BRM320アタック日光東照宮gaap参戦記

懲りずに行って参りました。BRM320アタック日光東照宮300キロに。

と、言うことでgaap参戦記です。

朝4時起床、出発地点が川口なので近所ですから、ゆっくり出発。5時に家でて20分で到着。受付を済ませて、出発を待ちます。今回はあわてずに済むようにGPSは先に電源入れ待機、5時半過ぎにスタッフから説明が。ここで、一個ミスが。コマ図がなんと明日の400キロの分を持ってきちゃいました・・・。キューシートは300の分を持ってきていたので、GPSとキューシートだけで何とかなるだろうと落ち着きます。


6時になって、出発。ロードのトレインに連結させて頂き、快調に30キロペースで進んでいきます。

しかしながら千葉県突入した頃にぽつぽつ雨が降り出します。雨具のセットでトレインが崩れていきます。こちらはもう少し行けるかなと思って、先行します。しかし、数キロ行ったところで雨が本降り。仕方なく雨具をセットします。生憎、上着しか雨具持ってないので足はびしょびしょに。特に靴はずぶ濡れで、序盤から厳しい状況に追い込まれます。

ペースの合うロード集団にまた、連結させてもらい、進んでいきますが、70キロ地点で前輪がパンク。
雨の中、屋根を求めてかなりタイムロスします。工場の入り口の自販機のひさしがあったので、そこで吹き込む雨に耐えながらパンク修理します。タイヤ外してみたら、見事に大きな傷が。これはまずいと思い、まずはタイヤ側に二重にパッチ当てて対応します。そこからチューブ交換。しかしながら、雨の中、かじかむ手でパンク修理はえらい時間を食いました。普段5分でできる作業が、10分以上かかってしまいました。

時間ももったいないので再びスタートを切りますが、この時間になると集団もばらけていて一人旅となります。
と思ったら80キロ越えたあたりで今度は後輪がパンク。今度は、金属片が見事に刺さってました。雨は小降りになってきたので、其のまま路肩でパンク修理。タイヤ側も一応パッチを当てて、チューブ交換。さあ、空気入れてと思ったら、ここでトラブル。

ボンベ使って一気に入れようとしたら、いきなり「ボンッ」・・・。ボンベアダプタは気圧ゲージ付なのですが、そのゲージ部分が吹き飛んでカバーのガラスと針が飛んでしまいました。。。で、肝心の空気はきれいに入らず、ボンベ1本無駄にしました。アダプタの具合がどうも悪くなったようで、これはまずい事態になったぞと。次は慎重にセットして、空気注入。何とか一本使い切って、やや空気圧低めだけど入りました。ほっとして、再びスタートを切ります。

もう少しでPC1なので走りながらこれからどうするか考える。残チューブ0本、残ボンベ2本、壊れた感じの強いボンベアダプタ。。。。リタイヤも視野に入れつつ走ります。

11:30過ぎてPC1到着。まずは腹ごしらえ。補給して考える。まずはチューブはパッチ当てて補修。ボンベは最悪空気入れは誰かに借りれば大丈夫かと。で、おなかも一杯なると元気になるので、気楽に行こうと思って、次を目指すことにします。

ここから日光まではのぼり基調、最後に峠2本と楽しいコースです^^。
向かい風もくらい、ヘロヘロで進みます。川沿いに緩やかの上っていくのですが、100キロ以上走っていて脚も売り切れ気味。20キロを維持するのが大変な状態です。

ようやく日光市に入り、もう少しと思いつつ、峠に突入。ここからはペースは一気に10キロ以下に落ちます。
今回は前回の200同様フロントインナー使わない縛りを自らに課したので、アウターとミドルのみでヘロヘロ進みます。

ようやく峠2つをクリアして、日光市街に突入。


もう安心と気が抜けたのですが、東照宮までまた微妙に登り。。。あうあう言いながら登っていきます。
PC2で買い物済ませ、東照宮参拝しようとしたら、参拝時間が過ぎていて(3:30)、残念ながら前で記念撮影のみ。

ここから、帰りは下り基調。峠2つ越えたらのぼり坂は無いので、がんばります。

この辺からもう暗くなり始め、PC3で夜間装備用意します。
補給を済ませ出発。ナイトランの始まりです。

暗い道ってつらいねぇ。ほんと。しかも単独走なので、頼りはGPSのみ。ほんとGPS頼りになります。
もうここはひたすらもくもく走ります。

小山市に近づいたあたりでロードの集団に追いつかれたので、そのまま、集団に便乗します。
で、この先でトラブル。道路工事の穴ふさぎ鉄板がずれており、目の前でロードの方が転倒し負傷。警察呼んだり、後続がその穴に落ちないように誘導したりで大騒ぎ。再出発したので21:00過ぎ。次のPCまで20キロほど、制限時間が迫ります。かなり疲れて脚が回らなくなってきましたが、何とか制限時間20分前で通過。

おそらくべったを走っているようで、ホントに単独走。ほんまに心が折れそうでしたが、今回は背水の陣で輪行袋持参せず。無理して進みますが、エネルギー切れと眠気で倒れそうになります。コンビニでトイレ休憩ついでに、眠眠打破とユンケルチャージ。何とか残りの気力を奮い立たせて、ゴールの川口を目指します。12時40分ごろ、越谷手前の住宅地でパンク!残り15キロで、大ピンチ。ここでパッチ当てたチューブに交換するも、残り2本のボンベでうまいこと空気は入らず。ほとんどペコペコのタイヤで残り15キロ・・・。

電車も無い時間。駅まで行ってタクシーでも拾うか、悩みまくり。なんか手は無いか。。。。
ここで人間疲れていると思考力なくなってますね、何もいい考えが思いつかず、そのまま、パンクした後輪でgaapにまたがり、無理くりペダル漕いでみました。何とか15キロぐらいのスピードは出せそう。無理したらこのまま制限時間の2:00にゴールできるんとちゃうかと。もうこうなったら必死必死!15キロどころか、パンクしたタイヤのままで時速20キロ出して漕ぐ漕ぐ。振動で体中が震えるけど、もう何も考えられず、ひたすら走る。振動でライトとかがぐらぐらするわ、GPSの電池ふたがずれて電源おちるは、ハンドル握る手が握力失い、ブレーキ握れず、止まるときは足ついて止まるはで、大変でしたが、最後、1:48にゴール地点のスタッフの顔見たときは涙がこぼれそうでした。こんな遅くまでスタッフはホントにご苦労様でした。暖かいコーヒー頂き、なんとか完走気分を味わいました。

さて、帰ろうと思ったところで、大体同じペースで走られていたもう一人の小径乗りの方がまだ、いらっしゃって、車で送ってくれるとのこと。ありがたく同情させていただき、ほんと感謝に耐えません。ありがとう御座いました。また、ブログのほうにお邪魔しますね!別のブルベにてお会いしましょう。お疲れ様でした。

結局、うしろのホイルは傷だらけでぼろぼろ、もう使いモンにならないかな?
タイヤも前輪も傷が大きいので駄目だし、もちろん空気入れずに走った後輪のタイヤは裂け目とかできまくりだし、ボンベは使いモンならんし。被害甚大でした。

それ以上に、体中痛い。最後の15キロは振動地獄でしたので。サス付のGAAPで無ければ、走ることも出来なかったのでは。。。
あと、200キロ越えるとお尻がひどい事に。すれて赤向けで痛いです。やばいなぁ。。。

次に向けて装備はいろいろ考えないと。お尻対策。パンク対策。予備品の充実。いろんなこと考えないと300キロ以上をgaapで走るのは厳しいと痛感しました。当分、自転車乗る気力は沸きそうもないので、しばらく安静にしてから対策考えます。次は来月表富士ヒルクライムだしね。長距離はまぁ、おいおいですね。埼玉のブルベは表富士と重なっているので、別でいかないとね。5月ぐらいで一回入れてみようかな?でも5月はもう王滝100もあるしなぁ。。。。

なにはともあれ疲れました。しばらくおとなしくしてます。
スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR