2017年5月SDA王滝100km gaap参戦記

昨年の秋の大雨王滝に凝りもせず、今年も行ってまいりましたセルフディスカバリーアドベンチャー王滝クロスマウンテンバイク100km。相も変わらずgaapで参戦してまいりました。

0.準備〜王滝村まで

 まずはgaapの準備。

 今回からBRM用と王滝用に完全にマシンを分けることにしました。

 と言う事で王滝用gaapの組み立てです。
 常用のBRMマシンのパーツを塗装の済んだラベンダーgaapに移植して、イエローgaapを王滝用に組み立てました。
12946333_2254209160_34large.jpg
 今回の為に新規で用意したのはブレーキとシートポスト、サドル、ステム、ハンドル、フロントシフターと言ったところでしょうか。昨年の秋王滝でフラットバーにしたら意外と走れそうな気がしたので、今回は初のMTBマシンとして組んでみました。

 昨年、MATTさんからお譲り頂いたXTコンポを中心に組んでいきます。
 リア42Tのビッグスプロケットを組込(今日日は46Tとかあるから42tではビッグとは言わないないかな?)。
 フロントはどうしたモノかと、在庫漁ると、これまたMATTさんにお譲り頂いた、アルテのコンパクトクランクを発見。リア42tに推奨は1×11速なのですが、MTB用のクランク組み込んでフロントチェーンリングが小さいと今度は降りや平地で小径車だと踏み越してしまうので、敢えてロード用のクランクでセットします。フロント44t-34tにリア11t-42tの組み合わせで何とかなるかなと。

 後は、FD付けようとしたら直付け用だったので、慌ててバンドアダプターを手配。
 
 続いて、ブレーキはXTを新調して組込。いまどきの油圧のブリーディングって意外と簡単ですね。
12946333_2254209163_68large.jpg
12946333_2254209161_138large.jpg
12946333_2254209164_39large.jpg
 道具さえ揃えたらさくっとできてしまいました。

 後は細かい偽装を施し、マシンの準備は完了。

 後は補給食やら、CCDパウダー等の手配を済ませ、予備チューブにタイヤの準備。
 
 秋王滝で降りで苦労したので、今回は太さ1.75から2.125に変更してみた。少しはエアボリューム稼げるからパンクリスクも減るかなと。

 ウェアは昨年に引き続き、サイクリングニパ子ジャージ。下にd3oのプロテクタージャージを着こんでいく。後はコースを引いてGPXファイルをスマホに落し込み、チェックポイント箇所と標高地点をosmand+に入力して音声で案内できるようにしておく。

 補給とモバイル給電のバッテリーはApiduraフードポーチをハンドル根元左右に取り付けてそこに押し込むと。予備チューブは3本。タイヤブートとパッチも用意し、さらに携帯工具とチェーンの切れ端、ミッシングリンクとチェーンピン予備、それと一応ゴッドハンド社のミッシングリンク外し。タイラップ多数。タイラップ切り用に片刃ニッパー。予備のシフトワイヤー等々。

 補給食はアミノバイタルのゼリー系エネルギーとゴールドを3本づつ。それにゼリー系の小さい補給食10本。固形物は前日受付でパワーバーを買う予定と。

 5/20前日受付日に移動。今回はいつもは車ですが、一人でレンタカーも効率悪いし、帰りの運転が疲れるので、今回は輪行で王滝にチャンレンジ。

 始発に乗って名古屋まで。先週も乗った特急しなのにて今度は木曽福島駅へ。
 特急しなのは荷物置き場が有って輪行しやすくていいね。
 下が空いて無くても、上段にチビ輪バッグに収まったgaapなら積み込めるし。

 10:00過ぎに木曽福島到着。
12946333_2254833808_157large.jpg
 さて、バスの時間を見ると10:24てのが有る。王滝村まで行かないが、手前まで行くみたいなので、其れに乗っていくかと案内所のおねーさんに聞くと、10:24発は赤字で記載されているんで土日は運休とのこと。あれまぁと。
 では、輪行解除して、木曽福島駅から自走で王滝村まで向かいます。

 はい。王滝村へ突入。
12946333_2254833834_82large.jpg
 最初は松原スポーツ公園に向かおうと思っていたのだが、背中にしょった荷物が重くなってきたので、まずは宿に。その前に、お昼ご飯を済ませに、毎度毎度の王滝食堂へ。
12946333_2254833806_58large.jpg
 ちょうど昼時手前だったので、無事着席できて、いつもの通り、ここでたっぷりカロリー取りますよ。
12946333_2254833885_162large.jpg
12946333_2254833884_77large.jpg
 猪豚ステーキ定食頂きました!

 そこから、まずは滝旅館へ。荷物を預かってもらい、受付表と、お風呂セットもって、松原スポーツ公園へ。
12946333_2254833870_235large.jpg
12946333_2254833868_230large.jpg
 受付が14:00〜だったのでブースをうろうろ。

 まずは補給の仕入。パワーバー2本とパワーワッフル2個とトップスピード1個購入。で、いつものパワーバーソックス買おうとしたら無い。聞いてみるともう生産してないって。かなりショックorz。。。在庫はまだあるけど、厚手で履き心地の良いソックスだったのに。残念。

 仕方ないので他のブース見てたらソックス安売りしてたので3本ほど購入。
 で、レジで鼻孔をを広げて呼吸を楽にするTURBINE(タービン)なる器具を宣伝中とのこと。新タイプが出たので旧タイプを試供品で付けてみないかと。この後、王滝の湯までヒルクライムするから試してみようということで、一つつけさせてもらった。
12946333_2254833878_137large.jpg
12946333_2254833876_125large.jpg
 あと、ぶらぶらしてて、ブルベなA氏とばったり。今回は参加はもとより、池田祐樹選手と食事サポートされてる池田清子さんの著書EAT GOOD for LIFEのフォローをされているとのこと。では、早速と本を購入してサイン頂きました!もちろん超戦シールもgaapに貼って。もう一つの「ちょうせん」シールはインパクト有りすぎて遠慮しました(笑)。
12946333_2254833817_50large.jpg
12946333_2254833816_245large.jpg
 14:00になって早々に受付を済ませ、では早速、王滝の湯へのヒルクライムです。約7kmほどで獲得標高は300mちょい。最後2kmがダート区間で最終調整にもってこいのこの区間。最後に温泉のご褒美付と言う事で、お風呂セットをサコッシュに詰めてきたわけです。

 では、行ってみよう。

 うん。舗装路だけどいきなり斜度きついね。
 えー、リアサスのエアを抜き過ぎたね。あー、サスポンプは宿に置いてきちゃった。宿に帰ったら120psiまで入れよう。80psiより下にしたからフルボトムしてる。
 ダート区間に入って玉砂利で滑って脚付き。
12946333_2254833867_142large.jpg
 でもまぁ、ファイナルギアは使わずに無事に到着。
12946333_2254833866_161large.jpg
12946333_2254833865_66large.jpg
12946333_2254833863_32large.jpg
 王滝の湯で一息。
12946333_2254833861_156large.jpg
 御嶽山はまだ雪が残っており、王滝の湯からは桜も咲いてる。温泉浸かって、雪見に花見。贅沢な時間です。
12946333_2254833862_146large.jpg
 のんびり過ごして、汗引かせていると、お宿ご一緒予定のサトー氏とK氏が受付に到着とのご一報。

 では、今度はダウンヒル。リアサスは空気圧低めなので、そこを意識しつつ、最後、どのくらい入れるか考えながら一気にダート道を下り再び松原スポーツ公園に。

 御二人と合流して、ゼッケン付けたり最終準備。

 ここで、サトー氏のドロッパーポストが動かないトラブル。
 あれやこれやしても良くわからない。

 結局蓋空けてみたらワイヤー切れ。ドロッパーポストはあきらめてもらい、早々にお宿に。

 少し買い出し行って、後はお風呂入って晩御飯。
12946333_2254833859_6large.jpg
 晩御飯は王滝参加者向けにかなりのハイカロリー飯。
 全部平らげて、明日朝のお弁当をもらって部屋へ。
12946333_2254833820_160large.jpg
 9:00過ぎには就寝と相成りました。


1.スタート〜CP1

 朝、4:15起床。初参加のおふたりはあまり前に並ぶのもアレなんで、其れならしっかり睡眠と言う事でこの時間に起床。おっとり刀で5:00に宿を出て5:30前に現地入り。
12946333_2254833824_155large.jpg
12946333_2254833831_228large.jpg
 後ろの方にバイク並べてウロウロ。
12946333_2254920308_30large.jpg
 写真取って頂きました。
12946333_2254922699_147large.jpg
 小径車はフーリガンが居てました。
12946333_2254920310_49large.jpg
 神主さんの安全祈祷の上、御嶽山に向かって安全祈願。
12946333_2254920307_240large.jpg
 そして6:00スタートです。後方にならんでたおかげで特にスタート渋滞も無く安全にスタートを切り、舗装路を駆け抜け王滝川を超えてダート区間へ突入。突入してちょっと行くと軽く渋滞。一回、脚着きするも、そのまま、乗車姿勢のまま、蹴って再び乗車で乗り切り最初の登りへ突入。

 いろんな方々にお声かけて頂きました。毎度毎度ありがとうございます。

 最初の登りで1時間を超えてしまい、やや遅れ気味。でも登り切ったとこで補給。アミノバイタルゼリーと補給ゼリーを流し込み、一気に降り。
12946333_2254920306_228large.jpg
 タイヤを太くしたのと今回はしっかりポジションも合わせてきたのでかっとんでも問題なし。
 ブレーキもさすがのアイステック、しっかり効きも良く、降りでは軽くちょんちょん当て舵入れる感じでブレーキかまして軽い速度減速調整でしっかり回り切って進めます。

 ダート走るの楽しーってなってる時間はでも一瞬。再び登り返して、今度は延々ともっとも標高高いポイントまで登ります。ここは黙々軽いギアでひたすらクルクル回していきます。今回はいい天気過ぎて、とにかく暑い。降り入る前には必ず、ボトルの水を身体の太い血管ある部分(腿の内側、腋の下、首とか)に掛けながら冷却しながら身体に熱がこもらんようにしていきます。
 30kmの案内看板がきて、しばらく稜線沿いにアップダウン。30km地点はCP1のはずでは?とみな疑問に思いながら走ってるが、ここが罠で実はCP1は34km地点。皆の怨嗟の声が聞こえてきますが、もうすぐともうすぐと気持ちをなだめながら降りヒャ八っー、登りでは恨みつらみを呟きながら、進んでいきます。

 この調子ならCP1クローズまで30分程度は余裕つくれるかと思い、CP1が見えてから一気に降りで漕ぎ漕ぎ。調子乗ってたら後輪がバシュッ!パンクです。あちゃーと思って見てみるとタイヤ側面からぶらぶらとゴム片が。大きく3か所タイヤ切れていて、一か所は見事にチューブ見えるぐらい。
12946333_2254920304_209large.jpg
12946333_2254920305_83large.jpg
12946333_2254833853_215large.jpg
 こら、あかん。と思って、ほぼ諦めの境地に。CP1までは降りで時間もあるから歩いて到着。クローズの準備してたけど、時間内には通過。

 で、改めてタイヤ見るとタイヤブート三枚使い切ってこの先走り切るのは厳しい感じなので、スタッフさんにどうします?って聞かれて、即答。DNFします!

 ということでDNFしちゃいました。


2.DNF〜下山

 チューブも2本、パッチも1パックあるし、この先行くのも有りかとは一瞬思ったんですが、ゴールしたとしても、その後、木曽福島駅まで自走もあるし、このタイヤで帰還不能は洒落ならんと思い、即決断しました。

 お宿でご一緒したK氏もリアブレーキが油圧抜けして、降りでまったく稼げず、CP1は時間内通過するも、この先、フロントブレーキだけではリスク大き過ぎるので、わたしのDNFに付き合ってリタイヤ宣言。

 しばらく休憩し、他の方のパンク修理の様子見たりしてから下山。

 下山コースもしばらくダート。調子こいて先頭走ってたらまたパンク。チューブ交換して、ダム湖まで降りて、ようやく42kmのコースへ。
12946333_2254920303_52large.jpg
12946333_2254920302_245large.jpg
 ここからは観光ポタリんぐコース。ダム湖で記念撮影したり、自然湖の景色に感心したり、42kmの名所?真っ暗トンネルとか堪能して、松原スポーツ公園へ。

 サトー氏がおそらくまだ頑張ってるようなので、早々に着替えてゴール地点へ。

 ゴール地点では、なぜかAUDAX埼玉ジャージの方がゴールしてたり。
12946333_2254833822_130large.jpg
 また、先週小諸でお会いしたユウさんも無事にゴール。
12946333_2254833857_69large.jpg
 で、スタート〜9時間でサトーさんゴール!
12946333_2254833855_40large.jpg
 お疲れ様でした。

 と言う事でサトー氏にゴールを見届けて帰路につきました。


3.帰路

 お家に帰るまでがSDA王滝です。と言う事で、荷物背負って、一路木曽福島駅へ。
 途中、ユウさんが切れたタイヤを心配して、駅まで送るよって言って有難い言葉を頂きましたが、今回は輪行王滝を試したかったと言うのもあるし、駅まであと10kmだったので、お気持ちだけ頂いてそのまま自走で(ユウさん、お気遣いありがとうございました!感謝感謝!!です)。

 で、無事に木曽福島駅について輪行セット。駅でシングルクラス出場の方とお話を。
 ブルベにも出てられるそうで、群馬の方で出てるとのこと。群馬には出たことないのでそのうちお邪魔したいですね。ブルベにも29erのシングルで出てるそうです。凄い方がいらっしゃるものです。

 駅前でお土産を漁って、電車の時間まで30分ほどあったので、食事。
12946333_2254833810_225large.jpg
12946333_2254833846_244large.jpg
 お蕎麦とかつ丼(ソース)を頂きました。

 時間無いので早いのって無理言ってスイマセンでした。無茶苦茶美味しかったです!

 ホームに上がると、輪行袋の外人さんが。幸い自分は指定1席空きが出たので指定席とれた(駅員さん、もう一回確認してくれてありがとうございます)のですが、生憎、指定が取れなかったようで、自由席らしく、non-reserved車はどことの事なので、ご案内。あいにくホームには号車表示と指定席/自由席の漢字表記しかなく、困っていたので。

 で、ホームで再び鉄分補給。
12946333_2254833843_117large.jpg
 車中の人と相成りました。

 この日はAACRも重なっており、車内は観光客に混じり輪行客もちらほら。輪行ポジション(車両最後尾、デッキ)は埋まっていましたが、ココは折畳車のgaapの本領発揮。チビ輪バッグに収まったgaapは特急車両の荷物置き場の上段にきっちり収まるので無問題。
12946333_2254833840_89large.jpg
 逆に目についてしまったのが、未だに後輪外さないタイプの長い輪行袋を使っている人たちが多数いたこと。鉄道会社がアカンと規定しているのに使っているのはどうかと。我々サイクリストがかなり自由度高く鉄道使わせてもらってるのは先人の輪行経験の賜物であって、今やグレーとかどうとかでなく、その手のバッグはグレーでなくブラックってことになってるのに。輪行を鉄道会社が認めなくなったらどうすんねんって思ってしまいました。名古屋から先も同じ列車で、非常に邪魔になっており、うんざりしました。

 なんやかんやで22:00過ぎに帰宅。

 すぐに全裸ナウと共に洗濯峠に突入。干して、早々に就寝と相成りました。
 gaapの洗車まではたどり着けませんでしたのでまた整備兼ねて綺麗にしないとね。

 で、次は春の鈴鹿エンデューロです。4時間で20周のアタック120に参戦します!


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
スポンサーサイト
プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR