FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM715和歌山200km gaap参戦記

暑い最中にBRM715和歌山200km和歌山・奈良サイクリング走ってきました。

0.スタートまで

 連休の中日だったので、のんびり過ごしてから出発。
 そしたら、環状線が暑さで線路点検が必要な気温になってしまい、阪和線まで影響。暑さでレール伸びた?
 しばらく電車で待ちぼうけ。

 日も暮れてすっかり遅くなって海南駅に到着。

 和歌山ラーメン食べに行って。
12946333_2290561092_180large.jpg
12946333_2290561091_12large.jpg
12946333_2290561088_10large.jpg
 好みの細麺、醤油味濃い目で大満足。
 朝ごはん諸々仕入れて就寝。

 翌朝、4:30起床してスタート地点の和歌山マリーナシティへ。
 さすがに今回は参加者250人。すごい人だかり。
 早々に受付・車検済ませて、知り合いにご挨拶して、待機。
12946333_2290560348_242large.jpg
 ブリーフィング後、6:30スタートで出発。
12946333_2290560347_115large.jpg

1.スタート〜PC1

 天気は快晴。
 まだ6:30なのに気温は30度。
 しかし、昼間は35度を超えてくる予想。
 まだ涼しい?うちに距離稼ごうと、ロードの方々の集団につかせてもらう。

 まぁまぁいいペースで進んで行きます。
 20kmほど進んで、泉佐野ブルベでいつも通る通過チェックのローソンを横目に、ここからはほぼ知ったコース。
 暑さもマシマシな中ペース揚げていきます。

 途中一度、ドリンクが尽きたのでコンビニで補給。

 柿の葉寿司 九和楽さんによって補給用に柿の葉寿司を買うつもりが開店前に通過・・・。

 ほぼノンストップでPC1ローソン九度山町店(45.9km地点到着)に8時過ぎに到着。
 1時間半で走り切って、ちょっとペース上げ過ぎ感にヤバさを感じる。
12946333_2290560346_213large.jpg
 ふと見つけたクワガタ(雌)と戯れ。

2.PC1〜PC2

 コーラ、アクエリアス、冷凍アクエリアスを購入し、冷凍アクエリアスを背中のポッケに放り込んで冷却用にして出発。

 この先も五条まではいつもの泉佐野ブルベの道なので余裕かましていくも暑い。
 冷凍アクエリアスを優先して信号待ちの度に冷たいのををごくごく。
 ボトルのアクエリアスは温いというか、熱くて飲める気がしない。

 五条から吉野川沿いへ方向を転じ、PC2ローソン吉野リバーサイド店(81.9km地点)に10時前に到着。

3.PC2〜PC3

 ここで、今回DNSの筈のオダキング発見。
 聞くと冷やかしついでにグルメしに来たということで、グルメポイントを教えてもらう。
 ラーメン「河」、50食限定とのことで、間に合うか分からんけど、急ぎ折り返すことにして、先を急ぎます。
 この先は大滝ダムまでじわじわ登り。暑さもまして、ヤバい感じ。
 喉が渇く、腹が減る、暑い、日陰やトンネルが嬉しい状態。

 ダムまで登ってしまえばあとは一気に折り返しのフォトチェックの川上村武光橋へ。
12946333_2290560812_128large.jpg
 写真おさめて、ドリンク飲んで一息。
 この時点で11:00
 ここには消防倉庫しかないのだけど、皆さん、お疲れのようで建物の日陰で休憩中。

 しかし、いくら日陰でもこの暑さは酷くなる一方なので疲労感とちょっと熱中症の初期症状的なだるさがあったのだが、冷たいドリンク補給できるところまで行こうとリスタート。
12946333_2290560814_11large.jpg
 途中の道路表記の気温は35度。。。ヤバいヤバい。

 トンネル抜けて道の駅で補給と休憩。
 暑さで体の塩気が完全に抜けている。
 ジャージが塩吹いてえらいことに。
12946333_2290560341_104large.jpg
12946333_2290560342_57large.jpg
12946333_2290560367_191large.jpg
 黒色のCW-Xがグレーに変色するぐらい塩を失ってます。

 慌てて、塩分タブレットとアミノバイタルを補給。
 冷たいコーラとアクエリアスを補充。

 再びコースインして、オダキングお薦めのラーメン屋「河」へ12時前に到着。
 たどり着くも無情にも50食売り切れ。。。。
12946333_2290560366_8large.jpg
 キングは30番ぐらいでまだ待ってました。うらやましい。

 と言うことで、キングお薦めの二件目、蕎麦屋「くまそば」を目指すことに。

 先ずは気を取り直して、再びPC3ローソン吉野リバーサイド店(120km地点)に12時半頃到着。

4.PC3〜PC4

 最後1本の冷凍ボトルを運よく補充。

 お腹も空いたので急ぎ「くまそば」さんへ。

 なかなか、隠れ家感あるお店で、赴きありました。
12946333_2290560355_149large.jpg
12946333_2290560360_117large.jpg
12946333_2290560357_127large.jpg
 サイクルラックもあったし。
12946333_2290560359_146large.jpg
 お蕎麦も大当たり、大変美味しく、大盛り頂きました!
12946333_2290560362_84large.jpg
 ここで座敷で胡坐書いてると、両足攣って悶絶。
 塩分が足りてない。蕎麦食べ終わって蕎麦つゆを蕎麦湯で割ってごくごく飲みほして塩分補給。

 扇風機に当たりながらくつろいで1時間ぐらい過ごしちゃいました。

 再びコースに戻るも、気温はどんどん上がって体温越え。

 サイコンの表示では39度に。。。
12946333_2290560350_149large.jpg
 気温の上昇とともにペースも落ち始め、五条病院の所の吉野スーパーにて大休止。
 頭痛が始まっており、これ完全に熱中症の症状やと。

 涼しい店内で何か良いもんないか物色しつつ、体温落として、アイスクリームにコーラ、さらにはかち割り氷の袋を購入。
 氷は首筋から背中にかけてジャージで挟んで固定。

 さらに塩分補給できるもんないか物色。
 くらこんのこん部長に助けてもらうことにしました。
12946333_2290560354_92large.jpg
 普通ならご飯にでも合わせないとしょっぱくて食べれませんが、フツーに美味しく頂けたということは相当塩分足りてなかったみたい。

 背中に氷を背負ったままくらくらしながら走りだして、すぐ、直後、後輪に嫌な感じ。
 何か踏んだような感覚。
 思った通り、空気抜け出して、仕方なく次の信号までゆっくり走って、歩道の日陰を探してチューブ交換。
 小さい尖った石を踏んだようでチューブには小さい穴が。
 空気入れるのに体力使い果たして、木陰でしばし休憩。

 思い切り休み休みで走って、PC4ローソン九度山町店(156.2km地点)に16時ごろ到着。

5.PC4〜GOAL

 着くなり背中の氷をおろすと全て解けて水になっていたので、まだ冷たいうちに頭からざばっとかけて体を冷やしてからお店に入ります。冷房って文明の利器は素晴らしいね。

 今回のブルベは人数が多いとのことで、各PCは近隣コンビニ3か所が指定されていたのだが、あえて往きと同じにしたのはローソン九度山町店にはイートインが合って座れることを思い出したから。

 椅子に座ってアイスクリーム食べてコーラ呑んで、塩こぶ食べて、のんびり。スマホ弄ってたら左手の親指が攣る珍事発生。
 塩分、ミネラル各種成分が相当身体から流れ出してる。ヤバいのでさらに塩こぶ食べて、ゆっくりしてから出発。

 出発するもペース上らず。

 だらだら走って残り20kmで、力尽きて、泉佐野通過チェックのローソン桃山市場店にて再び休止。
 暫く日陰でやり過ごしてから出発。

 確か19時からゴール地点は花火の為、交通規制が入るとか言ってたので、19時前には到着したい。
 最後だけちょびっと無理して何とか19時ちょっと前にゴール受付マリーナシティわかやま館に到着。

 12時間半で認定もらいました。
 無事にオダックス近畿200kmピンバッジもゲット。
12946333_2290560809_156large.jpg
 これでオダックス近畿単独でSR取得。
 しかしながら、往きの片道100kmを4時間半で行って、帰りの100kmを8時間かかるってどうなん?
 完全に暑さにやられたブルベでした。

 ちなみに熱中症の症状が出てたので、かえって水風呂30分浸かって身体冷やして即就寝。
 いくら水分とっても翌々日まで尿があまり出ないし、頭痛は続くはで200kmで峠もないブルベにしたらダメージ大きくてエライ目に遭いました。しばらく日中は自転車はいいです。7月8月は朝か晩しか乗っちゃダメですね。

 当分ブルベはいいです。次はたぶん秋のオダックス近畿15周年記念1000kmまでロングは走らないです。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
スポンサーサイト

近江高島トライアスロン

娘が近江高島トライアスロンにチャレンジしてきました!
12946333_2289657585_53large.jpg
小学生の部、スイムをプールで100m、バイクを3.8km、ランを1.5km。
スイムとランは全く苦手な中、よく行くと言い出したもんでこちらもびっくり(@_@)。

スイムはビート板使用可ということで、軒並みクロールでスイスイ行く中、バタ足で頑張り、続く自転車では結構ペース上げて遅れを取り戻しましたが、最後、ランでへばっちゃってけど、歩くことなく見事完走を果たしました。
12946333_2289657599_187large.jpg
12946333_2289657598_121large.jpg
12946333_2289657597_109large.jpg
12946333_2289657595_30large.jpg
12946333_2289657594_55large.jpg
12946333_2289657592_173large.jpg
12946333_2289657591_135large.jpg
12946333_2289657589_50large.jpg
12946333_2289657587_103large.jpg
頑張ったね!
まだ出る気あるなら、今度はお父ちゃんも出るよ!




小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

自転車事故の後日譚(超々長文)

 ブルベでの事故、ようやく警察での事情聴取、調書の作成が完了して、すべての手続きが終わったので、いろいろ、後世に残す(大げさ?)ために備忘録です。

1.事故当日

 こちらは下りで30km/h程度(制限速後50km/h)。
 国道は夕方でやや渋滞気味も、道路わきをこちらは普通に走行。
 ちなみにライトは常時点灯。夕方とはいえ、E3のハブダイナモライト。目視していれば間違いなく見えてるはず。

 加害者証言によると、ホームセンターから国道に入ろうとして、ホームセンターに進入しようとする対向車線のみ見ていて、自分の右手方面は一斉見ておらず、気が付いたらはね飛ばしていたとのこと。

 ここからは事故の衝撃ではね飛ばされた直後からの自分の記憶をもとに記述。

  ・脇腹に激痛。次の瞬間右足から落車して隣車線に投げ出される。
 ・痛みを感じる暇もなく、後続車に轢かれることが脳裏をよぎり、自転車を引きずって、国道のガードレールまで走っていき、自転車をガードレールに立て掛ける。
 ・この時点で自分を跳ねた自動車は5メートル先に止まっていた。
 ・後続車が事故目撃して停車してくれていたので、自転車から落下した荷物(8mmスパナ、輪行袋の肩紐、予備チューブを拾い、路上へ。後続車にOKを出して、歩道に退避。
  ※ここで、後続車に一台は目撃者として待機してもらえば良かったが、自分の身の安全と、気が動転しててそこまで気が回らなかった。
 ・加害者が近寄ってきたので、自転車に取り付けていたスマホを取り出して、110番しようとすると、加害者が「どこに電話するん?」と間抜けな質問。
 ・「警察に決まってるやろ、110番!」と言うと、「止めてくれ、金は払うから」と意味不明な発言。「あほか、事故やぞ!警察電話せんとあかんやろ!ふざけんな!」と言って警察に電話。
 ・警察受付、事故にあった旨説明。場所を聞かれ、住所はわからんから、国道のどこか。ホームセンターがあるけど、店の名前までは分からん。目印にある看板を伝え、間違いないと。今すぐ警察が向かうけど、相手はと聞かれ、見ると、クルマのってどっか行こうとしているので、慌てて、クルマのナンバーを警察に伝えて、大声で呼び止め、警察に車のナンバー伝えたからなぁ!と。
  ・警察の受付の人に、怪我は?と聞かれ、脇腹が痛いが気が動転しててよくわからない。必要なら自分で救急車呼んでと。すぐに向かうからということで、待機。
 ・加害者がどこ行ったか分からないが、警察にナンバーは伝えているから大丈夫やろと、自分の保険会社に連絡。状況を伝える。
 ・状況説明中に警察到着したのでまたかけるということで保険会社とは一旦会話終了。
 ・相手はどこと聞かれるが、こちらは分からない。どっか走って行った。ナンバーは伝えたとおり。ワゴンの一番後ろ部分が切り取った形で軽トラとワゴンの間みたいな車やと。警察が近辺を調べるとホームセンターの駐車場にいるとのことで、一安心。
 ・体の具合を聞かれる。この時点で歩道側でガードレールにもたれ掛り、上体を起こせない。
 ・落ち着いて痛くなくなれば、まだ時間あるし、完走は出来るなどと間抜けなことをこの時点では思っていた。
 ・しかし、時間経てば経つほど痛みがひどくて動けなくなってきた。
 ・警察が救急を手配してくれる。救急車来る間、雨も降ってるのでパトカーで待機。
 ・自転車をこっちに持ってきてほしいとお願い。
 ・警察に状況を説明。免許証の提示、住所、緊急連絡先、家族に連絡したか等々も聞かれる。
 ・説明してうちに救急車到着。
 ・救急車へ移動。歩けるので担架乗るかと言われたが自分で歩いて、救急車のベッドへ。
 ・自転車を積んで病院に行けるけど、どうするかと言われたが、警察の方で現場検証で使うから今すぐ持っていくのは無理とのこと。幸い、シートポストにダイヤル式のカギを付けていたのでそれでホームセンターの駐輪場に地球ロックしてくれとお願い。
 ・救急車の中で既往症や掛かりつけ医や飲んでる薬等々の確認。
 ・怪我の確認。痛いところの自己申告後、他に怪我してないかの確認を下肢から順に行っていく。
 ・左右足首問題なし、右脛触れると激痛。悲鳴上がる。ここまで痛がると腓骨骨折かも?歩けたから太い方は大丈夫かと。
 ・脚はそこまで。腕を確認。グローブ外したら左手小指・薬指根元が大きく腫れ上がってる。握ろうとしても手を握れない。ここも骨折の可能性。
 ・手は上がるか確認。左肩が上がらない。
 ・脇腹の痛みを訴えていたから、左脇腹を触診。触られても痛みはない。だが上体を動かそうとしたら痛みで動かせない。寝ころぼうにも救急隊員に補助してもらわないと無理。起き上がるのも補助なしで無理。これは肋骨かなと。
 ・脚のけがを確認したいが、このタイツ脱げるか?厳しそうだな?切る?と聞かれ、勘弁してくれ。このCW-X1万円以上するねん。手伝ってくれたら脱ぐから。ということで、補助してもらいながら、靴下脱いで、レーパン脱いで、CW-X脱いで全裸(笑)。
 ・脱いだら右脛がポッコリ腫れてしかも出血あり。脱ぐときも強烈痛かった。
 ・ここまで腫れてて触られるまで気づかないとは、事故直後はアドレナリン出てて気づかないことがあると言われ、ちょっと怖くなった。
 ・脱いだら寒いので毛布二枚かけてもらい、震えるまま待機。
 ・状況を確認後、整形外科で救急受入れ大丈夫な病院が近隣にあるとのことで搬送。
 ・人生初救急車。
 ・10分もせずについて、ストレッチャーで病院の救急処置室へ。
 ・とりあえず。待機。隣の部屋から、他のけが人の治療?悲鳴が聞こえて少し怖くなる。
 ・全裸待機で体冷えてきて、毛布もらう。
 ・体冷やしたせいか、猛烈に尿意をもよしてきて、看護師さんにトイレに行きたいというと、その恰好(全裸)は困るね、ということで、大人用紙おむつとパジャマ借りる。看護師さんは車いすでというが、歩けるので歩いて手洗いへ。
 ・手洗い済ませて戻ろうとすると、看護師さんは何かあったら困るから強制的に車いすへ。
 ・処置室に戻るも、ベッドに上がるのが面倒なので、車いす待機。
 ・レントゲンとCTの準備ができたので、移動。
 ・レントゲンとCTの撮影。レントゲンは左手、右脛、左肩、左わき腹、CTは胴体。
 ・お医者さんから、レントゲンとCTの結果をもとに診察。左6番7番の肋骨は骨折。あとは骨折は見られないので打撲ということ。
 ・左手小指薬指は添え木で。左すねは出血してるのでガーゼに包帯。脇腹はマジックテープのついた幅広のサポーターで固定。
 ・処置完了したので、どうすればいいかと聞くと、警察から電話あった?と聞かれ未だとのこと。では、警察に電話してこの後の処置を確認してくださいと。
 ・病院で出来ることは終わったので、警察に電話してみると、自転車は警察署に運んでいるので、処理が終わったなら来てほしいと事。
 ・病院でこの後警察に行くことになったので、病院の今後の治療や、診断書と会計はどうすればいいか確認。
 ・待ち時間の間に、脱いだ服に再度着替え。濡れた服に着替えるのは嫌だが、紙おむつにパジャマで警察に向かう訳行かないので止む無し。
 ・週あけて月曜日に予約取るから来てほしいとのこと。診断書の用意と、今後の治療について診察の上、判断しますとのこと。
  ・治療について自宅最寄りの病院に行かれるなら紹介状は書いてもらえると。
 ・会計。約10万円。事故なので健康保険適用外。。。ちなみに所持金1000円。とりあえず1000円預かります。残り金額は9日月曜日までに全額支払ってくださいとのこと。
 ・こちらに支払う用意も義務も無いがとりあえず、領収書兼請求書をもらって、警察へ向かう。
 ・タクシーで行くかと思ったが、このタクシー代も費用が出るかこの時点でまったく判断できなかったので、歩いて最寄駅へ徒歩10分で電車のっていく。駅でおりて徒歩10分で警察署へ。
 ・自転車を回収。
 ・状況を再度確認される。
 ・事故証明書ってのを貰っとかないと思い、その旨、伝えると、警察が言葉を濁しだす?????
 ・これは独り言なって体でしゃべってくれる。
 ・相手は車検切れ・自賠責保険未加入で、これから捜査に入る。事故証明はその捜査を終え、正確な事故現場検証書類を作成しないと出せない状況だと。
 ・警察は捜査がおわるまで、加害者・被害者について判断はしない。
 ・民事不介入の原則があるのでよく保険屋が言う、100:0とかの表現も使わない
  ・2週間ぐらいかかるから申し訳ないが待ってもらうしかない。
 ・相手と連絡取る方法はというと、メモで加害者の名前と携帯番号をくれる。
 ・ここでも独り言。加害者は自動車関係の仕事だとこと。 
 ・警察からは診断書がほしいので、可能なら病院に寄ったついでに来てほしいとのこと。月曜日予約しているのでその後診断書持参する旨調整。

以上が事故後の警察で調べ終わるまで。

 ここから、帰宅をはじめ、もろもろめんどくさかったこと。

 まず、家に帰るための段取りと病院の治療費10万円の支払の件を決めないと。

 助けを求めにこっちから保険会社に電話。

 無車検、無保険の加害者とは正直、個人で話をしたくないので、幸いにも自分の自転車保険は自転車向け保険プラチナで一番高いやつ。確か、示談代行があったはずなので、それを活用するのがいいと思い連絡。すると、この窓口、土日は事故受付はするが、示談代行窓口は平日9:00-17:00じゃないとつながらないので、今、出来ることは何もないと。。。使えねぇ。。。とにかく、示談代行窓口の担当から朝一番に連絡貰える様にお願い。

 一応、加害者には電話したくないが、今、病院で治療が終わり、警察にきている。病院の支払の件を伝えて支払をお願いした。ただし、自分は加害者のあなたとは話したくないので、自分の保険の示談代行窓口からそちらに連絡してもらい、請求してもらうと伝える。それと、警察からの帰宅に際し、タクシーなりを使うのでその費用も請求させてもらう旨を伝える。そしたら、今から車出すから自転車乗せて自宅まで送り届けると。いやいや、無保険、無車検のあなたのクルマには自分は乗りたくないので勘弁してくれと。ひつこく言ってくるので電話切断。

 タクシー呼ぶも輪行袋に入れる元気がないので、仕方なく、サービス回数が減ってしまうが自分の自転車保険のロードサービスを使うことに。
 しばらくして、ロードサービスが来てくれて、今回はミニベロ、折り畳みといったから、前回(2018Fresh1209)のトライアルブルベみたいな大きな自動車運搬トラックでなく軽ワゴンで来てくれた。
 車内で、ロードサービスの兄ちゃんと会話。
 ・「無車検」「無保険」はこの業界いるけどたまに確信犯的にいるから要注意やで。
 ・弁護士特約は、保険会社お付の弁護士やから、特約の上限300万円分マックスまでしっかり時間かけて仕事しよるような弁護士もいるから要注意。時間給やから時間かけただけ、弁護士は儲かるからね。
 ・弁護士は、相手の支払能力も見よるから、支払能力目いっぱいを払わせようとするけど、向こうが生活できないとか言い出したら、そこはもめるから、早々に妥協するから要注意。
 などなど、いろいろ帰り道にアドバイス受けました。ロードサービスの兄ちゃん、ありがとう!

  とりあえず、帰宅して、怪我の包帯があちこちで、風呂は無理やったので、シャワーのみ浴びて就寝。奥様にむちゃくちゃ怒られた。。。。
 この日の晩御飯はたこ焼きパーティだったとのことで、早めの帰宅待ってたのに。。。。

  冷めたたこ焼きを食べて寝る。

2.翌日

 日曜日は一日ごろごろ。というか、痛くて動けなくて、背もたれ倒れるソファで座って暇つぶし。
 立ち上がるときは娘に背中を押してもらい立ち上がる始末。「介護はいやー」と娘に言われてへこむなど。。。

3.3日目

 月曜日、会社に一報入れて病院に。

 病院の前で、保険会社の示談代行窓口から電話。
 で、結局、示談代行特約は使えないと。
 示談特約は、自分が被害者でも加害責任ある場合(たとえば9:1で責任があり、「1」の分の支払いをしないといけない場合)でないと使えないとのこと。いやいや、なんの為の特約やねんと食い下がるも何もできないと。保険会社同士で責任の範囲を明確にして、請求の相殺や減額交渉するのが示談交渉代行で、自分に請求されることが無い場合は一切使えませんと。ましてや個人には使えませんとも。いくら言っても時間の無駄で結局、向こうに払わせるには個人で交渉してくださいだって。。。

 治療は整形外科の先生に診てもらって、肋骨は折れてるけど、ずれてないから、痛み引いたらスポーツしてもいいって。他も打撲なので、特にすることはないとのこと。通院の必要は?と聞くと気になるなら来てもいいけど、痛みどめ処方する程度やということで、じゃあ、いいですで治療終了。

 会計に言って、事情説明。支払は事故なので、加害者にさせたいと相談すると、加害者に来てもらって支払ってもらってくださいということだったので、加害者にいやいやながら電話。
来てもらって支払ってもらうことに。で、ここで加害者が健康保険を使ってほしいと。それはどうなんやろと思いつつも、払ってもらえないとこの後、警察にも行けないし、とりあえず、健康保険使えるかと会計に聞くと、「第三者行為による届け」が必要とのこと。その当事者である加害者が支払に来るけど、それならって聞くと、なら健康保険で対応しますのでそれで計算。14,000円に。
 加害者が来て払ってもらいました。そして、今から警察行くというと、「お昼一緒にどうですか?」、とか、「警察行くなら送ります」とか言ってくるが、無視。「あなたのクルマには乗りたくない」と。
 警察まで行って診断書提出して、あとは捜査状況まとまったらまた連絡して来てもらうのでとのことで。この日も終了。
 うちに帰って、今度は自転車の修理見積。

 実際、どうなってるのか分からないので、乗って確かめながら辛くなったり、自転車がダメなら輪行するかと言うことで、自転車乗って大阪市内まで。
 リアの内装変速がおかしい。変速の際、空回りするギアがある。カチってシフトグリップ回すとペダルがスカッーと抜けて空回り。半回転戻すとギアが入る変なことに。
 フロントホイールはフレフレ。。。しかもディスクブレーキ擦って重い。。。
 エキセントリックBBでテンション張ってるチェーンがよく見ると弛んでブレブレ。。。微妙にBBにがたつき。
 等々の症状を確認の上、行きつけの小径専門店に持ち込み。

 症状を説明して見積依頼。

 
4.損害賠償関係

 向こうが無保険なので、個人交渉となるのは既に自分の自転車保険会社に確認済み(何度も繰り返しますが、相手が無保険なら示談代行サービスは被害者は使えない)。

 仕方ないので、損害を積み上げた見積書を作り、それをもとに請求書を内容証明で送りつけることに作戦方針決定。

 見積作成
  ①自転車店舗 見積
  ②リアホイールカバー
  ③ヘルメット(当初頭は打ってないと思っていたが、ヘルメット見てたら凹み発見、費用を積み上げ)
  ④反射ベスト(脇腹に洗濯してもしても落ちない衝突痕あり)
  ⑤参加できないであろうイベントのエントリ済み費用積み上げ(逸失利益として計上)
  ⑥休業補償(会社休んだ日、および警察に出頭する予定日を積みあげて、会社に休業補償の一日当たりの証明書を取得)
  ⑦交通費(病院往復、警察往復、事故当日の自転車運搬/帰宅費用をタクシー代にて換算)
  ⑧慰謝料(診断書によると1か月の静養とのことで、1か月分の慰謝料を弁護士基準にて算出
  ⑨その他諸費用(自分で内容証明や見積もり作成したが、普通は行政書士等に頼むであろうから、1回3万円を計上)
 
 以上の見積もりを作成し、各見積書にエントリ済みのイベント領収書を揃えて内容証明を作成。
 書類作成の折には色々自転車クラスター皆様方のお世話になりました。特に、Azuさんにお世話になりましたm(__)m。


  結局、個人交渉でやるのは怖いので、家内が保険の代理店務めなので、相談させてもらい、結局、顧問弁護士の先生に書類をすべてチェックしてもらいました。
 その際に、ただでしてもらうにはあまりに悪いので、保険会社の特約にある法律相談費用(5万円まで)を使ってお支払出来ないか相談。保険会社に連絡するとその後、あいおいニッセイ同和損保??(下請?)から電話かかってきて、確認すると先ず自分のところの顧問弁護士使わせようとするけど、顧客が選んだ弁護士を使うことも可能とのこと。先生の名前と連絡先をお伝えしたら、支払は保険会社がするので、お話進めてもらってOKとのこと。また、法律相談で収まらず、弁護士特約300万を利用する場合も、自分で弁護士選んでOKとのことだったので、安心して、弁護士相談しました。書類は、「どこの行政書士さんが作ったん?」と聞かれるぐらい完璧だったそうで(皆様、いろいろアドバイスありがとうございます、家内も自転車仲間のネットワークにびっくりしていました)、無事に書類提示に至るに得ました。

 弁護士の先生にまで確認貰い、準備万端になったので、今度は相手に送付する段取り。

 弁護士の先生曰く、加害者はこの後、検察から刑事訴訟で罰金50万〜100万くらい食らう可能性がある。しかも無車検と言うことは支払能力が無い可能性がある。
 可能な限り早く示談交渉して補償貰わないと、何も取れないかもしれないから急ぐようにとのアドバイス有りました。

 で、内容証明って過去に作成してえらいめんどくさかった記憶があるけど、いまはいいサービスがあります。
  
 【e内容証明(電子内容証明)】です。

http://www.post.japanpost.jp/service/enaiyo/

 これはWORD文書を使ってWeb上で内容証明を発行できるもので、費用はカード決済で土日祝日でも発送してくれるので、今回のように迅速に対応したい場合には大変役に立ちました。速達に配達記録、写しの送付も使えます。

ただし、記号や表は使えない(テキストのみ)ので、簡潔にわかりやすく書く必要があります。

 一枚目に損害を請求する旨を記載し、支払期日を明記し、支払ってもらったら示談書用意する旨を記載。また、本書到達後5日以内に誠意ある回答無い場合は直ちに法的手段取る旨を記載。
   
-------------------------------------------------------------------------
拝啓

×× ×× 様

先日(××××年××月××日×曜日××時××分ごろ)、貴殿の運転する自動車との接触事故による当方の損害について請求書をご送付申し上げます。

請求内容確認の上、請求書記載の振込先に××月××日迄にお支払頂けます様お願い申し上げます。

請求内容についての確認資料(自転車修理見積等の損害請求根拠資料)は別途、ご送付申し上げます。

 また、請求内容について同意頂けましたら示談書をご用意いたしますので、ご連絡頂けます様お願い申し上げます。示談書については、双方用に2部ご用意致しますので、その際に、ご署名、ご捺印頂けます様よろしくお願い申し上げます。

本書到達後5日以内にご回答ください。なお、期限までに誠意ある回答がない場合は、 遺憾ではございますが直ちに法的手続きに移らせていただきます。

よろしくお願い申し上げます。

                              敬具

                              ××年××月××日 ×× ××
--------------------------------------------------------------------------

 二枚目は最初に作った見積もりを転記し、根拠、数量、金額を記載して請求書の体裁を取った書類を用意して、即、発行しました。

--------------------------------------------------------------------------

                   請求書        請求年月日:××××年××月××日
〒×××−××××
××県××町
×× ×××
×× ×× 様                        〒×××−××××
                                  ××県××市××町×−××
                                   ×× ××

下記の代金をお支払下さるようご請求申し上げます。

¥×××,×××.−
××××年××月××日×曜日 国道×××号線 路上での接触事故における賠償

 お支払期日:××××年××月××日 お支払金種:振込
 お支払口座:××銀行 ××支店(×××) 預金種目:普通 口座番号:×××××××××
 口座人名義:×× ××(×× ××)

項番        品名                        数量 単位  合価
0× 自転車修理費用(詳細別送××自転車店様見積参照) 1式 ×××,×××円
0× ヘルメット                              1式  ××,×××円
   修理費用小計                               ×××,×××円
   消費税および地方消費税                         ××,×××円
   修理費用合計                               ×××,×××円
0× 申込済みイベント参加費用合計                1式 ×××,×××円
0× 休業補償                              4日  ××,×××円
0× 交通費等(×月×日(自転車配送含む),警察出頭予定含む)1式 ××,×××円
0× 慰謝料                               1式 ×××,×××円
0× その他諸費用(損害見積/内容証明等書類作成)         ××,×××円
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   総合計                                   ×××,×××円

--------------------------------------------------------------------------

 確証(見積や領収書)は別途書留で発送するとしてまずは請求書を内容証明で送りつけるは効果あると思います。
 特にこのe内容証明は郵便局発行の公的文書的扱いで専用の用紙(住民票みたいな透かし?のある用紙)に郵便局の証明印も押印された書類になるので受けとった方はインパクトも大きいと思います。

 で、書類が届いた翌日に向こうから値引き交渉来るかと待ち構えていましたが、内容証明が相当インパクトあったのか、早々に振込あり、問題は解決。

3.健康保険関係

 健康保険を使うととりあえず病院に支払う費用が安くなるし、加害者が払えるか分からない時には第三者証明の元、健康保険を適用できるということと、加害者からの要望で健康保険を適用したが、これは失敗でした。
 結局、健康保険組合が、被害者にその後請求するということで、まず、示談しようとしていれば示談しないでと言う話にもなり、また、加害者にあとで健康保険組合に支払う旨の覚書を取らないといけないらしく、後々もめる種になるので、自分は被害者であり、自分の健康保険を使う義理は無いとはっきり断るべきでした。
 自分の示談は物損のみで、治療に関しては健康保険適用の上、向こうが支払をしたので、後は勝手に健康保険組合が相手に請求してくれればいいのですが、うちの健康保険組合は覚書とって来いとか言うので面倒でした。皆さんも自分の会社の健康保険組合の対応を事前に調べておいた方がいいかと思います。自分で健康保険組合に出す書類もたくさんあって面倒です(うちの保険組合の場合、第三者の行為における傷病届、事故状況説明書、念書、それと相手に対する覚書と4つの面倒な書類を書かねばならず大変でした)。

4.その他備忘
 
 加害者は70歳の年寄、自動車中古車販売業。
 住所を確認し、グーグルマップで調べると、トタンのバラックみたいな廃墟っぽい建物。駐車場には古ぼけた軽トラやらの中古車が停まっている様子。
  お金なく支払能力が無い場合も考慮して、差し押さえも視野に入れて登記確認。
 登記を調べると土地は加害者のもの。建物は登記上存在せず。
 登記上存在しない建物で居住し、商売してる、いいのか?
 (これは後で調べたら登記してなくても、税務署は存在を住民票等から把握しており、問題ないらしい。登記費用が結構手間で高くつくからしない場合もあるそうです))


5.示談

  加害者が費用をこちらの請求内容を認めて直ぐに振り込んでくれたので、示談をしました。
  示談書については、自分で作成しましたが、一応弁護士の先生に確認してもらいOK頂いたうえでやり取りしました。
 ちなみに示談書のフォーマットは保険会社等のホームページ等にひな型があるので、ダウンロードしてそれに手を加えて作成しました。
  示談書は2通同じものを作成。こちらの控えと向こうの控えと。相手との郵送のやり方も、こちらの押印無二通を先に返送用封筒付けて送って、二通回収して、そのうえで、全て確認の上、自分の署名・押印して向こう分の一通控え送った方がいいよとか適宜アドバイスがもらえました。

  で、無事に示談書回収できて、示談終了となりました。

6.事情聴取

  通常、この手の事故なら保険会社同士の話でまとまるので、事情聴取も簡単なもので、事故証明書さっさと出して終わりとなるところですが、相手が無車検・無保険ということで、取り調べ、操作が発生。警察の方も簡単な書類でなくかなり面倒な書類作成、捜査とするということで、事故から1か月たってからようやく出頭指示が出ました。

 身分証明書/示談書のコピー/診断書/ハンコを持ってきてくださいとのことで、行ってきました。
 書類関係をコピーとられて、取調室(聴取室?)とやらに初めて入りました。

 小さい部屋で机といす2脚のみのシンプルな小部屋。
 扉閉められて、初めて、中から鍵の開かない仕組みのドアノブに気づきました。

 ちょっと緊張しますね。

 住所、氏名、年齢、職業等間違いないことを確認。
 事故状況について詳細の聴取。
 責任はどこにあるか等詳細まで突っ込んで聞かれます。
 「こちらは加害者に100%非がある」と主張。ただし、調書には載せていないが、停止状態でない以上、保険とかだと1:9とかになるし、交通課の警察なので、走っている以上、気を付ける義務はある旨、言っておきたいと。それは理解するし、こちらは安全には徹底的に配慮して走行していた。なので、自分の非は認めませんでした。ただし、最後に加害者に言いたいことはと言われ、示談も済ませて、損害賠償・治療費用も払った貰っているので、こちらとしては特になし。あえて言うなら、車検・保険は入っておいてほしいと。

 ちなみに、この事情聴取の際、さらに驚きの事実が。
 示談書に記載されていた加害者のナンバープレートの番号と、事情聴取で聞いた番号が違う。これは警察も驚いたようで、加害車両の写真を印刷して持ってきてくれたら、確かにナンバーが違う。どうやら、車検切れのクルマに他のまだ生きている(有効な)ナンバーを付け替えて乗っていたらしい。加害者って自転車販売業やし車検切れの自分のクルマに、廃車持ち込みのまだ生きてるナンバープレートに付け替えていたってこと?完全に無車検確信犯。。。やっぱり、厳罰求むって最後追加した方がよかったなぁ。。。


 最後に調書に署名・捺印して終わり。

 事故証明書は発行依頼書(郵便振り込み用紙)に必要事項記載し、証明書発行金額を郵便局の窓口に行って払うと後日、郵送で送られてくるとのこと。
 今回は、健康保険を使ってしまったので、健康保険組合に出すので必要ですが、特に保険会社が介入していないのであれば必要ない場合もあるようです。  

7.その他

 無車検、自賠責切れ、無保険に遭遇した際に、自分を守る手段はない。
 唯一使えるのは弁護士特約のみ。示談代行は自分が加害者の場合のみで被害者の場合は意味がない。

 自転車保険は、自分が加害者の場合の補償がメインであまり被害者の場合は使えない。
 自転車保険の条文色々と読み込んでいるが、携行品損害25万円があるから車両保険みたいなものかと思って内容観ると「自転車含まず!!!!」って書いてる。意味ないじゃん!せいぜいヘルメットぐらいか?保証してもらえるのは。
 で、ヘルメットを保証してもらおうと思って保険会社に連絡すると、「法律相談特約使われてますよね?」「加害者から費用は取ってください」と無べない返事。まだ、交渉中でお金貰えるか分からない時点でこの返事はないよなぁと。
 Twitterで呟いた件で、車両保険的なもの有ると言われてる方がいたが、この件を指しているみたいで、よく読みこんだ方がいいと思う。ホント使えない。
 傷害保険と自転車保険の組み合わせでなんかうまいこと保険を組み立てるべく、家内と相談しているが、正直、自分が全く悪くなく、無保険車から加害を受けた場合は、損害は相手からぶんどるしかなく、法律相談特約/弁護士特約しか役に立つものはない。弁護士も保険会社は自分のところの弁護士を使わせようとするが、自分で選ぶこともできるので可能なら信頼できる弁護士先生を頼むべきと思う。ブルベで必要なAudaxJapanにて必須と言われている保険は自転車が歩行者を轢いたとかで賠償金9000万でしたっけ?といった事例があったので、一億以上被害者に払う保険を必須にされてますが、ランドヌールなら、交通ルールは守る人間が多いはずなので、加害者になるより、被害者になる場合が多いのではと。もちろん、加害者になった場合は一大事ですが、無保険テロ(テロと言うとホントに思想あるテロリストに失礼?)の際に被害者としては保険は全く無力。唯一使えるのは病院への入院・通院の費用と弁護士使うための特約です。

8.まとめ

 個人交渉では「e内容証明」はかなり使える。

 自転車仲間のネットワークは強力(事故経験が豊富と言うのもあれだが。。。)。

 保険は弁護士を使えるように特約は必ずつけておく。

 サイクルレコーダはつけた方が良い。

 実はサイクルレコーダをつけていたが、電池が9時間しか持たず、事故現場の時点で電池切れ。。。ブルベではもっと何か考えるべき。
 なお使用しているサイクルレコーダーは前「FLY12」、後ろ「FLY6」。FLY6については、ファームウェアをアップすれば給電しながら録画可能なので、早速アップデートして、給電しながら使えることを確認済み。FLY12はどうもできなさそうなので、ビデオカメラ付きGPSサイコン「Xplova X5Evo」を購入。2分ごとの動画を10回循環録画してくれます(20分間)以降は上書きされていきます。。ただしこれはサイクルレコーダー的にループ録画できて、給電しながら録画も可能。しかし、FLY6みたいに60度以上傾けたらループ録画から外れ、1時間自動的に録画続けるといった機能はないので、事故った場合は意識的に録画を止めて証拠保全を図る必要がある。意識なくすような事故の場合は使えない欠点がある。この辺りはその内ファームのアップとかで対応してくれないか期待。後、録画運用は異常にバッテリ食います。単体では1時間程度しか使えませんが、モバブーで給電しながらは使えるので、この欠点は重くなりますが大容量バッテリで補います。



と言う訳で、事故ると大変です。余り公にする気はなかったのですが、この手の交渉や対応時のやり方ってあまりにも情報が少なく、無車検・無保険と言う最悪のパターンから何とかなった良事例と思いますので、何かの参考になればと思い公開に踏み切った次第です。

自転車乗りの皆様方におかれましては事故を起こさないことが一番大事ですが、貰い事故ってのもありますので参考になれば幸いです。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM609川西600km gaap参戦記

 BRM609川西600km「海だお寺だ湖だ」を走ってきました。

 諸般の事情で当初はDNS予定でしたが、前日金曜日になって、走ることに。
 バタバタと、GPSデータを落として、キューシート印刷して、コースざっと見て、320km地点でホテル押さえ、段取り。

 前日にバタバタしたので用意が大丈夫か不安でしたが、朝は早い為、21時ごろ就寝。
 4時起床で、自走で川西のスタート地点、ドラゴンランドに向かいます。
12946333_2287863146_48large.jpg
 今回の装備は雨とのことで、モバイルバッテリー用に完全防水のバイク乗り用のレッグポーチを用意して、フロントフォークに取り付けてみました。嵩張りますが、完全防水で20000mAhのバッテリー入れるとなるといいサイズが無くて、とりあえず御試しで。

 5時過ぎに到着すると既に多くのランドヌールが。
 受付を済ませ、皆様方にご挨拶。

 元々DNS予定だったんで、どうしたん?等々聞かれました、SR取るならここ逃せないので急きょ参戦ですと。
12946333_2287863145_182large.jpg
 ブリーフィング後、車検、出発と相成りました。
12946333_2287863144_208large.jpg

1.スタート〜PC1

 今回のコースは福知山まで、BRM407川西200kmと同じ。
 なので、快調に進んで行きます。

 西峠、城東トンネルをクリアしたら、丹波竜のところを通過。
12946333_2287863143_144large.jpg
 休憩なしでPC1ローソン丹波市山南町奥店(67.7km地点)に9:26到着。

2.PC1〜PC2

 休憩もそこそこ、続いて酷道429号、榎峠に。
12946333_2287943438_174large.jpg
 道は悪いが、標高も斜度も無いので、早々にクリアして、福知山へ。

 一気に下って福知山市街地。
 福知山線の線路くぐる所の王将でお昼にしようかと思っていたのですが、思いのほか、いいペース。11:30ぐらいにこのあたりのつもりだったのですが、11:00過ぎに通過してしまったので、お昼には早いと思い、先へ進みます。

 この先は、BRM407と違い、線路くぐって左折。

 食事できるところぐらいあるやろうと思っていたら誤算。

 結局、舞鶴までなんも無くて、途中、眠気が来たので自販機でコーラ補給しただけで舞鶴へ。
 ややハンガーノック気味でへろへろなりながら・・・。

 舞鶴港で、妙高、愛宕、日向を見物。
12946333_2287863142_228large.jpg
12946333_2287863178_149large.jpg
 空腹のお腹を押さえて赤煉瓦倉庫のカフェへ。
12946333_2287863177_110large.jpg
 ここで海軍カレー大盛りとゆで卵頂きます。
12946333_2287863174_142large.jpg
12946333_2287863176_92large.jpg
 空腹を満たして、PC2ローソン 舞鶴潮路通店(149.2km地点)に13:40到着。

3.PC2〜PC3

 お腹は満たされましたのでドリンクとアイス最中のみ補充して出発。

 途中、大盛りは食べすぎかと急遽ミニストップでトイレ駆け込み。
 どうも、自分の腸はロケットペンシル状態で入ったら出るのが常で、わかりやすい。

 R27を延々と走り、高浜過ぎて、振り返ると、今日は青葉山が雲に隠れて見えない。
 残念。若狭富士を観損ねて、若狭本郷に。
12946333_2287863173_102large.jpg
12946333_2287863172_164large.jpg 
 ポータルで休憩して、ルート外れて、創業100年、おおい町の老舗の和菓子屋 丸栄菓舗さんへ。
12946333_2287863169_185large.jpg
 至福の松露を頂きます。お土産用にも1つ。
12946333_2287863170_148large.jpg
12946333_2287863161_54large.jpg
12946333_2287863167_156large.jpg
12946333_2287863165_148large.jpg
12946333_2287863163_60large.jpg
 ガキの頃、よく遊んだ青戸の大橋、青戸の入江、佐分利川をながめて。
12946333_2287863160_175large.jpg
 さらに、昨年のBRM415枚方600kmのPC兼仮眠所になったうちの実家にご挨拶。
 
 伯父さん、伯母さんにご挨拶。SKYPE見るとうちの母親がPC起動しているみたいなので、せっかくなので、SKYPEご対面。突然の来訪に驚かせてしまいましたが、昼間に通過してるのに顔出さんのはどうかと思って。

 上がって休憩していきと言われました、今日はこの先、福井市街まで行かないといけないので固辞して先へ進みます。

 小浜へ抜ける勢浜トンネルで先行するランドヌール・ランドヌーズが立ち止まっている。女性の方が何かトラぶってるらしい。
 大丈夫かと尋ねるもトンネル内、クルマも多く、ランドヌールの方が付いているので立ち止まるのも邪魔かと思い一声かけて、先へ行きます。

 小浜市街を抜けて。商店街を抜けてとキューシートに合ったけど、まさか鯖街道起点のあの細い商店街とは思わず、びっくり。この商店街の中にある、田村長のへしこが絶品なのですが、流石に持って帰るわけにはいかんので、未練たらたら進みます。

小浜超えて、暫く平坦路。向かい風がきつく脚を削られます。
三方五湖を抜けて敦賀方面、関峠を抜けて、PC3 ローソン敦賀赤崎店(235.3km地点)に18:33到着。

4.PC3〜PC4

 コーラにカレーメシ補給。
 夕陽と共にしおかぜラインへ突入。

 向かい風がきつくてペース維持が難しい。孤独な旅路で延々と下ハン握って風に抗って進みます。越前温泉とか一部街があるのですが、他は真っ暗な海沿いの道。結構、心折れそうでしたが、エスケープゾーンもあるわけもなく、前後共に走者おらず、60km黙々漕ぐのは辛かった。

 ようやく越前海岸を離れ、福井市方面へ。三国大橋越えて降って、PC4直前にいきなりのチェーン落ち。何事!と思って見ると外側にチェーン落ち。ハメなおしてると、どうもチェーンテンションがぶらぶら。延々と強く踏んできたせいなのか、チェーンが伸びきってしまってる様子。この先何度も路面からの振動や、降り快調に踏んだ時に気を許した瞬間にチェーン落ちを繰り返し苦労する羽目に。

 気を取り直して、PC4ファミリーマート小林木部店に22:29到着。

5.PC4〜PC5

 宿を15km先に抑えているのでおにぎり一個にアイスクリームの最低限の補給で出発。
 8番ラーメンに行こうかと思ったが、睡眠時間確保優先でホテルへ。

 ホテル到着23:20。全裸なうで目覚まし3時セットして即就寝。
 アラームなるまで気絶するように寝てました。

 3時に起きて急ぎシャワー浴びてスッキリしてから再び汗臭いジャージに袖を通し、コース復帰。永平寺を目指します。じわじわ登りつつ、フォトコントロール永平寺到着。
12946333_2287863158_252large.jpg
12946333_2287863157_169large.jpg
ちなみに今回のジャージはピンクのスズキケ牛ジャージ。
アメリカ大陸横断レース RAAMに挑戦のTEAMスズキケ応援ライドです。ここで成功祈願していきます。

 この先、宇坂トンネルまでもう一登り。トンネル抜けて、降って、完全に南向きに方向を転じて
追い風基調にて快適に進みます。
 鯖江の手前のマクドで朝ごはん。
12946333_2287863156_203large.jpg
 鯖江を通過。本日はメガネフェスやってるんで日中通りたかったです。。。
 メガネフェスに来ているちゃーさんにはスルーしてツッコミ入れられました(笑)。
 R365号に入り、PC5ファミリーマート南条店(386.2km地点)に7:01に到着。

6.PC5〜PC6

 朝ごはんは食べた後だったので、ドリンクとおにぎり補給のみで出発。
 今庄方面へ。
 今庄365へスキーではよくとおったけど、自転車ではこのあたりは初めて。
 スキー場への道を外れて、旧北陸本線方面へ。

 じわじわ山中トンネル目指して登っていきます。
 途中、旧北陸本線遺構がちらほら。

 鉄分多めのルートです。
12946333_2287863155_125large.jpg
12946333_2287863152_25large.jpg
12946333_2287863151_53large.jpg
12946333_2287863150_50large.jpg
12946333_2287863148_194large.jpg
 スイッチバック地点やら、スイッチバックの為のトンネルやら。脚を止めてみるところ多しでした。
12946333_2287943436_69large.jpg
 山中トンネルから下りへ突入。
12946333_2287943433_226large.jpg
 トンネル内は水が滴り、路面はウェット。
12946333_2287943434_136large.jpg
 しかも途中のトンネルでまったく明りの無い真っ暗闇なトンネルも。ここは怖かった。ライトはハブダイナモからのE3を使っているのですが、それでも明りが暗闇に吸収され、路面が見難い。慌てて、VOLT400を2灯点灯して何とか降ります。路面もあまりよくなく、あまりスピード出せません。

 また、トンネル入り口に信号機があり、待ち時間5分とか3分の表記。
12946333_2287863147_177large.jpg
 つまり待ち時間内にトンネルを通過しないと、対向車が来るってことで、焦って走り抜けます。

 降り切って再び敦賀へ。

 敦賀市内からR8を経由して、県境を抜けて、琵琶湖へ向かって下って、旧賤ヶ岳トンネル抜けて木之本へ。そこから湖岸道路へ入って行ってもう少しでPCってところで遂に雨。最初は小ぶりだったのでPCまであと10kmほどだし、着替えず行くかと思ってる間に土砂降りに。もう既に遅しで諦めてずぶ濡れのまま、PC6 セブンイレブン長浜バイオ大学前店(470.5km地点)に11:39到着。

7.PC6〜PC7

 濡れ鼠になったしまったので、体を温めたくて、チキンラーメンごはんで暖を取り、一応雨具装着。走り出して、彦根手前で雨が上がり、しかも路面は乾いているので、一回立ち止まり、雨具片づけ。

 彦根に入り、寄り道。
12946333_2287943437_7large.jpg
 先日、彦根歴史ポタ主催頂いた侍サイクルさんへ。

 しばし、雑談。
 KUWAHARA100周年の記念パイントカップ入荷したそうで、早速KUWAHARAの自転車ユーザが買われていったそうで、KUWAHARAユーザ2人目の到着とのこと。パイントカップは嵩張るので、今日は買わずに、今回はヒラメポンプヘッドを購入(携帯ポンプに挿げ替えたヒラメが走行中の振動で分解してしまってましたorz...)。近郊に行く際はパイントカップ買いますね〜。

 先日は侍サイクルさんから湖北湖西と琵琶湖半周。今回は湖東を南に向かいます。併せて琵琶湖一周になるなぁと思いつつ、湖岸道路を進みます。南へ向かうと怪しい雲行ながらもなんとかパラパラはあれど大きくは雨に降られず無事に瀬田まで到着。大津入ってからの渋滞には辟易しましたが。瀬田川沿いに宇治まで駆け抜けて無事にPC7セブンイレブン久御山市田店(569.4km地点)に17:04到着。 

8.PC7〜GOAL

 残り30km、最後の補給、ホットドッグをコーラで流し込みます。
 淀へ出てから171号へ。

 高槻手前で再び雨に。本降りでずぶ濡れになるも、気温はまだそんなに低くないのでこのまま進みます。
 夕方薄暮の時間帯で雨。171号は正直走り辛かったですね。ただ、迂回ルートで西国街道も推奨されていたんですが、細かくて面倒だったのと、ルートを171版しか入れてなかったのでそのまま171で走り切りました。西国街道いった人いわく、そちらはそちらで大変走りにくかったとのことでした。

 何とか19時ちょっと前にGOALファミリーマート箕面市役所前店(601.9km地点)に到着。

 ミントチョコアイスかって最後のレシートゲットです。時間は18:56と言うことで36時間56分。自分としては初めての600kmで36時間台ゴールとなりました。

9.GOAL〜帰宅

 ゴール地点から3.8km離れたゴール受付へ移動。
 これがまた場所が分かりにくくてしばらくうろうろ。

 一方通行の旧街道を見逃していてようやく無事に受付到着。
 無事に600km完走認定頂きました。

 3年連続SR達成。

 今回のコースは初めての600km向きのコースと言うことで難易度は低く走りやすく(最後の171除く)とてもよかったうえに、お題の通りに、見どころもたくさんあり、なかなか楽しめました。

 おうちまで12km自走して無事帰宅。
 お風呂入って洗濯すまして泥のように眠りました。

 これでしばらくブルベはお休み。
 しばらくはサイクリングメインで。何とか秋のオダックス近畿15周年の1000kmには参加したいかな。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

彦根歴史ポタリング 「侍サイクルさんプロデュース」

 お世話になっている侍サイクルさんが主催される「彦根歴史ポタリング」に行ってまいりました。

 侍サイクルさんは彦根の自転車屋さん。
 某ブルベでコース上に立地があり、開催お手伝い時に、シフトワイヤー切れのランドヌーズさんを駆け込み寺的に案内したことがご縁で何度か立ち寄らせていただいております。

 王滝でパンク中にお声かけして頂いたり、大阪市内の某自転車乗りの集う店にてご一緒したりとご縁ありと言うことで、たまたまの空き日程。彦根まで輪行して、たまにはゆっくりサイクリングとしゃれ込みました。

 先ずは輪行して彦根まで。新快速でばびゅーんと一気に。
 お店ついて、まずは前回王滝お疲れ様でしたと言うことで、ユウさん謹製の王滝本をお店の方に献本してまいりました。
12946333_2287264149_161large.jpg
12946333_2287266158_138large.jpg
12946333_2287264148_49large.jpg
 10:00スタートと言うことで、そろったメンバー見るとなぜか、前回小諸で見たメンバーだったり、大阪の某店で飲み食いしてるメンバーだったり偏ってるのは気のせいでしょうか(笑)。

 彦根の街は大昔デートで梅か桜を見に来た記憶はあるのですが、観光と言う観点で来たことはほとんどないなぁと。ブルベで通過して彦根城で写真と撮ったとかそんなんばかり。

 今回は彦根の歴史スポットを巡るということでのんびり観光してきました。

 近江の国は京に近いということもあり、彦根城を中心になかなか戦国時代以降の歴史舞台に立った街と言うこともあり、意外と面白いスポットがあり、店主の案内でなかなかふつーに観光しているだけでは観ることの出来ないスポットを案内いただけます。

 面白かったのは彦根城のお堀の話。
 琵琶湖とは微妙に距離有るので、お堀がまさか琵琶湖に接しているとは初めて知りました。
 琵琶湖側のお堀の水位が琵琶湖と同じということを知り、妙に納得。また、京の都の一大事には船(櫂で漕ぐ船!)で都に数時間で駆けつけ天皇陛下をお守りする任が彦根城主に合ったとか思いのほかディープな歴史も知ることが出来ました。

 他にも佐和山城に構えて石田光成との因縁とか、いろいろ見るところもあるなぁと。
12946333_2287264206_64large.jpg
12946333_2287264205_124large.jpg
12946333_2287264203_229large.jpg
12946333_2287264189_129large.jpg
12946333_2287264187_243large.jpg
12946333_2287264186_78large.jpg
12946333_2287264185_34large.jpg
12946333_2287264180_213large.jpg
12946333_2287264179_166large.jpg
12946333_2287264177_21large.jpg
12946333_2287264219_152large.jpg
12946333_2287264217_8large.jpg
12946333_2287264216_218large.jpg
12946333_2287264214_251large.jpg
12946333_2287264213_163large.jpg
12946333_2287264212_121large.jpg
12946333_2287264211_4large.jpg
12946333_2287264209_244large.jpg
12946333_2287264161_162large.jpg
 桜の季節にも有りだし、紅葉の季節に佐和山城跡もありだし、季節ごとに訪ねるのもまた良しかと再認識しました。
 サラダパン!初めて見ました、そして頂きました。
12946333_2287264159_140large.jpg
12946333_2287264158_59large.jpg

一部風変わりなものも。。。
12946333_2287264191_174large.jpg
12946333_2287264190_8large.jpg
銀行のATMコーナーです。

 お店の開店の12:00に再びお店に帰着。

12946333_2287264156_3large.jpg
12946333_2287264152_187large.jpg
12946333_2287264150_188large.jpg
 しばし、お店で歓談してからせっかく彦根まで来たので湖北めぐりに。

 琵琶湖を軽く走るかと言うことで、半周100kmほど、湖北経由で琵琶湖大橋袂の堅田までサイクリング。

 ビワイチの法則に従い、反時計まわりに湖岸を進みます。
 長浜でランチして、長浜城を通過。
12946333_2287264224_239large.jpg
 ちなみに長浜超えて、先へ進む行く場合は賤ヶ岳トンネルは行かない(危ないから)。
 ここは旧道の賤ヶ岳トンネルに向かいます。

 軽く登っていきますが途中でロード乗りの若者がチューブ交換中。
 問題ないか聞いたところ、予備チューブ一本しか持ってきていないとのこと。今日はビワイチするつもりだからちょっと不安と言うが、こちらはタイヤ径が違うので何ともできず。同行者が先行しているということで、赤いジャイアント乗りを見つけたらパンクで遅れてるのでと伝言を頼まれました。

 と言うことで旧賤ヶ岳トンネルを抜けて再び湖岸へ。
 奥琵琶湖パークウェイに行こうと思うと、一方通行、自転車もと言う看板が合って、ん?まだ規制掛かってるのか?と思いつつ、素直にR303の奥琵琶湖トンネルでショートカット。

 再び湖岸に出てマキノ方面へ。

 そういえば、赤いジャイアント乗りに会わないなぁ、他のルートは無いのにと思いつつ走ってると途中の東屋のベンチにローディーが。車体を見ると赤色。ようやく見つけました。

 声掛けして、お友達が旧賤ヶ岳トンネル手前でパンクして、チューブ交換ほぼ終わりかけてたから、しばらくしたら来ると思うと伝言。なお、予備チューブがもう無いって言ってたけど、この先マキノ方面に抜けるとサイクルステーションが何か所かあるから、そこならたぶんチューブの補充は出来るかもって一応お伝えしておきました。

 そういえば、道の駅しんあさひ風車村が改装していて。風車一台残して更地状態になっていました。ドリンク補充しようとしていたのでちょっと焦る。
 
 天気も良く、近江高島抜けて、大津市内に入りますが、ここで車の方が大渋滞。

 脇を抜けつつ、途中、白髭神社で写真。
12946333_2287264221_136large.jpg
12946333_2287264220_170large.jpg
12946333_2287266161_116large.jpg
 その先の7-11でドリンク補給。

 このあたりはどこもサイクルラックがあり便利ですが、流石に天気、気候のよいこの季節。どこも満員で恩恵には預かれず。込み合ってるので、サッサとアイス最中とドリンク補充して出発。

 渋滞の国道を外れ、ぐるっとびわ湖サイクルラインの標識見ながら空いた道でサーと抜けきって堅田駅到着。この先大津まで行った方が楽かな?と思いつつも、渋滞の国道を走るのは嫌なので輪行で撤退。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。