また、京の都の一大事には船(櫂で漕ぐ船!)で都に数時間で駆けつけ天皇陛下をお守りする任が彦根城主に合ったとか思いのほかディープな歴史も知ることが出来ました。

 他にも佐和山城に構えて石田光成との因縁とか、いろいろ見るところもあるなぁと。
12946333_2287264206_64large.jpg
12946333_2287264205_124large.jpg
12946333_2287264203_229large.jpg
12946333_2287264189_129large.jpg
12946333_2287264187_243large.jpg
12946333_2287264186_78large.jpg
12946333_2287264185_34large.jpg
12946333_2287264180_213large.jpg
12946333_2287264179_166large.jpg
12946333_2287264177_21large.jpg
12946333_2287264219_152large.jpg
12946333_2287264217_8large.jpg
12946333_2287264216_218large.jpg
12946333_2287264214_251large.jpg
12946333_2287264213_163large.jpg
12946333_2287264212_121large.jpg
12946333_2287264211_4large.jpg
12946333_2287264209_244large.jpg
12946333_2287264161_162large.jpg
 桜の季節にも有りだし、紅葉の季節に佐和山城跡もありだし、季節ごとに訪ねるのもまた良しかと再認識しました。
 サラダパン!初めて見ました、そして頂きました。
12946333_2287264159_140large.jpg
12946333_2287264158_59large.jpg

一部風変わりなものも。。。
12946333_2287264191_174large.jpg
12946333_2287264190_8large.jpg
銀行のATMコーナーです。

 お店の開店の12:00に再びお店に帰着。

12946333_2287264156_3large.jpg
12946333_2287264152_187large.jpg
12946333_2287264150_188large.jpg
 しばし、お店で歓談してからせっかく彦根まで来たので湖北めぐりに。

 琵琶湖を軽く走るかと言うことで、半周100kmほど、湖北経由で琵琶湖大橋袂の堅田までサイクリング。

 ビワイチの法則に従い、反時計まわりに湖岸を進みます。
 長浜でランチして、長浜城を通過。
12946333_2287264224_239large.jpg
 ちなみに長浜超えて、先へ進む行く場合は賤ヶ岳トンネルは行かない(危ないから)。
 ここは旧道の賤ヶ岳トンネルに向かいます。

 軽く登っていきますが途中でロード乗りの若者がチューブ交換中。
 問題ないか聞いたところ、予備チューブ一本しか持ってきていないとのこと。今日はビワイチするつもりだからちょっと不安と言うが、こちらはタイヤ径が違うので何ともできず。同行者が先行しているということで、赤いジャイアント乗りを見つけたらパンクで遅れてるのでと伝言を頼まれました。

 と言うことで旧賤ヶ岳トンネルを抜けて再び湖岸へ。
 奥琵琶湖パークウェイに行こうと思うと、一方通行、自転車もと言う看板が合って、ん?まだ規制掛かってるのか?と思いつつ、素直にR303の奥琵琶湖トンネルでショートカット。

 再び湖岸に出てマキノ方面へ。

 そういえば、赤いジャイアント乗りに会わないなぁ、他のルートは無いのにと思いつつ走ってると途中の東屋のベンチにローディーが。車体を見ると赤色。ようやく見つけました。

 声掛けして、お友達が旧賤ヶ岳トンネル手前でパンクして、チューブ交換ほぼ終わりかけてたから、しばらくしたら来ると思うと伝言。なお、予備チューブがもう無いって言ってたけど、この先マキノ方面に抜けるとサイクルステーションが何か所かあるから、そこならたぶんチューブの補充は出来るかもって一応お伝えしておきました。

 そういえば、道の駅しんあさひ風車村が改装していて。風車一台残して更地状態になっていました。ドリンク補充しようとしていたのでちょっと焦る。
 
 天気も良く、近江高島抜けて、大津市内に入りますが、ここで車の方が大渋滞。

 脇を抜けつつ、途中、白髭神社で写真。
12946333_2287264221_136large.jpg
12946333_2287264220_170large.jpg
12946333_2287266161_116large.jpg
 その先の7-11でドリンク補給。

 このあたりはどこもサイクルラックがあり便利ですが、流石に天気、気候のよいこの季節。どこも満員で恩恵には預かれず。込み合ってるので、サッサとアイス最中とドリンク補充して出発。

 渋滞の国道を外れ、ぐるっとびわ湖サイクルラインの標識見ながら空いた道でサーと抜けきって堅田駅到着。この先大津まで行った方が楽かな?と思いつつも、渋滞の国道を走るのは嫌なので輪行で撤退。

 到着はちょうど昼時、いつもの王滝食堂へ。
12946333_2286350956_98large.jpg
 猪豚ステーキ定食頂きました。
12946333_2286350955_234large.jpg
12946333_2286350953_199large.jpg
 続いて、滝旅館へ。
12946333_2286350952_197large.jpg
 お部屋へ荷物を置いてから、受付、松原スポーツ公園へ。
12946333_2286350949_228large.jpg
12946333_2286350950_179large.jpg
 受付済ませて、補給食のパワーバー3本購入。
 コースが変更のアナウンスが。
12946333_2286350948_89large.jpg
 宿同じのサトーさんとここであったので、部屋番号を伝えて、こちらは試走がてら御嶽温泉王滝の湯まで7kmの登りへ。登り途中でダートに変わり、最終調整にちょうど良いので毎度の定番ですね。

 2kmほどダートの登りで具合を確かめて温泉へ。
12946333_2286350946_152large.jpg
12946333_2286350944_175large.jpg
 のんびり御嶽山を眺めながら入浴。
12946333_2286350941_77large.jpg
 再び、下りダートでサスの空気圧を確かめながら。
で、いきなりパンクorz。。。

 リム打ちっぽいパンク。チューブ交換してると、クルマが上がってきたので一歩下がったら、足裏に激痛。何事?と思って靴底見ると、何か緑色のものが刺さっている。抜いてみると3センチぐらいの何かの植物の茎?棘?がずるーっと出てきました。靴底貫通ってなんだこれ?

 気を取り直してチューブ交換。

 降り直していくも、足裏が痛いまま。片足はクリートはめずに力抜いて、お宿まで。

 途中、水と朝ごはんの追加を買いに売店へ。
 このパン、有名らしいです。
12946333_2286350936_183large.jpg
 水とコーラとパンを買って滝旅館へ。
12946333_2286350940_239large.jpg
 靴脱いで、靴下も脱いで足裏見たら、何か棘が刺さっている。毒のある植物でなく棘でよかった。棘を抜いて、痛みはなくなったので安心。

 部屋に戻って、風呂に入ってまったり。

 夕方になって、さらにMATTさんも合流。

 ランドヌール3人勢ぞろい。

 晩御飯へ。
12946333_2286350933_38large.jpg
 明日のカロリーなんでたっぷりと頂きます。

 ごはん後、そのまま、会計して、朝ごはんのおにぎり弁当を頂きます。

 部屋でだらだらしながら明日の着替えの用意やら、ハイドレーションバッグの用意等々して、21時就寝。

2.レース当日

 朝は4:50起床。
 朝ごはん。
12946333_2286350932_110large.jpg
 今回は「ギルガメス宇宙軍第10師団メルキア方面軍第24戦略機甲歩兵団特殊任務班X-1」通称「レッドショルダー」のスコープドッグで。
12946333_2286350930_33large.jpg
 用意済ませて5:30に宿出発。

 ほぼ最後尾に自転車並べて、待機。
12946333_2286350929_19large.jpg
 今回は快晴で楽しい王滝になりそうです。
12946333_2286350924_128large.jpg
 参加列もすごく長くてスタートの「ふぁーん」音から5分ほどしてようやくスタート地点通過。

 今回は、道の崩落の復旧が間に合わないとのことで、コース一部変更。第二関門さえ通過出来たら完走は容易な雰囲気。何とか間に合わせように頑張りましたよ。

 とはいえ、最初もルート変更ありで、林道入ってしばらくしてから、120kmコースのループに突入。1600mまで延々登ります。120kmって、100km超えてこないにキツイルート突入するんやと感心。こちらはサラ脚なのでぼちぼち登ります。林道入って最初は渋滞で押し歩き区間もありましたが、ばらけてきたらまぁ、ええ感じで登っていきます。

 相変わらず小径車は目立ちます。特に今回はgaap参戦は自分だけだったので目立ったようです。

 シングルの人にヘンタイと言われ、お互い様ですねと返すなど、いつもの元気な時間帯の楽しいやり取りがいいですね。

 最初の標高トップ地点に到着。
 サトーさんに、ランドヌーズのお友達に追いつかれ、パシャッと。
12946333_2286350976_60large.jpg
 いい笑顔頂きました!

 下って、通常コースに戻って再び登り返し。途中、42km組と合流。今回は42kmもコース変更で、こんなに早く合流とは思ってなかったのでびっくり。

 42km参加のMATTさんとも合流。しばらく同じペースで進みます。

 途中、登りで置いて行かれ下りで何とか追いつくを繰り返し、MATTさんが御嶽山を写真に収めている間に第一関門へお先にと、もう第一関門を視界に入れたところでパシュ!昨年9月と同じところでパンクorz。。。

 はぁ。と思って、未だ関門クローズまで40分あるし、先にチューブ交換するかと、予備チューブ取り出して、急ぐし、CO2ボンベを初使用してみたら、いきなりエクステンションバルブがボン!
 今回、タイヤを登り重視で20インチの規格に中で少し大きい451規格にしたのですが、山で使える頑丈なリムが無いので、ブルベ用の36Hのディープリムを投入していたのですが、これが仇となりました。

 451でオフロードタイヤと言うと全く選択肢がなく、タイヤはTIOGAのCOMP3なのですが、太さが1-3/8と言う細身のタイヤ。チューブは普段、このホイル履くときはパナレーサーのR-AIR60mmロングバルブなのですが、1-1/8サイズ用。ちょっと太めの1-3/8にはビミョーかと思ってシュワルベの1-3/8対応しているチューブにバルブエクステンション欠けてみたんですが、これが大きな間違い。

 CO2ボンベの一気に流入する空気に耐えれず、バルブ折れ。。。

 気を取り直して、もう一本チューブ取り出して、セット。慎重にバルブにしっかり取り付けてCO2でチャージしたら、空気はいらず。いろいろしてるとバルブコアが折れちゃいました。。。

 三度目の正直に慎重に慎重を重ねて、CO2で空気入れて成功!良し、これでと言うところで、かすかにシューと言う空気音。耳を澄ませてみると、バルブエクステンションの継ぎ目から空気漏れorz。。。

 チューブ4本目交換に突入。

 CO2ボンベ3本使い切ったので、携帯空気入れで落ち着いて空気入れて今度は無事に成功。
 ろんぐらいだぁす!ジャージで誰と思ったら、ここで、侍サイクルの店長が通過。お声がけありがとうございました。このタイミングで時間切れほぼ確定。。。

 第一関門へ向うも2分オーバーとなり、早々にDNFとなってしまいました。
12946333_2286350925_136large.jpg
12946333_2286350927_210large.jpg


3.DNF後のリタイヤ者の帰り

 今回は第一関門で42kmとコース共有なので、42kmの走者一掃してからじゃないとコース進入できないとのことで、待機。

 リタイア組の中でシングルの方が居て、聞くとリアハブシャフト折れと言うとんでもないことになって自走で戻ることも出来ないと。。。見ると見事にシャフト折れて唖然。導入したばかりのハブだそうで、不良品ですかねとか?

 ぼーっと待ってると、スタッフの無線で骨折者の救援に向かったり、何やらいろいろ事は起きているみたい。

 2時間近く待ってようやく帰路へ。

 帰路は42kmのコースをトレースしていってくれとのことで、途中、スタッフが誘導してくれるからと。まぁ、ここからの帰り道は自慢じゃないですが何度も経験済みなので問題なし(笑)。

 茶々と下って、ダムまで来て42kmのスタート地点目指します。
 42kmのスターチ地点であとは舗装路のんびり帰るだけの筈が、なぜか、ここで、42kmのコースへ誘導されます。こちらは「リタイアしてますよ」って「ホントにリタイアしているのにこっちですか?」と3人ほどスタッフに確認するも左折して上って行けと指示。

 交通規制か何かの都合で他のエスケープルートを行かされるのか?でもここ登るとエスケープできるポイントあったけ?等々、頭に????だらけで仕方なく登っていきます。

 登りの舗装路面も登り切って再びダートののぼりへ。

 どう考えてもおかしいと思うも、100kmの方々がどんどん追いついてきてるので、このまま、折り返すと危ないと判断。諦めて先に進みます。

 結局、1500m地点まで登って、元の関門3の地点でエスケープかなぁと思いながら登り切って、下り始めたら、いきなりバシュ!おっととと立ち止まると、先客が。パンク修理されている方が。どうも同じところでなんか段差か岩が合ったみたいで、通過する方々もダンっとか派手な音を鳴らしながら通過してきます。ここのトラップで再びチューブ交換。これでチューブ「0本」。この先は慎重にならざる得ません。

 降り入って途中、砂利セクションで何気に前輪取られて派手に落車。。。右脛強打でCW−X破いて流血。。。そりゃねぇ、DNFしてるのに登ってダートセクション降るとは思わないよね、気もぬけてドリンクも尽きて、落車もするよ。。。

 残り数キロ無事に下って、GOAL。。。って言われても60kmしか走ってないし。

 下降りて計測チップ回収ですって言われて、駆け寄ってきたスタッフにチップ回収されようとして、リタイアしてるので第一関門でチップ回収されてますっていうと怪訝な表情されるし。

 さて、帰るかと思ったところでユウさんにお会いします。無事に7時間切りで完走されたとのこと。そちらも速いやんって言われていやいや謎の誘導でDNF後のここまで走ってきたって爆笑。ここで、第一関門リタイアした他の人が居て事情を教えてくれたのですが、どうも、パワースポーツの方が42kmスタート地点におらず、連絡行き違いで、すべて上に誘導するようになっていたらしい。そりゃ、お手伝いの王滝村の方は分からんよね。頼みますよ、パワースポーツさん。。。

 その後、ユウさんとオータキちゃんバッジや王滝本の話やらして盛り上がってからお暇しました。

4.帰路

 一応、松原スポーツ公園に寄り道して、豚汁頂いて。
12946333_2286350921_126large.jpg
 ハブシャフト折れの方もここで無事に後送車で送り届けていただいたようで、一安心。

 滝旅館に戻って、風呂入って汗流して着替えて、帰路へ。

 バスが来ていたので聞くともう出発とのことで、輪行組むのは間に合わないで諦めて自走で木曽福島駅へ。

 途中、トンネルで今度は前輪がスローパンク。ヤベェ、チューブねえよ。トンネルでてだましだまし空気いればがら進むも。無理ってなって、ダムのところで荷物あさってチューブパッチ発見。

 スローパンクの穴を目を凝らして探し当てて、無事チューブ修理完了。

 ヘロヘロなって木曽福島駅に無事到着。

 タイミングよく16:30の特急「しなの」の空席が2席まだ残有りってことで、指定席とって飛び乗ります。

 ただし飛び乗ったせいで、食糧買えず。最近の特急は社内販売無いからキツイ。名古屋駅まで飢えに渇きに堪えて、乗り継ぎ。
12946333_2286350920_147large.jpg
12946333_2286350919_241large.jpg
12946333_2286350918_172large.jpg
12946333_2286350917_154large.jpg

 食糧たくさん買い込んでアーバンライナーで帰宅。

 さて、秋王滝にリベンジ申し込みますか。




小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

グランフォンドKOMORO2018 gaap参戦記 #gfk2018

今年もグランフォンドKOMOROに行ってまいりました。
12946333_2286020467_117large.jpg

0.前日祭

 先ずは前日祭。小諸まで移動です。
12946333_2286020454_139large.jpg
 アーバンライナーで名古屋まで移動。
12946333_2286020453_214large.jpg
しなのは荷物置き場があるんで輪行時には助かります。
 特急「しなの」で篠ノ井まで。
12946333_2286020451_185large.jpg
 途中、長野県で地震のニュース。結構大きめの地震らしく、安全確認で特急が15分遅れとなってしまい篠ノ井駅での乗り継ぎが予定通りいかず、予定から1時間遅れで小諸駅到着。
12946333_2286020450_208large.jpg
 で、しなの鉄道乗ってる合間に、「自家焙煎珈琲こもろ」さんのパリブレストが売り切れを知ってしまい、ランチ計画が破たん。

 と言う訳で、お昼はお蕎麦頂きました。
12946333_2286020446_194large.jpg
 お昼食べたら、早速、会場へ。

 これがまたヒルクライム。。。

 5kmで340m登ります。
12946333_2286020444_196large.jpg
 クマ看板ありました。

 会場手前の激坂で、ゆるゆるに履いていたSPDシューズが脱げてしまいました。
 脱げたシューズはペダルにくっ付いたまま(笑)

 片足だけ靴下で10m歩いて登り受付の信州青少年の家体育館へ到着。
12946333_2286020443_152large.jpg

 ゼッケンナンバー「0286」・・・「0285」じゃないんかよ!!!orz。。。
12946333_2286020395_199large.jpg
 受付を済ませて物販ブースへ。

 アルパカサイクルハンドタオルは売り切れorz。。。

 気を取り直して、AURORAさんブースで秋山殿ランニングTシャツゲット。

 三宅先生がサインしているのを発見して、早速、ポーチにサインを頂きました。
12946333_2286020431_189large - コピー
 久方ぶりの方々にご挨拶、たいてい、皆さま、一言目に「肋骨大丈夫?」でした(笑)
 事故から一か月、もう完治ですよぉ!
12946333_2286020457_43large.jpg
12946333_2286020414_106large.jpg
12946333_2286020412_38large.jpg
12946333_2286020415_14large.jpg
 東城咲耶子さんも登場したので、せっかくですので、ろんぐらいだぁす!オプションのTシャツにパカさんのサインも頂きました。
12946333_2286020467_117large.jpg
 ビンゴ大会では、サーバルちゃんTシャツゲット。
12946333_2286020442_36large.jpg
 前日祭を終えて、お宿へ。

 お宿は菱野温泉常盤館。
12946333_2286020405_58large.jpg
 お風呂がケーブルカーで上がるユニークな温泉。
12946333_2286020432_22large.jpg
12946333_2286020441_250large.jpg
12946333_2286020438_21large.jpg
12946333_2286020439_106large.jpg
12946333_2286020440_41large.jpg
12946333_2286020437_36large.jpg
12946333_2286020436_33large.jpg
 大変気持ちのいい湯を満喫。

 お部屋もいい景色で。
12946333_2286020404_37large.jpg
12946333_2286020403_100large.jpg
 風呂入ってさっぱりしてから、有志の前夜祭。
 山野草さんで満喫。
12946333_2286020429_224large.jpg
12946333_2286020462_53large.jpg
12946333_2286020426_184large.jpg
12946333_2286020463_163large.jpg
 イナゴの佃煮、ハチの子、肉!等々。

 いい塩梅でお宿に帰り、目覚ましセットして就寝。

1.グランフォンドKOMOROスタート〜軽井沢エイド

 5時に起きて5時半出発。2キロほど走ってスタート地点の信州青少年の家へ。
 小諸市長の開会宣言、三宅先生のあいさつの後、三宅先生を先頭にスタート。

 雨予報が降り出し予測が早まっていたので、ややペース上げ目で。12946333_2286020423_238large.jpg
 先頭集団に5キロほどで追いつくと、ちょうど三宅先生が集団から脱落したところ。
 先生にこのペースでは持たないですよと余計なお世話を。

 最初の軽井沢エイドにはあっという間に先頭集団のまま到着。

 先ずはたい焼き頂きました。
12946333_2286020422_10large.jpg
 直後に三宅先生も早々に到着。身体暖まったのでここからは自分のペースでいかれるとのこと。

2.軽井沢エイド〜北軽井沢エイド

 続いてここからは登りで峠の茶屋を目指します。

 登りは重量級のgaapではきつい。早々に遅れ始めて皆さんにおいて行かれます。
 ただし、珍しい自転車で登っているのでお声掛けたくさんいただきました。ありがとうございます。
12946333_2286020461_108large.jpg
12946333_2286020459_120large.jpg
 後ろから「ちょんぱぁ〜!」と、ニパ子ジャージにセミファットバイクの方に追い抜かれ様にお声掛け。
12946333_2286020421_205large.jpg
 グランフォンドだよ、山岳だよ。なのに、小径車にセミファット。ニパ子絡みは可笑しな人ばかりなの(笑)

 ひいこら言いながら登り切って、一気に下り。
 あっという間に北軽井沢エイド。

 バナナとエナジードリンク頂きました。
12946333_2286020420_174large.jpg
12946333_2286020418_223large.jpg

3.北軽井沢エイド〜嬬恋エイド

 北軽井沢を出てしばらくしたらなんとなく雨の予感。たまに肌に雨の感触。
 あれ、予報より早くね?

 などと言いながら、嬬恋目指してえっちらおっちら登ります。
 嬬恋エイドは東海大の研修センター。
12946333_2286020490_50large.jpg
 こちらではトン汁と筍ごはん頂きました。

 軽く補給が足りないので持参のジェルを追加投入して次へ向かいます。

4.嬬恋エイド〜湯の丸エイド  

 ここらで雨が本格的に降ってきます。
 愛妻の丘でふつーに土砂降りに。
12946333_2286020487_51large.jpg
12946333_2286020489_80large.jpg
12946333_2286020486_136large.jpg
 下り区間に入って路面も濡れてしまっているので跳ね上げでレーパンまでぐっしょり。

 しかし、この後、大ボスの地蔵峠なんで、汗かくと思い、特に着込みもせずに進みます。

 降り切ってから登り返して地蔵峠、湯の丸エイド目指します。
 標高1200mから1700mまで約8km、500m登りです。

 このあたりから他のグランフォンド参加者もちらほら。

 グランフォンド嬬恋、グランフォンド軽井沢の方々も一緒に登っていきます。

 途中、ゴッドハンドのニパ子(中の人代理)さんに遭遇。
 GSR-CUP以来です。

 この雨は静岡に行ってるニパ子のせいだと意気投合しながら登ります。

 途中、パンクしている方が目に入り、スタッフが駆け寄っています。

 どうも、携帯しているポンプでうまく空気が入らないみたい。

 気になって引き返して、ヒラメありますよとお声掛け。

 パンクしている方はヒラメの存在は知らなかったのですが、スタッフさんはそれは助かるということで、空気入れのお手伝い。携帯ポンプにヒラメの組み合わせで一気に空気入れていきますが、ふつーのロードタイヤは空気量も多い。小径車で普段している量のポンピングで疲れて、スタッフさんに交代。無事に7barまで入れれて、離脱。

 ちなみに参加者とスタッフさんはグランフォンド嬬恋の方でした。
 ニパ子ジャージでニパ子車で、なぜ嬬恋参加ですかって聞かれちゃいました。。。小諸からです。。。

 足も休まったので一気に峠のてっぺんまで。

 湯の丸エイドに到着。

 ここではカレー!
 スキー場のカレーってなぜかうまいですよね。
12946333_2286020485_205large.jpg
 レモンシャーベット!砂糖かけてお召し上がりくださいって書いていたけど酸味ほしくてそのまま。酸っぱかったけど美味しかったです。
12946333_2286020484_193large.jpg
 外に出て、甘酒!温まりました。
12946333_2286020482_24large.jpg
 で、ここで、初めてウインドブレーカ装備。
 ゼッケンが隠れてしまうので、あえてウインドブレーカを下に着て、ニパ子ジャージを上に着るスタイルで。

5.湯の丸エイド〜小諸エイド

 ここからは一気に下りです。雨も本降り。気を付けながらライディング。

 途中、何度かブレーキ休めピットがあり、スタッフさんがいるところがあり、ちょうどそこでボンって異音して。何事?
 ゆっくり速度落とすと、スタッフさんがボトル落ちたよって。助かりました。ありがとうございます。
 今回は暑くなるかもってマグネット吸着のコアラボトルをトップチューブに装備していたのですが、下りの振動で落っことしてしまいました。
 同じダブルボトル化は王滝では出来ないな。。。

 下り切って、雨も緩くなって、景色一望。

 ただ、この道昨年も走ったけど、道がガタガタで下りだからリム打ちしないか心配でゆっくり下りました。

 降り切って浅間サンライン入る手前で、またなんか落ちた音。携帯工具落としました。散らばってしまい、一番小さいヘックスだけ行方不明。。。

 気を取り直して浅間サンライン。

 菱野温泉の看板見て左折。ここからラスボス。
 薬師館までの登りに突入。

 いままでロー側ファイナルギアは使わずに来れましたが、流石に薬師館前の最後の激坂はファイナルギア(47t相当)投入。

 無事足つきなしで小諸エイド到着。
12946333_2286020481_4large.jpg
 小諸エイドでは、お稲荷さん、イチゴ、落雁頂きました。
12946333_2286020478_196large.jpg
12946333_2286020477_161large.jpg
12946333_2286020476_204large.jpg
12946333_2286020475_141large.jpg
12946333_2286020474_83large.jpg
 落雁は「小諸」の文字に「無」の文字入り。気付いたことを言うとスタッフのおねーさんからお褒めの言葉頂きました。
 ちなみに「無」の文字はこのあたりの武将さんの旗印だったそうです。

 ポンタ君にサバイバルニパ子号ハムハム事件起きるところでAURORAさんに助けていただきました。
12946333_2286020472_211large.jpg
12946333_2286020480_249large.jpg

6.小諸エイド〜GOAL

 最後は2キロ。朝も通った道なので一気にゴール。
 13時到着で、6時間で完走。
12946333_2286020393_95large.jpg

 雨が本降りになる前に無事に走り切れました。
 天気予報が前倒しで途中雨に結構やられましたが、まぁ、ウインドブレーカのみ耐えきったので問題なかったですね。

 で、無事に完走証「ニパ子」と「ろんぐらいだぁす!」頂きました。
12946333_2286020458_95large.jpg
12946333_2286020455_53large.jpg
 ゴールのご褒美に暖房効いた食堂でお蕎麦頂き温まりました。ありがとうございます。
12946333_2286020471_111large.jpg

7.帰路
 
 では、帰るかと思うと、本気の土砂降りに。
 まだ、走行中の人はえらい目に会ってるだろうなぁ。。。

 着替えて駅まで行こうかと思いましたが、乾いた服は駅まで確保しておきたいので、濡れたまま、出発。

 ちょうど自転車またがったところで関西方面組が車から降りてきて、おいおいって、早々にDNFしたらしいです。俺だけかよ!走ってたの(笑)。
 帰阪したらgrupettoで反省会な!

 で、皆に別れを告げて土砂降りの中、小諸駅へ。

 ここが一番びしょ濡れになりました。

 小諸駅で寒さに震えて、先に着替え。輪行セットして、電車飛び乗り、何とか一息。
 帰りの特急「しなの」では寝落ちしていました。

 帰って洗濯完了までがイベントですので、風呂入って洗濯。

 無事に終了。グランフォンドKOMORO実行委員会の方々、関係者皆様、AURORAさん、ありがとうございました。
 三宅先生も完走おめでとうございます。東城さんも前日祭駆けつけありがとうございました。

 道中、あちこちでお声がけ頂きまして、ご一緒した皆様ありがとうございました。

 先月の事故DNFでケチついて以来、ブルベはすべてDNF。久しぶりの完走、雨でしたが楽しめました!

 また、来年も楽しみにしています。


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM428神戸300kmGranfondo Stage.2 雪彦山・砥峰 gaap参戦記

 懲りずに神戸Granfondo Stage.2 雪彦山・砥峰に挑戦してまいりました。

0.スタートまで

 今回は、王滝用gaapにフラットタイヤ履かせて行くかと考えていたのですが、整備しだすと洗車はシッカリした筈なのに、昨年の王滝の泥が落ち切ってなくて、BB外すとまだ砂状の泥が残っている状態で。。。結局、間に合わず、通常の通勤マシンのgaapで参加することに。
 やはり、王滝行った後は完バラシでオーバーホールする必要がありますね。この連休に整備しておかないと。

 ということで、gaapは先日のGSR-CUP仕様の痛ホイールカバーのままで、重量級gaapで山岳ブルべにチャレンジすることになりました。

 せめてもの軽量化ということで、荷物関係は最小限度に。
 タイヤレバー、携帯工具にチューブ、超軽量輪行袋をフードポーチに一個に詰めて、後は背中のポッケに補給食詰めていくことに。
12946333_2284762709_203large.jpg
12946333_2284762710_125large.jpg
 リアバッグはなしで。

 当日は5時に起きて自走で神戸HATなぎさ公園へ。
12946333_2284762697_156large.jpg
 皆様方にご挨拶。

 ブリーフィングを経て、スタートとあいなりました。


1.スタート~PC1

 最初はのっけから再度山ヒルクライム。
 全然ヒルクライムしてないからツライ。しかも、ギア比がツライ。しかも、マシンが重い。

 ということで、早々に全員に追い抜かれ、最後尾に。
 何とか上って、最初のフォトチェックで。
12946333_2284762696_11large.jpg
 降り出すとおり返してくる参加者。写真撮り忘れったって。今回初めての参加で、緊張しているようで、ボトルも忘れてたし、大丈夫だったのかな?

 後は姫路までえっちらおちっら。途中、お腹痛くて、コンビニはいるも、手洗いかが全然開かない、焦ってノックするも、全然出てこなくて、仕方なく、我慢しつつ先のコンビニ探して、何とかセーフ。ここで結構待ち時間含めて時間食っちゃいました。
 姫路市街地に入る前にコンビニ休憩中にたくさんの7:30スタート組に追い抜かれる始末。

 何故か軽トラの荷台でランドセル背負ってるワンちゃんが。
12946333_2284762716_158large.jpg
 姫路市街地を通過手前でW島さんとはるさんに追いつかれました。。

 姫路城通過。
12946333_2284762718_119large.jpg
 謎の駄菓子屋。
12946333_2284762715_155large.jpg
 姫路城から先は快適にトレインのって無事に PC1ローソン夢前塩田温泉店(79.9km地点)に11時頃到着。

2.PC1~

 この先、補給箇所が少ないと聞いているので、たっぷり目に補給。
 大盛ペペロンチーノにホットドッグ、ジェリー系補給食にリンゴジュース。
 加えて背中ポッケにアクエリアスのペットボトル1本追加で。

 ここはイートインがあり、先日の神戸200kmのときにPC1で低体温で蒼白になっていた若者に再開。あの後、スマホ水没で連絡取れず、頑張って輪行で帰ったらしい。それにも懲りずに再び参加とは見上げたもんです。

 補給を終えて雪彦山目指して進軍です。

 10kmほどなだらかな道を行って、いよいよ林道方面へ。
 道が狭くなり結構な斜度のところも。
12946333_2284762712_82large.jpg
12946333_2284762713_43large.jpg
 標高800m地点を目指してちんたら登っていきますが、平地用にセッティングしてあるgaapではツライ。リアは内装HUBだから外装換算9-47tのワイドレンジではあるものの、フロントが大径56tではやや重め。
 ヒイヒイ言いながらなんとか最初の天辺に到着。
12946333_2284762694_27large.jpg
12946333_2284762711_7large.jpg
 この先このぐらいが道が延々続くかと思うと既にうんざり。まぁ、林道なんで先へ行くしかエスケープできないし、進軍開始。

 ちなみに林道だから、道は悪い、何か所か舗装がないところや、グレーチングが微妙なとこがあり、下りは嫌だなぁと。
 で、ちょっと下ったところで、グレーチング縁のところで荒れた場所があり、避けたつもりが、後輪がそこにあたり、パン!と一気にパンク。
 やれやれということで、チューブ交換。
 空気入れようよして、バルブヘッドに携帯ポンプ押し付けてると、パキっていって、携帯ポンプの先っちょがポロリ。。。
 え????まじで。
12946333_2284762692_91large.jpg
12946333_2284762706_85large.jpg
 途方に暮れてしまいました。

 後続車に空気入れさせてもらっても、この先、ポンプなしで進むのはマズいのでDNFを決断。

 ロードサービスにて撤退しました。来た道を下っていきましたが、下り側に標識が立っていて、斜度は14%とかの看板があちこちに。エライとこ登ってきたんやなぁったしみじみ。

 帰りは福崎駅から輪行で。
12946333_2284762690_240large.jpg
12946333_2284762691_156large.jpg
 持ってってよかった輪行袋。
 @ab_pekoさん謹製ので、小さくてフードポーチに収まるサイズでこう言った緊急時に助かります。
12946333_2284762685_1large.jpg
12946333_2284764612_119large.jpg
12946333_2284762687_11large.jpg
 深夜帰宅のはずが、早々に晩ごはんの時間に帰宅。

 あっさり終わってしまいました。

 次はグランフォンドKOMOROで、また登りばかりとなります。

 ちなみに携帯ポンプはポンプヘッドをヒラメに換装してみました。これで安心。
12946333_2284762704_124large.jpg
 ドライヤーでホースとヒラメ本体を温めてから押し込んで、二段目まで入ったから大丈夫かと思うけど、一応、セットのホースバンドで締めこんで安心。
12946333_2284762699_195large.jpg


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR