BRM515福山200km gaap参戦記

総社200kmに引き続きの連チャン200kmです。


今回も実走スタッフとしての参加です。

朝4:00起床、朝ごはんにおにぎり三個にバナナ。
荷物を片づけて、チェックアウト。駅前コインロッカーに荷物預けてスタート地点へ。

1.スタート~PC1

まずは受付のお手伝い。
12946333_2213227905_43large.jpg
12946333_2213227907_63large.jpg
12946333_2213227910_76large.jpg
12946333_2213227912_78large.jpg

BRM514総社200kmには小径車は自分以外いませんでしたが、今回は2台いてはりました。あと謎のルック車(笑)。

今日は6:00、6:30、7:00のスタートがあり、忙しい。

ブリーフィングも3回、車検も3回。

ただ、今回は受付スタッフが昨日実走スタッフに引き続きBAJ2400完走者のGさんが対応してくれているので、30分待たなくて7:00過ぎスタート。

今回の実走スタッフは2名、もう一方は2011PBPでご一緒いただいたYさん。
YさんはPC2にて通過チェックを担当していただく事になったので、先行頂き、こちらがしんがりを務めることに。

あんまり急ぐ必要はないかと思い、いつものペースでのんびりと走ります。

最初の通過チェック、ファミリーマート常石店(17.8km地点)に早々に到着。全員の出発を見送ってから、のんびりスタート。

20km地点でパンクした参加者を発見。
ちょっとお手伝いして、そのまま引いて、昨日渡船に乗った戸崎港へ。
12946333_2213227901_67large.jpg
ここは福山600knで財布を落とした云々でトラウマなんで昨日と同じく財布をしっかり持って落としていないかチェック・チェック。
12946333_2213227893_191large.jpg
12946333_2213227897_143large.jpg
歌港に上陸して、昨日とは反対側へ。

向島を回って、因島大橋へ。
12946333_2213227887_154large.jpg
しまなみ海道は現在、自転車料金は無料になっているのでそのまま通行可。
因島大橋は道路の下を走ります。
12946333_2213227886_10large.jpg
12946333_2213227885_56large.jpg
因島へ渡り、しばらくは道路に引かれたブルーライン沿いに走ります。

12946333_2213227878_126large.jpg
12946333_2213227873_180large.jpg
生口島橋を越えて、生口島へ。
途中、4人パックに集団に合流。女性2人を、チームジャージの方がジェントルに引いています。
こちらの2名パックも合流。メータ読み30kmのそこそこいいペースで進みます。

女性の方、お一人はフラぺ、凄いですね。

いいペースで進んでましたが、前輪がパンク。お先どうぞと言って前輪チューブ交換。
チューブに穴が見つからない。スローパンクっぽいけど、よくよくホイルを調べるとまたリムテープがずれてる箇所が。リム穴が露出しています。
また、タイヤブートを切り貼りしてリム穴塞いでチューブ交換。

昨日はチューブ2本持参で使い果たしたので、今回は3本装備。

あと2本あるし、なんとかなるかと。

多々羅大橋を越えて、大三島へ。
橋の上でクラクション。主催者さんが手を振ってくれてます。
PC1まで行くのかな?などと思いつつ。

大三島上陸後、再びパンクorz...

また、前輪。

しかも穴が見つからない。

タイヤ外してリムを見るとリムテープがもう限界なのか、あちこちズレてリム穴が複数露出状態。
根本的に対処しないとまずいかなと。

タイヤブートを切り出して、リム穴を徹底的に塞ぐことに。
時間かかるけど、この先まだ130kmはあるからここは慎重に。
これでアカンかったら、次はリムテープのまき直しやなと。

空気圧はあまりプレッシャーかけるとまずいかと思い4気圧ぐらいで道路ギャップにはなるべく注意して走ることに。

ここで痛恨のミス。昨日からの輪行に前輪パンク修理でタイヤの取り付け、取り外しを頻繁にしたせいでハブダイナモの端子をちぎってしまった。。。
仕方なく、パンク修理後、テールランプは電池式を点燈で。

大三島橋を越えて伯方島へ。
12946333_2213227847_133large.jpg
ここで再び最後尾集団に追いつきました。
12946333_2213227844_252large.jpg
12946333_2213227843_250large.jpg

この先は通過チェックがあるので、道を間違えんように。
ふるさと歴史公園へ右折した途端激坂に。

うーん、こんなところに罠が。

しまなみ海道の橋を登る以外は平坦と思い、今回は標高や斜度は全く意識してなかったので、してやられた感が。。。
しまなみ街道の橋は生活道路でもあるので、普通のママチャリでも登れるように平均斜度3%とほぼ平地。
ルートラボ上の画面では凸凹に見えるけど登りは無いと安心してたのに。。。。

短い距離だけどヒィヒィ言いながら登ってふるさと歴史会館へ。

主催者さんがここで待機してくれてました。

ここではスクリューの写真を収めます。
12946333_2213229758_97large.jpg
12946333_2213227835_102large.jpg
多分、しんがりやと思うけどと言うと、1名来てないって。
え?コース上、コンビニ含めてなるべくチェックしながら走ってきたのになぁ。

また、迷子ですか。

でこちらが手洗い行っている内に最終走者到着。

再びパックを組んで走行。
伯方・大島大橋を越え、来島海峡大橋を越えてPC1サンライズ糸山(110km地点)に13時前に到着。

2.PC1~PC2
12946333_2213229830_210large.jpg
サンライズ糸山では、食事は混んでそうなので、お買い物でレシートチェック。
バリィさんの靴下を奥様お土産に。

しばらく後続をいないのを確認して、休憩している参加者に出発を促します。
しんがりを務める実走スタッフなんで、「俺に追いつかれたら制限時間がやばくなるよ」と一応言っておく。

膝を痛めた方がいるのであまり無茶はさせたくないのでプレッシャー与えんように、皆がリスタート切って、来島海峡大橋越えてからこちらは、道の駅よしうみいきいき館へ寄ってこちらはお昼ご飯。

腰を落ち着けて美味しいものを食べる、ブルベの醍醐味ですね。

ここでは、鯛茶漬けが美味そうだったので注文。
12946333_2213229789_228large.jpg
12946333_2213229787_164large.jpg
鯛のお刺身に卵黄、ゴマダレかけて、良く混ぜてご飯にかけて、お出汁をかけて頂くとのこと。
これは美味かった!お出汁がいい味だしててゴマダレとの相性抜群。いい具合に鯛の風味と味を引き出してくれてます。

量も結構あって、満足して、リスタート。

途中サークルKにて先ほどの最終集団パックが補給休憩しているので、こちらも寄って、アイスクリーム休憩。
すっかりここで呼び名が実走スタッフから「足切りおじさん」に。足切りおじさんが来ると皆あわただしく出発していきます。

ここで、皆の出発を見送って、しばらくしてから追走。

伯方・大島大橋越えて伯方島通過。

大三島橋越えて大三島へ。

ここで最終集団に追いつく。
最後方から見守りつつ走っていくと、こちらが信号で切れたタイミングで、最終集団のみなさん、見事にルートを間違え、多々羅大橋入口をスルーして先へ。
信号変わって慌てて追いかけて、正常ルートへ誘導して多々羅大橋越えて生口島へ。

ほぼ次のPCまでは間違えないようの無い道なので見守りつつ進んで、PC2ドルチェ本店(152.3km地点)に16:30頃到着。
12946333_2213229774_122large.jpg
12946333_2213229772_160large.jpg

3.PC2

ジェラートを頂きます。
12946333_2213229775_252large.jpg
でこポンと伯方塩のダブルを頂きます。

ここで実走スタッフYさんと合流。

これで最終グループやと思いますがと話したところ、どうやら、ふるさと歴史公園の通過チェックを見落として、引き返した方がいるとの情報が。
それっぽい人はこっちは見ていないので、一応PCクローズまで待つことに。

時間的には30分ほど余裕があるので、先に参加者には出発してもらいます。

と、思ったらリュックを忘れたKさんが戻ってきて、再スタート。

PCクローズは17:08、お店の閉店が17:00なので、8分余分に待機。

誰も結局やってこなかったので、時間通り出発。

最初は自分がメータ読み30km/hぐらいで引いて居たのですが、猛者のYさんには物足りなかったようで先頭後退するとメータ読み36km/hぐらいでぐいぐい進んで行かれます。
アカン、これは死ぬと昨日のデジャブかと思うほどのハイペースで引き摺り回されます。

やばいやばいと思った頃合いで因島大橋の登りで、最終集団パックに追いついて一息つけました。
そこからは護送船団方式で先頭Yさん、自分がしんがりで進んでいきます。

橋を渡って向島へ降りたところで、先ほどリュック忘れたKさんが居ない事に気づいて、皆に訊くと、まだ追いついてきてないですと。。。
こちらはPCを後にしてルート通りに進んできたので参加者見落としは無い筈。。。

となるとルート外れて、また、迷子かorz。。。
12946333_2213229769_153large.jpg
12946333_2213229770_75large.jpg
Kさん、GPS2台装備してるし、そのうち来ると信じて、今いる皆さんをゴールさせることに専念することにして先へ進みます。

渡船のってしまなみ海道を後にして、R2へ。

車通りが多いのでテールライトの点燈を指示。

何とかR2をクリアして、旧道に。ここからは対向車も多いので前照灯も点燈指示。

日もほぼ落ちて福山市街地へ。

福山城へ歓声を上げながら突入。

最後の坂を予想してなくて、いきなり右折で勾配上がるからびっくり。踏み込んだらチェーン落ちして危なかったですが、なんとか耐えてお城の下まで。
12946333_2213227915_153large.jpg
福山城公園湯殿にAudax近畿の幟が立っており、そちらでゴール受付。

無事に19:30に到着で護送任務完了。

ゴール受付で聞くと、残りはKさんのみ。逆走した方はゴール済みの様で安心。

さて、どうするかと思いつつ、しばらく待ってたらKさん30分遅れて20:00に無事到着。

やはり道間違えていたらしい。

タイムアウトまで30分残して最終走者ゴールで、今回はDNF無の全員完走と言う好成績。

ブルベ初めての方も多くいて、この成績はなかなかよろしいんじゃないかと。

後片付けを手伝って、輪行帰宅。

「お家帰って、洗濯終わるまでがブルベです」を忠実に実行。

プロテイン飲んで傷んだ筋肉に修復剤を与えて、更に水風呂で筋肉を冷却。
風呂の間に2日分の汗臭いジャージを洗濯機掘り込んで回して、洗濯物干してブルベ完了。

深夜1:30に就寝と相成りました。

今回は2日間にわたり実走スタッフとしてお手伝いを初めてさせていただきました。
至らぬ点もあったかと思いますが、大変勉強になりました。

1年前からのコース策定から申請、ルート確定、募集、キューシート作成、コマ図作成、スタッフ認定試走、ブルベカード管理に当日対応、認定メダル管理にピンバッジ販売、さらにはこの後、認定集計に認定申請、ブルベカードの返送、様々な業務がある中の、スタッフ業務のほんの一部分、触りだけですが大変なことがよくわかりました。


参加者の皆様方、一緒に実走スタッフで同走頂きましたGさん、Nさん、Yさん、コース主催のHさん、京都シリーズ主催のKさん、ありがとうございました。大変楽しく走れました。

また、ご一緒させて頂けましたら幸いです。

6月は娘のピアノ発表会とコンクールと忙しく、ブルベる日程が取れないので、次回はBRM910米原200kmエントリ出来たらいいなと思っております。
というか、昨年のBAK1107をタイムアウトDNFしてるのでリベンジ必須ですね。

ちなみにBRM1008大津600km新潟片道はエントリーを済ませました。

なので、近畿ブルベは7月、8月とお休みですので、どこかへ遠征しようかと検討中です。400kmでお勧めあればなぁと。
スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR