BRM609川西600km gaap参戦記

 BRM609川西600km「海だお寺だ湖だ」を走ってきました。

 諸般の事情で当初はDNS予定でしたが、前日金曜日になって、走ることに。
 バタバタと、GPSデータを落として、キューシート印刷して、コースざっと見て、320km地点でホテル押さえ、段取り。

 前日にバタバタしたので用意が大丈夫か不安でしたが、朝は早い為、21時ごろ就寝。
 4時起床で、自走で川西のスタート地点、ドラゴンランドに向かいます。
12946333_2287863146_48large.jpg
 今回の装備は雨とのことで、モバイルバッテリー用に完全防水のバイク乗り用のレッグポーチを用意して、フロントフォークに取り付けてみました。嵩張りますが、完全防水で20000mAhのバッテリー入れるとなるといいサイズが無くて、とりあえず御試しで。

 5時過ぎに到着すると既に多くのランドヌールが。
 受付を済ませ、皆様方にご挨拶。

 元々DNS予定だったんで、どうしたん?等々聞かれました、SR取るならここ逃せないので急きょ参戦ですと。
12946333_2287863145_182large.jpg
 ブリーフィング後、車検、出発と相成りました。
12946333_2287863144_208large.jpg

1.スタート〜PC1

 今回のコースは福知山まで、BRM407川西200kmと同じ。
 なので、快調に進んで行きます。

 西峠、城東トンネルをクリアしたら、丹波竜のところを通過。
12946333_2287863143_144large.jpg
 休憩なしでPC1ローソン丹波市山南町奥店(67.7km地点)に9:26到着。

2.PC1〜PC2

 休憩もそこそこ、続いて酷道429号、榎峠に。
12946333_2287943438_174large.jpg
 道は悪いが、標高も斜度も無いので、早々にクリアして、福知山へ。

 一気に下って福知山市街地。
 福知山線の線路くぐる所の王将でお昼にしようかと思っていたのですが、思いのほか、いいペース。11:30ぐらいにこのあたりのつもりだったのですが、11:00過ぎに通過してしまったので、お昼には早いと思い、先へ進みます。

 この先は、BRM407と違い、線路くぐって左折。

 食事できるところぐらいあるやろうと思っていたら誤算。

 結局、舞鶴までなんも無くて、途中、眠気が来たので自販機でコーラ補給しただけで舞鶴へ。
 ややハンガーノック気味でへろへろなりながら・・・。

 舞鶴港で、妙高、愛宕、日向を見物。
12946333_2287863142_228large.jpg
12946333_2287863178_149large.jpg
 空腹のお腹を押さえて赤煉瓦倉庫のカフェへ。
12946333_2287863177_110large.jpg
 ここで海軍カレー大盛りとゆで卵頂きます。
12946333_2287863174_142large.jpg
12946333_2287863176_92large.jpg
 空腹を満たして、PC2ローソン 舞鶴潮路通店(149.2km地点)に13:40到着。

3.PC2〜PC3

 お腹は満たされましたのでドリンクとアイス最中のみ補充して出発。

 途中、大盛りは食べすぎかと急遽ミニストップでトイレ駆け込み。
 どうも、自分の腸はロケットペンシル状態で入ったら出るのが常で、わかりやすい。

 R27を延々と走り、高浜過ぎて、振り返ると、今日は青葉山が雲に隠れて見えない。
 残念。若狭富士を観損ねて、若狭本郷に。
12946333_2287863173_102large.jpg
12946333_2287863172_164large.jpg 
 ポータルで休憩して、ルート外れて、創業100年、おおい町の老舗の和菓子屋 丸栄菓舗さんへ。
12946333_2287863169_185large.jpg
 至福の松露を頂きます。お土産用にも1つ。
12946333_2287863170_148large.jpg
12946333_2287863161_54large.jpg
12946333_2287863167_156large.jpg
12946333_2287863165_148large.jpg
12946333_2287863163_60large.jpg
 ガキの頃、よく遊んだ青戸の大橋、青戸の入江、佐分利川をながめて。
12946333_2287863160_175large.jpg
 さらに、昨年のBRM415枚方600kmのPC兼仮眠所になったうちの実家にご挨拶。
 
 伯父さん、伯母さんにご挨拶。SKYPE見るとうちの母親がPC起動しているみたいなので、せっかくなので、SKYPEご対面。突然の来訪に驚かせてしまいましたが、昼間に通過してるのに顔出さんのはどうかと思って。

 上がって休憩していきと言われました、今日はこの先、福井市街まで行かないといけないので固辞して先へ進みます。

 小浜へ抜ける勢浜トンネルで先行するランドヌール・ランドヌーズが立ち止まっている。女性の方が何かトラぶってるらしい。
 大丈夫かと尋ねるもトンネル内、クルマも多く、ランドヌールの方が付いているので立ち止まるのも邪魔かと思い一声かけて、先へ行きます。

 小浜市街を抜けて。商店街を抜けてとキューシートに合ったけど、まさか鯖街道起点のあの細い商店街とは思わず、びっくり。この商店街の中にある、田村長のへしこが絶品なのですが、流石に持って帰るわけにはいかんので、未練たらたら進みます。

小浜超えて、暫く平坦路。向かい風がきつく脚を削られます。
三方五湖を抜けて敦賀方面、関峠を抜けて、PC3 ローソン敦賀赤崎店(235.3km地点)に18:33到着。

4.PC3〜PC4

 コーラにカレーメシ補給。
 夕陽と共にしおかぜラインへ突入。

 向かい風がきつくてペース維持が難しい。孤独な旅路で延々と下ハン握って風に抗って進みます。越前温泉とか一部街があるのですが、他は真っ暗な海沿いの道。結構、心折れそうでしたが、エスケープゾーンもあるわけもなく、前後共に走者おらず、60km黙々漕ぐのは辛かった。

 ようやく越前海岸を離れ、福井市方面へ。三国大橋越えて降って、PC4直前にいきなりのチェーン落ち。何事!と思って見ると外側にチェーン落ち。ハメなおしてると、どうもチェーンテンションがぶらぶら。延々と強く踏んできたせいなのか、チェーンが伸びきってしまってる様子。この先何度も路面からの振動や、降り快調に踏んだ時に気を許した瞬間にチェーン落ちを繰り返し苦労する羽目に。

 気を取り直して、PC4ファミリーマート小林木部店に22:29到着。

5.PC4〜PC5

 宿を15km先に抑えているのでおにぎり一個にアイスクリームの最低限の補給で出発。
 8番ラーメンに行こうかと思ったが、睡眠時間確保優先でホテルへ。

 ホテル到着23:20。全裸なうで目覚まし3時セットして即就寝。
 アラームなるまで気絶するように寝てました。

 3時に起きて急ぎシャワー浴びてスッキリしてから再び汗臭いジャージに袖を通し、コース復帰。永平寺を目指します。じわじわ登りつつ、フォトコントロール永平寺到着。
12946333_2287863158_252large.jpg
12946333_2287863157_169large.jpg
ちなみに今回のジャージはピンクのスズキケ牛ジャージ。
アメリカ大陸横断レース RAAMに挑戦のTEAMスズキケ応援ライドです。ここで成功祈願していきます。

 この先、宇坂トンネルまでもう一登り。トンネル抜けて、降って、完全に南向きに方向を転じて
追い風基調にて快適に進みます。
 鯖江の手前のマクドで朝ごはん。
12946333_2287863156_203large.jpg
 鯖江を通過。本日はメガネフェスやってるんで日中通りたかったです。。。
 メガネフェスに来ているちゃーさんにはスルーしてツッコミ入れられました(笑)。
 R365号に入り、PC5ファミリーマート南条店(386.2km地点)に7:01に到着。

6.PC5〜PC6

 朝ごはんは食べた後だったので、ドリンクとおにぎり補給のみで出発。
 今庄方面へ。
 今庄365へスキーではよくとおったけど、自転車ではこのあたりは初めて。
 スキー場への道を外れて、旧北陸本線方面へ。

 じわじわ山中トンネル目指して登っていきます。
 途中、旧北陸本線遺構がちらほら。

 鉄分多めのルートです。
12946333_2287863155_125large.jpg
12946333_2287863152_25large.jpg
12946333_2287863151_53large.jpg
12946333_2287863150_50large.jpg
12946333_2287863148_194large.jpg
 スイッチバック地点やら、スイッチバックの為のトンネルやら。脚を止めてみるところ多しでした。
12946333_2287943436_69large.jpg
 山中トンネルから下りへ突入。
12946333_2287943433_226large.jpg
 トンネル内は水が滴り、路面はウェット。
12946333_2287943434_136large.jpg
 しかも途中のトンネルでまったく明りの無い真っ暗闇なトンネルも。ここは怖かった。ライトはハブダイナモからのE3を使っているのですが、それでも明りが暗闇に吸収され、路面が見難い。慌てて、VOLT400を2灯点灯して何とか降ります。路面もあまりよくなく、あまりスピード出せません。

 また、トンネル入り口に信号機があり、待ち時間5分とか3分の表記。
12946333_2287863147_177large.jpg
 つまり待ち時間内にトンネルを通過しないと、対向車が来るってことで、焦って走り抜けます。

 降り切って再び敦賀へ。

 敦賀市内からR8を経由して、県境を抜けて、琵琶湖へ向かって下って、旧賤ヶ岳トンネル抜けて木之本へ。そこから湖岸道路へ入って行ってもう少しでPCってところで遂に雨。最初は小ぶりだったのでPCまであと10kmほどだし、着替えず行くかと思ってる間に土砂降りに。もう既に遅しで諦めてずぶ濡れのまま、PC6 セブンイレブン長浜バイオ大学前店(470.5km地点)に11:39到着。

7.PC6〜PC7

 濡れ鼠になったしまったので、体を温めたくて、チキンラーメンごはんで暖を取り、一応雨具装着。走り出して、彦根手前で雨が上がり、しかも路面は乾いているので、一回立ち止まり、雨具片づけ。

 彦根に入り、寄り道。
12946333_2287943437_7large.jpg
 先日、彦根歴史ポタ主催頂いた侍サイクルさんへ。

 しばし、雑談。
 KUWAHARA100周年の記念パイントカップ入荷したそうで、早速KUWAHARAの自転車ユーザが買われていったそうで、KUWAHARAユーザ2人目の到着とのこと。パイントカップは嵩張るので、今日は買わずに、今回はヒラメポンプヘッドを購入(携帯ポンプに挿げ替えたヒラメが走行中の振動で分解してしまってましたorz...)。近郊に行く際はパイントカップ買いますね〜。

 先日は侍サイクルさんから湖北湖西と琵琶湖半周。今回は湖東を南に向かいます。併せて琵琶湖一周になるなぁと思いつつ、湖岸道路を進みます。南へ向かうと怪しい雲行ながらもなんとかパラパラはあれど大きくは雨に降られず無事に瀬田まで到着。大津入ってからの渋滞には辟易しましたが。瀬田川沿いに宇治まで駆け抜けて無事にPC7セブンイレブン久御山市田店(569.4km地点)に17:04到着。 

8.PC7〜GOAL

 残り30km、最後の補給、ホットドッグをコーラで流し込みます。
 淀へ出てから171号へ。

 高槻手前で再び雨に。本降りでずぶ濡れになるも、気温はまだそんなに低くないのでこのまま進みます。
 夕方薄暮の時間帯で雨。171号は正直走り辛かったですね。ただ、迂回ルートで西国街道も推奨されていたんですが、細かくて面倒だったのと、ルートを171版しか入れてなかったのでそのまま171で走り切りました。西国街道いった人いわく、そちらはそちらで大変走りにくかったとのことでした。

 何とか19時ちょっと前にGOALファミリーマート箕面市役所前店(601.9km地点)に到着。

 ミントチョコアイスかって最後のレシートゲットです。時間は18:56と言うことで36時間56分。自分としては初めての600kmで36時間台ゴールとなりました。

9.GOAL〜帰宅

 ゴール地点から3.8km離れたゴール受付へ移動。
 これがまた場所が分かりにくくてしばらくうろうろ。

 一方通行の旧街道を見逃していてようやく無事に受付到着。
 無事に600km完走認定頂きました。

 3年連続SR達成。

 今回のコースは初めての600km向きのコースと言うことで難易度は低く走りやすく(最後の171除く)とてもよかったうえに、お題の通りに、見どころもたくさんあり、なかなか楽しめました。

 おうちまで12km自走して無事帰宅。
 お風呂入って洗濯すまして泥のように眠りました。

 これでしばらくブルベはお休み。
 しばらくはサイクリングメインで。何とか秋のオダックス近畿15周年の1000kmには参加したいかな。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
スポンサーサイト

BRM428神戸300kmGranfondo Stage.2 雪彦山・砥峰 gaap参戦記

 懲りずに神戸Granfondo Stage.2 雪彦山・砥峰に挑戦してまいりました。

0.スタートまで

 今回は、王滝用gaapにフラットタイヤ履かせて行くかと考えていたのですが、整備しだすと洗車はシッカリした筈なのに、昨年の王滝の泥が落ち切ってなくて、BB外すとまだ砂状の泥が残っている状態で。。。結局、間に合わず、通常の通勤マシンのgaapで参加することに。
 やはり、王滝行った後は完バラシでオーバーホールする必要がありますね。この連休に整備しておかないと。

 ということで、gaapは先日のGSR-CUP仕様の痛ホイールカバーのままで、重量級gaapで山岳ブルべにチャレンジすることになりました。

 せめてもの軽量化ということで、荷物関係は最小限度に。
 タイヤレバー、携帯工具にチューブ、超軽量輪行袋をフードポーチに一個に詰めて、後は背中のポッケに補給食詰めていくことに。
12946333_2284762709_203large.jpg
12946333_2284762710_125large.jpg
 リアバッグはなしで。

 当日は5時に起きて自走で神戸HATなぎさ公園へ。
12946333_2284762697_156large.jpg
 皆様方にご挨拶。

 ブリーフィングを経て、スタートとあいなりました。


1.スタート~PC1

 最初はのっけから再度山ヒルクライム。
 全然ヒルクライムしてないからツライ。しかも、ギア比がツライ。しかも、マシンが重い。

 ということで、早々に全員に追い抜かれ、最後尾に。
 何とか上って、最初のフォトチェックで。
12946333_2284762696_11large.jpg
 降り出すとおり返してくる参加者。写真撮り忘れったって。今回初めての参加で、緊張しているようで、ボトルも忘れてたし、大丈夫だったのかな?

 後は姫路までえっちらおちっら。途中、お腹痛くて、コンビニはいるも、手洗いかが全然開かない、焦ってノックするも、全然出てこなくて、仕方なく、我慢しつつ先のコンビニ探して、何とかセーフ。ここで結構待ち時間含めて時間食っちゃいました。
 姫路市街地に入る前にコンビニ休憩中にたくさんの7:30スタート組に追い抜かれる始末。

 何故か軽トラの荷台でランドセル背負ってるワンちゃんが。
12946333_2284762716_158large.jpg
 姫路市街地を通過手前でW島さんとはるさんに追いつかれました。。

 姫路城通過。
12946333_2284762718_119large.jpg
 謎の駄菓子屋。
12946333_2284762715_155large.jpg
 姫路城から先は快適にトレインのって無事に PC1ローソン夢前塩田温泉店(79.9km地点)に11時頃到着。

2.PC1~

 この先、補給箇所が少ないと聞いているので、たっぷり目に補給。
 大盛ペペロンチーノにホットドッグ、ジェリー系補給食にリンゴジュース。
 加えて背中ポッケにアクエリアスのペットボトル1本追加で。

 ここはイートインがあり、先日の神戸200kmのときにPC1で低体温で蒼白になっていた若者に再開。あの後、スマホ水没で連絡取れず、頑張って輪行で帰ったらしい。それにも懲りずに再び参加とは見上げたもんです。

 補給を終えて雪彦山目指して進軍です。

 10kmほどなだらかな道を行って、いよいよ林道方面へ。
 道が狭くなり結構な斜度のところも。
12946333_2284762712_82large.jpg
12946333_2284762713_43large.jpg
 標高800m地点を目指してちんたら登っていきますが、平地用にセッティングしてあるgaapではツライ。リアは内装HUBだから外装換算9-47tのワイドレンジではあるものの、フロントが大径56tではやや重め。
 ヒイヒイ言いながらなんとか最初の天辺に到着。
12946333_2284762694_27large.jpg
12946333_2284762711_7large.jpg
 この先このぐらいが道が延々続くかと思うと既にうんざり。まぁ、林道なんで先へ行くしかエスケープできないし、進軍開始。

 ちなみに林道だから、道は悪い、何か所か舗装がないところや、グレーチングが微妙なとこがあり、下りは嫌だなぁと。
 で、ちょっと下ったところで、グレーチング縁のところで荒れた場所があり、避けたつもりが、後輪がそこにあたり、パン!と一気にパンク。
 やれやれということで、チューブ交換。
 空気入れようよして、バルブヘッドに携帯ポンプ押し付けてると、パキっていって、携帯ポンプの先っちょがポロリ。。。
 え????まじで。
12946333_2284762692_91large.jpg
12946333_2284762706_85large.jpg
 途方に暮れてしまいました。

 後続車に空気入れさせてもらっても、この先、ポンプなしで進むのはマズいのでDNFを決断。

 ロードサービスにて撤退しました。来た道を下っていきましたが、下り側に標識が立っていて、斜度は14%とかの看板があちこちに。エライとこ登ってきたんやなぁったしみじみ。

 帰りは福崎駅から輪行で。
12946333_2284762690_240large.jpg
12946333_2284762691_156large.jpg
 持ってってよかった輪行袋。
 @ab_pekoさん謹製ので、小さくてフードポーチに収まるサイズでこう言った緊急時に助かります。
12946333_2284762685_1large.jpg
12946333_2284764612_119large.jpg
12946333_2284762687_11large.jpg
 深夜帰宅のはずが、早々に晩ごはんの時間に帰宅。

 あっさり終わってしまいました。

 次はグランフォンドKOMOROで、また登りばかりとなります。

 ちなみに携帯ポンプはポンプヘッドをヒラメに換装してみました。これで安心。
12946333_2284762704_124large.jpg
 ドライヤーでホースとヒラメ本体を温めてから押し込んで、二段目まで入ったから大丈夫かと思うけど、一応、セットのホースバンドで締めこんで安心。
12946333_2284762699_195large.jpg


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM407川西200km 事故DNF! gaap参戦記

 神戸300,神戸200に続く、ご近所ブルベ第三弾、BRM407川西200kmに参加してきました。

0.スタートまで

 天気予報は当初雨予報だったが、前日段階では曇り予報。降水確率も20%以下。雨具はこの時点で荷物から削除。200kmだし、今回も最低限の荷物で行くことに。チューブ二本にタイヤレバー、携帯工具、タイヤパッチにタイヤブート。それと非常時の@ab_pekoさんの超軽量量輪行袋をAPIDURAフードポーチにいれて準備完了。

 天気は良いが気温はあまり上がらないようなので、ノースリーブの保温シャツ(背中放熱メッシュ)にろんぐらいだぁす!冬ジャージのセットで行くことに。

 当日は5:30起床の6:00出発。スタート地点まで自走で。

 ちょうどドラゴンランド出入り口にて、京都主催者さんが珍しくロードバイクのってブルベ仕様で居てはってご挨拶。フル装備の自転車装束の京都主催者さんを見たのは昨年の415の枚方600km試走時以来。レアですよね〜。今から次週の渦潮の試走とのこと。通り道だから覗きに来たそうです。試走お気をつけて〜。
12946333_2283160734_63large.jpg
12946333_2283160684_64large.jpg
 スタート受付済ませてご挨拶等々してると、これまたレアキャラの神戸主催者さんが。オダ近ピンバッジの補充を持ってきてくれたそうです。
 ビスコと補給食いただきました。
12946333_2283160685_36large.jpg
 ブルべカードも丁寧に袋入り。
12946333_2283160689_247large.jpg
 で、ブリーフィングを済ませ出発。
12946333_2283160732_134large.jpg
12946333_2283160730_130large.jpg

1.スタート〜PC1

 このコースは2回目だし、序盤は他のブルベでも走っているので、快調に。身体も暖まったころにちょうど西峠。標高468mまで上がります。
12946333_2283160727_68large.jpg
12946333_2283160665_217large.jpg 
 これで今回のブルベの最高峰はクリア。あと、すぐに登りかえして城東トンネル(標高407m)をクリアしたら大体OKな感じ。
12946333_2283160683_82large.jpg
12946333_2283160720_71large.jpg
12946333_2283160719_93large.jpg
 恐竜の里へ入り。
12946333_2283160717_147large.jpg
 途中、昨年のトライアルで通過チェックだった恐竜像でパチリ。
12946333_2283160716_184large.jpg
 あとはひたすら西進。向かい風きつっ!!

 結構脚をつかってPC1ローソン丹波市山南町奥店(67.7km地点)には11:00前に到着。
12946333_2283160681_247large.jpg
 3時間で70km弱。まぁまぁいいペース。

2.PC2〜PC3

 お昼には早いので次のPC付近で飲食店があればと思い、ドリンク補充だけで出発。
 北へ方向を転じたのに向かい風。。。。

 平地巡航メータ読み25km/hを維持するもきつくなってくる。距離は22.8kmなんで1時間ほどでPC2ローソン青垣町小倉店(90.5km地点)に12時過ぎに到着。
12946333_2283160680_30large.jpg

3.PC3〜PC4

 お食事処に寄れなかったのでコンビニ飯にて補充。
 軽めにして福知山で食べるのも考えたけど、この先の酷道を急ぐのも嫌なのでここで済ませて出発。

 最初は普通の3ケタ国道。。。
12946333_2283160715_25large.jpg
12946333_2283160713_32large.jpg
12946333_2283160712_239large.jpg
ここで「うん?んんん?」ってなって。
12946333_2283160707_14large.jpg
 高速道路手前で脇に入ると一変して酷道へ。
12946333_2283160703_46large.jpg
12946333_2283160701_224large.jpg
12946333_2283160701_224large.jpg
 ただ斜度は無いのでえんやこらと淡々と登る。対向車と後続車がきて、ここも車が走るんだと驚くも、抜ける道が無いから仕方ないのねなどと思いつつ、福知山との境目の榎峠へ。
12946333_2283160700_202large.jpg
12946333_2283160678_85large.jpg
軽く下ったらふつーの道に戻るので頑張ってみる。

 福知山城で写真を。
12946333_2283160698_75large.jpg
12946333_2283160697_74large.jpg
 ここで、止まる際に、何気にリアブレーキをギュッと握ってしまい、タイヤを雨でたまった路肩の砂利の上で滑らせてします。で、タイヤのゴム面がパリッと剥がれてトレッド面が剥き出しに。
 やべぇ、あと100km持つかなぁ。。。

 タイヤブートもあるし、ここで輪行して帰るのは楽やけど、諦め悪く先へ。

 何台かのロードバイクの方々に追いつかれて暫く平坦路を先頭牽かせてもらいます。
 福知山入ってからは追い風ヤッホー状態なんで絶好調で走っていきます。

 気が付くと列車が崩れて後続は二人だけ。

 まぁ、ブルベだしみなさん自分のペースもあるだろうから、そのまま待たずに進んでPC3ローソン京丹波升谷店(143.2km地点)に15時前に到着。
12946333_2283160676_71large.jpg

4.PC3以降

 次は通過チェックは30km先、残り60kmだし、ドリンク補給だけで出発。
 PC3手前から降り出した雨は本降りに。天気予報に騙されたかと。。。
 雨雲レーダー見せてもらうと、狭い範囲の雨雲と同じペースで進んでいるみたい。。。
 
 まだまだ余力はあったので、いいペースで進んで行くも体はずぶ濡れ。
 中山峠越えて通過チェックへ。

 通過チェックでアイス最中とドリンク補給して残り30kmを急ぎます。

 これはちょうど10時間切るくらいのペースだなぁと、最後のひいらぎ峠を登り切った瞬間「ぱーん!」ってパンク。

 案の定、タイヤ擦ったところでパンク。タイヤブート貼り付けてチューブ交換。
12946333_2283160696_217large.jpg
 府境でパンク修理して。
 ここから先は市街地まで下りなんで再びペースを取り戻して進みます。

 一庫ダムを抜けてR173へ。夕方の時間帯に差し掛かり、道は混雑中。

 気を付けながら進んでいたのですが、ホームセンターからいきなり出てきた軽トラ(軽ワゴン?後ろ小さい荷台の車)を避けきれず、軽トラの左角に脇腹を痛打、自転車ごと吹っ飛ばされて隣車線まで。右足を下敷きに落車して、あ、ヤバいと。後続車も来てるので、慌てて、gaapを引きずって、歩道まで逃げる。

 事故に会いました。ここで今回のブルベ終了。。。。


5.事故後

 歩道にて、gaapを立て掛け、ガードレールにもたれ掛る。

 脇腹に激痛。息が詰まる。

 即110番。

 警察に場所を聞かれる。国道沿いのホームセンター。他の目印は、店名が分からない。えーと、なんか立札が、「三ツ矢サイダー発祥の地」と。それを伝えたらわかってもらえたようですぐに向かうとのこと。救急車は必要ですか?と聞かれたけど、今の段階でどのくらい痛いのか自分でもわからないと伝えました。必要なら自分で呼んでください!警察は今すぐ向かうので10分ほど待ってと。

 保険会社にも事故の一報。

 事故報告中に警察が来てくれて、保護されました。
 雨がしとしと降る中だったので、パトカーに。

 やはり脇腹が痛い。動けない。警察が救急手配をしてくれました。

 パトカーで待機中に主催者さんに電話してDNF連絡。
 ここでBRM407川西200kmは残り3〜4キロを残して終了・・・・。

 とりあえず、心配は自転車。
 放置するわけにも行かず、救急隊員がきて、自転車も病院まで運ぼうか?とも言ってくれたんですが、警察が、現場検証に預からせてとのことなので、お願いして、最悪はホームセンターに地球ロックを依頼。

 人生初救急車。
12946333_2283160672_97large.jpg
 運び込まれるも、担架に腰かけてから、寝転んでと言われると激痛で寝ころべない。
 支えてもらって何とか寝そべって、痛いところのチェック。

 左肩、左腕、左小指と薬指の痛み。指は根元が腫れ上がり大変なことに。
12946333_2283160670_56large.jpg
 次に靴脱いで足のチェック。右脚脛を触られて瞬間、自分でもびっくりするくらいの悲鳴。
 何事?っと思うと、右脛、弁慶の泣き所がCW-X越しでも分かるくらい腫れて膨らんでる。

 救急隊員が、切っていい?って言われて、止めて!これ結構なお値段するねん。痛いの我慢しながら、救急隊員に補助してもらって全裸プレイ。。。レーパン下はノーパンなのがここにきて改めて恥ずかしい。

 脱いだら、右脛は出血あるが開放性骨折はないけど、腓骨は折れてるかもって。
12946333_2283160669_224large.jpg
 脇腹は肋骨逝ってるかもって。
 帰って反射ベスト見たら脇腹に衝突痕がくっきり。
12946333_2283160667_35large.jpg
 受け入れ先が見つかったので、そのまま病院へ。

 全裸でベッドへ移り、紙おむつとパジャマ借りてしばらく待機。
 救急隊員さんにお礼を言って、病院に引き継がれました。

 病院ではレントゲンとCT撮影。

 結局、指、肩、右脛は打撲はあれど骨折は無。
 ただ、肋骨は6番、7番折れてるとのこと。
 
 指は腫れがひどいので添え木(添え鉄?)で固定。
 肋骨は、太いマジックテープ付のバンドで固定してとりあえず一息つきました。

 警察に連絡取ってみたところ、gaapは回収してもらい、警察署に保管していただいているとのことなので、警察へ向かうことに。よぼよぼですが、駅まで歩いて電車乗って警察まで。

 無事に自転車引き取って、いろいろ聞かれて終了。
 捜査担当の方は自転車通勤されている方で理解があって話早かったです。

 さて、どうやって帰るかということで、保険のロードサービスを利用して帰宅。

 家族に心配かけてしまいましたが、何とか帰宅。

 しばらくおとなしくしてますね。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM331倉敷400㎞さよなら三江線 gaap参戦記

3月最終日、JR三江線最後の日、倉敷発のBRM331倉敷400㎞さよなら三江線に参加し、三江線の最後を見届けてきました。

0.スタートまで

 急に暖かくなり、桜がこの週末で満開となりそうで、ここは家族とお花見に行くべきかだいぶ悩んで出走するとの判断は前日。
 慌てて用意です。
 天気は好天。但し気温が22度から0度までと寒暖差20度はあるとの予報、ウェアーの選択に悩みます。
 冬ジャージにノースリーブのインナーで行くか、冬インナーで春ジャージで行くか。 今年の取り組みはリアバッグなしで最小限荷物でどこまで行けるかなんで、ここは悩みどころ。
 結論は、ノースリーブの表厚地に裏メッシュの春用体幹を冷やさないアンダーに、冬ジャージ、手袋は指ぬきに、春用薄手の指ありの二枚重ね。
 足元はシューズカバー装備。これは耐寒というより安全装備。シールスキンズのネオプレーン素地のシューズカバーですが踵にLedライトが装備できる優れもの。 あとは薄手のウインドブレーカーを背中ぽっけに。
 ろんぐらいだぁす!反射ベストを装備。
 服装はこんなもん。
 装備はAPIDURAフードポーチをステム左右に装備。
 携帯工具とチューブ4本、補給食入れて、リアサドルにL100軽量輪行袋装備で。 スタートが8:00なので4:30起きで始発にて輪行移動。
 7:08新倉敷着 北口へ降りていくとすでに参加の皆様方が。
 皆の注視の中、輪行解除。こっぱずかしい。
 S井さんにご挨拶してると、マヤさん登場。遠いところ、ご苦労様です。 主催者さんに電話あり、某女史がスタート地点間違えて倉敷駅にいるらしい。。。
 後に聞くところによるとY田さんも倉敷駅にいたらしいww
12946333_2282461271_182large.jpg
12946333_2282461269_117large.jpg
 ブリーフィングから車検をしてへて8:00組スタートと。

1.スタートからPC1

 スタートしてしばらくはちょっとアップダウンのある農道。我慢の子で乗り切り、蛸村峠乗り越えて平地区間へ。
12946333_2282461268_33large.jpg
 謎の嫁いらず観音。
12946333_2282461267_201large.jpg
 広島県突入。
 早々に通過チェックセブンイレブン神辺上御領店(33.6km地点)に9:30頃到着。まぁまぁ、いいペース。帰り道はここが最終PCとなるので記憶と。ここでは序盤だけど一応補給。サイダーにホットドッグにから揚げ棒。序盤に食べれる油ものをしっかり食べておく。
 休憩には早いので早々に次に進みます。
 じわじわ上って標高408m。一瞬下って、上り返して上下の街に入ってPC1セブンイレブン府中上下店(78.1km地点)に12:00頃に到着。

2.PC1~PC2

 おにぎり2個に唐揚げでお昼ご飯。
 今回、札入れの長財布忘れて手持ち現金3千円のピンチ。
 グルメはあきらめ、ICOOAチャージの電子マネーで乗り切ることとなりました。。。 地図上でルート確認すると、上下の街は旧道を往きは通り帰りは新道側らしい。
 12946333_2282461255_173large.jpg
12946333_2282461253_206large.jpg
12946333_2282461246_143large.jpg
 なんでかなぁと思うと、旧道に入って納得、旧道側は宿場町の街並み保存されておりきれいなもので、昼間ならこっち通らんとということでコース設計の主催者の心意気にちょっと嬉しくもなりますね。
 上下の町を出るところ。分かれってブランチなの?
12946333_2282461245_187large.jpg
 ダーッと下って、一回上り返して尾道自動車道をくぐって、三良坂の街境で上ってからは一気に三次の市街地。
 三江線の始発駅三次駅のロータリーをかすめてPC2ファミリーマート三次市役所前店(111.6km地点)に13:40に到着。

3.PC2からPC3

 ドリンク補給と暑いのでガリガリ君補給。
 温泉まんじゅう味!!
12946333_2282461338_57large.jpg
12946333_2282461336_217large.jpg
 三江線沿いに進んでいきます。
12946333_2282461229_29large.jpg
12946333_2282461226_217large.jpg
 線路沿いの道なんでなかなか細くて走りにくい。しかも三江線最終日なんで意外と人出が多い。
 車すれ違いの出来ない箇所が多くて、「対向車来ます」センサーがあちこちに。
 しかも走行中レベル4の落石注意の看板があちこちに。
12946333_2282461205_122large.jpg
 何時ぐらいに車両が通るのだろうかと気にしながら走っていると、手を振るスーツ姿の怪しい人影。
 主催者さんでした(^^;)
 シークレットということでブルベカードにハンコ頂き、ついでに差し入れのもみじ饅頭頂きました。
12946333_2282461219_186large.jpg
 ゴール時間は9時頃予定で10時には電車乗って帰りたいとお伝え。 
 雑談しているうちに、この先10分程度で三江線が通過とのことなんで出発して、撮影スポットで待機。
 最寄りの駅ではイベント開催。多くの人で賑わっていました。なぜか甲冑姿で法螺貝が聞こえましたが。
12946333_2282461218_124large.jpg
 三江線の列車の雄姿を記念に納めてきました。
12946333_2282461208_191large.jpg
12946333_2282461210_250large.jpg
12946333_2282461326_92large.jpg
12946333_2282461315_97large.jpg
 江津へ向かう列車を見送ってから再び線路沿いに。130km地点くらいから線路外れて軽く登って島根県へ突入。
12946333_2282461204_77large.jpg
 降って、再び三江線口羽駅付近へ。この時点でまだ余裕時間の判断がつかなったので先へ進み、再び三江線から離れます。 145km地点で一旦ストップ。時間貯金は2時間。
 ここからは3.2km寄り道、往復6.4km。一時間あれば戻ってこれるとの判断から、県道292号にて一路宇都井駅を目指します。
 軽く登って、下り始めて、あれ、結構な勢いで降っていくぞ、これ?戻るのやばくないと考え始めるころにはスピードついてもう遅い。。。
 相当降って、天空の駅、宇都井駅到着。 
12946333_2282461193_179large.jpg
 まずはホームへ続く階段へ。
12946333_2282461190_237large.jpg
12946333_2282461312_228large.jpg
12946333_2282461310_115large.jpg
 一気に階段駆け上がって、記念撮影。
12946333_2282461304_235large.jpg
 とってくれたおじさんありがとう!
12946333_2282461284_108large.jpg
12946333_2282461282_196large.jpg
 記念にノートに一筆と思いましたが、鉄オタ的な人達が黙々と複数のノート占有して書き綴っているので割り込めず断念。。。 時間もあれやし、早期撤退。
 降りると駅の下はいろんな出店が。
12946333_2282461187_215large.jpg
 トミーテックさんはジオラマ持ち込んで本格的でして、なにかエライ人が来てるとかで現場の営業さんが大騒ぎして張りました。
 しかしながら来ていて良かった宇都井駅。
 この先、観光資源として地元に譲歩されるようなのですが、維持管理含めて方針が決まっておらず、立ち入りが出来るかは未定とのことで、4月1日以降、駅構内(階段から先)は登れないんだって。ラストチャンスにホームまで上がってよかったです。
 で、元のルートに戻ると。
 激坂。。。内装ローギア一杯まで初めて使いました。 ヘロヘロになって、元のコース復帰。
 ロスは一時間くらい。
 157km地点の峠を越えて、一気に下ってPC3ローソン・ポプラ川本因原(171.7km地点)に17:40に到着しました。

4.PC3~PC4

 ここでは塩おにぎりとホットドッグ補給。
 マヤさん、到着。
 ここまでの長い下りで、帰り道、これ登るのもういや!って言って江津でDNFするって。。。標高は300mくらいで大したことないけど、距離15kmだらだら上るかと思うとまぁ、気持ちは分かりますが。
 次は江津まで。
 この先の江の川の桜が綺麗で写真納めたりいてるうちに余分に時間を食っちゃいました。
12946333_2282461183_185large.jpg
12946333_2282461367_103large.jpg
 列車にはどこで遭遇するか分からないので先へ急ぎます。
 180km地点で反射ベストの方が。おそらくは先頭とすれ違い、ということは40km差。
 はえーと思いながらもこちらも急ぎます。

 大きな道を外れ三江線沿いに、日も暮れて真っ暗ですが、写真スポットらしきところには撮り鉄の方々が。
 スタンバイし始めている方もいてて、そろそろ来るかなと思って走り続けていると汽笛の音が。
 待ち構えていると列車がやってきます。
12946333_2282461364_148large.jpg
12946333_2282461361_240large.jpg
 見届けつつ、見送ってから、江津へ向かいます。

 PC4折り返し、ローソン江津嘉久志町店(202.6km)移転には19:15頃到着。

5.PC4~PC5

 デニッシュパンとカップヌードルごはんで補給して、江津駅へ。
 列車はこの後、21時の最終の入線のみですが、最後を見届けに来たお客さんでにぎわってました。
12946333_2282461357_99large.jpg
12946333_2282461355_172large.jpg
12946333_2282461352_25large.jpg
12946333_2282461353_135large.jpg
 駅を見届けてから、出発。

 再び来た道を戻ります。

 折り返しなので9時スタート組とすれ違いながら暗い夜道をえんやこら。
 登りでウンショと言ってるときに多分マヤさんとすれ違い。江津で無事に帰路につけたのでしょうか?

 細い三江線沿いの道から国道に戻ってペースアップ。
 
 三江線とは江の川を挟んで対岸に。
 暗闇の中、走っていると汽笛が。

 最終列車が江の川向こうを走っているようです。
 姿を観る事はできませんでしたが、最後に汽笛が聴けて大満足。

 再び、PC5ローソン・ポプラ川本因原(233.5km地点)に21:15頃到着。

6.PC5~PC6

 暖かい系の補給をしたくて、ナンロール丸ごとフランクを温めてもらい補給。
 ではここから15kmほどだらだら登るかと観念して出発。

 この区間、行きと同様、60km無補給区間なので、持参の補給ジェルを3個活用しつつ登っていきます。
 ただし、行きと違って三江線最終の後なので三江線沿いを通る必要はなく、最初の15kmの登りを我慢したらあとは道路幅もあり整備されたR54で峠一本少なく、平たん路を一気に駆け抜けれます。
12946333_2282461343_149large.jpg
 広島県に突入して、再びPC6ファミリーマート三次市役所前店(292.3km地点)に日付も変わって4/1の0:30過ぎに到着しました。

7.PC6~PC7

 カレーメシのキーマカレー版で補給。
12946333_2282461278_169large.jpg
 ここのファミマは小さいながらもイートインがあり助かります。
 
 次の区間は三良坂の町境の峠と尾道自動車道のところの峠と2か所攻略。
 この辺りで大体ペース合うメンツ4人ぐらいでパックになって進みます。

 上下の街に入って、ようやくPC7セブンイレブン府中上下店(325.8km地点)に3:00前に到着しました。

8.PC7~PC8

 補給的には足りてるのでブドウ糖補給にラムネ菓子をポリポリ。
 あまりに寒いのでウインドブレーカーを装着。
 この時点で、気温は4度くらい。

 完全にウェアーの選択間違えました。

 缶コーヒーで身体温めてから出発。

 この先一回、上下の町境まで登ってから降っていくのですが、登りで身体が温まったせいか、下りに入ったら急に眠気が。
 ヤバいヤバいと思いながらも睡魔は止めれず。下りで結構な速度域の中、後続3名を巻き込んで自爆するわけにもいかん。

 どこかで身体冷やさず休めるところって走ってると、明かりが。
 皆には先を譲り、コイン精米へ入り15分だけ横になって仮眠(よい子はまねしちゃいけないよ)。
 
 ちょっとマイクロスリープに入れたのか、眠気は少し取れて、先へ進みます。

 グダグダになりながらも最終PC8セブンイレブン神辺上御領店(370.3km地点)に5:30過ぎに到着。

9.PC8~GOAL

 残り34km。ドーナツとコーラで補給。眠気覚ましに飴ちゃんかって出発。
 最後の行程は農道のアップダウンが最後に合って辛いよって主催者の弁。
 行きしにそうでもなかったけど帰り道は脚が売り切れてるから辛いかな?などと思いつつ走っていきます。

 蛸村峠を越えて農道に入って、アップダウン。身構えていたので何となくクリアー。

 このペースだと23時間台でゴールできるかと思って、最後GPSの残り距離表示とにらめっこしながら進みます。
 一緒にパックで走ってきた地元組と四国組がコンビニに吸い込まれていきましたが、こちらはもう残り10kmないし先へ。
 最後の阿南トンネルの登りをクリアして、ゴール地点へ。

 無事にゴール地点セントイン倉敷(404.4km地点)に7:38到着。
 ちょうど、外に主催者さんがいてくれたので、ゴール受付して23:38で完走となりました。

 オダ近ピンバッジ400kmも無事ゲット。
12946333_2282461275_128large.jpg
 これで残るは200kmと600km、1000kmを残すのみ。
 近畿SRにはまだ200,600が残ってますが、SRには残り600kmのみとリーチかかりました。

 今回はコース的には楽なコースで楽しく苦手な400km走れました。
 しかも三江線ファイナルというイベント付きで。

 今回のコース組んでくれた主催者さんに感謝感謝です。

 ご一緒した皆様もありがとうございました。

 帰り道、神座のラーメンで塩分等補給して帰宅。
12946333_2282461273_149large.jpg
 ここでお店にお土産忘れてしまって、後でもう一回行ったのは内緒だ!(お店の方、有難うございましたm(__)m)。
 
 では、次回は川西200と渦潮300と続けていきますよ。 

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM321神戸200km Granfondo Stage.1 gaap参戦記

ご近所出発ブルベの第二弾、BRM321神戸200km Granfondo Stage.1北摂・六甲に参加してきました。

お題の通り、神戸発のグランフォンドシリーズ第一弾、200kmなのに獲得標高4000mを超えるとんでもないコースですが、ご近所ブルベなので出走せざる得ないという事で、DNF覚悟のご記念受験ならぬご記念出走と相成りました。

しかし、天気予報が無慈悲にも当日、全てのエリアにおいて降水確率90%の雨天予報。気温も10度まで上がらず最低気温は2度程度。標高高いところは0度程度の予想、厳しい戦いになるなぁと。

0.スタートまで

 今回は、山岳ブルベということで、ここ最近メイン車両としているローロフ内装14段のgaapでなく、外装でカーボンフォークを付けた軽量化したレース用gaapでの出走としました。

 山岳対応にフロントは52-39-30のトリプルを実装。リアは12-30tの乙女ギアを実装。
 バッグ類もすべて外し、フードポーチにチューブ一本、ツール、タイヤレバー、@ab_pekoさんの超軽量輪行袋のみもっていくことに。

 服装は冬用上下に雨具は無し!!

 濡れても芯まで冷えなければ大丈夫との判断で、上はガールズ&パンツェーのウインタージャケット(これが、実は 耐水圧:10000mmの高機能ウェア)にインナーにファイントラックのレイヤー1長袖にアンダーアーマーのアンダーアーマー コールドギアを装備。
 下はメリノウールのウインターソックスにCW-Xの冬用防風モデルにビブタイツで。ネオプレーンのシューズカバー装備。
 手袋は防寒テムレスを装備。

 あと、上下サイクルジャージには、装甲騎兵ボトムズAT09スコープドッグレッドショルダーを着込んで出撃。

 少しでも濡れたくはなかったので、輪行で灘駅からスタート地点に。

 スタート地点着くと、「ほんとに来はったんや!」とお褒めの言葉をいただく。
 7:00スタートー組は8人のみ出走。
 7:30組もちらほらしかいない模様。

 昨晩のうちに主催者にDNSメールがスパムメールのように届きまくっていたらしい。

 まぁ、すでに土砂降りの雨の中、走る方がどうかしている。
 集まったのは頭のネジがぶっ飛んだ方々のみなので、逆に主催者的には安心かもしれない。
 120名エントリーで最終的には32名が出走だったらしい。
 と、思いきや、ブリーフィングで初ブルベの方がいてたのがびっくり。神戸発着で200kmの言葉に惹かれて来たかも知れんけど、それは無謀では。。。

1.スタートからPC1

 ブリーフィングに車検を受け、出発。

 先ずは再度山へ。ダンシングでぐいぐい登っていくのは三船さん。もちろん付いていけるわけなので自分のペースで登っていきます。
 最初はえげつない斜度。
12946333_2281864231_194large.jpg
 途中も結構キツイ。
12946333_2281864232_240large.jpg
 でもまぁ、冷えた身体温めるのにちょうどよい。ちょっと負荷大目に漕いで行って最初のチェックポイント再度公園入口にて写真。
12946333_2281769816_141large.jpg
 ここで気づいたのですが、荷物減らしすぎて防水カメラ忘れた。。。
 スマホ頼りになるので、浸水の憂き目に合わんように気を付けなければ。

 ちょびっと残りちょっとを登って標高437m地点、降りに入っていきます。
 下りはいるといきなり寒い。

 しかも、掌がなぜか冷たい。
 どうやら、防寒テムレスが浸水しているみたい。
 今までどんな雨でも一切の浸水が無かったのに、なぜ。しかも外側でなく手の平側。どうやら長年の仕様で掌側が摩耗して微小な穴が開いているみたい。
 そういえば最後に使ったの昨年11月の冬王滝。落車も数回してるし、穴開いていてもおかしくない。。。
 こうなるとテムレスはその耐水性能からえらいことに。中に入った水が抜けず、指先まで雨水でチャプチャプいう羽目に。

 信号とかで止まるたびに手を挙げると、水がドバっと流れ出てくる始末。

 次のPCでビニール手袋買うしかないかと諦めて、アップダウンを繰り返しながら最初のPCへ。

 PC1ローソン西脇高松店(51.5km地点)には10:30頃到着

2.PC1〜PC2

 運よくここのローソン、テムレスが売っていたので、インナー手袋とともに購入。
 寒さに負けぬよう肉まんとおにぎり、コーラで補給。

 手をよく乾かして、準備していると、若者が一人、ガタガタと歯を鳴らしながら震えている。
 大丈夫かと聞くと、低体温になってしまい、もうDNFするとのこと。
 帰りの手段はと聞くと、親御さんが近くに車で来ているとのことなのだが、あいにく、携帯が水没して連絡中に切れたらしい。居場所は伝えたので待っているらしいのだが、番号がわかるならかけてやると言ったが親御さんの携帯番号までは覚えてないらしい。とにかく、食べれるなら暖かいスープとか飲んで芯から暖めた方がいいよと助言しておいた。ローソンに何やら電話がかかってきたようだから、大丈夫だろうと判断して、こちらは出発させてもらった。

 ここから黒石ダムまでは緩やかな登り。
 淡々と登ってクリアして。通過チェック写真をおさめます。
12946333_2281769815_33large.jpg
 下ってこのままここから先はほぼ平地のサービスステージ。
 調子よく時間稼ぎに飛ばすも、じわじわと微妙な向かい風に体力を削られ、途中、古市でちょびっとコース外れて、ローソンで昼ごはん。カップヌードルご飯にデニッシュパン、チョコレートと大量にカロリー補給。

 この先篠山抜けて大体平地。カロリー補給したはずなのに脚が回らず。仕方なくアウタートップで漕いで行くも、山岳向けにF52t×R12tしたおかげで20インチタイヤでは速度が上がらず失速するだけ。うーん、どうも先日の大洗での献血道した影響か。負荷高めても、どうも力に繋がらず息切れしてしまう。中3日で血液量は回復しないなぁと実感した次第。

 出来うるだけの速度で何とか天引トンネル超えてるり渓入り口。
 ここからるり渓温泉まで登りだが、以前にロングテールで登り切ってる道だし、まぁ、そこそこでクリア。るり渓温泉にて通過チェック写真。
12946333_2281769814_25large.jpg
 ここからは高速ダウンヒルにて一気にPC2へ。

 PC2ファミリーマート能勢町栗栖店(127.6km地点)には15:30頃到着。

3.PC2〜PC3

 ここでは途中チェーン切れの方や、パンクでタイムオーバーの方も。
 自分も貯金30分ではこの先の大野山や六甲山は厳しい状態。DNFも頭をよぎり悶々。。。
 ここで曲がらずまっすぐ降れば一庫ダム抜けてそのまま川西に出て自走帰宅も簡単。

 だがW島さんが果敢にお先と進んで行くので、こちらも行くかぁ!となってリスタート。

 南山の府境超えて下って猪名川方面へ。天文台への登り開始の一方通行の斜度見て、ここで今回初めてフロントをインナーへ。アウター縛り解除でもくもく3km登ります。うーむ、道には落石が一杯で斜度もきつく、しっかりコントロールしないと後輪が滑りそう。必死に登って天文台へ。

 ここでフォトコントロールだったのが、スタッフでI上さんとM女史が待機してくれていて、有人チェックで。
12946333_2281769812_155large.jpg
12946333_2281769810_210large.jpg
 M女史、写真ありがとうございます!

 標高700mの寒く雨の中、待機してくれていて、ありがたいことです。
 正直、ここでタイムオーバーっぽいのでたぶんDNFするよって宣言しつつも、とりあえず降らないと帰れないので、リスタート。

 ここの下りがヤバかった。斜度もあり、ブレーキ握りっぱで降る羽目に。最後の方は握力尽きてきてホントコースアウトしそうで、へっぴり腰で下りでまったくスピード出せずに元のコースに復帰。PC3までは下り基調の平坦路なのでここはアウタートップでガシガシ漕いでクローズ2分前、18:00にPC3 ローソン 猪名川町川床店(158.1km地点)に到着。

4.PC3〜

 時間内にはPCに間に合ったが、補給してるうちに借金状態に。
 この先、山越えしてGOALに間に合う可能性は全くないのでとりあえず主催者さんに電話入れてDNF連絡。六甲山頂でGOAL待機は寒いとのこと。ホント、寒い時期の有人対応は大変です。主催にはホント頭が下がります。

 さて、ここからショートカットして川西方面に行くかとも思ったが、最寄までコース上で帰れるのでそのままコースをトレース。途中、新名神のとこで道間違えたけど、多少のアップダウンをクリアして宝塚の生瀬まで到着。

 ここまで来たらあと20kmやけど、流石にハニー坂に六甲山と登る気力はDNF宣言している以上なく、武庫川沿いにあっという間に進路転換。

 暖かいお風呂に突入したのであった。

 ということで200kmブルベでまさかのDNF、200kmでDNFしたのって昔、宇都宮の山岳シリーズで日光での200でのパンクでまさかのPC115分間に合わず以来かも。あの時ブルベ初めて2年目、あんまり成長してないってことですかね。山岳というか、登りがやはり弱い。しばらく週末は六甲山錬して鍛えないといけませんね。次のGranfondo Stage.2は300kmになってもっとヤバいコースみたいだし。頑張りましょう!

 ちなみに今日、気づいたのだが、サイコンとして使っている例のバルブ型パワーメータ―専用のサイコンがどうも浸水で壊れたようで。ボタン押して音はすれど、画面がつかない。。。しかも、テールライトに使っているウインカー機能付きテールランプ「nubeam」も水没死亡。。。雨ブルべは電子機器の耐久性も試す場になりますねぇ。。。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR