彦根歴史ポタリング 「侍サイクルさんプロデュース」

 お世話になっている侍サイクルさんが主催される「彦根歴史ポタリング」に行ってまいりました。

 侍サイクルさんは彦根の自転車屋さん。
 某ブルベでコース上に立地があり、開催お手伝い時に、シフトワイヤー切れのランドヌーズさんを駆け込み寺的に案内したことがご縁で何度か立ち寄らせていただいております。

 王滝でパンク中にお声かけして頂いたり、大阪市内の某自転車乗りの集う店にてご一緒したりとご縁ありと言うことで、たまたまの空き日程。彦根まで輪行して、たまにはゆっくりサイクリングとしゃれ込みました。

 先ずは輪行して彦根まで。新快速でばびゅーんと一気に。
 お店ついて、まずは前回王滝お疲れ様でしたと言うことで、ユウさん謹製の王滝本をお店の方に献本してまいりました。
12946333_2287264149_161large.jpg
12946333_2287266158_138large.jpg
12946333_2287264148_49large.jpg
 10:00スタートと言うことで、そろったメンバー見るとなぜか、前回小諸で見たメンバーだったり、大阪の某店で飲み食いしてるメンバーだったり偏ってるのは気のせいでしょうか(笑)。

 彦根の街は大昔デートで梅か桜を見に来た記憶はあるのですが、観光と言う観点で来たことはほとんどないなぁと。ブルベで通過して彦根城で写真と撮ったとかそんなんばかり。

 今回は彦根の歴史スポットを巡るということでのんびり観光してきました。

 近江の国は京に近いということもあり、彦根城を中心になかなか戦国時代以降の歴史舞台に立った街と言うこともあり、意外と面白いスポットがあり、店主の案内でなかなかふつーに観光しているだけでは観ることの出来ないスポットを案内いただけます。

 面白かったのは彦根城のお堀の話。
 琵琶湖とは微妙に距離有るので、お堀がまさか琵琶湖に接しているとは初めて知りました。
 琵琶湖側のお堀の水位が琵琶湖と同じということを知り、妙に納得。また、京の都の一大事には船(櫂で漕ぐ船!)で都に数時間で駆けつけ天皇陛下をお守りする任が彦根城主に合ったとか思いのほかディープな歴史も知ることが出来ました。

 他にも佐和山城に構えて石田光成との因縁とか、いろいろ見るところもあるなぁと。
12946333_2287264206_64large.jpg
12946333_2287264205_124large.jpg
12946333_2287264203_229large.jpg
12946333_2287264189_129large.jpg
12946333_2287264187_243large.jpg
12946333_2287264186_78large.jpg
12946333_2287264185_34large.jpg
12946333_2287264180_213large.jpg
12946333_2287264179_166large.jpg
12946333_2287264177_21large.jpg
12946333_2287264219_152large.jpg
12946333_2287264217_8large.jpg
12946333_2287264216_218large.jpg
12946333_2287264214_251large.jpg
12946333_2287264213_163large.jpg
12946333_2287264212_121large.jpg
12946333_2287264211_4large.jpg
12946333_2287264209_244large.jpg
12946333_2287264161_162large.jpg
 桜の季節にも有りだし、紅葉の季節に佐和山城跡もありだし、季節ごとに訪ねるのもまた良しかと再認識しました。
 サラダパン!初めて見ました、そして頂きました。
12946333_2287264159_140large.jpg
12946333_2287264158_59large.jpg

一部風変わりなものも。。。
12946333_2287264191_174large.jpg
12946333_2287264190_8large.jpg
銀行のATMコーナーです。

 お店の開店の12:00に再びお店に帰着。

12946333_2287264156_3large.jpg
12946333_2287264152_187large.jpg
12946333_2287264150_188large.jpg
 しばし、お店で歓談してからせっかく彦根まで来たので湖北めぐりに。

 琵琶湖を軽く走るかと言うことで、半周100kmほど、湖北経由で琵琶湖大橋袂の堅田までサイクリング。

 ビワイチの法則に従い、反時計まわりに湖岸を進みます。
 長浜でランチして、長浜城を通過。
12946333_2287264224_239large.jpg
 ちなみに長浜超えて、先へ進む行く場合は賤ヶ岳トンネルは行かない(危ないから)。
 ここは旧道の賤ヶ岳トンネルに向かいます。

 軽く登っていきますが途中でロード乗りの若者がチューブ交換中。
 問題ないか聞いたところ、予備チューブ一本しか持ってきていないとのこと。今日はビワイチするつもりだからちょっと不安と言うが、こちらはタイヤ径が違うので何ともできず。同行者が先行しているということで、赤いジャイアント乗りを見つけたらパンクで遅れてるのでと伝言を頼まれました。

 と言うことで旧賤ヶ岳トンネルを抜けて再び湖岸へ。
 奥琵琶湖パークウェイに行こうと思うと、一方通行、自転車もと言う看板が合って、ん?まだ規制掛かってるのか?と思いつつ、素直にR303の奥琵琶湖トンネルでショートカット。

 再び湖岸に出てマキノ方面へ。

 そういえば、赤いジャイアント乗りに会わないなぁ、他のルートは無いのにと思いつつ走ってると途中の東屋のベンチにローディーが。車体を見ると赤色。ようやく見つけました。

 声掛けして、お友達が旧賤ヶ岳トンネル手前でパンクして、チューブ交換ほぼ終わりかけてたから、しばらくしたら来ると思うと伝言。なお、予備チューブがもう無いって言ってたけど、この先マキノ方面に抜けるとサイクルステーションが何か所かあるから、そこならたぶんチューブの補充は出来るかもって一応お伝えしておきました。

 そういえば、道の駅しんあさひ風車村が改装していて。風車一台残して更地状態になっていました。ドリンク補充しようとしていたのでちょっと焦る。
 
 天気も良く、近江高島抜けて、大津市内に入りますが、ここで車の方が大渋滞。

 脇を抜けつつ、途中、白髭神社で写真。
12946333_2287264221_136large.jpg
12946333_2287264220_170large.jpg
12946333_2287266161_116large.jpg
 その先の7-11でドリンク補給。

 このあたりはどこもサイクルラックがあり便利ですが、流石に天気、気候のよいこの季節。どこも満員で恩恵には預かれず。込み合ってるので、サッサとアイス最中とドリンク補充して出発。

 渋滞の国道を外れ、ぐるっとびわ湖サイクルラインの標識見ながら空いた道でサーと抜けきって堅田駅到着。この先大津まで行った方が楽かな?と思いつつも、渋滞の国道を走るのは嫌なので輪行で撤退。

 片足だけ靴下で10m歩いて登り受付の信州青少年の家体育館へ到着。
12946333_2286020443_152large.jpg

 ゼッケンナンバー「0286」・・・「0285」じゃないんかよ!!!orz。。。
12946333_2286020395_199large.jpg
 受付を済ませて物販ブースへ。

 アルパカサイクルハンドタオルは売り切れorz。。。

 気を取り直して、AURORAさんブースで秋山殿ランニングTシャツゲット。

 三宅先生がサインしているのを発見して、早速、ポーチにサインを頂きました。
12946333_2286020431_189large - コピー
 久方ぶりの方々にご挨拶、たいてい、皆さま、一言目に「肋骨大丈夫?」でした(笑)
 事故から一か月、もう完治ですよぉ!
12946333_2286020457_43large.jpg
12946333_2286020414_106large.jpg
12946333_2286020412_38large.jpg
12946333_2286020415_14large.jpg
 東城咲耶子さんも登場したので、せっかくですので、ろんぐらいだぁす!オプションのTシャツにパカさんのサインも頂きました。
12946333_2286020467_117large.jpg
 ビンゴ大会では、サーバルちゃんTシャツゲット。
12946333_2286020442_36large.jpg
 前日祭を終えて、お宿へ。

 お宿は菱野温泉常盤館。
12946333_2286020405_58large.jpg
 お風呂がケーブルカーで上がるユニークな温泉。
12946333_2286020432_22large.jpg
12946333_2286020441_250large.jpg
12946333_2286020438_21large.jpg
12946333_2286020439_106large.jpg
12946333_2286020440_41large.jpg
12946333_2286020437_36large.jpg
12946333_2286020436_33large.jpg
 大変気持ちのいい湯を満喫。

 お部屋もいい景色で。
12946333_2286020404_37large.jpg
12946333_2286020403_100large.jpg
 風呂入ってさっぱりしてから、有志の前夜祭。
 山野草さんで満喫。
12946333_2286020429_224large.jpg
12946333_2286020462_53large.jpg
12946333_2286020426_184large.jpg
12946333_2286020463_163large.jpg
 イナゴの佃煮、ハチの子、肉!等々。

 いい塩梅でお宿に帰り、目覚ましセットして就寝。

1.グランフォンドKOMOROスタート〜軽井沢エイド

 5時に起きて5時半出発。2キロほど走ってスタート地点の信州青少年の家へ。
 小諸市長の開会宣言、三宅先生のあいさつの後、三宅先生を先頭にスタート。

 雨予報が降り出し予測が早まっていたので、ややペース上げ目で。12946333_2286020423_238large.jpg
 先頭集団に5キロほどで追いつくと、ちょうど三宅先生が集団から脱落したところ。
 先生にこのペースでは持たないですよと余計なお世話を。

 最初の軽井沢エイドにはあっという間に先頭集団のまま到着。

 先ずはたい焼き頂きました。
12946333_2286020422_10large.jpg
 直後に三宅先生も早々に到着。身体暖まったのでここからは自分のペースでいかれるとのこと。

2.軽井沢エイド〜北軽井沢エイド

 続いてここからは登りで峠の茶屋を目指します。

 登りは重量級のgaapではきつい。早々に遅れ始めて皆さんにおいて行かれます。
 ただし、珍しい自転車で登っているのでお声掛けたくさんいただきました。ありがとうございます。
12946333_2286020461_108large.jpg
12946333_2286020459_120large.jpg
 後ろから「ちょんぱぁ〜!」と、ニパ子ジャージにセミファットバイクの方に追い抜かれ様にお声掛け。
12946333_2286020421_205large.jpg
 グランフォンドだよ、山岳だよ。なのに、小径車にセミファット。ニパ子絡みは可笑しな人ばかりなの(笑)

 ひいこら言いながら登り切って、一気に下り。
 あっという間に北軽井沢エイド。

 バナナとエナジードリンク頂きました。
12946333_2286020420_174large.jpg
12946333_2286020418_223large.jpg

3.北軽井沢エイド〜嬬恋エイド

 北軽井沢を出てしばらくしたらなんとなく雨の予感。たまに肌に雨の感触。
 あれ、予報より早くね?

 などと言いながら、嬬恋目指してえっちらおっちら登ります。
 嬬恋エイドは東海大の研修センター。
12946333_2286020490_50large.jpg
 こちらではトン汁と筍ごはん頂きました。

 軽く補給が足りないので持参のジェルを追加投入して次へ向かいます。

4.嬬恋エイド〜湯の丸エイド  

 ここらで雨が本格的に降ってきます。
 愛妻の丘でふつーに土砂降りに。
12946333_2286020487_51large.jpg
12946333_2286020489_80large.jpg
12946333_2286020486_136large.jpg
 下り区間に入って路面も濡れてしまっているので跳ね上げでレーパンまでぐっしょり。

 しかし、この後、大ボスの地蔵峠なんで、汗かくと思い、特に着込みもせずに進みます。

 降り切ってから登り返して地蔵峠、湯の丸エイド目指します。
 標高1200mから1700mまで約8km、500m登りです。

 このあたりから他のグランフォンド参加者もちらほら。

 グランフォンド嬬恋、グランフォンド軽井沢の方々も一緒に登っていきます。

 途中、ゴッドハンドのニパ子(中の人代理)さんに遭遇。
 GSR-CUP以来です。

 この雨は静岡に行ってるニパ子のせいだと意気投合しながら登ります。

 途中、パンクしている方が目に入り、スタッフが駆け寄っています。

 どうも、携帯しているポンプでうまく空気が入らないみたい。

 気になって引き返して、ヒラメありますよとお声掛け。

 パンクしている方はヒラメの存在は知らなかったのですが、スタッフさんはそれは助かるということで、空気入れのお手伝い。携帯ポンプにヒラメの組み合わせで一気に空気入れていきますが、ふつーのロードタイヤは空気量も多い。小径車で普段している量のポンピングで疲れて、スタッフさんに交代。無事に7barまで入れれて、離脱。

 ちなみに参加者とスタッフさんはグランフォンド嬬恋の方でした。
 ニパ子ジャージでニパ子車で、なぜ嬬恋参加ですかって聞かれちゃいました。。。小諸からです。。。

 足も休まったので一気に峠のてっぺんまで。

 湯の丸エイドに到着。

 ここではカレー!
 スキー場のカレーってなぜかうまいですよね。
12946333_2286020485_205large.jpg
 レモンシャーベット!砂糖かけてお召し上がりくださいって書いていたけど酸味ほしくてそのまま。酸っぱかったけど美味しかったです。
12946333_2286020484_193large.jpg
 外に出て、甘酒!温まりました。
12946333_2286020482_24large.jpg
 で、ここで、初めてウインドブレーカ装備。
 ゼッケンが隠れてしまうので、あえてウインドブレーカを下に着て、ニパ子ジャージを上に着るスタイルで。

5.湯の丸エイド〜小諸エイド

 ここからは一気に下りです。雨も本降り。気を付けながらライディング。

 途中、何度かブレーキ休めピットがあり、スタッフさんがいるところがあり、ちょうどそこでボンって異音して。何事?
 ゆっくり速度落とすと、スタッフさんがボトル落ちたよって。助かりました。ありがとうございます。
 今回は暑くなるかもってマグネット吸着のコアラボトルをトップチューブに装備していたのですが、下りの振動で落っことしてしまいました。
 同じダブルボトル化は王滝では出来ないな。。。

 下り切って、雨も緩くなって、景色一望。

 ただ、この道昨年も走ったけど、道がガタガタで下りだからリム打ちしないか心配でゆっくり下りました。

 降り切って浅間サンライン入る手前で、またなんか落ちた音。携帯工具落としました。散らばってしまい、一番小さいヘックスだけ行方不明。。。

 気を取り直して浅間サンライン。

 菱野温泉の看板見て左折。ここからラスボス。
 薬師館までの登りに突入。

 いままでロー側ファイナルギアは使わずに来れましたが、流石に薬師館前の最後の激坂はファイナルギア(47t相当)投入。

 無事足つきなしで小諸エイド到着。
12946333_2286020481_4large.jpg
 小諸エイドでは、お稲荷さん、イチゴ、落雁頂きました。
12946333_2286020478_196large.jpg
12946333_2286020477_161large.jpg
12946333_2286020476_204large.jpg
12946333_2286020475_141large.jpg
12946333_2286020474_83large.jpg
 落雁は「小諸」の文字に「無」の文字入り。気付いたことを言うとスタッフのおねーさんからお褒めの言葉頂きました。
 ちなみに「無」の文字はこのあたりの武将さんの旗印だったそうです。

 ポンタ君にサバイバルニパ子号ハムハム事件起きるところでAURORAさんに助けていただきました。
12946333_2286020472_211large.jpg
12946333_2286020480_249large.jpg

6.小諸エイド〜GOAL

 最後は2キロ。朝も通った道なので一気にゴール。
 13時到着で、6時間で完走。
12946333_2286020393_95large.jpg

 雨が本降りになる前に無事に走り切れました。
 天気予報が前倒しで途中雨に結構やられましたが、まぁ、ウインドブレーカのみ耐えきったので問題なかったですね。

 で、無事に完走証「ニパ子」と「ろんぐらいだぁす!」頂きました。
12946333_2286020458_95large.jpg
12946333_2286020455_53large.jpg
 ゴールのご褒美に暖房効いた食堂でお蕎麦頂き温まりました。ありがとうございます。
12946333_2286020471_111large.jpg

7.帰路
 
 では、帰るかと思うと、本気の土砂降りに。
 まだ、走行中の人はえらい目に会ってるだろうなぁ。。。

 着替えて駅まで行こうかと思いましたが、乾いた服は駅まで確保しておきたいので、濡れたまま、出発。

 ちょうど自転車またがったところで関西方面組が車から降りてきて、おいおいって、早々にDNFしたらしいです。俺だけかよ!走ってたの(笑)。
 帰阪したらgrupettoで反省会な!

 で、皆に別れを告げて土砂降りの中、小諸駅へ。

 ここが一番びしょ濡れになりました。

 小諸駅で寒さに震えて、先に着替え。輪行セットして、電車飛び乗り、何とか一息。
 帰りの特急「しなの」では寝落ちしていました。

 帰って洗濯完了までがイベントですので、風呂入って洗濯。

 無事に終了。グランフォンドKOMORO実行委員会の方々、関係者皆様、AURORAさん、ありがとうございました。
 三宅先生も完走おめでとうございます。東城さんも前日祭駆けつけありがとうございました。

 道中、あちこちでお声がけ頂きまして、ご一緒した皆様ありがとうございました。

 先月の事故DNFでケチついて以来、ブルベはすべてDNF。久しぶりの完走、雨でしたが楽しめました!

 また、来年も楽しみにしています。


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

淡路島小さく一周ライド

ブルベ仲間に誘われて淡路島走ってきました。

毎度のオダ近兵庫県民会メンツですので、厳しい戦いになるのを覚悟の参加です。
重たいgaapですが、出来る限りの装備を取っ払い少しでも軽量化。
チューブ二本にタイヤレバー、携帯工具のみフードポーチに。さらにフードポーチに収まる@pekoさんの超軽量輪行袋を詰めて、リアバッグは持たず。天気も良さげで気温も最高気温20度予報。ウインドブレーカー等も携帯せず、なるべく荷物を減らす作戦です。

朝一番に輪行で明石まで。
明石港にて京都のF久保氏(京都から新幹線輪行!)にK山夫妻と合流
7:00のジェノバラインにて淡路島へ。
12946333_2280388905_181large.jpg
12946333_2280388902_127large.jpg
12946333_2280388901_153large.jpg
岩屋に上陸して、クルマ組のI上氏にG藤女史、Y田氏と合流。

早速、出発。

走り出しが先頭だったので、とりあえず牽くことに。
洲本まで30kmほど、特にアップダウンも無く何度も走っている道なので、取りあえずサラ脚のうちに剛脚メンバーの脚を削る作戦に出ます。メータ読み32〜35km/hを目安に全開で走らせてもらいました。身体を温める間もなくその線でスピード緩めることなく洲本まで1時間で到着。

ブルベは107のカキオコ以来走ってませんが、ここ最近1か月、平地だけなら毎日30km走ってる成果が出てるのか、ペースは維持できていい調子。
洲本に入って、最初の寄り道ポイントにということで先頭交代。
12946333_2280388896_89large.jpg
最初はhiranopanにて朝食。
12946333_2280388899_83large.jpg
なかなか美味しそうなパンが並んでおり、イートインも出来るお店。次に甘味処に寄るとのことだったのでクロワッサンにカレーパンにしましたが、なかなか、インスタ映えしそうな美味しそうなスイーツパンも豊富でした。クロワッサンはサクサクで、カレーパンは揚げずに焼きパンでしつこくなく非常に美味でした。

続いて、南淡路のワカバカフェへ。
パンケーキがなかなか破壊力ありそうなところらしいのですが、あいにく、早く着きすぎて、パンケーキの食べれる時間前についてしまいました。でも他のスイーツもなかなか。イチゴのスイーツ頂きました。
12946333_2280388906_13large.jpg
12946333_2280388907_50large.jpg
ここから先は福良方面に抜けて昼ごはん探し。
ひらまつ食堂さんへ12時に到着するも一時間待ち。。。

次点の道の駅うずしおへ。
12946333_2280389317_182large.jpg
鳴門大橋を眺めつつ、一日10食限定の淡路牛石飯を。
12946333_2280388893_196large.jpg
12946333_2280388892_83large.jpg
一日10食なんでもうないかと思って聞いてみると、あるとのことで、勢いで頼んでしまいましたが、肉が旨い。石焼でしっかり焼けても口の中でとろける赤身。これは価値ありました。他のメンバーも海鮮をいろいろ楽しんでおり、また、行きたいところとなりました。

ここからは再び北上。
海沿いに走り抜けていきます。

途中、I上さんのパンク等もあり、コンビニにて休憩。島の西側はあまりコンビニなかったのに知らないうちに増えていて感心。外にテーブルといすも常備してあり、しばらくコーラ呑んでのんびり。

最後に焼きアナゴ。魚増鮮魚店。
12946333_2280388908_158large.jpg
12946333_2280388891_133large.jpg
焼き立てではなかったのですが、チンできますか?と聞くと良いよってことでアツアツの焼きアナゴ頂きました。
12946333_2280389321_124large.jpg
やや疲れた体に濃いめのタレは沁みて美味い。

後はスタート地点まで、k山さんの牽きで一気に到着。
12946333_2280389319_25large.jpg
12946333_2280389318_84large.jpg

解散となって駅へ向かったのですが、お腹減りすぎて、玉子焼きの松竹へ寄り道。
12946333_2280389325_159large.jpg
12946333_2280389324_86large.jpg
玉子焼き二枚頂き輪行帰宅。

120kmと短かったですが、一日満喫。

滞在時間9時間半ほどで走行時間4時間半ほど。
前半にペース上げたおかげで、滞在場所にてのんびり過ごして、走ってるより、食べてだべってる時間の方が長い、なかなかのゆるふわ?サイクリングで楽しめました。

次週より再びブルベ週間に突入しますが、皆さま、また、遊んだってください。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

坂越牡蠣ライドに行ってきました 2017!

 昨年に引き続き坂越まで牡蠣食べに行ってきました。

 昨年はGご夫妻のタンデムのハイスピード巡航に引き摺られ死にそうな目に合った為、参加するか躊躇いがあったのですが、美味しい牡蠣の誘惑に負けて今年も参加しました。
 今年はGご夫妻は旦那さんが模型展示会に行かれるとのことで参加せずM女史が企画してくれて

タンデムでなくふつーのロードで走られるというのでちょっと安心して参加です。旦那さんにお会いできないのは残念でしたが。

 昨年同様、明石駅に8:00集合

 姫路にて10:00に他のメンバーと合流のスケジュール。
 ここで、ん?と思ったのですが、とにかく出発。

 しばらくは地元M野氏に海沿いのルートで引っ張ってもらったのですが、今年は半端ない向かい風。風がきつくて20km/h程度しか出ません。ヒイヒイ言いながら進んで行って、やや風が弱まったころにはすでに姫路10:00がやばい時間に。結局向かい風の中、M野氏の鬼牽きが始まって結局10:00過ぎに姫路組の待つコンビニにたどり着いたのですが、この時点で息も絶え絶え。

 よく考えたら8:00スタート10:00合流なら昨年と同じペースで走らなあかんし、きついのは当たり前。30分前スタートを提案したらよかったともしくは輪行するなら姫路まで一気に行っても良かったんちゃうかと思ったり後悔しても後の祭り。。。。

 しかも変速不良でシフターが以上に固くて変速しづらい。とりあえず合流したコンビニで応急処置的に変速ボックスを取り外して一度シフトをスパナで正しい位置に戻してから変速ボックス取り付けて復旧。

 ここから先、市街地抜けるまではあまり変速は気にしなくていいのでふつーに走っていきます。市街地抜けて海岸線のアップダウンに入っていくと変速不良がジワジワ来ます。

 遂には、軽いギアに上げると其の後、戻せない状況に。で、ロードの皆さんにはついていけなくなって脱落し始めます。今年は昨年行ってるので道は分かるので、食糧買い出しのスーパーに行くので待たずに行ってくださいとお願いして、マイペースに。

 先ずは止まって、ギアボックスを外して、スパナで14速中の7速にして固定。
 あとはひたすら我慢の子。

 黙々とシフトは触らず、アップダウンもダンシングでしのいで何とか68km地点のスーパーに到着。皆さん買い出し中に何とか追いつきました。
 ここでノンアルコールビールと水やら〆のラーメンやらを購入。積載量のあるタンデムは今回ないのでサコッシュやらリュックに詰め込んで再出発。

 やはり変速なしでは厳しくて遅れていきますが、もう少しなんで辛抱。鎌倉水産で最後の生牡蠣にの購入の時に追いついて、最後は何とかご一緒に。
 登りでもう少しやし、軽いギアには出来るかとシフトいじって変わった!って喜んだら何故か重いギアに変速。変わった!重い!って叫んでしまい笑いを取って暫くしてなぜかシフトチェンジして軽いギアになって追いつく。何とか80キロ弱走って、鎌倉水産さんが営業している焼き牡蠣出来る公園に到着。皆が寒い寒い言ってる中、到着時には汗だくでした。
12946333_2273823326_206large.jpg
 ここからはご褒美タイム。
12946333_2273823332_185large.jpg
 牡蠣がバケツで出てきて焼き牡蠣BBQタイムです。

 その横でこぞってアウトドアギアの登場。
12946333_2273823335_126large.jpg
 タンデムの積載が無い分、小出しでキャップグッズのバーナーにコッヘル登場。
 最後にまとめるため、でかい鍋も(I上さんありがとうございます)。
12946333_2273823328_112large.jpg
 〆のラーメン用の出汁の用意しつつ、焼き牡蠣タイム。
12946333_2273823333_149large.jpg
 西方面からHかんとくも登場して、あこうパンの差し入れも。
12946333_2273823331_219large.jpg
 イカフライのバゲットサンド、美味かったです!

 ぷりぷりの焼き牡蠣を満喫。4kg食べたのかな?
12946333_2273823330_136large.jpg
 最後に〆ラーメンの投入。
12946333_2273823327_60large.jpg
 生食用の剥き身の生牡蠣大量して、更には切餅に温泉卵も投入してボリューム満点のラーメンを最後に美味しくいただきました。
 
 あとはお家に帰るだけ。しかも帰りは往きに反して追い風ですが、変速出来ないまま80kmはきついので、Hかんとくと播州赤穂駅まで行って輪行帰宅。

 家に帰ってシフターを調べてみると、ケーブルがシフター内でほつれて引っ掛かってました。このせいで片方にしか変速出来なかった模様。ローロフ内装変速車を投入して1000km弱でケーブル破断。これはちょっと早い気が。。。そもそもローロフ純正シフターは22mm径のフラットバーのもの。ドロップハンドルには使えないのでサードパーティーのGilles Berthoud Twister for Rohloff Hubsを使っているのですが、どうも綺麗にシフト調整ができてない気が。ちょっと、根本的にスムーズにシフトできるように色々調べてみようかと。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

グランフォンドKOMORO gaap参戦記 #GFK2017

久しぶりにブルベ以外のイベントに参加してきました。

 グランフォンドKOMOROというイベントで、グランフォンド軽井沢、グランフォンド嬬恋との同時開催イベントで小諸については某アニメの聖地ということで(スイマセン、そのアニメは見てないです)アニメ関連イベントとしての開催となっていました。

 と云う訳で特別に小諸に関してはアニメ関連エントリーと言う事でグッズ付となっており、「ろんぐらいだぁす!」入っており、モノは試しにとエントリーしたわけです。

 また、「ろんぐらいだぁす!」の原作漫画連載の方がちょうど小諸方面遠征話と言う事で、そのあたり含めてのイベントでもあり、小諸高原美術館にて「ろんぐらいだぁす!展」もやっているのでこれ幸いと観光含めて行ってまいりました。

0.前日受付

 大体この手のイベントは前日受付が相場ですので、小諸観光を含め始発にて輪行出発。
 名古屋で乗換、篠ノ井でしなの鉄道にのって初小諸です。

 小諸と言う街は小山田郁先生の「すくらっぷぶっく」を幼少期?読んでいたので言葉自体には親しみはあれど街には行った事が無かったので興味津々(ブルベでは2009年、AUDAX埼玉BRM1024アタック小諸に出てはいますが華麗にスルーしてるだけですので・・・)。

 しかしながら到着するとあいにくの雨。
12946333_2254830623_131large.jpg
 まぁ、仕方ないので取り敢えずホテルまで行って荷物預かりしてもらう為、輪行解除して雨の中、ルートインコート小諸まで出発。小諸と言う街は坂の街というのが良くわかりました。いきなりホテルまで登って汗かきました。なんで、ホテルで荷物預ける時に中に着こんでいたウールジャージは脱いで一緒に預けて、今度は受付の小諸エコビレッジまで、再び登り。はぁはぁ言いながら現地到着。
12946333_2254830621_229large.jpg
12946333_2254830622_10large.jpg
12946333_2254829453_144large.jpg
 雨降ってたので受付書類を濡らしたくなくて、サコッシュの上にレインウェア代わりにウィンドブレーカーを着て行ったので結局汗かいちゃいました。

 到着すると人もまばら。どうも早く着きすぎたらしいので、ブースの方といろいろおしゃべりして時間つぶして、結局、物欲に負けていろいろ買い物。
12946333_2254830606_217large.jpg
 この間の大洗で買おうと思っていたガルパンサコッシュが発売延期で買えませんでしたが、今回はここで購入できました。後はろんぐらいだぁす!ベースボールキャップと娘用の霧クマアームカバーを。
 で、ジェラートで一息。
12946333_2254830613_11large.jpg
 受付開始で一番に受付。
12946333_2254830605_94large.jpg
12946333_2254830607_51large.jpg
 食事券でケバブを頂き、お腹満たしてから、一旦会場を後にします。
12946333_2254830619_116large.jpg
12946333_2254829454_24large.jpg
 次に向かうは小諸高原美術館。4kmほどですね。
12946333_2254829450_60large.jpg
 サイクルスタンドも用意がありました。
12946333_2254830618_190large.jpg

 中に入って早速見物。
12946333_2254830617_16large.jpg
12946333_2254829442_143large.jpg
12946333_2254829438_99large.jpg
 アニメ原画や全話のダイジェストシーンを展示してあり、帰ったらゆっくり円盤観ようと思いつつ。
 三宅先生の漫画の方もちょうど小諸回の部分が展示して有り、なるほど、これがエイドの場所か。
 ふむふむ、あみちゃんが押して歩くような坂が有る訳だ。これは明日、気を入れて行かんとななどと思ったり。
12946333_2254829447_62large.jpg
12946333_2254829443_17large.jpg
 雨も小降りになってきて、そのまま美術館の奥手の城跡の見学。
12946333_2254829436_167large.jpg
 天然の要害となっており、なるほど、これはこれはと感心しつつ、小諸市街を一望。
12946333_2254829435_175large.jpg
12946333_2254829434_177large.jpg
12946333_2254829493_42large.jpg
12946333_2254829490_228large.jpg
 良い景色です。

 ゆっくり見学して、再び、小諸エコビレッジに戻ります。

 戻ろうとして、県道80号に出たところで、一台の車が目の前を。なんとAUDAXシールをフロントガラスに貼ってサイドやテールにはBRMのシールが。どうやら同日開催のAUDAX埼玉BRM513アタック善光寺のスタッフカーの様でした。カメラ構えてたら良かった。こんな偶然ほんとないよね?びっくりしました。 

 戻ってくるとサヤパカさん登場。
12946333_2254829488_236large.jpg
 静岡ホビーショーに行ったり来たりで大変だろうに元気な子でした。
 一応、サイクリングニパ子車アピールもしておきました。
12946333_2254830609_24large.jpg

 で、16:00からのゆるふわビンゴ大会。
12946333_2254829482_19large.jpg
 何とかビンゴ後半にひっかかり、無事に白ワインゲット。
12946333_2254830604_183large.jpg
12946333_2254830633_72large.jpg
 何かと楽しい前日祭でした。

 会場を後にして、次は懐古園へ。
 まずは鉄分を満たして。
12946333_2254829475_95large.jpg
12946333_2254829480_211large.jpg
12946333_2254829479_105large.jpg
 石垣に城郭後を見学し、大手門へ。
12946333_2254829471_168large.jpg
12946333_2254829470_45large.jpg
12946333_2254829473_34large.jpg
12946333_2254829469_191large.jpg
12946333_2254829465_38large.jpg
12946333_2254829464_70large.jpg
 後は、カーボローディングと言うデブ錬をこなし。
12946333_2254830602_184large.jpg
12946333_2254830600_72large.jpg
 ラーメン屋さんとは思えない外観。昔の酒造、古民家活用のお店のようです。
12946333_2254829457_85large.jpg
12946333_2254829459_183large.jpg
 コンビニでドリンクと朝食を仕入れてホテルへ。

 荷物がワインも増えて重くなったのでホテルで翌日も預かってもらえるか確認して、快くOK頂いたので、着るもんとサコッシュ一枚のみ残して荷物の整理して、明日に備えて、早々に就寝と相成りました。


1.スタート〜軽井沢エイド

 起床。まずは天気確認。快晴です!

 朝ごはん食べてから、荷物をホテルフロントにて預かってもらい、身軽になってスタート地点、小諸エコビレッジへ。

 いやぁ、居ます、居ます。いろんな人が。
12946333_2254830648_26large.jpg
12946333_2254830544_117large.jpg
12946333_2254830547_213large.jpg
 昨年の千葉大洗ブルベにいた方も。
12946333_2254830550_237large.jpg
12946333_2254830634_101large.jpg
 MAKINO MK-01率高いよ(笑)
12946333_2254830598_156large.jpg
 久方ぶりにゆうさんにもご挨拶。来週王滝でと(笑)

 スタート時間と相成りて、なんとなく目立ちそうな先頭に並んでみる。
 しっかり写ってました。
12946333_2254835334_74large.jpg
 小諸市長のあいさつとアニキの掛け声にてスタート。
12946333_2254830543_57large.jpg
 序盤は軽く登ってから軽井沢方面へ。
12946333_2254830642_72large.jpg 今回は新装備のバルブキャップに取り付けるパワーメータなるものを装備したのですが、やはりまだまだこなれていない新商品。Androidアプリの方がまだまだ出来が悪い様で、bluetoothのペアリングが気が付くと切れてしまっている。一度、bluetoothのオフオンをして復旧。立ち止まってしまったので急ぎ軽井沢の別荘街を通り抜けて、先へ進みます。

 途中、サイクリングニパ子ジャージの方も。
12946333_2254830540_249large.jpg
 軽井沢への登りでいしこうさん列車に乗車。そのまま第一エイドの軽井沢エイド(軽井沢千ヶ滝温泉)へ。
12946333_2254830536_99large.jpg
12946333_2254830534_38large.jpg
12946333_2254830642_72large.jpg
 お手洗いが混雑する前に済ませて、ここでは羊羹、うまい棒を頂きます。
12946333_2254830593_181large.jpg
12946333_2254830596_92large.jpg


2.軽井沢エイド〜北軽井沢エイド

 リスタートを切り、引き続き降り道。気持ちよく降って行きます。
 この辺りは2009年のGaapOwner'sClub夏合宿で皆で来たところです。すごく久しぶり。
 BBQ用の肉買いにいったスーパーやら、二度上げ峠に向かう交差点やら(今回はそちらへは行かず左折)、泊まった貸別荘の傍も通り、懐かしさにちょっとほっこり。

 北軽井沢の丘陵を駆け抜け、浅間ハイランドに到着。こちらが北軽井沢エイドになります。

 こちらのエイドでは、ヨーグルトにバナナ、ミルクキャラメルを頂きました。
12946333_2254830525_167large.jpg
12946333_2254830528_134large.jpg
12946333_2254830531_100large.jpg
 早速補給していこうかとキャラメル食べてるとガリって。
 歯の詰め物が取れてしまいましたorz。。。
12946333_2254830591_203large.jpg
 気を取り直して次へ進みます。


3.北軽井沢〜嬬恋エイド

 北軽井沢からはずっと登り基調となります。
 なかなかペースが上がらずじわじわ来ますね。
12946333_2254830644_14large.jpg
12946333_2254830639_111large.jpg
 キツイキツイと言いながら、道すがらいろんな方とおしゃべりして気を紛らわします。
12946333_2254838503_205large.jpg
 途中、ミクジャージとレーシングミクバイクHMR-3の小径車の方に追いつかれ、なんとなく、ニパ子車にニパ子ジャージなんで、思わず素直に道を譲ってしまいました。ニパ子の分際でねぇ(笑)。
12946333_2254830522_54large.jpg
 嬬恋エイド近くはなかなかの絶景でしたが、そこにたどり着くまでの斜度が結構あり、同行していた方と文句垂れながら走っていたのですが、ここでなんと、アウターで走っていたことに気付き、慌ててインナーに。一気に軽くなって気も楽に。で、ふと、同行していた方のギアを見てみると同じくアウター。「そちらもアウターですよ「って。「ええっ!!」っとなって二人してインナーに落として何とか登り切り絶景を堪能。そこから少しだけ登って嬬恋エイドに到着。
12946333_2254838496_18large.jpg
12946333_2254838495_71large.jpg
12946333_2254830638_83large.jpg
12946333_2254838492_93large.jpg
 ここでは、おうどんとお団子を頂きました。食堂で椅子に坐って食べましたのでかなり楽になりました。
12946333_2254830590_50large.jpg
 
4.嬬恋エイド〜真田エイド

 ここからは一旦降り基調ながらアップダウンのある嬬恋パノラマラインに突入です。
12946333_2254830520_34large.jpg
 勢いよく登ったり降りたりを繰り返して、途中、気になる看板が。
12946333_2254830668_129large.jpg
 「愛妻の丘」と言う見晴らしの良い丘です。
12946333_2254830636_79large.jpg
12946333_2254830589_104large.jpg
 愛妻家の私として立ち寄らねばと。
12946333_2254830630_212large.jpg
12946333_2254830588_27large.jpg
12946333_2254830632_214large.jpg
 確かに見晴らしの良い所で、周辺の景色が一望できて、そのうち夫婦で訪れたいものです。

 セミファットで走られている方もいたりして。ロードバイクだけでなくいろんな方が居るもんです。
 12946333_2254830667_135large.jpg
 この辺りは同時開催のグランフォンド軽井沢の方々のまじりあって、結構カオス状態でしたね。

 登り基調に変わって、再び登って、ようやく県境の鳥居峠に到着し、グンマー脱出。
12946333_2254830637_115large.jpg
 ここからは一気に降って真田エイド(JRC日本無線)に到着です。
12946333_2254838491_48large.jpg
 ここでは、おやきと焼き鳥、うまい棒を頂きます。
12946333_2254830583_67large.jpg
12946333_2254830585_180large.jpg
12946333_2254830584_77large.jpg
12946333_2254830582_128large.jpg
 おやきって初めて食べたのですが、饅頭みたいなものと(甘いモノ)と思って噛り付いたら中が野沢菜で味覚ショックを受けてびっくりしました。味覚が落ち着くまでゆっくり食べて、甘味から塩・酸味に脳内感覚が変換されるまでは落ち着かない食べ物でした。最終的には美味しくいただきましたが。
 ここはあいにく手洗いが仮設で並んでおり、我慢して、食べるもの食べ、水の補給を行い先へ向かいます。

5.嬬恋エイド〜小諸エイド

 嬬恋エイドをリスタートしたら、先ほどのセミファットの人が押して降りてくる。
 どないしたんと?聞くとパンクって。太いタイヤだと空気量が多いから修理大変だろうなぁと思いつつ、こちらは先へ進みます。

 真田エイドと言うだけあって、真田家由来の箇所が多いらしくあちこちに案内看板や幟が。
12946333_2254830661_85large.jpg
 途中の棚田。
12946333_2254830658_114large.jpg
12946333_2254830660_204large.jpg
 アップダウンを淡々とこなしつつ、途中のワイナリーカフェ(リュードヴァン)の方々が応援私設エイドを。
12946333_2254830657_152large.jpg
 レモン水を頂きました。ありがとうございます!!
12946333_2254838490_123large.jpg
 途中南に向かって降る快適ルートに差し掛かったのですが、生憎の西からの風。
12946333_2254830654_24large.jpg
、 絶景ですが。降りでかっとんでると横風に持って行かれてしまいそうで、身体傾けて斜めにして走る嵌めに。
 ディープリム化したときにも同じような恐怖を味わいましたが、ホイールカバー付けるとこんなに横風の影響を受けるのかと思い知らされました。

 怖い思いしつつも何とか降り切り、もうほぼ終盤。浅間サンラインに入ります。
12946333_2254830652_14large.jpg
 何度か浅間サンラインは走ってますが、相変わらずのアップダウン。降りで加速付けて、一気に登り返すを繰り返して、ようやく、見覚えのある、小諸の景色が。
12946333_2254830650_143large.jpg
 さぁ、ちゃっちゃと、小諸エイドに寄ってゴールするかと思ったら、ここからがきつかった。。。

 フツーに登ってエイドの菱野温泉の案内が有ってもうすぐやと思いきや、ここからが本番でした。

 残り500mがえげつない登り。先行く方は早々に脚付きし押し歩いています。

 なるほど、これが「ろんぐらいだぁす!」の小諸回で亜美ちゃんが押し歩きして足攣りまくった坂か!

 これはヤバい、押し歩くかと思いきや、上を見上げると結構な数のギャラリーが。。。しかも声援付。。。
 意地出して、ふぬーってなってダンシングで何とか登り切りました!
12946333_2254838489_159large.jpg
12946333_2254838488_66large.jpg
12946333_2254835029_169large.jpg
©悪魔おじさんのエンジョイ・サイクリンぐ~!
 ふうふう言いながら最終エイドの補給です。
12946333_2254830577_40large.jpg
12946333_2254830578_39large.jpg
12946333_2254830580_66large.jpg
 イチゴにお稲荷さんに落雁でした。
 どれも身体に沁み渡り美味しかったです。

 スタートでお会いしたあひるさんチームディスクホイールの方とお話ししつつ、帰路を心配しつつお先に失礼させていただきました。

6.小諸エイド〜GOAL

 ここから、ちょいと一登り。まだ登らせんのかぁ〜と思いつつも、もう距離は知れてるので我慢の子。

 登り切って後は降りと気持ちよく降って行ったら、そのままグランフォンド軽井沢のコースへ行きそうになりスタッフに止められました。

 まぁ、見た目で分かりますね。

 スタッフさんにお礼を言って、後はゴールまで一気降り。

 何故かこのタイミングで前後誰もいなかったのでやや不安になりつつ、ゴールに地点入り口でMCのおねーさんがゴールのコールをしてくれました。

 と云う訳で無事に完走。
12946333_2254830562_45large.jpg

 完走証を頂きました。
12946333_2254830624_191large.jpg
12946333_2254830627_85large.jpg
12946333_2254830560_227large.jpg
 お蕎麦を頂き、あと、「ろんぐらいだぁす!」のED「ハッピーアイスクリーム」を聴きながらジェラート頂きました。
12946333_2254830570_212large.jpg
12946333_2254830565_89large.jpg
 天気も良く日差し熱い中、コース中の要所要所、案内頂いたスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
 参加者の皆様も、色々お声掛け、ありがとうございました。

 かなり満喫できたサイクリングでした。

 普段のBRMと違い、道は案内があるし、補給は心配ないし、賑やかに大勢で走るのったまにはいいな、楽しいなと再認識しました。普段のBRMは貧脚の為、大体ボッチ旅で、ほぼアウトドア引きこもりな呈なので・・・。

 
 まだまだ帰ってくるサイクリストたちとおしゃべりでもしていたかったのですが、遠距離帰る必要があり、早々にゴール地点から撤収させていただきました。

 帰宅するまでがグランフォンドです。

 財布を小諸駅に忘れ、一旦取りに戻るなど色々ありましたが、何とか日付の変わる前に帰宅。
 流石に洗濯峠には突入できず、就寝と相成りました。

 次回のレポはいよいよ王滝ですよ。


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR