BRM627宮城600キロ 敗北の顛末。。。




という事で、散々たる結果に終わったBRM627宮城600キロではあるが、今後の挑戦継続のためにも、記録を残しておこうと思う。

まず、挑戦に至った事の発端は、BRM613千葉600キロでのDNSである。
千葉600はSR取得の最終関門として、事前に準備していたのであるが、まぁ、祖母の急逝により出走3分前に取りやめとなった。

で、次の600キロはと慌てて探したところが宇都宮600であるが、締め切りが既に来ており、更に探したところ宇都宮600と共同開催の宮城600キロに白羽の矢が立ったのである。

急ぎ申し込みを済ませ下調べを行うも、あんまり情報が無く、ハードなコースであること程度しか分からない。しかし申し込んだ以上行くしかなく、段取りを考える。

まず、スタート時間は27日深夜0:00である。金曜日仕事終えて急いで出発すれば間に合うと思うので、事前に新幹線だけ押さえてしまう。スタート地点の名取までは輪行で行くことがこれで決定。

天気を確認すると、週末は持ちそうなので、マッドガードは輪行の邪魔にもなるし外し、雨具も荷物軽量化のため、持って行かないことにする。

Qシートとコマ図の用意をして、そこからGPSデータの作成。
ここしばらく1Qの締めのため仕事が忙しく、深夜帰宅してからPCの前でせこせこデータを作る。まったく未知の東北方面であるから、GPSは必須なため、睡眠時間削られるのは仕方ないがと思いがんばったがかなり、これが裏目にでたね。


と言うわけで、当日26日17:30に仕事上がり、子供をお風呂に入れてご飯食べてから急ぎ出発。
新幹線、東北本線を乗り継ぎ名取駅に。新幹線で少しでも寝れたら良かったのだが、興奮していたのか寝れず。。。そこから5キロほど自走し、スタート地点の名取サイクルステーションへ到着。23:00頃、受付を行う。

スタート~PC1

 スタートは深夜0:00、皆さん、真っ暗な中、結構なペースで走っていきます。ちなみに出走は十数名程度。今までの大規模な都市型ブルベとは違いますね。ペースは大体30キロオーバー、gaapでついていくのは大変だが25キロ程度までは何とか着いていったのだが、其の後、眠気が早速やってきて、時速25キロ程度に落ち着かせのんびりいくことに変更。皆には置いていかれ早速一人旅開始。

PC1(ローソン相馬松川店)までは平坦なコースなので1:43分ごろ到着、皆はもう休憩を済ませ出発するとこである。が、慌てず買い物を済ませ、次に向かいます。

PC1~PC2

 ここからは霊山って山に山登りです。15キロほど登って後は下ってPC2。15キロの登りでかなり眠気がやってきて、ペダル踏む足がまったく回らず、ちんたらちんたら登っていくことに。ここで大幅にタイムロスしている気がする。ここでは星がとにかくきれいで山頂付近で思わず立ち止まって見上げていたのもタイムロスかな。でもここで時間使いすぎたおかげで早く空が白んできて、くだりは暗い中に走らず済んでよかったかも。暗くて眠くてでは事故っていたかも知れません。と言うことで、遅れ遅れて4:43に、PC2(ファミマ霊山掛田店)到着。ミスコースしたのか1名が反対側からものすごい勢いで通りすぎて行きました。宮城の参加者を見たのはここが最後でした(泣)。

 ここで朝ごはんにおにぎり2個とコーラ1本、パワーバー1本を摂取。次に向かいます。

PC2~PC3

 次のPC3には60キロ程度の距離があります。
時間的には一睡もせずに走っているのでかなり限界が来ておりこの区間は3回ほど休憩をとり道端でうずくまる場面があった。日が昇り暑くなってきており、道端で横になっても寝れず、うとうとするも暑くて目がすぐ覚めるを繰り返し、かなり危ない状態で走り続けました。コース的には細かいアップダウンが続くのでじわじわと体力が奪われていきます。

この区間はちょうど宇都宮からの参加者とのすれ違い区間で、すれ違うたびにみんなさわやかな笑顔で手を振ってくれて、ものすごく勇気付けれました。

もうすぐPC3ってところで、驚くべきことに宇都宮発のママチャリブルベライダーとすれ違い。かなり唖然としてびっくり、小径車gaapでの参戦ぐらいでは誰も驚かないし、びびりもしない訳です^^。前後にかごを装備し、変速も無く、フラットベダルで、あの方は完走できたんでしょうかね。

PC3(ミニストップ小野インター店)には8:45到着。この時点で貯金は1時間15分程度。かなり余裕が無くこの先仮眠の取得が出来ないピンチに陥りました。

PC3~PC4

 ここからが最大の難所、石川広域農道に突入。下調べで大変やとは分かっていたが、ここまでエゲツナイコースとは想像だにしていなかったのが最大の敗因だな。農道は距離にして30キロ程度、ひたすら標高300mから500mぐらいの位置を登ったり下ったりを繰り返すのである。100m下ってまた100m登る。登りきると下りが見えて、其の先の上りがまた見える。延々それを繰り返すのである。20回以上も!しかも、一気に標高300mまで下って平地に出てようやく終わったと思ったら、再び標高500mまで登り返しで、登りきったらまた、上り下りの繰り返し。こんな凶悪なコースは初めてでした。農道なので入ったら最後出るまでエスケープは出来そうにないし、戻るにも上り下りを同じだけ繰り返さないと脱出も適わず、また、補給箇所も無く、ほんとに心を折るどころか砕く箇所でした。

 しかも、日がすっかり昇り、暑さが増してきて、気がついたら腕が真っ赤で日焼けどころか、やけど状態。本来、半そでの清志郎ジャージは夜間のみで昼間は暑くても日焼けしないようにパンダーニの長袖に着替えるつもりが遅れている焦りからか完全に忘れてしまい、えらいことになってしまいました。しかも、熱中症の症状か、固形物をまったく受け付けなくなり、ひたすら飲み物で渇きを癒すばかりの状態に陥りました。

 何とか農道を脱出し、一般の道に出るも、203キロ地点のコンビニで動けなくなって、テンションが最低までダウン。この辺で12:30頃。結局PC4(ファミマ道の駅塙店)に到着が13:30、時間貯金が45分となり、かなりやばい状況に。とにかく出発する。

PC4~PC5

 ここからは兎に角エスケープできるところを意識して走るようになりました。途中、JRの東館駅って駅に辿り着いて時刻表をみたら2時間後まで汽車が無い時刻表見てがっかりorz。しかも行き先は水戸だと。仕方なく、大きな町出るまで走ろうとそのまま進みます。ここの区間のルートは川沿いに下り基調なのでヘロヘロの身体に鞭打っても何とかなる区間だったので、勢いPC5(那珂川町馬頭店)まで到着。時間は16:11、再び貯金は1時間確保。

PC5~宇都宮

 ここから一区間クリアできれば少なくとも宇都宮から電車一本で浦和まで帰れるので、兎に角走ろうと意気込みました。時間なんかはどうでもよく、生還出来たらそれでいいわなんて気持ちでペダルをこぎます。

 最後の区間は八溝グリーンラインと言う農道がメインで、こいつは、そこそこの距離を登って、そこそこ下る、って感じのまあまあのコースでした、石川広域農道に比べたら。。。って感じできついのですが、何とか耐えて走り続けます。宇都宮に近づいてきて、だいぶ日が傾き始めます。この辺で、身体が異変を起こし始めます。

 まず、日の傾きと共に眠気がまた激しくなってきます。それに加えて吐き気がして、兎に角えづきます。。。固形物を食べてないので吐くものは無いのですが、兎に角激しく吐き気が襲ってきます。道端にうずくまり、吐こうとするのですが何も出ず、気持ち悪さだけが増してきます。

 宇都宮市内に入り、後は兎に角PC6サイクリングターミナルに行くだけなのですが、そこが意外と駅から遠いことに気づき、このままではPC6にたどりついた時点で気力が折れて昏倒でもしてスタッフに迷惑掛けるかもしれんろ思い、ここで、思案所とおもい、宮城にスタッフに電話を入れてリタイヤを宣言。

 ここで600キロのチャレンジは300キロをもって終わりました。。。。

 本音を言うと、皆様の励ましで完走は無理でももう少し先までいこうなんて欲も実はあったのですが、急な体調の変化で生命の危機を感じて、苦渋でしたが正しい決断をしたと思います。

 しかし、gaapで参戦してきて初の自らのリタイア宣言。悔しいです。少し涙ぐんだりしそうでした。応援してくれている人も居たのに不甲斐無いもんで情けなかったです。。。。


結論:

 ?睡眠は事前含めてたっぷり取ること。
 ?熱さ対策、日焼け対策(長袖、UVケア)は重要。
 ?コースの熟知(今回は認識が甘すぎた)。
 ?仮眠は重要。
 ?あきらめは肝心。

ダメージ:
 ?左足首(くるぶしの下辺りが激痛)。→クリートの位置が悪いのか?
 ?左ひざ上部(今回は右は大丈夫だった)
 ?両腕の日焼け(やけど状態)
 ?お尻(相変わらず赤剥け、体液流出中)
 ?体重(3キロ程度減った)→補給失敗、固形物食べず、当たり前!
 ?精神的ダメージ(王滝に続きDNF・・・)
 ※今回は寝不足、熱中症で身体が動かなくなってある意味筋肉には無理をさせていない。だからあんまり筋肉痛は無かった。

と言ったとこですね。今年のSR取得はスケジュール的に厳しいので後はブルベ系は200と300ぐらいは走ろうと思いますが、気持ちは来年に向けていきます。

と言うことでしばらく静養してから、秋の王滝に向けてマシンの改造、肉体の改造を始めていきます。がんばりますよ!
スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR