梅阪フランスバスクフェア

田阪急百貨店で開催されているフランスフェアへ行ってきました。
今回のテーマはフランスバスクです。

バスクと言えばうちの奥様が留学していた思いで深い地です。留学中にバスクには10日ほど僕も行きました。
また、2011PBPの時に家族でフランスにいって、僕はPBPオンリーで走るだけだったけど、奥様と娘は3週間フランス滞在して、そのうち2週間バスクの知り合いのマダムのところに滞在していて、我が家にとっては思い入れのある地になります。

そういうわけでバスクの料理が食べれると聞いて行ってまいりました。

まずはフレンチバスクの港町サン・ジャン・ド・リュズ郊外の人気店
「シェ・マティン」が出店しているので晩御飯を食べに行きました。
12946333_2202127268_161large.jpg
12946333_2202127270_190large.jpg
バスク十字のテーブルクロスに期待感が高まります。
12946333_2202127395_53large.jpg
前菜はピペラドにタラのバスク風煮込みです。
12946333_2202127392_139large.jpg
続いてイトヨリのポワレ 豚足のパイ包み添え
12946333_2202127388_128large.jpg
アショア!「仔牛肉をつかった代表的なバスクの郷土料理です」
12946333_2202127375_70large.jpg
シャンパンとともに頂き、大満足。
デザートはもちろんガトーバスク。カスタードクリームとブラックチェリーの二種類頂きました。
12946333_2202127273_62large.jpg
12946333_2202127374_15large.jpg
非常に満足、大変おいしゅうございました。
メニューはこんな感じです。
12946333_2202127266_171large.jpg
あとは物販で色々見て回りました。
ガトーバスクはミュゼ・ドゥ・ガトー・バスクが出てたんですが、切り売りしかしてなくて断念。ホールで売ってたら買ったんですが。

バスクと言えばバスク豚。バスク豚のパテはもう絶品なんですよ。フランスいく度、缶詰を大量購入していたのですが、今回は、バスク豚を復活させた、Pierre Oteiza”のオーナーM.Oteizaが来日していらっしゃったので、ご挨拶に行きました。奥様の知人がオーナーとお知り合いでご紹介してもらっていたので。
12946333_2202127260_1large.jpg
12946333_2202127259_217large.jpg
12946333_2202127394_95large.jpg
もちろんPierre Oteizaのパテも購入いたしました。
12946333_2202127425_163large.jpg
バスク豚のサラミなどの詰め合わせも一緒に購入。
12946333_2202127419_1large.jpg
オーナーにうちの娘が気に入られ、バスクの象徴、赤いスカーフをプレゼントしてくださいました!
12946333_2202127428_41large.jpg
12946333_2202127426_194large.jpg
12946333_2202127417_28large.jpg
あと、フランスバスクの伝統衣装でコスプレも。
12946333_2202127263_198large.jpg
12946333_2202127262_77large.jpg
今晩は、バケット買ってきてバスク豚でパーティーしますよ。
スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR