BRM417埼玉400kmアタック日光&ビーフ gaap参戦記

久々につらいブルベでした。
と言うことでBRM417埼玉400kmアタック日光&ビーフライン参加してきました。

朝8:00スタートでしたので、6時に起きて出発準備。外を見ると、白い・・・?
雪が降り積もり真っ白です。まぁ、でもスタート地点は近所の川口なので、中止になっても良いかと思い、用意して出発です。

現地に7:00過ぎに着くと、もう既に参加者の皆さんがいらっしゃいます。皆さん物好きですね。スタッフに声を掛けたところ、DNS連絡も多く、9:00一斉スタートにするとのこと。仕方ないので温かい車の中でゆっくりさせてもらいます。

この空き時間に追加で準備。
まずは、泥除けの装着。フロントをカーボンフォークにしたので、サスフォーク用のマッドフェンダーは取り付け穴が無いので付かないのですが、ふと思い立って、見た目的にはめ込んで見るとぴったり(笑)。なので、そのまま、タイラップ二本固定で大丈夫そうなので、きっちり固定。万全です。後はレインウェアを着こんで貼る懐炉を仕込み寒さ対策も。

8:30頃に受付に動きが出てきたのでgaapを引っ張り出して、ブリーフィングへ。雨の中なのでタープ下に潜り込んでのブリーフィングですが、雨音が激しくあんまり聞こえませんでした。。。で、Azuさんらに御挨拶した後はいよいよ出発です。靴底に泥と雪がこびりつき、クリートがはまりません。側溝で泥と雪を落とし、スタートです。

1.スタートからPC1

 最初から雨のスタートです。スタート地点で既に靴の中に水が入り込み足先の感覚が早々になくなります。当面は先月走ってるとこだし、昨年アタック日光でも走ってるので、気楽に走ります。気が付いたらなぜか先頭になって、10数台の集団を引いています。寒さで体が温まらず、27キロ巡航なのですが、皆さん、体温まるまでおとなしくしているようで、粛々と先頭を引きます。20キロ過ぎた辺りで、体が温まりだしたようで、一気に集団から加速して皆さん先を急ぎます。ここでAzuさんをみた最後となりました^^。

 こちらはペースを上げようにも、やはり、ここ2ヶ月ろくに走れてないのと、先週の落車ダメージで右ひざが痛いし、加えて、寒さで体がどうも言うことを効かないで、スピードが出せません。利根川土手を登り向かい風をくらいだし、見事にペースダウン。23~24キロなんてひどいペースで進みます。よく考えたら朝ごはんも食べてないので、途中のコンビニで補給。更に遅れを作って粛々と進みます。先月、ホイル壊したところを通過し、道の駅思川にて昼食。晴れてきたので、雨具を取って、進みます。PC1までは平地区間なので何とか107キロ走り切り到着。

 PC1では、軽い補給とコーラのチャージで済ませ、濡れた靴下、Mavicの防水ビブを脱いで、CW-Xの防風スタビライクスに履き替え、アンダーも着替えます。靴はまだ濡れていたのでビニール袋を靴下にかぶせて履きます。で、この先も長いので早々に先を急ぎます。ここでの貯金は1時間程度。のんびりし過ぎはやばいので。。。

2.PC1~PC2

 ここからは日光まで少々峠越えです。昨年登ってるし、まぁ、大丈夫だと思うと気楽に行きましたが、弱った身体にはややきつく、途中、黒い犬に峠の天辺手前で付きまとわれ、犬嫌いの身としては怖い思いをして、無い体力を振り絞り全力で天辺まで残り300m登る羽目に。。。無駄な体力を使いました。上りきったら即くだって、日光市街地で、早々にPC2です。ここはくだりで楽楽です。PC2では温かいものを少し食べて、時間的には1時間貯金がありますが、ここも先を急ぎます。

3.PC2~PC3

 ひたすら下り基調のこの区間、いい勢いでかっ飛ばしますが、せっかくPC2で暖まった身体が再び冷え込んできます。グローブを厚手のスキー用ゴアテックスのモノに変えて、帽子もセットして、走っていきます。この先、結局この装備で走り続けます。ようやくほぼ半分走り切りPC3の大田原のセブンイレブンです。PC3では食欲は無かったのですが、無理くり、ツユだく牛丼を食べて、元気出るようにします。ここでは更にレッドブル補給です。時間貯金は1時間半に増えました。

4.PC3~PC4

 残り半分かと思うと少し気力もわいてくるもの。PC3でこの先も基本くだり基調とは聞いていましたが、よくよく標高図をチェックすると伴睦峠なる峠があるではないですか。。。。200m程、ここさえ登ればPC4まで下りだと思い、たらたら上ります。PC4まで行けばミニストップなので椅子に座って落ち着けると、その思いだけで走ります。しかし下りになると寒い。。。。PC4には日付が変わる頃に到着。店内の椅子に空が有ったので、ズタボロのブルベライダー達と雑談しながらこの先のビーフライン・ 道祖神峠のえげつなさに盛り上がりつつ、気力を萎えさせました・・・。食事は取らないといけないと思うが食欲がわかず、デニッシュパンをかぶり付き、無理やりおなかに押し込みます。軽く10分程度仮眠を取って、重い腰を上げて出発します。ここでふと思いついて、両足首に懐炉を貼ります。脚が回らないので何とか打破したくやってみたけど、少し脚の調子がましになったので正解だったと思います。

5.PC4~PC5

 さて、メインディッシュのビーフライン突撃です。しばらくは4、5台の集団に付かせて貰っていたのですが、突入して2、3回アップダウンを繰り返してすぐに千切れてしまい、真っ暗な農道で一人旅の開始です。たまに抜かれていくのですが、付いていく元気が無く、ヘロヘロで先行く人をお見送り状態です。10%の短い登り降りの繰り返しで「ホンマええかげんにせいよ!」「こんなアップダウン道に何のメリットがあんのや!ガソリンの無駄や無いか!」「日本の農政は何考えてんのや!」などど過激な思考に苛まれつつ、仕舞いには長めの登りの時には大きな声で叫びながら走ってました。夜中の真っ暗な農道なのでほんま怖いし、大変でした。

 長めの登りを2つほどクリアして、ようやくメインディッシュお代わりの道祖神峠です。こんなお代わりはいりませんホンマ・・・。もう胸一杯で、ホント、吐き気までしてくる始末。。。えづいて気持ち悪くなれど吐けず、気持ち悪いまま登ります。この吐き気は、昨年の宮城600kmDNFした時とおんなじ症状。。。おそらく水分の取りすぎで気持ち悪くなっている感じ。。。参りましたが、深夜でエスケープできるとこもなく、ひたすらFインナー30t×R25tで時速5キロも満たない速度で登り続けます。登りきった所で、思わず降りて、10分程度休憩がてら佇んでしまいました。下って、何とかPC5到着。。。

6.PC5~PC6

 ようやく終盤戦。PC5で朝ごはん食べてゆっくりしたかったのですが、時間も無いし、寒くて外では休憩にならず、すぐに出発しました。出発時には夜明けとなり明るくなってきましたが、しばらく眠気と戦いながら、大声で歌は歌うわ、「しんどいぞ!」「眠いぞ!」などと叫びながらヘロヘロ蛇行していきます。ホントに危ない気がして、どっかで休むかと思ったところでつくば市街地突入で、目前にマクドが。。。救われました・・・。ここでは先客でぐるべ番長@ポンポンさんがいてはりました。軽く辛いねなどと話しながら、朝マックとホットコーヒーで落ち着きます。落ち着きすぎて軽く意識が飛んで(おそらく数分)、少しすっきりして、ポンポンさんにおいとまして、先を急ぎます。ホント今回は脚が無くて休憩を削って走ることになってます。コーヒーと明るい日差しが出てきたおかげで先ほどでの眠気がウソのように飛んで、スピードは出ませんが、蛇行すること無く走れます。ここさえ乗り切りれば、先は知った道なので、ひたすらペダルをこぎます。何とか最後のPC6水海道のセブンイレブン到着です。

7.PC6~ゴール

 PC6では少しへたり込んで休憩します。ここまで来たらもうゴールまで大丈夫だろうとの安心感です。ゴールは10時くらいかなぁと思い、何とか出発。見知ったコースに出て、すっかり安心できました。結構終盤で未だ後ろに居残っていた人たちが結構いいペースで抜いていきます。みんなあちこちで仮眠してたのかなぁと思いつつ、今回は休憩できずホント辛かった等と感慨にふけります。小川鉄工所で曲がる際に2名先行していたブルベライダーが真っ直ぐ行ってしまいました。声掛ける程、近いくもなく、追いかける程の脚も無く、悪いなぁと思いながら曲がって先行してしまいました。ちょっともんもんした思いを抱えながら、利根川の土手から野田市街に入ります。もうすっかり帰ってきた気になりますが、家に着くまでがブルベですので、気を引き締めて、進みます。市街地は信号には引っかかりペースが上りませんが、信号で休憩ウェルカム状態でしたので、のんびり進みます。最後、埼玉入って、昨年はこの辺で日光の帰りパンクしてエライ目に有ったなぁ等と昨年の感傷に浸りながら、25時間13分掛けてゴールイン。いやぁ、疲れました。

8.帰宅

 いつもはしばらくゴールでのんびりしてから帰るのですが、今回は早々に風呂に入りたく、皆様に挨拶して早々に引き上げました。かえって、風呂入って速攻ベッドに倒れ込み就寝。夕方起きて子供と遊んで、日曜日は終わってしまいました。

 今回のダメージは、右ひざ(元々落車で痛めていた)に加え、負担が掛かったせいか、左ひざも少し痛い。。。また、ニューハレテープを膝にしていたのだが、粘着テープで肌が負けて痒みが出ちゃってます。マシンは泥水かぶってチェーンがじゃりじゃり。ドライブトレインは一度、ばらして大掃除する必要が有りますね。フレッシュはとりあえず汚れ落としスプレーで洗い流して、チェーンオイルたっぷりで対応するしかないなぁ。。。

 しかし、雨のブルベでパンクしなかったの初めてです。あちこちでパンクしている人を見かけましたが、今回は一度もパンク神は光臨せずで、そこだけは救われました。でも対策として、予備タイヤ1本、チューブ4本、パッチ1式、タイヤ用のパッチまで用意しているのでまぁ、大丈夫何ですけどね。

 雨具はMavicのモノを上下そろえましたが、やはりゴアテックス素材のものが欲しいですね。2時間程度雨にさらされて、少々中に染みてしまったので。。。あと、防水靴下は必須かも知れない。靴が冷たいとどうにもならない。レインシューズカバーに靴の中は防水テープで補強してみるも、朝一番の雪まみれ泥まみれのグランドに居る時点で染みこんでいたし・・・。まだまだ対策が必要だね。

さぁ、今週末はフレッシュだ!直江津から焼津まで!どうなることやら(笑)
スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR