白石峠に挑戦してきました。

ということで、行って来ました白石峠、ほんとにきつかったです。ついでに寒かったです。

今日は帰り着くなりお風呂沸かして飛び込みました。
筋肉疲労に寒さにはお風呂が一番。湯船で危なく寝てしまう所でした。

で、今日は朝から奥様、お子さま、と奥様のお母様はディズニーシーにお泊まりで行くとのことで、それならお留守番の身としては、自転車でお出かけと相成るわけです。

行き先は天候に不安が有るけど、思いついた白石峠。いろんなブログ観ていると結構ローディーは行っているようで、一度行ってみたく、今日の挑戦となりました。

8:30に奥様を最寄り駅で電車に放り込み、早速gaapを出して、荒川CRへ向かいます。今日は新兵器GARMINのforetrex101GPSを最大限活用。行ったことのない所ですが、カシミール3Dを使って行き先を登録しているので、ポイントごとに案内矢印が出て、迷うことなく行けそうです。

峠までは68キロほど。向かい風の荒川CRを北上していきます。速度は伸びず、大体20~25キロ程度で巡航。ホンダエアポートをまず目指します。エアポートの近所でふと振り返るとロードの一団がぴったりとgaapに張り付いています。おいおい、ロードが小径車を風よけにしたらいかんだろ(笑)。

そうこうしているうちに、圏央道の工事区間を過ぎて、一般道に降りて峠を目指します。大東文化大あたりの坂道にて雨交じりの雪が降りだし寒さが身に応えます。

向かいからは大量のローディが下ってきます。ロード乗りの人たちは朝が速いのか、もうアタックしてきたのでしょうか?

そうこうしているうちに、だんだんと登りが増えてきて、ようやく白石峠の入り口です。

記念撮影をして、ウインドブレーカー、帽子等防寒具を取っ払い、出発。入り口からてっぺんまで、2キロごとにてっぺんまでの距離が親切にも看板が立っています。走れど走れど、距離が伸びず、この看板のせいで心が折れていきそうです(笑)。残り3キロを切ったくらいで、ようやく後少しと思える様になるまできつかったねぇ。ギアはもうこの辺で売り切れて、ひたすら軽いギアでくるくる回します。残り2キロぐらいから雪が路面に残っているようになり、轍の跡で溶けた所を中心に登っていきます。雪の所に行ってしまうとスリックタイヤなので転倒確実なので細心の注意を払います。

太股はプルプルしてくるし、もう限界、押して歩きたいと思う頃にようやく、てっぺんにたどり着きました。何とか足つきもなく登り切ることが出来ましたが、わずか6キロに1時間も掛けてしまい、次回雪辱をはらす理由が出来てしまいました。

てっぺんにはベンチが合ったので、そこでお昼ご飯。
寒い中ですが、山で食べるおにぎりは兎に角おいしい。
幸せです。
しかし周りは雪だらけ。凍結注意の看板も出ています。
そんな中、定峰峠方面の下り道路にてえらいエンジンを吹かす音がして、何だろうと行ってみると、コペンが路の真ん中で横向きに止まってます。どうやら、凍結路に突入しにっちもさっちもいかなくなったようです。この時期に峠にノーマルタイヤのみで突入は厳しいでしょう。他のクルマの方も降りて手伝ってますので、こちらも微力ながらもお手伝い。タイヤにタオルを噛ませて、皆で押して、何とか、脱出成功。下るのはあきらめて、元来た路を変えるようです。

こちらもこの先行こうかと思ってましたが、路面状態的に元来た路に戻るしか手がないようで。
下りように分厚い手袋、フリースの帽子、ダウンを着込み出発。このときに先ほどのコペンの方から缶コーヒーを頂きました。登りでドリンクを使い果たしたので助かりました。

下りで完全に身体を冷やし切ってしまい、帰り道はほんとにつらかったです。GPS観ながら走ってましたが、一回曲がるとこ間違えて、自然と坂道を避けるルートで帰ることとなり、疲れた身体には幸いだったようです。

まぁ、兎にも角にも良い練習になりました。しかし峠はこれから寒さも厳しくなる折、凍結が心配なので、当面は河川CR中心でロングライドにいそしみましょう。

スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR