SDA王滝42km gaap参戦記

一年ぶりに王滝村に遠征してまいりました。

■.前日出発編

 前日受付の土曜日は幼稚園の運動会。
 お父さんとしては、場所取りに早起きを強いられます。そして、9時の運動会始まるまで日差しの中、待ちぼうけ。七部丈のズボンで行ったのですが、足首だけ真っ赤に日焼けしちゃいました。あとはひたすら写真撮影。12946333_1998851208_244large.jpg
12946333_1998851209_16large.jpg
12946333_1998851211_147large.jpg
で、午前で運動会は終了。急ぎ、レンタカー借りに。
今回は軽の商用ワンボックス。一人なのでこれで十分。

マンションに帰り、お泊りセットの寝袋とgaapを積んで13:30に出発。
ギリで受付終了の18:00に間に合って受付。
前夜際は始まっており、gaapはそこに展示です(笑)12946333_1998583576_27large.jpg
12946333_1998583579_152large.jpgともさんともここで何年か以来の再開。今年はtrekのバイクで参戦とのこと。
そして、プロジェクターに写してコース説明。12946333_1998583580_240large.jpg42kmは1/3が舗装路らしいとの情報と距離は短くて40km程度ってとこだけ聞き取り、早々に就寝準備です。朝の運動会で汗かいていたので松原運動公園施設内のコインシャワーでシャワー浴びて、8:30頃に就寝。明日に備えます。

■当日本番編
 
 当日は4時半に起きて買い込んで来たクロワッサンとバゲットを食らいつきエネルギーを補給します。歯磨きして着替えて、いよいよです。

 5:30過ぎに松原運動公園を出発し、42kmのスタート地点、滝越に向かいます。11kmほど舗装路をのんびり走ります。もちろん自然湖は写真撮影。12946333_1998583582_252large.jpg
12946333_1998583581_57large.jpg
 そしてスタート地点。今年は、滝越地区内でパレードランがあるとのことで、橋にまっすぐ向かう地点でなく橋の下を通るラインに自転車を並べます。12946333_1998583585_12large.jpg
12946333_1998583587_110large.jpg
12946333_1998583586_243large.jpgこの橋の下をくぐって村の中を走って、そして、本来のスタート地点、橋の上からコースに入っていきます。
12946333_1998583592_28large.jpg
12946333_1998583589_243large.jpg
橋の上から見るとこんな感じ。12946333_1998583591_197large.jpgこの時点では、天気は微妙に青空。12946333_1998583593_106large.jpg山の天気なので雨降るなぁと思いつつスタートを待ちます。相変わらずのファーンと気の抜けた合図42kmスタートです。

 今回のコースはこんな感じ。
いつものコースならダムまで舗装路だったのですが、今回はいきなり、ダート道へ。しかも直登のコースへ。前が使えて走れず、脚付き。落ち着くポイントまで速い人には容赦なく抜いてもらい、おもむろによっこらしょとのって登っていきます。最初は8kmほどの登り。最初からF27t、R28tという後のないギアで登っていきます。走ってないのと体重増がモロにかかってきます。またカーボンリジットフォークは全くダートの凸凹吸収せず登りなのに手が辛い。。。ドロップハンドルも選択ミスかと思いつつ地味に登っていきます。途中、前にマウンテンユニ(一輪車)の方が。登りを押し歩きしていますが、何と一向に追いつきません。。。情けない限りで8kmをクリア。パワージェル補給してドリンク飲んで、今度は降り開始です。
 
 これがまた曲者。降り入るとリジットの恐怖が更に待ち受けます。半端なく手から胸にかけて振動が。1分間に60回腕立て伏せをしてる状態になって、腕と大胸筋が痛くて痛くてハンパなかったす。。。ちなみに天気は予想通り下り坂、路面はこんな状態。ハンドルが維持できなくて落車して立ち止まった時にとった時に撮った写真です。12946333_1998583602_89large.jpg
12946333_1998583604_152large.jpgユニの方にもスルーされてしまいます。。。12946333_1998583597_56large.jpg

景色の方も雲海に覆われて。。。12946333_1998583606_41large.jpgこんな感じです。
とにかく濡れると寒い。で、激しく降ったかと思うと気がつくと晴れているといった移り変わりやすい天気でした。

ちなみに最初の8km過ぎて降りに入るのですが、このコースが、一昨年のりさんと100km参加してCP1でリタイアしたあとのエスケープコースではありませんか。思い出のリタイア者のコースです。12946333_1326255697_157large.jpgで、ここをダム湖をめざして降ります。手のしびれはどんどんひどくなり、もうあかんと思う頃に舗装路に脱出。ここからしばらくは舗装路です。カッ飛ぶならここしか無いと全力で漕ぎます。下ハン握って飛ばします。トンネルでライトがずれて怖い思いを一度しましたが、なんとかクリア、再び滝越地区に戻ってきて舗装路途切れるまで登ります。でようやく27km地点のCP1に到着。ドリンクの補充をいただき、パワーバーをいただきました。少し復活して、再び登っていきます。ここの上りはgaaperさんが一緒に走った時に両足攣ってえらい目にあっていたところでそんなことを思い出しながら淡々と登っていきます。そして30km地点すぎからの降りからが地獄の始まりでした。

 ちなみにコース上はこんなところも。12946333_1998583608_95large.jpg
12946333_1998583610_175large.jpg
 とにかくドロップハンドルなのでブラケットを握るわけですが、もう握力もなくハンドルは暴れ、どうしようもなく最初の頃はブレーキかけなければイイやんと思ってかっ飛ばしましたが腕立てしすぎ状態で、どうにもなくなり、ブラケット握れなく落車。これを4回繰り返しました。いつもならもうゴールまでの降りでアウターローでガンガン漕いで行くとこなのに、止まり止まりで腕と胸をほぐし、最後はユニの人に追い越され、なんとかゴール。

 ゴール時のアナウンスが「今年も居たんだ!小径車!!」と言ってくれてのが覚めてもの救いでした。12946333_1998583616_77large.jpg
12946333_1998583614_147large.jpg
12946333_1998583611_10large.jpg100kmとのスタート時間の差が一時間あるので実質4時間40分くらいでしょうか。3時間台で前は走っていたのに。しかも舗装路が1/3あるコースならもっと短縮できたはずなのに。。。

 機材は慎重に選びましょう。「gaapでリジッドフォークは禁止です」が教訓です。

 ぼろぼろで松原運動公園に戻ると豚汁のサービス。12946333_1998583618_133large.jpgありがたいことです。お昼は王滝食堂にしようかと思っていたのですが、そこで炭火でステーキ焼いてステーキ丼700円に惹かれてそれにしちゃいました。12946333_1998583621_155large.jpg
 で、再びシャワー浴びて泥だらけの体をさっぱりして。CW-Xにビブタイツ履いていたのに砂がお尻まで侵入しており、王滝の凄さを全裸になって体感しました。右膝も落車の影響で打撲に擦過傷があちこちに。カラダ今も痛いです。。。

 帰りは素直に帰ります。途中、瀬田あたりで大雨。台風の影響でしょうか、雨渋滞でした。とにかく6時頃無事帰り、コインランドリーで洗濯も済ませ、お風呂も入り、今年の王滝も無事?終わりました。辛いんだけどまた行きたくなるのが王滝の魅力ですね。来年こそ、お金貯めて機材もっと良くしてもう少しまともに走りたいと思います。

 落ち着いて、受付でもらった記念品開けてみたら、いつも通りTシャツ。毎年分愛用しているので嬉しい限りです。12946333_1998841364_53large.jpgうーん、今年はデザインイマイチかな。よく見たら王滝って書いてないし。12946333_1998841365_175large.jpgパワースポーツさん、もっと王滝村を愛してあげてください!我々は王滝村が大好きなんですから!
スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR