大阪遠征 BRM807近畿300km gaap参戦記

帰省ついで近畿ブルベのBRM807近畿300km夜間走行してきました。

 8/2に大阪出張があったので、8/1の日曜日に輪行して、実家にgaapを持ち込んでおきました。
明けて翌週、8/6の金曜日に仕事を終えて、そのまま、夏休み突入。新幹線で気楽に大阪に向かいます。
実家に深夜について、直ぐに就寝。翌8/7朝に起きるも朝ごはん食べて、再度ベッドに潜り込み寝ます。14:00過ぎまで寝続けて起床。夜に備えて睡眠はばっちり。遅めの朝食をたっぷり食べて、15:30ごろの電車で出発。
12946333_472367346_155large.jpg
17:00過ぎに無事にりんくうタウンの公園、出発地点にたどり着きました。
12946333_472367360_105large.jpg
 早々に受付を済ませ、アルウィンさんにご挨拶。他にも昨年の912近畿600kmで最後一緒に走った方や、ビアンキの小径車の方にご無沙汰の挨拶もして、いよいよ18:00で夜間走行出走です。今回の小径車はビアンキの20インチ小径の方のほか、18インチのBD-1、16インチのtikit方と、僕とで4台でした。後はリカンベントの方が居たようですが、タイヤサイズは大きかった気がします。

1.スタート~PC1

 スタートして直ぐに雄の山峠です。大阪側からは斜度がゆるいので早々に上り切り、ヤヤコシイ里道を乗り越えて(正直毎回通るのですが迷いそうになります)、通過チェックのコンビニに到着。まだ夕方で暑いのでガリガリ君ソーダ味とコーラを補給。まだまだ平地区間なので先を急ぎます。ここから先は川沿いで、快適な道ですのでテクテク進みます。日も暮れてきて、夜間走行となりますが、1月のBRM123で走ったルートと同じなの気楽に進みます。先行者に釣られ二度ほどミスコースしかけますが、何とか他の参加者に指摘され、直ぐにコース復帰します。
 PC1から5キロほど手前で、何となく足取りが重くなります。やはり出だしは調子でないのかなぁと思って漕ぎ続けますが、ちょっとした段差で、前輪がゴンと衝撃。あれま、前輪の空気圧が駄々落ち。スローパンクでした。残り数キロでPC1で、下り基調だし、暗い中のパンク修理は面倒なのでだましだましスローペースでPC1まで進みます。
 PC1で蕎麦とコーラを補給。氷を詰めて準備して、早速パンク修理です。ちゃっちゃとチューブ交換してしまいますが、かなりの方においていかれ、かなり後ろの出発になります。

2.PC1~PC2

 暗い中、スタートを切ります。次のPC2まではBRM123にて走ったコースなので、間違えることは無いかと思ってたら明日香村で一箇所工事中のところで間違えてしまいました。後ろに付いていたtikitの方、ごめんなさい。この辺りは風光明媚な所でいいトコなのですが夜間なので全く何も見えずで、仕方なく先を急ぎます。ちなみに夜間なので気温は20度前半で湿気で汗はかきますが熱中症になるような心配も無く、前回の埼玉600kmの時のような絶望的な暑さにやられること無く、最初の難関、忍坂(おっさか)に差し掛かります。最初は調子よく登っていたのですが、途中、急に身体に力が入らなくなり、足つき。暗がりで中、峠の天辺が見えず、なんかめんどくさくなって、たらたら押してあがることにします。残り1キロ程度かな。久しぶりにブルベで押し歩きしてしまいました。登りきったら、後は下って数キロでPC2ですので、さっさと行ってしまいます。PC2ではスタッフが待機してくれていてます。ノースタッフと聞いていたので驚くとともに毎度毎度大変や想います。感謝感謝ですね。


3.PC2~PC3

 PC3ではこの先に備えて、エネルギー補給。夜食とまではいかないけど、シュークリームとコーラを補給します。ここで100キロ地点。まだ200キロもあるのでうんざりしながら折り返しの青山峠目指して出発します。微妙に登り基調の中、名張まで微妙なアップダウンに苦しみます。時間的にも深夜1:00~2:00で眠気は軽くてまだましですが脚は廻らなくなってきます。名張過ぎた辺りで折り返してきた先頭の方とすれ違います。その後、どんどん後続の方が続きます。ベルをチーンと鳴らしながらすれ違います。

 すれ違う方がどんどん増えてきて、ようやく前半戦最後のボス青山峠です。たらたらと数キロ登っていきます。どんどん下ってくるブルベライダーが来るのでこちらもかんばらなと登っていきます。最後トンネル見えて、そこですれ違った方がトンネルで登り終わりやで~と教えてくれて、そこから一気にPC3めがけてダウンヒルです。PC3へはあっという間でした。付いた時点で3:00でした。なかなかええ時間ですね。こんな時間にはしってるなんて。

4.PC3~PC4

 ここのPCでパトカーがやって来て、出発しようとした所、職務質問を受けました。どうやら青山峠を沢山の自転車が下ってる事に怒った車の人が110番にかけたそうです。仕方なく警察も出動してきて、早速捕まえてのが僕のようでした。何してるの?何のイベントなの?等々質問を受けて、いろいろ説明したのですが、どう見てもこちらは安全装備充実で、道路交通法も守って走ってるのでどうにも出来ず、注意してなぁ、と言われて終わりました。そもそも普通に峠を自転車が下ってるだけ(まぁ、夜間ということもあるが)で110番通報する車乗ってる人の正気を疑います。相変わらず世の中では自転車はママチャリイメージで、下りなら車の速度と変わらない速度を出す物という意識は無く、車道を走っている自転車は危ないという認識なのですね。

 で、PC3を出て、再び青山峠を登り返して行きます。登り返しのほうがきつくてえんやこら気合入れて登ります。へろへろねって、天辺ついたら、また警察が居てます。また職務質問をうんざりして受けて、同じ事を再度説明し開放されます。ええ加減疲れます。。。。ちなみに青山峠は時速50km制限なのだが、下りで50kmで走るこちらを煽りまくり、それ以上のスピードで追い抜いていく車を取り締まれって言うねん!

 今回のコースは完全に往復コースなので、また名張辺りのアップダウンがうんざりだなぁと思いつつ、同じコースを引き返していきます。一回登り返しのときに、疲れて押し歩き。体中の力が抜けてきてどうもハンガーノックっぽい。押し歩きしながら持って来たフランスパンをかじって補給しつつ、体力の回復を待ちます。暫くくだりで漕がずに進み、何となく身体に力が入るようになってきます。

 空も明るくなってくるとともにPC4、先ほどのPC2に到着です。ここでもスタッフさんがまだ居てくれて、大変心強かったですね。
12946333_472367422_89large.jpg

5.PC4~PC5

 ここから先はまた見知った道で空も明るくなり快適な時間となりますが、忍坂、青山峠と脚は売り切れ、のんびりしたペースで進みます。忍坂は下るだけで快適で、少し登り返しもありますが、下り基調で気楽に進みます。ただし、日が差してきて急激に暑さがひどくなってきます。途中コンビニに寄って、氷の補充を行い、身体を冷たい水で冷やしながら進みます。
 今回は、水用ボトル一本に、背中に背負うハイドレーションバッグ1.5リットルを用意して、ボトルに氷満載して、水を足し、身体にかける用、ハイドレーションにも氷を詰めて、こちらはスポーツドリンクを詰めて、電解質補給とします。おかげで暑さも増す中、熱中症にもならず、進むことが出来ました。

6.PC5~PC6

 最後のPC6には、暑さも増してきた中、到着。ここで再び氷を補給。先の暑さに備えます。再び川沿いを下っていきます。
12946333_472367582_198large.jpg
12946333_472367599_216large.jpg

「あらかわの桃」の幟があちこちにあり、桃の直売にそそられながら先を進みます。柿の葉寿司もそそられたのですが、どんどん暑くなる中、早く帰ろうという意識の中、ついつい先を急いでしまいました。
 また、BRM123で御菓子パリブレストを食べて休憩させてもらった伊坂亭は残念ながら、お休み中でした。
12946333_472367625_57large.jpg
12946333_472367640_241large.jpg
12946333_472367659_23large.jpg

パティシエさんがパリに研修に行っており(帰省?)、休み明けにリフレッシュオープンとの事。また機会があれば行ってみたいものです。

 途中残り22キロ地点で通過チェックのコンビニがあり、ここで最後の補給。おなかもすいたので軽くそうめんを食べて、コーラ補給して、ラスボス雄の山峠に備えます。
 最後の雄の山峠は昼前通過で、暑さもきつく、思わず足つきして残り800mほど、押し歩きが入ってしまいました。しかも峠の天辺でスタッフが待ち構えており、見事に押し歩きしている情けない姿を写真に撮られてしまいました。思わず、顔だけでもと爽やかな笑顔にしてみましたが、ホームページに載っちゃうだろうなぁ・・・orz。
 まぁ、とにかく最後の峠は突破、後は下って、りんくうタウンまでたどり着けばゴールです。残り少し気合入れて走り、12:00ちょうどにゴールイン。18時間かけた300km走は無事完了。暑さに結局へろへろになって終わってしまいました。
 この暑い中、ゴール待機してくれたスタッフにも頭が下がります。近畿はこの後、四国1000km残すのみなので、レギュラーシーズンは終了。スタッフにまた近畿ブルベ来ますねと挨拶して、再び輪行の人となって帰宅。風呂につかって極楽極楽、愉しい二日間を終えました。

 これで認定距離は2400km。来月、神奈川相模原200kmと10月の埼玉600kmにかけて、ぎりぎり3200km認定を目指していきます。

スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様でした!
3枚目の写真右端に写っていたオヤジです。
バイクも素敵でしたが「魂と体脂肪を燃やせ」ジャージも最高でした。

このバイクで大滝も参戦されてるんですね!!
自分も王滝は毎年参加しているので、またお会いできればと思っています。

Re: No title

金剛さん、お疲れ様でした。
ブルベカード残念でしたね・・・。また再起をお願いします。

ジャージはgaap(乗ってた自転車)仲間がデザインしてくれた物で気に入ってあちこちのブルベで着用しています。着目してくれていたとは嬉しい限りです。

9月王滝は日和って42キロですが、王滝も毎年参戦ですので、またよろしくお願いします。まぁ、自転車が目立つし同じジャージで参戦しますので、直ぐ見分けがつくと思います。

近畿ブルベも来年参戦しますのでよろしくお願いします!
プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR