スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

伊豆大島ライド GaapOwner'sClub

伊豆大島にGaapOwner'sClub(GOC)のイベントで行ってまいりました。

 ブルベで連敗中ですが、ここは一息つくかと言う事で、GOCイベントに参加です。
 もちろん、「ゆるふわ」です。詐欺でなくホントにゆるふわですよ。

 0.移動日

 東京の竹芝桟橋からのジェットホイルで移動と言う事なんですが、船の時間が朝の8:00台と言う事で、事前に東京移動と相成りました。

 ちなみに今回はgaaperさんのご尽力のお蔭で、贅沢プランとなるも、日曜日〜月曜日のお得な日程プランで格安プランです。

 で、土曜日のうちに夕方着で移動。

 お宿は新橋のカプセルホテル。カプセルと言いつつも、FirstCabinなる高級カプセルホテル。かなり快適なカプセルでした。

 折角東京まで来たので、ちょっと脚を伸ばして秋葉原へ。
12946333_2257605163_3large.jpg
12946333_2257605145_171large.jpg
 丁度サバイバルニパ子とのコラボカフェがAKIBA BASEで18日までやってるとのことだったので行ってきました。
12946333_2257605153_45large.jpg
12946333_2257605150_244large.jpg
12946333_2257605156_241large.jpg
12946333_2257605157_84large.jpg
 コラボメニューのイタリアン焼きそば。新潟のソウルフードらしい。
12946333_2257605158_133large.jpg
12946333_2257605159_89large.jpg
12946333_2257605155_202large.jpg
 コラボメニュー制覇しておまけ。
12946333_2257605152_179large.jpg
 で、ニパ子ターゲットに銃撃して満足。ブチブチにぶち抜いてやったぜ。
12946333_2257605149_120large.jpg
12946333_2257605148_23large.jpg
12946333_2257605147_95large.jpg

 それから、AlienWaerのZwiftコラボの見物。ろんぐらいだぁす!とのイベント後だったので、空いていてお試しさせてもらいました。Zwift楽しいですね。
12946333_2257619838_25large.jpg
12946333_2257619836_254large.jpg
12946333_2257619835_20large.jpg
12946333_2257619833_182large.jpg
 負荷装置付きのローラ台の導入を本気で検討します!

 さらに、zucchaさんに無理言って、「ブルベのすべて」追加購入。その後、GOCメンバーとホルモン食べて明日への備えと。
12946333_2257619831_40large.jpg
 「ブルベのすべて」はGOCメンバーに誕生祝ともろもろのお返しと言う事で進呈してきました。来シーズンはきっと一緒にフレッシュ走ってくれることでしょう(笑)。

 で、新橋のホテルに帰るついでに駅前でラーメン。
12946333_2257619829_194large.jpg
12946333_2257619828_50large.jpg
 昔、営業時代に汐留の客対応で終電間際でよく食べてたので懐かしい。

1.初日

 竹芝桟橋に7:30集合。GOCメンバーのgaaperさんとkikukawaさん。それにgaaperさんのお友達繋がりでローディーお一人に、ピストお一人とシングルお一人と6名集合。輪行セットしてジェットフォイルに。
12946333_2257619827_206large.jpg
 昨晩呑み過ぎたか、快適な揺れに爆睡。気が付くと伊豆大島の岡田港でした。
12946333_2257619820_38large.jpg
12946333_2257619825_205large.jpg
 天気はあいにくの雨。それでもgaap勢はやる気満々で早々に輪行解除。他の3人はタクシーでホテルへ向かうとのこと。
 まぁ、ホテルが三原山温泉ホテルなんで、ヒルクライムしないとたどり着けないので、雨でも登る分には問題ないでしょう。まずは補給で元町港へ。そこから、御神火スカイラインを登ります。

 伊豆大島自体は2008年GOCイベントで来た以来。御神火スカイラインはその時登ったメンバーでの挑戦です。あの時はinaさんが初めてのGOCイベントでのサイクリング参加でinaさんと我々3人が三原山を登ったので少しここはこだわっておきたい思いもあり、天候はあれでしたが登りましたよ。

 9年前の写真発掘。
3821885_319901036_1large.jpg
3821885_319901062_1large.jpg
3821885_319916528_1large.jpg 
 当時はinaさんもスキーで骨折した脚のリハビリでgaap買って参加してくれて、まだまだブルベ参戦前で、当時、本格的に自転車乗れるのはkikukawaさんだけで、inaさん含めて我々はヘロヘロで登ったんですが、今回はあれから9年、少しは走れる様になったみたいで脚付きすることなくアウター縛りで登り切りました。kikukawaさんには相変わらず置いて行かれましたが。。。

 9年前と天気は違うけど記念撮影。
12946333_2257619819_117large.jpg
12946333_2257619818_211large.jpg
 ちょうど昼飯時だったので、そのまま、山小屋?でランチ。天丼と明日葉を練り込んだそばを頂きました。
12946333_2257619816_197large.jpg
 大変美味しゅうございました。

 で、少し下ってホテル到着。
 チェックインにはまだでしたが、ホテルの方が気を使ってくれて、休憩用にホールを貸してくれて、また、温泉も利用していいとのことで、早々に洗濯機をお借りした上で、温泉でのんびり。

 雨の中の露天風呂は頭に雨滴が当たり適度に冷えてノボセず延々と入れますね、ほんとにノンビリ過ごしてチェックイン。洗濯物をお部屋に干したりなんやらしてから晩御飯。

 晩御飯はこれまたこの値段でこの豪勢さ!
12946333_2257619815_156large.jpg
12946333_2257619814_160large.jpg
12946333_2257619808_182large.jpg
12946333_2257619807_220large.jpg
12946333_2257619810_178large.jpg
12946333_2257619839_109large.jpg
12946333_2257619842_148large.jpg
12946333_2257619839_109large.jpg
12946333_2257619843_59large.jpg
12946333_2257619806_39large.jpg
 海の幸を満喫してお腹いっぱいです。
 本当は初日で島一周して明日はのんびりの予定でしたが、今日がヒルクライムだけだったので、明日は島一周しようと言う事で、朝一番に起きて風呂入って朝飯即出発と言う段取りということで、初日は9:00過ぎには寝ちゃいました。

2.二日目

 5時半に起きて温泉。
12946333_2257619803_231large.jpg
 快晴!お風呂からのこの景色。最高ですね。
12946333_2257605143_112large.jpg
 朝ごはんもこの景色を眺めながら、たっぷり補充。

 それでは島一周スタートです。
12946333_2257605141_80large.jpg
 まずは岡田港まで降りて、しばらく登り。今回はgaaperさんがツアーガイドです。
12946333_2257605140_58large.jpg
12946333_2257605139_231large.jpg
12946333_2257605138_241large.jpg
12946333_2257605137_233large.jpg
12946333_2257619845_164large.jpg
12946333_2257605132_42large.jpg
12946333_2257605131_68large.jpg
 海を眺め、森を眺め、荒波を観て、森の浸食ぶりを観察し、すっかりネイチャーツアーですね。

 そして、大体登り切って桜株寄り道。
12946333_2257605129_88large.jpg
12946333_2257605127_216large.jpg
 この桜の木って崩れ落ちた先で根を張り4つに分かれつつもまだ花を咲かすということで桜の木の生命力を感じられる不思議な所でした。
12946333_2257605125_114large.jpg
12946333_2257605124_63large.jpg
12946333_2257605123_60large.jpg
12946333_2257605122_205large.jpg
 木自体は、季節的に森の中で緑に包まれていましたが、落ち着く空間でした。紫陽花もちょうど良い季節で綺麗に咲き誇ってました。
12946333_2257605119_100large.jpg
12946333_2257605116_63large.jpg
12946333_2257605112_253large.jpg

 砂漠ラインで溶岩シェルターに寄り道。ここが溶岩流の通路なんですね。ここだけえぐれて岩砂漠状態です。
12946333_2257605111_96large.jpg
12946333_2257605110_75large.jpg
12946333_2257605109_40large.jpg
 そこからしばらく尾根?沿いに楽しく走って、降り突入。波浮港を見下ろせる場所で。
12946333_2257605107_229large.jpg
12946333_2257605106_78large.jpg
 さらに降って、先行するメンバーに合流。筆島でしばらく休憩。
12946333_2257605105_177large.jpg
12946333_2257605104_245large.jpg
12946333_2257605093_15large.jpg
12946333_2257605092_162large.jpg
12946333_2257605103_215large.jpg
12946333_2257605096_66large.jpg
12946333_2257605094_25large.jpg
 そこから波浮港を見下ろせる見晴らし台。
12946333_2257605090_75large.jpg
12946333_2257605082_220large.jpg
 そして昼ごはんポイントの波浮港へ。
12946333_2257605081_175large.jpg
 時間が少し早かったので、まずは観光。
12946333_2257605080_185large.jpg
12946333_2257605079_201large.jpg
12946333_2257605078_6large.jpg
 少し階段登って踊り子資料館。更に登ってたいやきと思ったら残念ながら月曜日は休業。。。
12946333_2257605077_119large.jpg
12946333_2257605164_33large.jpg
 港に降りてコロッケ食べました。
12946333_2257608745_238large.jpg
 揚げたてで芋が甘くて美味しゅうございました。

 で、ようやくお昼ごはん。お寿司を頂きました。
 地魚のお寿司に大島名物のべっこう寿司。
12946333_2257608742_196large.jpg
12946333_2257608740_2large.jpg 
 いや、まじで旨いわこれ。9年前は予備知識なしで大島行ったけど、ほんとに今回はあまりの旨さにびっくり。べっこう寿司は辛みの利いた醤油の味が浸みて美味い美味い。地魚も鯵が新鮮で一口目でびっくり。

 堪能させていただきました。

 腹も満たして、島一周を継続。
12946333_2257608733_48large.jpg
12946333_2257608732_12large.jpg
12946333_2257608737_54large.jpg
12946333_2257608735_170large.jpg
 あちこちで写真撮りつつ、地層切断面でジオパークの大島を堪能し、そのまま、元町へ。
12946333_2257608728_37large.jpg
 元町からサンセットパームライン。
12946333_2257608751_73large.jpg
 そして岡田港へ。
12946333_2257608749_241large.jpg

 無事に島一周して、お土産買って無事にジェットフォイルの時間に間に合いました。
12946333_2257619802_27large.jpg


 後は帰るだけ。17:30に竹芝桟橋到着。
 帰りの新幹線まで時間ある旨呟いたらリンパパさんからお誘いが。
 八重洲で飲んでから帰阪。
12946333_2257619801_251large.jpg

 大変楽しい旅でした。

 では、皆さん、また遊んだってください。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
スポンサーサイト

BRM610高岡600km gaap参戦記

今年はDNF癖が付いている。どうも宜しくない。
何とか打破したく、挑戦してみましたが。。。

0.準備〜スタートまで


 グランフォンドKOMOROにSDA王滝、鈴鹿エンデューロと5月中は1回もブルベ走らず、4月8日に枚方600kmを試走DNFして以来のブルベである。但し、今回こそは600km走り切ってSRを取得せねば、秋の四国1000kmの出走資格を得れないだけでなく、まず、6月にSR取得はPBP目指すなら必須条件だし、何とかせねばとの気負いだけは合った。


 まずはgaapの準備。鈴鹿エンデューロでいろいろ装備を取っ払ってしまっていたのでもとに戻す。
 まずは、ホイルを決戦用の軽量ホイルから鉄下駄ディープリムのハブダイナモホイルへ。
 と共に、電装系を戻してライト関係を設置。一時雨との予報から泥除けも装備。
12946333_2256893158_100large.jpg
 今回導入の新兵器はコレ。「ダイナスナップ」で有る。
 シュミットのハブダイナモのコネクタ部分はいわゆる「ファストン(FASTON商標名)端子」と言われているモノで、日本では平型端子と言えば一般的。この端子はオーディオやクルマの電装系に使われている端子で、頻繁につけ外しをすることを前提にはつくられていない気がする。
 輪行メインであちこち出没する自分としては、これは宜しく無い。ハブダイナモ導入して3年以上たつが、端子がスカスカに成ったり、抜き差しするときに千切れたりといった事を3〜4回経験している。

 何とかいい方法が無いかと模索している時に「DynaSnap」をKickStarterで見つけたんですよ。

 ハブダイナモとライトの間にかませるコネクターソケットで、何が便利って、磁力でピタッとくっついて、取り外しはその磁石部分に軽く手を添えて外すだけ、超簡単。
12946333_2256982930_203large.jpg
12946333_2256982933_88large.jpg
 先日、ようやくモノが届いたので早速取り付け。これで、ハブダイナモ側はケーブル取り付けたままDaynaSnap側でケーブル外せるので輪行が大変楽になりました。

 枚方600kmはパンク神降臨でDNFしたため、今回は予備タイヤ持っていく事に。チューブも大量持参と言う事で荷物スペースつくる為、サドルに付ける増設ボトルゲージを取り付け。
12946333_2256893160_225large.jpg
 フロントはフードポーチにモバイルバッテリーと補給食関係で準備完了。
12946333_2256893155_156large.jpg
 幸いにも6/9が会社お休み(土曜日祝日の振り替え)だったので、前日昼間に移動。輪行バッグはオーストリッチの超軽量輪行袋で。
12946333_2256892011_184large.jpg
 サンダーバードから、ちょびっと北陸新幹線にも乗って新高岡へ。
12946333_2256892010_6large.jpg
12946333_2256892008_164large.jpg
 駅前が意外と何もなく、あきらめて駅前の居酒屋ポイ所に。
12946333_2256892001_29large.jpg
12946333_2256892002_101large.jpg
12946333_2256892030_79large.jpg
12946333_2256892032_3large.jpg 
 寿司や海鮮丼メニューが有り、店員のおねーさんが可愛かったから思わずブルベ前日なのにビールまで頼んでお腹満たして9:00頃就寝。

 4:00起床と相成りました。

1.スタート〜PC1

 スタートは5:00なんで4:30頃に駅前に行くと20名ほどのランドヌールが集まっています。
12946333_2256892028_163large.jpg
 ブリーフィングして、車検のお手伝いして、5:00出発。

 最初の20km弱は平地なんでなんとなくトレイン形成されるママがに付いていき、登り始めて、早々に脱落。
 ぽつぽつ雨は降ったり止んだり。本降りにはならず、登りなので特にウィンドブレーカなども着る必要も無く、淡々と登る。前半100kmはほぼ登り基調なので、ここでタイムアウトは洒落ならんから結構頑張る。PC1までダム、トンネル等、登りの天辺目指しては少し降り、再び登りを繰り返し。
12946333_2256983433_214large.jpg
12946333_2256983431_107large.jpg

 岐阜県に突入かと思いきやこの辺りは県境の入り組み地点とのことで橋を越えるたびに県をまたぐらしい。
12946333_2256983814_140large.jpg
12946333_2256983813_46large.jpg
12946333_2256983812_205large.jpg
8つの橋を越え、無事にPC1デイリーヤマザキ白川郷(69.9km地点)に8:40頃到着。

2.PC1〜PC2

 デイリーヤマザキではドリンク補給のみでリスタート。トイレが故障中であったが、観光地なのですぐにあると判断して出発。リスタートして、早々にバスセンターが合ったので寄り道。時間的には1時間の余裕があるんで合掌造りの見物なども。
12946333_2256892023_23large.jpg
12946333_2256892021_163large.jpg
12946333_2256892018_228large.jpg
 ここから先も大体登り基調。御母衣ダムまで登って少し平坦路へ。道の駅で手洗い1回のみで何とか、ひるがの高原に突入。PC2デイリーヤマザキひるがの高原(109.3km地点)貯金は1時間強。まぁまぁなペースです。
12946333_2256892014_113large.jpg

3.PC2〜PC3

 昼前だけど、朝早かったので空腹。食べる所をを見渡せど、閑散期のスキー場は微妙。
 でもスキーセンター行ったら空いてたのでカレーを食べる。
12946333_2256892015_116large.jpg
 ゲレンデ見るとちびっこがストライダー(キックバイク)で走り回っている。専用コースが有るらしく、ほほえましく眺めてました。

 で、腹も満たして降りに突入。
12946333_2256983429_63large.jpg
12946333_2256983428_168large.jpg
12946333_2256983436_26large.jpg
分水嶺を超えて、長良川源流を超え、長いダウンヒルに。

 調子よく降ってるところ、途中にしまむらを発見。近所に無いので、ここであひるさんチームとうさぎさんチームのペットボトル入りTシャツを購入。
12946333_2256892012_26large.jpg
 結局、PC間の40kmを1時間で突破。PC3ローソン郡上八幡(150km地点)には余裕の2時間貯金の13時ごろ到着。

4.PC3〜PC4

 ドリンク補充とバナナ食べて即出発。
 ここから先は以下に貯金を増やすかにかかってるので、少々ペースを上げていく。基本まだまだ降り基調で余裕かと思いきや想像以上の向かい風。微妙にペースが上がらず、途中2回コンビニ休憩を強いられました。取り敢えず、即エネルギーなるジェル系と持参したアミノバイタル等をここで結構使ってしまった。後半戦の頑張りに持参したものだが、前半早々でほぼ使い尽くすことになってしまった。

 で、なんとか、時間貯金はキープしたまま、PC4サークルK岐阜正木店(201.4km地点)に15:30に到着。時間貯金は何とか3時間に。

5.PC4〜PC5

 ここで背の高い若い学生さんから声かけられる。
 落車したとのこと。

 身体の方は大丈夫な様なんだが、後輪が触れてこの先進むのは無理との判断をしたとのこと。
 ホイルはレーゼロ?(スイマセン、ロードのホイルの事は知りません。。。)とかいうので、振れを簡単には取れないらしい。地元大阪のショップに連絡して持っていく事になったのでDNFするとのこと。ただ、気持ちの整理がつかず佇んでいたらしい。

 機材トラブルは確かにどうにもならんので、慰めの言葉も思いつかない。

 で、ふと気づくと、車検の時に大洗のシールを貼ってる人だったので、ふと、しまむらで買った例の品を見せると盛り上がってしまいました。こちらは大人力を無駄に発揮して今年は既に2回行ってて千葉400でも行くよとか、映画館には大洗の特爆、。立川の爆音、サンサン劇場のマサラとかとか、60回は行ってるよとかで盛り上がる。姫路の方で4DXと爆音がまたあるから行けるでとかもうガルパンおじさん全開で盛り上がってしまった。彼も大洗のいそやさんの食事で凄い目に合ったとか。大学生4人がかりで平らげられなかったご馳走の話とかいろいろ伺う。少しは気も紛れてくれただろうか。この後はどうするのかを訊くと、輪行袋はあるので適当に輪行するとのこと、しかしながら高岡駅のコインロッカーに荷物預けてるとのことで、とにかく米原まで出て特急しらさぎで高岡に戻ると。今日中に大阪にもどられへんやろ?と心配すると、実家は石川で何とかそこまでなら今日中にたどり着けるし大丈夫ってことなので、次週、和歌山600申し込んでるから再起を図るってことだし元気づけてこちらはリスタート。

 米原まで少々アップダウンをこなさないと行けないが、コースプロフィール上は大したことは無い筈と踏んでいたが、エネルギーの枯渇と向かい風で関ヶ原越えて少し休憩を強いられてします。しばらくコンビニでコーラ補充してウィダーゼリーで回復するのを待ってから米原突入。
12946333_2256983435_97large.jpg
 米原越えて、まずは彦根のホテルにチェックイン。荷物を置いて充電する機器を充電噛ませて、再出発。折角彦根まで来たのと補給食の仕入れに侍サイクルさんに寄り道。ちょっと挨拶がてら雑談して、ジェル系のここ一番に使う系のメイタンの補給食を仕入れて出発。20:00頃に出たので40km先のPCまで往復80kmを4時間と見込む。脚はへたばっているがここを乗り切れば睡眠含めてホテルで休めるので先を急ぐ。近江八幡市に入って少し腹が減ってきた気がしたのでコンビニ休憩。腹は減れども胃の調子が今一。しかし食べないと走れないので、バナナとお握りを無理矢理詰め込んでピルクルで流し込む。大体この方法でいつも胃の調子は取り戻してきた。速攻エネルギーに変換できる様、先ほど購入したメイタンの補給ジェルも飲んでおく。
 何とか時速20kmはキープしてPC5セブン—イレブン琵琶湖大橋西口(301km地点)に22:00過ぎに到着です。

6.PC5〜

 PC5ではドリンク補給のみで即出発。

 ここから先はどうも身体に力が入らない。
 踏んでも踏んでもスピードに乗らない状態が続く。向かい風だったのかなぁ?
 胃の具合がどうも悪く、パワー補給系のジェルしか受け付けなくて飲むのだが、どうも胃に残ったままで吸収されず、嘔吐感まで行かないけど悪心状態で、しかもエネルギーに変換されないのでどんどんペースが落ちていく。取り敢えず、途中のコンビニで胃薬投入して様子見つつ、なんとか、20km/hは維持して走るもじわじわペースダウン。とにかく宿にたどり着いて、寝れば治ると信じて彦根を目指してひたすら走る。

 ペースダウンしつつ、彦根には12時半ぐらいに到着。当初想定より30分遅れ位。思ったほど悪くない。
 とにかく、次のPCが60km先で7:44クローズだからマックス15km/hで4時間とみて3:30まで寝て3:45出発を決め込み目覚ましセットして、シャワーも浴びず寝る。

 気が付くと目覚ましが鳴ってて起きる。時間見ると3:30。急いで着替えて出発。

 胃の具合はどうもまだおかしい。寝る前に飲んだジェルがどうも消化されず残っている。
 平地だからとにかくペースは20km/hで固定。
 多分、彦根のYさんに追い抜かれる。この時間で元気そうだ。

 で、米原までの5kmでハンガーノック状態に陥り、いきなり失速。平地で頑張ってるのに10km/h出せない。
 これはアカンと思って、とにかく休憩もう一回と思い、米原駅で小休止。
 最悪、ここから帰るかと思いつつも駅前で座り込んで胃薬飲んで少し休む。

 むかむか感が増してきて、これはもうアカンとなって、DNF連絡。
 始発が動き出して輪行セットして帰宅しちゃいました。。。

 とういことで、6月の時点でSR取れてないと言う最悪の状況に。
 PBP目指すならここで押えておかないといかんのに。

 いろいろ何が悪かったんやろうかと反省しながら、うとうとしながら地元へ。
 最初は米原あたりで新快速乗って帰るよって冗談めかして言ってたけど、ほんとにそうなるとは。。。。

 お家ついて選択する気力も無く、ひたすら睡眠。
 疲労感が今回は抜けなくて辛かった。

 月曜日になっても疲労感抜けず。

 まずはひどい頭痛、これは400km以上のブルベで大体出る症状で、ボルタレン、ロキソニン、その他諸々の痛み止めがまず効かない。偏頭痛の専用の薬も効かない。
いつも思うのだが、これは限界超えた疲労と睡眠不足で身体が悲鳴を上げてるのを無視して走り続けた結果、身体が脳に対してもう限界とのアラートを挙げているのではないかと。
だから睡眠以外の特効薬はなく、カフェインをはじめどんな薬物も効かないとおもっているので我慢して毎回ブルベ後は痛い頭を抱えて仕事をしている。

あと、もう一つ気になるのは内臓の疲労で、顕著に現れているのが尿の色である。大体ブルベ明けの翌日はあまり尿が出ない。そしてびっくりするぐらい色の濃い尿が出る。内臓の負担が腎臓に悪影響を与えているのだろうか?痛みとか無い分、いつもちょっとだけ怖い。なのでブルベの翌日はなるだけ大量の水分を取り安静にしてるわけだが。今回は特に色の濃い、血尿かと見紛う色だったのでかなり疲労が蓄積していたようだ。


結局のところSRは取れなかったので次の予定を決めないと。
AudaxJapanのホームページから600kmのスケジュールを確認と。うーん、色々あるのだが、スケジュールが中々会わない。唯一会うのがAJHの600だったので速攻申し込みと前後泊と飛行機の手配をサックっと終わらせてと。

これでSR取らないと王滝をあきらめて徳島600行くことになってしまう。うーん。悩ましい。

とりあえず次のブルベは千葉400km大洗発着です。難易度★★★★★の凶悪そうなブルベだが、大洗巡礼のご褒美があるのでちょっとばかり頑張るかと。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

「ブルベのすべて」読了して

12946333_2255961412_195large.jpg
 ブルべ界隈の話題を掻っ攫ってる書籍「ブルべのすべて」を読み終わりました。

 知り合いの本と言う事でバイアスがかかっているかもしれませんので、そこにツッコミはご勘弁を。

 と申し開きをしたうえでお薦めするポイントは

 ★距離感が壊れだして、この世界に入り込もうとしている人たち(初心者/初級者)はまず読んだ方が良い。

 ★SR取ってるくらいの人は「ほう!こういったこと考えて走ってるんだ」等著者の思考過程を想像するのが楽しいので読んだ方が良い。

 と言ってみる。

◆これから始める/始めたばかり/SRを目指したい人向けに下記の観点が面白いと思う。

 日記風の体験談が面白い。
 これだけで読み物として成立している。
 特に200km、300km、400km、600kmとステップアップしていくところがブルベ始めた年の経験したことと重なり思わずあるあると頷いてしまいます。特に最初の200kmにイベント盛りだくさんで。

 自分も初の300km(2009年のアタック日光300かな?)で、事故を目の前で目撃(当時、ご近所だったazuさん)、警察くるまで事故対応、更に、パンク3回に雨と、ブルベで降りかかる災難を一気に洗礼受けたので、うむ、うむと頷きながら読んでしまった。

 そして、その合間合間に挟まれる著者の丁寧懇切な文章が分かり易くて、ブルベしてる感に没入できる。


 特に筆者が安全面について、危険性含め、かなりの思いを込めて書いてくれているので読んでそこは対策を「自分で考えて」臨むことが出来ると思う。
 この本の面白い所は体験談でもあり、経験値を文章に落としてくれていて、経験「知」としての「教科書」的側面もあるが、すべてと言いつつすべてを網羅していない点がポイント。これから走ろうと言う人たちにとっては自分で考える余地を残しているところが良いなぁと。
 装備面は必要最小限しか書いてないし、最近ネットで情報拾えるからそこは自分で調べて工夫していくのが楽しい(沼落ちするが。。。)し、装備は進化していくからすぐさま陳腐化していくものもあるしね。
 自分は工夫して工夫して未だに考えて、毎回毎回試してることはあるし、装備とか考えるのはそこが面白みでもあるので。これから、ブルベを走ろうとしている方はそこは最大限、この本で想像力を膨らませて自分に合ったスタイルを考えることが出来ると思う。


◆SR以上の距離感の壊れたヘンタイさん達へは下記の観点かな?

 逆に自分みたいに其れなりに(まだまだピヨピヨですが・・・)走っている人には、自分のやり方以外に「ああ、なるほど」と、こういう思考に著者が至った過程を想像できて楽しいかったりする。
 特に数値化して考えているところは自分には無いので感心した。自分は距離/速度/到着時間の算数をしながらは走るけど、それ以外のパワー値や心拍等は考えたことも無いので(計測用に機器を買ってみてもどう有効活用していいか分からない。単なる物欲)。

 マナー的な話(睡眠時間・仮眠場所・食事箇所とか)はギリギリの線を攻めて書いてるのである意味面白い。自分の過去のブログ読み返してみるとこれはアカンなぁとか反省もしきり。


3.その他所感・・・・

 表紙はまぁ、意図してないのはわかるが、やっぱり泣ける。

 日記風体験談の登場する「おじさん」の描写にも泣ける。俺もいつも助けられたし、一緒に旨いもん食ってたし。

 そもそも著者との出会いが衝撃的だった。それもおじさんがらみ。
 2010年のアタック北信で碓氷峠の天辺で寝転んでる著者をおじさんに紹介された。北海道1200kmブルベを走ってから埼玉スタートのアタック北信に自走で参加してるって言われ意味が分からなかった。

 2011PBPでおじさんと走っている時に合流。しばらくご一緒させてもらった。片側サイドパニア付けて結構な荷物で走っており、ブレスト折り返しての後半戦にも関わらず元気でおじさんとしゃべくりまくってるのがすごいなぁと。あんときはサトー夫妻のタンデムもご一緒で、小集団が自分的にはスピード上がりまくりでかなりツライ時間帯だった。。。著者のブログに死にそうな顔で追走してる自分が載ってて笑える・・・(^^;)

 と言ったエピソードもあり、まぁ、バイアスかかるのは仕方ないよね。

 で、まぁ、たくさんの人に読んでほしいので、関西では大阪のgrupettoさんと彦根の侍サイクルさんにサイン本を置いてもらってます。目にとめて気になってくれると個人的にうれしい。

 今回はたまたま機会が有り、発売日に東京にお伺いして著者から直接サイン本を入手出来のたのでラッキーでした。

 で、校正です。濁音になってます。P192「擦れてしまって痛い。」~のくだり。「傷【が】ら体液が出てきて」のここ。「傷から」が「傷がら」になってます。重版の時に修正宜しくです(笑)。

 お尻の話は自分もあるあるなので食い付いてしまって見つけてしまいました。昨年の広島1000にて雨にやられて、めったに赤剥けしない鉄の尻もさすがにずる剥け。ワセリン塗りながら走ったけど、体液が染み出ては乾いてレーパンのパッドに貼り付き、サドルから降りたりダンシングするたびにパッドから尻が剥がれて激痛が走る目に合った自分としては、キズパワーパッドは目から鱗でした。いつも常備してるキズパワーパッドを尻のズル剥け部分に貼る発想は無かったので今度試してみようと思います。 

 目出度く重版もかかるとということで、気になる方は読んでみてくださいね。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

鈴鹿エンデューロ春SPアタック120 gaap参戦記

 鈴鹿エンデューロ春に初参戦してきました。

 今回はミニベロクラスは2人以上のチーム参加のみだったので、ソロ参加できるアタック120に参加してきました。

 アタック120は4時間以内に鈴鹿フルコースを20周回廻るというモノで、平均30km/hが求められるのでちょうど今シーズンの鈴鹿錬にイイかと言う事で参戦です。

0.準備〜スタートまで。

 まずは、軽量化。
 ブルベ装備を引っぺがして、ホイル交換。ホイルはF20H、リア24Hの軽量ホイル。
 これだけでも相当軽量化。付ける装備はサイコン代わりのスマホホルダーに、ステム左右に取り付けたフードポーチのみ。ポンプや携帯工具、予備チューブ等々はもってはいくがピットに置いておくのですべて取り外し。

 4時間の長丁場で暑さも懸念されるので、ボトルはダブルボトルで行くことに。
 gaapは前三角が小さいのでボトルゲージは取り付け場所を探す必要があり、今回はサドル下に取り付け。
 ここに容量大きいボトルを用意。
12946333_2255242155_30large.jpg
 後は荷物準備して、前日の土曜日に出発。

 白子駅近所で明日の朝ごはんと水とコーラと経口補水液を調達。
 お宿に早めに入って晩御飯。
 宿の近所の中華料理がボリューミーで大満足。
 ラーメン+チャーハン+餃子セットに肉団子のから揚げを頼んで、大盛りは?って聞かれたから、ぜひと。
 麺とチャーハンそれぞれ大盛りに。えげつない量出てきましたが何とか完食。
12946333_2255242154_172large.jpg
12946333_2255242153_213large.jpg
12946333_2255242151_224large.jpg
 これだけ食べて1300円、コスパ良しでした。

 さっさとシャワー浴びて10時には就寝。

 翌朝は試走はええわと思って、6:00までしっかり睡眠。

 ここ最近、イベント続きで乱れた睡眠サイクルをここで強制修正。
 起きて、CCDパウダーでドリンク作って、朝ごはん食べて出発。

 7:00前に到着して受付済ませて出走準備。
12946333_2255242138_236large.jpg
 ここでトラブル。スマホホルダーが緩んで使えない。
 これは困った。困ったときのタイラップ。強引に固定してスマホも固定。

 そうこうしてるうちに、試走時間が無くなって、慌ててお手洗いだけ済ませてスタートラインへ。
 出遅れたのでかなり後方スタート。むりくり前へ割り込んだ行ったりする人もいるが、まぁ、後方スタートの方が安全なので、ここで待機。

 ライダーズミーティングでは特に安全面指導が入ります。
 家に帰るところがゴール。身に沁みますね。
 ブルベでもなんでも待つ家族のいる所に帰り着くまでが絶対ですから。

 で、8:00スタートの8時間耐久とアタック240がスタート。8:03にはこちらもスタートと相成りました。


1.レース開始

 試走してないので身体温めつつ、心拍上げて、まずは安全確保しつつ人込み脱出。最初のシケインまでのの登りでばらけたタイミングで一気にアタック。と言いつつもソロなんで、4時間分の体力を考えて限界までは踏み込まず、適当にちょっとペース早い人の後ろに付きつつ、一周回目は様子見。一周回終えてだいぶばらけてきて、適当な集団を探しつつ、ペースを上げ始めて行きます。5周回目でマリオさんにお声掛けいただく。2周交代で回しているらしい。まぁ、みんなそんな感じでしょうね。4周回ってこちらは既に疲労が溜まってる。1時間経過して、ホームストレートで補給。ここは軽く傾斜しててペースが皆落ち気味なうえ、道幅も広いので補給ポイントにしている。アミノバイタルエナジージェルとドリンク補給。もう一周回してからアミノバイタルゴールドゼリーを補給。これを1時間ごとにを心がけて走る。ドリンクは適宜だが、安全確保の為、集団から離れてしまうのでなるべくホームストレートで飲むようにしてる。

 途中、速い小径車にはなるべくついていくようにしているが、2時間も経つと流石に付いていけない。平地は何とかしがみついていくのだが、途中に箇所ある傾斜、最初の降りの登り返し(スプーンカーブ手前)とホームストレート後のシケインまでで付いていけない。つくづく登り脚が足りない。最近、ブルベばかりで六甲山さぼってるのがもろに出ている。王滝でも登りがダメダメ。六甲山錬をもっとやり込まないと。

 あと、今回、グランフォンドKOMOROの際にクランク交換してギアも56tから52tに歯数減らしてしまってる。さすがに52tではアウター×トップでは踏み切ってしまい、コーナー攻めた後の立ち上がりや降りでどうしても遅れを取ってしまう。56tかカプレオセットどちらかはレースには必要だな。

 3時間経過して、アタック120は既にゴール者も出てる模様。1時間以上も差があるのか。。。平均40km/hオーバーで走るってすごいなぁ、流石にそのレベルにはたどり着けそうもない。残りは4周回。キツイ。
 途中、枚方600kmでお会いした方も。8時間に出てるとのこと(最後落車負傷したそうです。お大事に)。少し元気もらいもうひと頑張り。そういえばAJジャージの方もいたなぁ。なぜか反射ベストの人も??。

 最後の2周回は時間内には走り切れる安心感からペースガタ落ち。結局3時間52分かけて20周完走。
12946333_2255242137_90large.jpg
 結局ペースはぴったり平均30km/hでした。
 ミニベロクラスの結果を「ラップクリップ」 で観ると4位チームと2周差位、5位、6位のチームとは同一周回に居たみたい。ミニベロで、ソロクラスもあれば5位ぐらいにははいれたかな?
12946333_2255242142_211large.jpg
12946333_2255242140_84large.jpg
 新型のバルブキャップに取り付けるパワーメータAROFLYで今回データを取ってみたのですが、うーん、距離は足りないし、GPS(スマホGPSで取っているみたい)のトレースルートもどうも精度が低い。STRAVAにアップしましたが、これじゃ完走してない人扱いですね。。。

 まぁ、とにかく100kmノンストップ全開で走り切って飲むコーラは最高!
12946333_2255242150_252large.jpg

2.帰宅

 走り切って、完走証をもらって帰路へ。
12946333_2255242145_247large.jpg
 往きは白子駅から来たけど、時間的に鈴鹿サーキット稲生駅の津往きに間に合いそうだったので、そちらに。
12946333_2255242147_21large.jpg
12946333_2255242135_50large.jpg
 輪行セットして、コーラもう一本補充して、津駅からはアーバンライナーで一気に大阪難波、そのまま阪神に乗り換えて無事帰宅。
12946333_2255242143_2large.jpg

 筋肉痛が既に出ていたのでプロテイン摂取して、水風呂。
 そして洗濯済ませて、春のエンデューロ終了と。

 次は鈴鹿エンデューロ秋SPめがけてしばらく走り込むことになります。
 間にシマノ鈴鹿120分エンデューロを夏に申し込んでますので、まずはこちらを目標に走り込み。

 一週置いて、次はブルベです。BRM610高岡600km、SRが掛かってますので今度こそは!


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

2017年5月SDA王滝100km gaap参戦記

昨年の秋の大雨王滝に凝りもせず、今年も行ってまいりましたセルフディスカバリーアドベンチャー王滝クロスマウンテンバイク100km。相も変わらずgaapで参戦してまいりました。

0.準備〜王滝村まで

 まずはgaapの準備。

 今回からBRM用と王滝用に完全にマシンを分けることにしました。

 と言う事で王滝用gaapの組み立てです。
 常用のBRMマシンのパーツを塗装の済んだラベンダーgaapに移植して、イエローgaapを王滝用に組み立てました。
12946333_2254209160_34large.jpg
 今回の為に新規で用意したのはブレーキとシートポスト、サドル、ステム、ハンドル、フロントシフターと言ったところでしょうか。昨年の秋王滝でフラットバーにしたら意外と走れそうな気がしたので、今回は初のMTBマシンとして組んでみました。

 昨年、MATTさんからお譲り頂いたXTコンポを中心に組んでいきます。
 リア42Tのビッグスプロケットを組込(今日日は46Tとかあるから42tではビッグとは言わないないかな?)。
 フロントはどうしたモノかと、在庫漁ると、これまたMATTさんにお譲り頂いた、アルテのコンパクトクランクを発見。リア42tに推奨は1×11速なのですが、MTB用のクランク組み込んでフロントチェーンリングが小さいと今度は降りや平地で小径車だと踏み越してしまうので、敢えてロード用のクランクでセットします。フロント44t-34tにリア11t-42tの組み合わせで何とかなるかなと。

 後は、FD付けようとしたら直付け用だったので、慌ててバンドアダプターを手配。
 
 続いて、ブレーキはXTを新調して組込。いまどきの油圧のブリーディングって意外と簡単ですね。
12946333_2254209163_68large.jpg
12946333_2254209161_138large.jpg
12946333_2254209164_39large.jpg
 道具さえ揃えたらさくっとできてしまいました。

 後は細かい偽装を施し、マシンの準備は完了。

 後は補給食やら、CCDパウダー等の手配を済ませ、予備チューブにタイヤの準備。
 
 秋王滝で降りで苦労したので、今回は太さ1.75から2.125に変更してみた。少しはエアボリューム稼げるからパンクリスクも減るかなと。

 ウェアは昨年に引き続き、サイクリングニパ子ジャージ。下にd3oのプロテクタージャージを着こんでいく。後はコースを引いてGPXファイルをスマホに落し込み、チェックポイント箇所と標高地点をosmand+に入力して音声で案内できるようにしておく。

 補給とモバイル給電のバッテリーはApiduraフードポーチをハンドル根元左右に取り付けてそこに押し込むと。予備チューブは3本。タイヤブートとパッチも用意し、さらに携帯工具とチェーンの切れ端、ミッシングリンクとチェーンピン予備、それと一応ゴッドハンド社のミッシングリンク外し。タイラップ多数。タイラップ切り用に片刃ニッパー。予備のシフトワイヤー等々。

 補給食はアミノバイタルのゼリー系エネルギーとゴールドを3本づつ。それにゼリー系の小さい補給食10本。固形物は前日受付でパワーバーを買う予定と。

 5/20前日受付日に移動。今回はいつもは車ですが、一人でレンタカーも効率悪いし、帰りの運転が疲れるので、今回は輪行で王滝にチャンレンジ。

 始発に乗って名古屋まで。先週も乗った特急しなのにて今度は木曽福島駅へ。
 特急しなのは荷物置き場が有って輪行しやすくていいね。
 下が空いて無くても、上段にチビ輪バッグに収まったgaapなら積み込めるし。

 10:00過ぎに木曽福島到着。
12946333_2254833808_157large.jpg
 さて、バスの時間を見ると10:24てのが有る。王滝村まで行かないが、手前まで行くみたいなので、其れに乗っていくかと案内所のおねーさんに聞くと、10:24発は赤字で記載されているんで土日は運休とのこと。あれまぁと。
 では、輪行解除して、木曽福島駅から自走で王滝村まで向かいます。

 はい。王滝村へ突入。
12946333_2254833834_82large.jpg
 最初は松原スポーツ公園に向かおうと思っていたのだが、背中にしょった荷物が重くなってきたので、まずは宿に。その前に、お昼ご飯を済ませに、毎度毎度の王滝食堂へ。
12946333_2254833806_58large.jpg
 ちょうど昼時手前だったので、無事着席できて、いつもの通り、ここでたっぷりカロリー取りますよ。
12946333_2254833885_162large.jpg
12946333_2254833884_77large.jpg
 猪豚ステーキ定食頂きました!

 そこから、まずは滝旅館へ。荷物を預かってもらい、受付表と、お風呂セットもって、松原スポーツ公園へ。
12946333_2254833870_235large.jpg
12946333_2254833868_230large.jpg
 受付が14:00〜だったのでブースをうろうろ。

 まずは補給の仕入。パワーバー2本とパワーワッフル2個とトップスピード1個購入。で、いつものパワーバーソックス買おうとしたら無い。聞いてみるともう生産してないって。かなりショックorz。。。在庫はまだあるけど、厚手で履き心地の良いソックスだったのに。残念。

 仕方ないので他のブース見てたらソックス安売りしてたので3本ほど購入。
 で、レジで鼻孔をを広げて呼吸を楽にするTURBINE(タービン)なる器具を宣伝中とのこと。新タイプが出たので旧タイプを試供品で付けてみないかと。この後、王滝の湯までヒルクライムするから試してみようということで、一つつけさせてもらった。
12946333_2254833878_137large.jpg
12946333_2254833876_125large.jpg
 あと、ぶらぶらしてて、ブルベなA氏とばったり。今回は参加はもとより、池田祐樹選手と食事サポートされてる池田清子さんの著書EAT GOOD for LIFEのフォローをされているとのこと。では、早速と本を購入してサイン頂きました!もちろん超戦シールもgaapに貼って。もう一つの「ちょうせん」シールはインパクト有りすぎて遠慮しました(笑)。
12946333_2254833817_50large.jpg
12946333_2254833816_245large.jpg
 14:00になって早々に受付を済ませ、では早速、王滝の湯へのヒルクライムです。約7kmほどで獲得標高は300mちょい。最後2kmがダート区間で最終調整にもってこいのこの区間。最後に温泉のご褒美付と言う事で、お風呂セットをサコッシュに詰めてきたわけです。

 では、行ってみよう。

 うん。舗装路だけどいきなり斜度きついね。
 えー、リアサスのエアを抜き過ぎたね。あー、サスポンプは宿に置いてきちゃった。宿に帰ったら120psiまで入れよう。80psiより下にしたからフルボトムしてる。
 ダート区間に入って玉砂利で滑って脚付き。
12946333_2254833867_142large.jpg
 でもまぁ、ファイナルギアは使わずに無事に到着。
12946333_2254833866_161large.jpg
12946333_2254833865_66large.jpg
12946333_2254833863_32large.jpg
 王滝の湯で一息。
12946333_2254833861_156large.jpg
 御嶽山はまだ雪が残っており、王滝の湯からは桜も咲いてる。温泉浸かって、雪見に花見。贅沢な時間です。
12946333_2254833862_146large.jpg
 のんびり過ごして、汗引かせていると、お宿ご一緒予定のサトー氏とK氏が受付に到着とのご一報。

 では、今度はダウンヒル。リアサスは空気圧低めなので、そこを意識しつつ、最後、どのくらい入れるか考えながら一気にダート道を下り再び松原スポーツ公園に。

 御二人と合流して、ゼッケン付けたり最終準備。

 ここで、サトー氏のドロッパーポストが動かないトラブル。
 あれやこれやしても良くわからない。

 結局蓋空けてみたらワイヤー切れ。ドロッパーポストはあきらめてもらい、早々にお宿に。

 少し買い出し行って、後はお風呂入って晩御飯。
12946333_2254833859_6large.jpg
 晩御飯は王滝参加者向けにかなりのハイカロリー飯。
 全部平らげて、明日朝のお弁当をもらって部屋へ。
12946333_2254833820_160large.jpg
 9:00過ぎには就寝と相成りました。


1.スタート〜CP1

 朝、4:15起床。初参加のおふたりはあまり前に並ぶのもアレなんで、其れならしっかり睡眠と言う事でこの時間に起床。おっとり刀で5:00に宿を出て5:30前に現地入り。
12946333_2254833824_155large.jpg
12946333_2254833831_228large.jpg
 後ろの方にバイク並べてウロウロ。
12946333_2254920308_30large.jpg
 写真取って頂きました。
12946333_2254922699_147large.jpg
 小径車はフーリガンが居てました。
12946333_2254920310_49large.jpg
 神主さんの安全祈祷の上、御嶽山に向かって安全祈願。
12946333_2254920307_240large.jpg
 そして6:00スタートです。後方にならんでたおかげで特にスタート渋滞も無く安全にスタートを切り、舗装路を駆け抜け王滝川を超えてダート区間へ突入。突入してちょっと行くと軽く渋滞。一回、脚着きするも、そのまま、乗車姿勢のまま、蹴って再び乗車で乗り切り最初の登りへ突入。

 いろんな方々にお声かけて頂きました。毎度毎度ありがとうございます。

 最初の登りで1時間を超えてしまい、やや遅れ気味。でも登り切ったとこで補給。アミノバイタルゼリーと補給ゼリーを流し込み、一気に降り。
12946333_2254920306_228large.jpg
 タイヤを太くしたのと今回はしっかりポジションも合わせてきたのでかっとんでも問題なし。
 ブレーキもさすがのアイステック、しっかり効きも良く、降りでは軽くちょんちょん当て舵入れる感じでブレーキかまして軽い速度減速調整でしっかり回り切って進めます。

 ダート走るの楽しーってなってる時間はでも一瞬。再び登り返して、今度は延々ともっとも標高高いポイントまで登ります。ここは黙々軽いギアでひたすらクルクル回していきます。今回はいい天気過ぎて、とにかく暑い。降り入る前には必ず、ボトルの水を身体の太い血管ある部分(腿の内側、腋の下、首とか)に掛けながら冷却しながら身体に熱がこもらんようにしていきます。
 30kmの案内看板がきて、しばらく稜線沿いにアップダウン。30km地点はCP1のはずでは?とみな疑問に思いながら走ってるが、ここが罠で実はCP1は34km地点。皆の怨嗟の声が聞こえてきますが、もうすぐともうすぐと気持ちをなだめながら降りヒャ八っー、登りでは恨みつらみを呟きながら、進んでいきます。

 この調子ならCP1クローズまで30分程度は余裕つくれるかと思い、CP1が見えてから一気に降りで漕ぎ漕ぎ。調子乗ってたら後輪がバシュッ!パンクです。あちゃーと思って見てみるとタイヤ側面からぶらぶらとゴム片が。大きく3か所タイヤ切れていて、一か所は見事にチューブ見えるぐらい。
12946333_2254920304_209large.jpg
12946333_2254920305_83large.jpg
12946333_2254833853_215large.jpg
 こら、あかん。と思って、ほぼ諦めの境地に。CP1までは降りで時間もあるから歩いて到着。クローズの準備してたけど、時間内には通過。

 で、改めてタイヤ見るとタイヤブート三枚使い切ってこの先走り切るのは厳しい感じなので、スタッフさんにどうします?って聞かれて、即答。DNFします!

 ということでDNFしちゃいました。


2.DNF〜下山

 チューブも2本、パッチも1パックあるし、この先行くのも有りかとは一瞬思ったんですが、ゴールしたとしても、その後、木曽福島駅まで自走もあるし、このタイヤで帰還不能は洒落ならんと思い、即決断しました。

 お宿でご一緒したK氏もリアブレーキが油圧抜けして、降りでまったく稼げず、CP1は時間内通過するも、この先、フロントブレーキだけではリスク大き過ぎるので、わたしのDNFに付き合ってリタイヤ宣言。

 しばらく休憩し、他の方のパンク修理の様子見たりしてから下山。

 下山コースもしばらくダート。調子こいて先頭走ってたらまたパンク。チューブ交換して、ダム湖まで降りて、ようやく42kmのコースへ。
12946333_2254920303_52large.jpg
12946333_2254920302_245large.jpg
 ここからは観光ポタリんぐコース。ダム湖で記念撮影したり、自然湖の景色に感心したり、42kmの名所?真っ暗トンネルとか堪能して、松原スポーツ公園へ。

 サトー氏がおそらくまだ頑張ってるようなので、早々に着替えてゴール地点へ。

 ゴール地点では、なぜかAUDAX埼玉ジャージの方がゴールしてたり。
12946333_2254833822_130large.jpg
 また、先週小諸でお会いしたユウさんも無事にゴール。
12946333_2254833857_69large.jpg
 で、スタート〜9時間でサトーさんゴール!
12946333_2254833855_40large.jpg
 お疲れ様でした。

 と言う事でサトー氏にゴールを見届けて帰路につきました。


3.帰路

 お家に帰るまでがSDA王滝です。と言う事で、荷物背負って、一路木曽福島駅へ。
 途中、ユウさんが切れたタイヤを心配して、駅まで送るよって言って有難い言葉を頂きましたが、今回は輪行王滝を試したかったと言うのもあるし、駅まであと10kmだったので、お気持ちだけ頂いてそのまま自走で(ユウさん、お気遣いありがとうございました!感謝感謝!!です)。

 で、無事に木曽福島駅について輪行セット。駅でシングルクラス出場の方とお話を。
 ブルベにも出てられるそうで、群馬の方で出てるとのこと。群馬には出たことないのでそのうちお邪魔したいですね。ブルベにも29erのシングルで出てるそうです。凄い方がいらっしゃるものです。

 駅前でお土産を漁って、電車の時間まで30分ほどあったので、食事。
12946333_2254833810_225large.jpg
12946333_2254833846_244large.jpg
 お蕎麦とかつ丼(ソース)を頂きました。

 時間無いので早いのって無理言ってスイマセンでした。無茶苦茶美味しかったです!

 ホームに上がると、輪行袋の外人さんが。幸い自分は指定1席空きが出たので指定席とれた(駅員さん、もう一回確認してくれてありがとうございます)のですが、生憎、指定が取れなかったようで、自由席らしく、non-reserved車はどことの事なので、ご案内。あいにくホームには号車表示と指定席/自由席の漢字表記しかなく、困っていたので。

 で、ホームで再び鉄分補給。
12946333_2254833843_117large.jpg
 車中の人と相成りました。

 この日はAACRも重なっており、車内は観光客に混じり輪行客もちらほら。輪行ポジション(車両最後尾、デッキ)は埋まっていましたが、ココは折畳車のgaapの本領発揮。チビ輪バッグに収まったgaapは特急車両の荷物置き場の上段にきっちり収まるので無問題。
12946333_2254833840_89large.jpg
 逆に目についてしまったのが、未だに後輪外さないタイプの長い輪行袋を使っている人たちが多数いたこと。鉄道会社がアカンと規定しているのに使っているのはどうかと。我々サイクリストがかなり自由度高く鉄道使わせてもらってるのは先人の輪行経験の賜物であって、今やグレーとかどうとかでなく、その手のバッグはグレーでなくブラックってことになってるのに。輪行を鉄道会社が認めなくなったらどうすんねんって思ってしまいました。名古屋から先も同じ列車で、非常に邪魔になっており、うんざりしました。

 なんやかんやで22:00過ぎに帰宅。

 すぐに全裸ナウと共に洗濯峠に突入。干して、早々に就寝と相成りました。
 gaapの洗車まではたどり着けませんでしたのでまた整備兼ねて綺麗にしないとね。

 で、次は春の鈴鹿エンデューロです。4時間で20周のアタック120に参戦します!


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。