セルフディスカバリーアドベンチャー王滝100km gaap参戦記

久しぶりにSDA王滝100kmに参戦してきました。

4年ぶりで正直42kmから行くかと思ったけど、今年は沢山走ってるので42kmじゃ物足りなくなるかなぁと思い100kmに申し込みました。

ただ日程的に910が米原200kmですぐに921から須波1000kmとなると自転車の用意が間に合わなくなるため、今回は、奥様のsakura号をお借りしての参加となりました。

単純にsakura号だといろいろ問題があるので、いろいろパーツを用意。

ホイールは今までも王滝に使っていたのりさんから提供いただいたXTRハブの頑丈ホイールに交換。
12946333_2229565894_178large.jpg
フロントサスはkikukawaさんに提供いただいたROCKSHOCKSのサス。
12946333_2229565783_214large.jpg
で、コンポはRDと変速機とリアスプロケはMATTさんから提供いただいたもの。
12946333_2229565895_157large.jpg
12946333_2229565892_186large.jpg
20インチでロングゲージのRDだと地面とのクリアランスがほとんどない。
12946333_2229565868_234large.jpg
巨大な42tのスプロケット。160mmのディスクローターより大きい!

後、フラペだったのでXTRペダルに交換。
12946333_2229565890_19large.jpg
こんな感じで王滝仕様に。
12946333_2229565865_176large.jpg

お宿はへらこぶらさんにご一緒どうぞと温かいお言葉に便乗。

いやぁ、皆様の温かい協力のもと成り立っている自転車ライフです。ありがとうございます!

しかしながら、組み上げたのは8月のShimano鈴鹿終わってから。
組んで変速調整しただけで近所走って終わり。

実際のダートは現地ぶっつけ本番とこの辺りから暗雲立ち込め感がいっぱいですね。

0.スタートまで

レンタカーで王滝村まで300km。これが一番疲れる。
最近クルマ乗ってなかったからクルマの速度域で視覚に入ってくるものを情報処理すると脳が疲れるのか着いた早々頭が痛い。
運転自体は長年クルマ乗っていたので身体が覚えているので違和感全くなく乗れるのですがどうも降りると身体がふわふわした感が強い。
何はともあれ王滝村に。
12946333_2229565822_122large.jpg
まぁ、まずは腹ごなしで、いつもの定番の王滝食堂に。
12946333_2229565819_191large.jpg
今回は贅沢に猪豚ステーキ定食を頂きました。
12946333_2229565888_170large.jpg
12946333_2229565816_18large.jpg
続いて、松原スポーツ公園へ。
12946333_2229565813_144large.jpg
12946333_2229565809_162large.jpg
12946333_2229565807_71large.jpg
受付を済ませ、久しぶりにのりさんに再会。
12946333_2229565852_91large.jpg
怪しいマシンでの参戦です。
では、早速試走がてら王滝の湯まで。
7kmほどの行程で往きはずっと登りで2キロほどダートがあるので調整走にはちょうどいい。

実際乗って負荷かけての変速はどうもスパスパ決まらずストレスに。何度か調整を繰り返して変速がきちんと入るように。
ただ、ローの最大42tは綺麗に入ったり入らなかったりどうもうまくいかない。まぁ、小径車で42tはあまりにもアカンかと思い、F34t×R42tではかなり高速でくるくる回しても3km/hも出ない・・・。歩いたほうが速い。
あ、ちなみにF50tに入れるとチェーンの長さが足りず、変速した瞬間にチェーンとディレーラーが伸びきってロックするので使えない。

ということでまぁ諦めてギアは10枚で行くことに。

無事王滝の湯について、汗を流します。
12946333_2229565806_55large.jpg
12946333_2229565847_185large.jpg
帰り道は降りダートで今度はサスの具合確認です。

フロントサスがあるだけで楽ですね〜。

空気圧も規定値できれいにショック吸収してくれるので全然大丈夫。概ねセッティング完了。

松原スポーツ公園戻るとそろそろお宿に行くとの連絡なので、お宿へ移動。

お風呂で再び汗流して、晩御飯。
12946333_2229565796_177large.jpg
12946333_2229565800_201large.jpg
鯉こくを酢味噌で頂きます。

然しながら、さすがへらこぶらさんのお友達、濃いメンツです。
mk-2ってカメラの話題かなってキーワードが出てきたら即エルガイムって話題になったり(そこはガンダムmk2でないの?)(笑)とかで楽しい。

で、明日は早いので20時に消灯睡眠。

本番当日は4時起床。お天気はあいにくの雨。
朝ごはんのお握りを頂きました。
12946333_2229565792_19large.jpg
雨装備に。と言っても特に何も持ってきてるわけではないので、アームカバーとつば付の帽子を装備するだけですが。
後、ジャージの下にSpyderのd3oのプロテクターを装備。暑いといらんと思っていたけど、この天気ならありかなと。

4時半出発、5時頃松原スポーツ公園到着。
マシンを並べます。
12946333_2229565790_3large.jpg
もう一台のgaapはkikukawaさんの。レフティフォークの渋くてカッコいいのです。
12946333_2229565837_230large.jpg

で、雨に打てれつつスタート待ち。
12946333_2229565834_157large.jpg

1.スタート〜CP1

いつも通り、霊峰御嶽山に安全祈願をしたうえで、スタート。
今回はスタート位置は後方なので、安全な速度帯で進みます。

舗装区間を抜けて、ダートに突入。いつもなら渋滞で足付きとなるパターンですが、今回はちょうどいい具合に二列渋滞でダブルトラックを登って行けます。
雨でなかなか身体が暖まらず、ペースが上がりません。kikukawaさんについて行こうと頑張りましたが、生憎脱落。しばらく黙々とエンジン暖まるまで漕ぎ続けます。
延々登り続けて身体が暖まってきて、ようやくペースを上げ始めます。

ガレ場で石に弾かれて体制崩して一度足付きはありましたが、後は調子よく。こうなると脳内麻薬が出てきてイケイケになります。
そんなこんなで最初の500mアップの登りをクリア。

降りはアウタートップに入れてガシガシ漕ぎまくり。
今回はSpyderのd3oのプロテクターを装備してるので怖いものなし。
また、今まで、ドロップハンドル、ブルホーンハンドルでしか、王滝は出たことなかったですが、今回はフラットバー何で降りでの安定感が違います。
サスペンションもしっかり効いていつもは振動で腕と胸筋にダメージがあるのですが、今回はショック吸収が良くて快適。
12946333_2229565787_120large.jpg
sakura号にはHOPEの油圧ディスクブレーキを装備しているのですが、このブレーキがまたイイ。軽いタッチでしっかり効いて楽に降りの速度調整が出来ます。

雨が本降りになってきた中、降りをいい具合にかっ飛んで調子こいていたら、降りの最後の所の大きな水たまりで、いきなりガボガボって音と共に減速。。。
リアがパンクですorz。。。

雨の中、チューブ交換。
CO2ボンベで急いで直します。

で、再びの登り。

ここで調子よくいきたかったのですが、パンク修理で身体冷やして、テンションガタ落ち。また、しばらく身体温めて脳内麻薬出るまでチンタラ登ります。
登り切っての降りでギリギリCP1行けるかなと思いまたガンガン踏んでたら、水たまりでまたパンク。。。
リアホイール外してチューブ交換しようとしたら、バラバラって。。。
ん?
と、思うも間もなく、カセットスプロケットがバラバラと脱落。

えぇっ!!!!

ロックリングが振動で緩んでいたのかまさかのギア崩壊。
頭がパニックに。

とにかく、散らばったギア板を集めて、ホイールのフリーに嵌めていく。
ロックリングかまして、さてどうやって締めようか?
ロックリング回し工具なんて携帯工具にもちろんない。

ロックリングには微妙に工具を入れるギザギザの隙間があるので、携帯してきたアーレンキーセットの一番細いやつでの隙間に差し込んでぐりぐり回してロックかかかるまで何とか回してみる。

何とかはまったみたい。

で、落ち着いてチューブ交換しようとしたら、まさかの、ギア板一枚が地面に残っているorz。。。

もう一回、アーレンキーでロックリング外すことを試みる。なかなか外れない。焦る。
何度か試行錯誤してようやく外して、再度、ギア板を組み立てる。ギア数も数えて間違いないように確認して、再度、ロックリングをアーレンキーで強引に締めていく。

サイクリングニパ子のGodahand社製の剛性高いアーレンキーを持ってきて助かりました。細い隙間に差し込んで強引にロックリング回しても幸いなことに何とかなったので。普通の携帯工具のみならどうにもならないとこでした。

で、今度は、チューブ交換して、空気入れようとしたら、CO2ボンベ2本あったのが降りの振動で脱落したのか無い。。。
ちなみにCO2ボンベはレザインの製品で2本セットをボトルゲージに簡易ポンプとセットに出来るものをセットしていたのですが。。。まさかのボンベのみ脱落。
仕方なく簡易ポンプでシュコシュコ空気入れて。また、このポンプ、口金延長ホースがボンベと共通なんですが、使いにくくて仕方ない。
ホースが硬くてバルブにねじ込みにくいこと、これはひどいって製品です。

簡易ポンプなんで入れたい空気圧までたどり着けず、多分1bar位。2barは入れたかった。

CP1までは最後登りだから空気圧高めで行きたかったのですが、それも叶わず。
足切り時間が。。。

もう心折れて押し歩きですよ。

雨の中、とぼとぼ。気が付くと道は川のように。。。
12946333_2229565786_71large.jpg

靴の中はじゃぶじゃぶ。
12946333_2229565831_105large.jpg

疲労困憊でCP1へ。

途中でGPSデータが途切れてしまってる・・・。

2.DNF

雨が酷くなってきたのでリタイア下山は集団組んでとのこと。
二回目だな、このリタイアコース。

この帰り道三回目のパンク。。。
しかも携帯ポンプのOリングパッキンが切れて、ロクすっぽ空気入らない。
レザインのポンプは他にも使っていたけど、Oリングがダメになることが多いね。
次からはもう使わない。
必死こいてポンピングしてギリギリ走れるレベルまで。
舗装路にはたどり着いていたからよかったよホント。

後、42kmのコースのトンネル。
もちろんライトは装備してないから押し歩き。

ここは空間把握感覚がおかしくなる不思議空間。
歩いてても落車しそう。歩いて分かったんですがコンクリ舗装と土部分と4列に分かれてるんですね。
42kmでライト付けていても落車多発するのがよくわかりました。

無事に松原スポーツ公園にたどり着いて、豚汁を頂きました。
後、へらこぶらさんからおでんと。
12946333_2229659474_69large.jpg
写真提供mrma310さん

kikukawaさんも残念ながらCP1で10分オーバーの足きりだったらしく、もう着替えてはりました。
こちらも着替えて撤収準備。


3.帰宅

帰路もずっと雨。参りました。
でも帰宅と共に雨が上がったので荷揚げが助かりました。
すぐにでも休みたかったのですが、洗濯だけはしとかないといけないので、コインランドリーへ。
王滝の泥は目が細かいので家の洗濯機だとフィルターを通過してしまい洗濯槽が砂だらけになってしまうので大型業務用洗濯乾燥機があるコインランドリーへ。
12946333_2229565878_79large.jpg
コインランドリーで洗濯まで済ませてその日は就寝。

翌日、コイン洗車場にてジェットスプレーでsakura号から泥を洗い流して、拭き取って完了。
12946333_2229565829_8large.jpg
12946333_2229565826_169large.jpg
今年のセルフディスカバリーアドベンチャーへの参戦はこんな感じで終了しました。
12946333_2229565875_80large.jpg
12946333_2229565872_112large.jpg
次回は来年の5月末か6月初だろうから、それまでに、王滝専用gaapを用意してダートを走りこんでもう少し先へ進めるように頑張りましょう。

後、sakura号は時間見て一回ばらしてオーバーホールしないとね。洗車したと言っても王滝の砂はあちこちに入り込んでるはずなので、ばらしてグリスアップしとかないと。

では、次は。。。
走り終えていますが、AJ広島主催のBRM921須波1000kmのレポートとなります。
スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR