2010年5月SDA王滝100km gaap参戦記

今年も懲りずに行って来ました。
セルフディスカバリーアドベンチャー王滝クロスマウンテン100km。
勿論、小径車gaapでの参戦です。

昨年の記録は、5月王滝は第二CPでタイムアウト、9月王滝は第三CPでタイムアウト。
今年こそはリベンジと意気込んでの参戦です。

0.準備~出発

 ここ最近仕事が忙しくて、準備にはまったく時間が掛けれませんでした。持ち物だけは何とか事前に準備。なんせタイヤが皆さんと違うもので、そこだけは現地調達するわけには行かず、事前に購入。タイヤはいつものTIOGA COMP3の1.75を用意。更に、チューブは三本購入。後はパワージェルに補給食少々。服装は黒子鼻さんデザインのジャージに、中にSpyderのプロテクタージャージを着込み、下は勿論CW-Xを用意。前日までにここまでは何とか用意して、かばんに詰め込みます。

 後は当日朝に、快適車中睡眠の為、敷布団を2枚に毛布を用意して、いつものごとくデリカで出発します。

 朝7時出発では早々に中央道の渋滞に捕まりますが、何とか脱出。双葉SAにてのりさんに合流(お待たせしてスイマセン)。後は何時も通り木曽のサティで食料品を買い込み、王滝村へと突入します。昼過ぎに到着したので、先ずはともあれ食事と言うことで王滝食堂にて猪豚ステーキを奮発して、喰らいます。ボリュームに満足して、現地、松原スポーツ公園にインします。

1.到着~前夜祭

 到着後、早速、gaapを降ろし、色々準備を始めます。のりさん共々、いきなりタイヤ交換から(笑)。先ずはロードホイルからMTB用のホイルに換装して用意します。更に変速系の調整に、ドライブトレインにチェーンルブを塗布して、仕上げていきます。

 後はタープ張ったり、寝床の用意したりで、慌しく過ごします。
50091851_1509163386.jpg
用意もそこそこ仕上がったので、試走を兼ねて、5キロ程、登った所にある王滝の湯へひとっ風呂浴びに行きます。この王滝の湯は、手前1.2キロ程、ダート区間になので、本当に最終調整には打って付けですね。50091851_3811186577.jpg

 王滝の湯ではのんびり温泉を堪能し、ダートの降りで調整走をします。どうもタイヤの空気圧が高めの上に、リアサスにマックス空気入れてるので後輪跳ねまくり。下り切って程ほどの値に調整します。

 18:00からは前夜祭。毎度の王滝プロモーションビデオに感動し、コース説明をおとなしく聞きます。「今回のコースは今までの中で最高にガレてます」って説明を毎年聞いている様な気がするのは気のせいでしょうか?(笑)。
50091851_2212429675.jpg
50091851_2830430476.jpg
 で、明日の朝は4:00起きなので、8:30にはさっさと就寝準備して、9:00にはすっかり夢の中でした。

2.起床~スタート

 4:00起床、もぞもぞしてると、もう空は明るくなってきている。中々の王滝日和です。4:30にはスタート地点にマシンを並べます。ハイドレーションバッグの用意、パワージェル×6袋、ウイダーインゼリー×2袋、パン×2個、ソイジョイ×2本、バナナ×2本をバックパックに補給食として詰めます。

 朝ごはんは、オニギリ二個にバナナ2本、フランスパンを半分かじり、ポンジュースでビタミン補給で済ませます。

 お尻にたっぷりシャーミクリーム塗って、両膝にニューハレテープ貼って補強。CW-X履いて、尻、膝をがっちりガードします。上半身は3doのプロテクタージャージでに、更にドイターのアタックって脊椎ガードの入ったバックパックを背負います。歳取っての怪我は怖いので用心だけはたっぷりです。
50091851_1870066190.jpg
50091851_736168339.jpg
 手洗いを済ませ、何時も通り、10分前にスタート地点へ。神主さんの安全祈願と霊峰御嶽山への祈願を済ませ、ファーンと気の抜けた号砲で一斉にスタートです。

3.スタート~CP1

 最初は舗装路を林道入り口までパレードランで、身体を温める為、そこそこ軽いギアでくるくる廻していきます。のりさんにはのんびり行くとは伝えていますが、林道入り口までは微かに後姿を拝める程度についていきます。滝越地区に入り、いよいよ林道ダート区間に突入です。身体も温まってきて其の勢いで突入します。ここからひたすらダートの登り区間です。膝の痛みが出るのが怖いので、落ち着いて、軽いギアで引き続きくるくる廻します。

最初のピークは12キロ先、まだまだスタート直後で混雑の中、黙々と標高1430mを目指し、500mほど登ります。心が折れないように、ハンドルには標高グラフをつけ、GPSで次のピークまで後何キロと表示を出し、進みます。この辺ではまだまだ人が多いので皆さんに小径車での参戦に驚き、呆れ、笑いを提供しつつ進みます。

序盤の目標は33キロ地点のPC1です。4回ほど登り降りを繰り返します。3つ目のピークが序盤最大の登りですが、早々に心が折れ始めます(笑)。序盤戦は脳内麻薬が中々出ないので、ホント気持ちを維持するのが辛いですね。この辺で、昨年、DNFした宮城600でお会いした方と一緒になります。ちょっと嬉しくなり、少しモチベーションを上りました。少し会話しながら宮城600は大変でしたね等と話しながら進みます。

じわじわモチベーションが上がってきたので、登り降りを愉しみながら苦しみながら進みます。

CP1には9:30頃通過。水の補充のみで先を急ぎます。

4.CP1~CP2

CP1過ぎると一気に下ってダム湖に辿り着きます。ここは唯一平坦ですので、ペースを上げます。ここのエリアでドロップハンドルの方が抜き去っていきます。ヘンタイさんは多いようで(笑)。其の後でジラフさんとこのジャージ着た人がいたので声かけします。この方とは結構終盤線まであちこちでお会いします。

で、ダム湖を過ぎるとまた登り口調です。ハアハア言いながら、この辺から脳内麻薬全開で何故か笑いながら登っていきます。完全に壊れてましたね。

で、何とか一部押しは入ったものの、9つめのピークを越えて一気に下ってCP2到着。12:30に通過。何とか足切から30分先行して進みます。

5.CP2~CP3

 ここで一山越えて、下ればCP3です。ここは時間的余裕が少なくてあせります。しかしながらガレガレの登りでえらい目に遭います。また下りに突入すると泥だらけでまたえらい目に。。。かなり力尽きながら何とか、CP3には10分程度の余裕を持って辿り着きます。休憩無しできたおかげで計算どおりCP3は通過できました。

6.CP3~ゴール

 CP3では残りの固形物を全部食べて、残りの距離に備えます。残りは20キロほど。ここでほぼ完走を確信します。

最後に2年前の42キロで通過したエゲツナイ登りがあるのは認識してたのですが、坂道手前の鋭角で曲がるところで落車して、いきなり登れず、押しから入ります。ここの上りがきついところが2キロ弱。。。中々坂がきつくて、乗り出すタイミングがつかめません。。。漸く乗れるところに入って、上り下りの繰り返しがあるところで、いきなり、ペダルが回らなくなります。

ん?と思ってリアを見ると、ディレーラーがホイルに巻き込まれてる。。。。あ~、一瞬のくだりで石でも当てたか、ディレーラーが内側に折れ曲がり、ホイルに巻き込まれてグネッっと曲がってます。残り距離10キロなので、チェーン切って、ディレーラ介せず張り直して行くかと思ってサドルバッグ開けようとすると、あれ?開いてる。。。がーん・・・!チェーン切りが分解されてて一部部品がこぼれてなくなっている。。。

ここでどうしようもなくなって、結論は押して登る。可能なら押して走る。降り区間は乗って下る。なんといってもセルフディスカバリーアドベンチャーですから。。。。

残り4キロ登ればゴールまで降りなので、兎に角必死に登りを押していきます。気が付くと最後尾で、クルマのエンジン音が。。。。あれがうわさの後送車か。。。まさか自分が出会う羽目になるとは想像も付きませんでした。最悪ドナドナは避けたいので必死で進みます。

兎に角時間が気になって、時計見ては走る。斜度がきつくて歩きになって、また走るを繰り返します。
ついに86キロ地点に到着。ここからゴールまで降り。ここで残り時間は15分。ギリギリいけると踏んでくだりに突入。

斜度の緩いところでは片足下ろして、地面をけって、進みます。チェーンが気が付いたら地面についてタイヤに絡んで止まる事を繰り返します。。。時間ロスを何とか減らしたくあせってチェーンをアウターに掛けなおし、下ります。

残り300メータで下からスタッフが走ってきて、「残り少し、時間ない!急いで!!」って叫びを聞いて、片足蹴りで必死に進みます。ゴールが見えて一気に突入しましたが、電光表示は10時間30秒。。。。。むなしくも王滝は30秒オーバーで完走こそすれ、DNFでまたしも終わってしまいました。

50091851_1008633972.jpg

9月王滝の追加募集が始まりました。さて、申し込み手続きしないとね。リベンジにするか。おとなしく42キロにするか悩ましいです。

スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR