事の顛末・・・【闘病編】

ようやく頭痛も快方に向かいつつある今日この頃。事の顛末を書いてみようと思う。

ちなみに3つの病気にかかりましたが、それぞれが独立した原因に基づいており、関連性はありませんでした。弱り目に祟り目、更に何でしょう、、、落ち目って所でしょうか?

これが本厄の威力なのか!と驚愕した40歳の初春でした。。。。

1.インフルエンザ編

2/3(木)の午前中に太もも、ふくらはぎ辺りにざわざわ感発生。これは熱出るなと警戒し、昼で会社を撤退。早々に会社傍の病院へ(木曜日には家の近所は休診が多いので)。熱を測ると38度。熱が出たてなので、インフルエンザの検査はしたが引っかからず(インフルエンザの検査は熱でて12時間以上経過しないと駄目)。

2/4(金)、案の定、熱下がらず。しかしながら、どうしても外せない会議があり、止むを得ず出社。何とかこなし、そのまま休み扱いで良いからと退社。すぐに病院へ。インフルエンザ検査の結果、きっちりインフルエンザA型にピンクの線が入ってました。。。

と言うことで、タミフルを処方してもらい、即睡眠。熱はこの日、39度まで上がりました。。。。

2/5(土)、熱は平熱に下がる。凄いぞ!タミフル。で、タミフル飲み切るまではウイルスが体内にいると言う事で、9日までは我慢して飲み続け、インフルエンザは問題無しに成りました。実際は土曜日から快方に向かい、インフルエンザ的にしんどいことは土曜日中に無くなってました。


2.胃腸風邪(ノロウイルス)編

インフルエンザの引き始めの2/3は節分でした。食欲はインフルエンザとはいえ減衰しておらず、奥様の買ってきた恵方巻を食べました。あんまり太巻き好きではないので、海鮮恵方巻なる怪しいものを買ってきてもらい夫婦で食べました。子供は生ものは良くないかと思い、大好物のエビフライの入った巻き寿司を喜んで食べておりました。

で、インフルエンザで絶不調の土曜日。いきなり吐き気です。。。あれ、インフルエンザって吐き気するもの???と疑問符付けながらネット見るとタミフルの副作用で吐き気する場合があるとの事。仕方ない、我慢我慢と、兎に角寝込むが今度は下痢。。。。おかしいなと思っていると、今度は奥様が吐いている???何故に。。。

紆余曲折あって、月曜日に医者に症状を相談したところ、最近生もの食べてないか?そうだなぁ、木曜日あたりに・・・・。ビンゴ!!海鮮恵方巻きにて夫婦そろってやられました。。。おのれ!×樽!!×樽でお寿司を買うことは我が家では金輪際無いだろう・・・。

で、吐き気止めと整腸剤を貰ってしばらくしてから復活しました。1週間、ろくに食事できませんでした。。。4kgも痩せちゃいました。不健康に。。。何せ、お酒好きの奥様がワインの瓶見るだけで吐き気がして気持ち悪いってな感じで、昨日までお酒に手を付けれませんでしたから相当きついノロウイルスだったと思います。

3.頭痛(副鼻腔炎)編

2/5(土)、インフルエンザの熱も下がり、落ち着いた頃ですが、どうにもならない頭痛に苛まれ始めます。いったいこれは何?もともと偏頭痛もちで対頭痛については百戦錬磨でしたが、こんな頭痛は初めてで、二日酔いの頭痛に加えて、万力で頭蓋骨締めるような感じが来て、まともに思考すら出来ない状態でした。しかも前述の吐き気にも悩まされており、気が狂うかと思いました。

2/6(日)、どうにもならず、医者に行くことに。しかし日曜日orz。救急案内ダイアルに電話してあちこちたらいまわしの上、ようやく診てくれそうな医者を3駅先に発見。よろよろしながら辿り着き診てもらう事に。

兎に角、頭が痛いと言うことでCT撮影、其処から待たされ、ようやく救急の脳外科の先生が空いたので診てもらう。CTを一瞥。何も無いね、薬出すから飲んどいて。。。終わり。おいおい。必死に思いで来て、それだけか!!むっとして兎に角、痛みが酷いから何とかしろと訴える。しかし、インフルエンザ時に痛いからってロキソニン飲んだでしょ、あんた、とばかりに説教。ロキソニンはインフルエンザの時は駄目なんだねと説教。もう対抗する気も起きず、吐き気止めと痛み止め(カロナール)もらって撤退。何も改善せず。

2/7(月)、近所の医者にて胃腸風邪の診断、兎に角吐き気の対処は出来たが、頭の痛いのは相変わらずだが、思考力無く、何もせず終わる。

2/8(火)、耐え切れず、早くに目が覚める。今日は医者に行こう。で、無いと死んじゃうかもとの思いで、再び3駅先の総合病院へ。まずは内科にて診察してもらおうと申し込む。申し込みは自動機でするようだ。うむうむ、合理的。No.20で受付完了。そんな込んでないし、さて待つか。よくよく調べると自動機は朝の7:00から受付可能で、近所のじじばばは朝一番受付して診察始まってしばらくしてから来るらしい。いつの間にか大混雑。。。しかもじじばばの井戸端会議があちこちで始まってうるさいのなんの。。。俺より先に受付していたみたいなじじばばが呼ばれて入っていく。観てると、みな、カルテが百科事典みたいな厚さになっている、其処までカルテ育てるにはドンだけ通ってるねん、お前ら!と怒りが沸々沸き立つが、頭痛を助長するだけなので我慢我慢。

で、呼ばれたのが4時間後の12:30、もう好きにしてくれ、殺してくれって気分。診察室まで歩くことすら覚束無くなってました。診察して、終わって次は血液検査と尿検査、それから脳外科で診察ですと言われたが、歩く事も適わず、ここで、車椅子に乗せらてしまいました。

検査して、再び脳外科の前で午後の診察開始まで車椅子のまま、放置プレイ。午後の診察は14:00からで、1時間ほど放置を喰らいました。

脳外科では前回のCTだと分からないので、今回は顔面のCTを取りました。すると副鼻腔に液が溜まってるのが発見されました。多分、これが原因だと思うが、血液検査の結果、炎症の数値が異常に高い(CPR定量0.30未満適正が7.51、白血球の値も高値)ので、髄膜炎の検査ということで腰から髄液採取しました。これが時間掛かって大変でした。取るのに20分くらい?、その後、動かず1時間はジットしてるようにってことで。

気が付いたら17:30になってました。検査の結果は問題なく、副鼻腔炎で間違いないということで、時間切れで内科にて抗生物質と痛み止めを処方され、10時間半に及び病院が終わりぐったりして帰りました。

2/9(水)翌日も会社を休み、あまり症状は改善しないが、2/10に半日だけ出社。2/11(金)の時点で好転せず、翌日耳鼻科に行こうと決意。

2/12(土)に再び総合病院の門をくぐります。今回は耳鼻科に直行。前回のあらましを説明したら処方箋やCTをすぐに取り寄せ、今回は話が早い。やれば出来るやン、総合病院、こういうのを期待してたんやで!で、直接、鼻から薬を突っ込んでもらい、一気に楽になりました。。。最後に炎症止めを霧状にして直接副鼻腔に流す処理をしてもらい、お終い。

あと、もう少しで治りそうな感じがしてきました。
でも自転車乗る気分にはまだなれませんので、226佐野ラーメン&宇都宮餃子ブルベ出走するかはまだ決めきれてません。そもそもPBPのことすら考える気力が沸かないので駄目駄目ですね。

皆様からTwitterやmixiで励まし、たくさん頂きありがとうございます。ホントご心配おかけして、恐縮至極です。何とか病状は好転の兆しを見せ始めております。復活までしばしお待ち下さい。。。。
スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR