BRM415枚方600km お手伝いの記録

BRM415枚方600kmのお手伝いスタッフとして参加してきましたのでその記録です。

1.スタートお見送り

 まずはスタート。
 4月15日の6:00何で、始発では間に合わないので自転車で行くことに。
 家からは枚方って自走したことなかったのでいまいち距離が分かっていなくて深夜2時に起きて出発してみました。ルートはグーグル先生にお任せしたら中環走るルートを指定。まぁ、夜だし交通量も少なくサクッと付いてしまい、30分ほど枚方大橋で待つことに。

 天気予報では温かくなる予定だったので薄着で来たのだが、まだ日の出前。待ってる間は寒かったです。

 5:00を回って参加者がちらほらやって来る。この時期で600kmに挑むヘンタイ・・・チャレンジャーに敬意を表しつつ受付します。主催者さんと2人で受付。さすがに忙しい。大体受付を終わらせてブリーフィングに入る前に車検対応。そのままブリーフィング。車検対応を継続対応しつつ、PC4での有人PC対応の説明。忙しいな、もう。で車検・ブリーフィングを済ませて皆さんをお見送り。日の出とともに80人ほどのヘンタイ・・・チャレンジャーが枚方大橋を越えて旅立っていきました。
12946333_2250731305_123large.jpg
12946333_2250731307_44large.jpg
12946333_2250731310_72large.jpg
 皆を見送ってから、DNSの確認。残ったブルベカードと事前のDNS連絡を突き合わせて、出走リストに情報を記入。問題無い事を確認の上、一旦、高槻駅から輪行帰宅。

2.PC4開設準備

 いったん帰宅して、自転車を置いて、再び出発。
 フロアポンプ担いで。
12946333_2250731358_252large.jpg
 敦賀経由、若狭本郷です。

 敦賀に至るまでは新快速。そこからは小浜線。

 途中、湖西線では雨。あれ?天気予報と違う。不安を覚えつつ敦賀乗換。
 敦賀では乗り換え時間5分の隙に途中下車してお昼ご飯を買い込み、若狭本郷へ向かいます。
 琵琶湖沿いとは打って変わって天気は良く、安心。
12946333_2250732918_195large.jpg
12946333_2250732902_188large.jpg
12946333_2250732906_2large.jpg
 無事に若狭本郷の駅についてPC4へ。
12946333_2250731347_4large.jpg
 準備に取り掛かります。

 まずはAUDAX KINKI幟の設置。
12946333_2250731353_87large.jpg
 一応、キューシートで佐分利川の看板左折と指示出してもらっているが、まっすぐの路でスルーする方もいるかもしれないので、幟のポールに持ってるテールライトをつけて点燈。更にお古のEL5402個で幟自体も下から照らすことに。ここまでしてスルーされることは無いかと思うが。
12946333_2250732899_15large.jpg

 後は、受付用のテーブルと電源関係の用意。
12946333_2250731351_18large.jpg
12946333_2250731350_241large.jpg
12946333_2250731355_230large.jpg
 それから軽トラ乗って近所のスーパーに買い出し。
12946333_2250736127_193large.jpg
12946333_2250736119_112large.jpg
 それから無理矢理リュックに括り付けて運んだフロアポンプと。

 ここまで準備してから夕食。
12946333_2250731344_138large.jpg
12946333_2250731345_65large.jpg
 若狭湾の春の風物「いさざ」を頂きました。

 夕刻、いきなりの雷からの大雨。
 雷がひっきりなしになる大雨です。

 あ、これはヤバいかもと思い、畳を汚すのは申し訳ないのでブルーシートに雑巾の用意。

 で、少しだけ仮眠してから皆を待ち受けです。

3.有人チェック開始

 幸い、先頭が来るまでに雨は止んで一安心。

 PC4に先頭は20:50頃到着。
 PC3までのレシートチェックの上、到着時間を記載。

 雨に会ったか尋ねると前方の雷ビカビカを観て、ラーメン屋に入られて少し時間を潰してから来られたようで幸いな事に会わなかったそうです。休憩するか尋ねると休憩するとのことで、上がって少し横になられました。

 と言ってるうちに二人目到着です。

 10分ほどで先頭の方が起きてきて、二人パックになって再出発していきました。

 ここからしばらく誰も来ずネット観ながら時間つぶし。

 日付も変わろうかとした頃に第二集団が到着。

 日をまたぐ感じで数人が一気に到着。

 お一人を覗いて皆さん仮眠取って行かれるとのことで中に案内。
 意外と気温が下がってたようで電気ストーブをお出ししたら皆様そのあたりで暖を取りつつ雑魚寝で仮眠。

 そこからぱらぱらと到着はじめて3時半ごろから5時がピーク。
 8畳間2つで16畳のスペースが野戦病院のごとくぎゅうぎゅう詰め。
12946333_2250731338_199large.jpg
 少し申し訳ないとも思いつつ、意外とこのPCで仮眠の方が多いことが想定外。
 
 舞鶴あたりでホテル取るのが距離的にベストかと思っていたので、寝るスペース無いんですがと言われても困ってしまいました。兎に角隙間もぐりこんでとお願いして対応。狭いスペースで申し訳なかったです。

 到着されて、シフトケーブル切れとのご相談もありました。
12946333_2250731342_226large.jpg
 こんなこともあろうかと、シフトワイヤー1本とワイヤーカッター、ヘックスレンチは用意してましたので、渡して上げると、やり方が分からないとのたまう。。。
 仕方なく、受付の波が済んだら見てあげるので待ってもらい、隙間時間が出来たのでではではと交換するかとフレーム下に手をやるとワイヤーが無い?!ん??と思い良く見てるとフレーム内にワイヤーを通す内装式のフレームではないですか。これは困った。さすがに自分のやったことのない作業は出来ない。そもそも、フレーム内にケーブル通すのってどうやったらいいのか皆目見当がつかない。
 残念ながら「できません」との通告を。

 詳しく状況を訊くと、200kmほどこの状態で走ってきたらしい。
 ん?と言う事は、日本海出てあの山陰海岸のアップダウンを4速固定で越えてきたの?と聞くと、もっと前、夢前あたりからこの状態とのこと。すげぇよ、この人。この状態で若杉峠もループ橋も但馬トンネルも越えてきたって。別に修理しなくてもこのまま行けんじゃね?とも思いつつも、何かアドバイスできないかなと考えてみる。

 若杉峠とかの長い峠は流石にきつくて少し押し歩きしたらしいが、山陰海岸のアップダウンは短い登り返しは楽勝っぽいことをのたまうので、この先敦賀で関峠100mアップ、さらに滋賀との県境、新道野越で260mアップしかないので、この剛脚なら彦根は間違いなくたどり着けそう。ならば、ここはまず仮眠して彦根まで行ってもらい、彦根の「侍サイクル」さんがコース近くにあるので、なんとかそこまでたどり着けとアドバイス。と言う事で仮眠に入ってもらい、再びたくさんの参加者チェックにしばらく忙殺されます。

 この辺で活動時間がこちらも24時間を超えて妙なテンションになってきます。
 ややハイになりつつ、この先ってどうなんですか?って質問に、えらそうにこの先はどこぞでこんだけ登ってその先は如何やこうやと、エラそうに講釈垂れまくってました。
 正式キューシート発表前の自作の標高書き込んだので色々説明。
12946333_2250810397_239large.jpg
 はい。え〜と、自分は試走で城崎でDNFしたので、もちろんこの若狭本郷の先って走ってませんね。何エラそうに講釈垂れてんねんと心の中で自分にツッコミを入れつつもテンションあがってるので調子乗りつつ止まりません。
 皆様、スイマセン。エラそうに言ってましたが私は走ってません。。。。

 5時ごろには第三集団ぐらいが出発していきます。
 先ほどのワイヤー切れの方が焦って起きてきて、侍サイクルさんって12:00オープンですよって。今、出発したら11:00には着いちゃいます!って。
 イヤイヤ落ち着け。彦根のクローズが15時以降やから、問題ないやろって。早く着きすぎたら、ファミレスでも入って昼ごはん落ち着いて食べて行けばええやんと諭して、出発を見送る。
 一応、心配なので侍サイクルさんの名前を入れてツイッターで呟いておく。

 5時の波が終わると根が生えて出発できない方々が屍累々状態。

 この時間以降に到着してくる方も結構多い。

 舞鶴でホテル宿泊組が6時ごろ到着して、最終集団を率いて出発。

 ほぼ、はけたかと思いつつ、リストメンテして残存勢力を確認。4名ほどいない。

 まぁ、クローズタイムの7時まで待つかと。

 ギリギリ10分前に到着1名。もうこれで最後かと思ったら4分前に飛び込んでくる人も。
 途中寝過ごして、やばいと思って舞鶴から全力疾走してきたみたい。ハァハァ言いながら、受付を済ませ見送り。

 クローズタイム過ぎて、さて閉めるかと思い、部屋を振り返ると残存者1名。
 胃がやられて飲めず食えずでここまで来た参加者です。胃痛も激しく、とにかく横になって体長復活を願って横になってもらってた方です。2時間ほど横になっていたけど、回復できずとのこと。

 残念ながらDNFを宣言されましたので記録と。

 帰り道は若狭本郷駅がすぐなので道を教えると歩いて輪行して帰るとのこと。
 で、後片付けしてると、最後にもう一名、到着。30分過ぎての到着でDNF。前半飛ばし過ぎて膝をやられ失速して、途中、仮眠しつつ来て時間切れ確定したが、とにかくここまで来たとのこと。もう限界な上にタイムオーバーなのでDNFするとのこと。駅までの路を教えて見送り。

 主催者さんとDNFした人との突合せを行い、7時30時点で行方不明者無を確認して撤収となりました。

 最後にお部屋を綺麗に掃除して、玄関を片づけて、幟を撤去して、挨拶して撤収。


4.帰路

 若狭本郷駅は9時台の電車逃すと昼まで電車来ないので、急ぎ駅へ向かいます。
 時間を調べると西舞鶴で特急乗って京都出る方が早いみたい。

 先ほどのDNF2名もまだ駅に。

 胃痛のお一方は湖東の方とのことで敦賀経由で帰られるとの事。
 もう一方とは大阪までご一緒。

 西舞鶴行が先に来たんで、敦賀往きが来るまで寝過ごさんようにお声掛けしてから我々は撤収。
12946333_2250731335_249large.jpg
 若狭富士こと青葉山に別れを告げ西舞鶴に。
12946333_2250731333_166large.jpg
 ここで特急待ちを約一時間。

 で、特急「まいづる」到着。
12946333_2250731324_214large.jpg
 やだ、何これ、カッコいいんですけど!

 乗り込んでびっくり。自由席でソファみたいなシート。
12946333_2250731328_12large.jpg
12946333_2250731331_76large.jpg
 自由席は文字通りフリーダムな感じでくつろいで帰路へ。

 途中、天橋立方面からの特急の連結も中から観て興奮。

 しっかりくつろいで京都到着。

 そのまま新快速に乗り換えて大阪まで。

 大阪でこのままゴール受付に行くか悩んだけど、陽が上った後、暑くて片づけで汗かいたし、幟用のポールやフロアポンプとかの荷物もあったので、一旦帰宅することに。

 帰ってシャワー浴びて着替えてすっきりしてから、再び枚方へ。

 途中、ツィッター観てると侍サイクルさんから「対応しました」ってつぶやきが!
 深夜の無茶ぶりにどうやら対応してくれたようで、神対応!感謝!!

 お礼のつぶやきをしつつ、ゴール受付のラポール枚方に到着。
12946333_2250731319_10large.jpg
12946333_2250731314_164large.jpg

5.ゴール受付

 ゴール受付に上がると第二集団の皆さんが談笑中。
 無事の到着を祝いつつ、コースのどこがこうやとかいろいろブルベ談義。

 皆さん帰られてからは、しばらく間が空きつつ、ちらほら来る。

 空き時間は主催者さんとベルべネタやらなんやら話は尽きない。

 17時廻ると一気に来る。忙しい。

 20〜21時くらいがピークかな。

 21時廻るとお片付けに入ります。

 21:30でラポールは撤退。あと数名

 結局クローズ当時に飛び込んできた方で終了。
 DNFの突合せもして全員の安否確認も終了で、BRM415枚方600km無事完了しました。

 出走された皆様方、お疲れ様でした。慣れないスタッフで至らぬ点もございましたが、色々ありがとうございます。
 ここでSR取られた方は、是非GWの1000kmにチャレンジしてくださいね。

 では、また、どこぞのブルべでお会いしましょう!
  
スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR