携帯ポンプ考


 ロングライドにパンクは憑き物。。。
 ブルベを始めたころから様々な試行錯誤を繰り返してきました。

 特に携帯ポンプについては様々な製品を試して来ました。

 正直、携帯ポンプ沼に落ちてしまったわけです。。。

①Barbieriビジョンエアー

 ブルベ始める前は、CO2ボンベとハンドポンプのハイブリッド型​のbarbieriのビジョンエアーを携帯していました。
 これは空気圧ゲージ付きで、最悪CO2ボンベを使い切ってもハン​ドポンプとして使えるから良いかと思ってたんですが、ブルベ2回​目のアタック日光の300kmでCO2ボンベで空気入れ中に空気​圧ゲージが破裂して壊れ、その後、パンクを繰り返しているうちに​ハンドポンプの機能も壊れ散々な目に有って廃棄。
 やはりハイブリッド型はイイとこ取りしたようで、それぞれの機能​が中途半端で、普段使いにはいいかもしれませんが、ロングライド​のお供としては不適切と相成りました。
 製品情報見ると今は新型なので、使えるものになっているかもしれ​ません。
 

②LEZYNE MICRO FLOOR DRIVE HP

 次に購入したのが、LEZYNE MICRO FLOOR DRIVE HPのゲージ付き
12946333_2269197046_66large.jpg
 これはデザインに惹かれ買いました。性能的には足踏みのフットペ​グが付いているので高圧入れるのにも苦にならず、ゲージも付いて​るので非常に重宝しました。

 しかしながら、風雨にさらされるブルベで、ボトルゲージ脇に取り​付けていると、綺麗なアルミ削り出しのボディもボロボロに。また​、ねじ込み式のホースが付いているのですが、これが、初期型はビ​ミョーでネジ切りの精度が悪いのと、ヘッド部分をねじ込むために​クルクルフリーで廻る筈がこの精度が悪く綺麗にねじ込めない。結​局ホースと本体ごと回すと言った不細工な運用となっていました。​また、このねじ込みヘッドをホースの本体固定時に本体のネジきり​に付けるのですが、これがかなりのストレス。綺麗にクルクル回ら​ないから、空気入れ後の片づけに時間を食う羽目に。
 2年ほど使って、本体のゴムシーリングが傷み使い物にならなくな​り買い替え。
 その際に、バルブヘッドが改良されていたのかちょっとマシになっ​てPBPまで使いました。
 結局、その後、同じくゴムシーリングが傷んで使い物にならなくて​廃棄。
 3本目も買いましたが、ロングライドに使う気にならず、奥様のg​aapに付けています。ちなみにこれは新型。これも製品情報見る​と今は更に新型に更新されており、空気を抜くボタンが追加されて​いたりして、使えるものになっているかもしれません。

③TOPEAKターボモーフG

 次に購入はTOPEAKのターボ モーフ G
12946333_2269196737_241large.jpg
 フロアポンプの様にフットペグ付の大容量携帯ポンプです。
 嵩張るけど楽に高圧まで入れれるので、タイヤをパナレーサーのミ​ニッツライトPTの7/8(空気圧130psi(​900kPa)​)に替えた時に買い替え。短時間で楽ちんに高圧まで入れれるので​重宝しましたが、このターボモーフGは2つ欠点が。
 まず、折畳のフットペグが付いているのですが、これがプラで貧弱​。SPDシューズで踏んでると2回もへし折ってしまい、補修部品​のお世話になることに。
 もう一つはバルブヘッドの貧弱さ。
 バルブに押し込んでレバーを倒す式のバルブヘッドですが、これが​使いにくい。

 ディープリムのホイルを使っているので必然的にバルブは長いモノ​になるのですが、このポンプ使うと、バルブのコアを曲げてしまう​はへし折るわで散々。チューブを何本ダメにしたか。。。
 結局、一度、フットペグを折った時に買い替えましたが、二本目が​ゲージの不良で空気圧の測定が出来なくなって、お蔵入り。
 2本とも、押し入れに放り込んだままです。見た目も汚れて汚いし​、捨てるかってとこですね。

④ACORミニフロアポンプAS3

 で、ようやく最適解にたどり付くわけですが、何気に携帯ポンプ沼​に嵌っていろいろ調べていたところ見つけたのがコレ。ACORミ​ニフロアポンプAS3
12946333_2269196735_17large.jpg
12946333_2269196736_136large.jpg
 これが良いモノ。なぜ今まで出会わなかったのかというぐらい良い​モノ。
 まず、フットペグが付いていて、フットペグは金属製。安心して踏​んづけても大丈夫。
12946333_2269196744_162large.jpg
12946333_2269196743_100large.jpg
 そして、この収納式フットペグを開くと本体から空気圧ゲージが出​てくるギミック付!
12946333_2269196742_95large.jpg
 これは良いものですよ。

 そして、シャフト部分が伸びて、ポンピングがしやすい。
 しかも、説明書が無くて最初は気づいて無かったのですが、シャフ​ト部分の伸びるギミックは実は2段切替で、伸ばした状態では一回​当たりたくさんの空気を入れれて、縮めてると何と高圧で空気を入​れれると言う風になっていたのである。シャフトの伸長の切り替え​はシャフト根元を左右にねじ込むことで切り替えて使うというモノ​。
12946333_2269196739_142large.jpg
12946333_2269196747_9large.jpg
12946333_2269196746_142large.jpg
 で、バルブヘッドは米式/仏式両対応。左右でねじ込むタイプで、​青色側が仏式、反対側の赤色側が米式となっており、こりこり回し​こんできっちり空気入れ可能。
12946333_2269196738_81large.jpg
 ほぼこれ究極の携帯ポンプですよ。

 ただ、ねじ込み式の唯一の欠点。。。
 しっかりねじ込み過ぎて、外す時にバルブコアごと引っこ抜いてし​まうと言う惨劇が。。。

 疲れている時のパンク時にこれ食らうと相当ショック。
 しかも、疲れているからしっかり空気入れようとねじ込みし過ぎる​事に。

⑤ACORミニフロアポンプAS3改

 そういう訳でバルブヘッドをヒラメに付け替えようかとも考えてみ​ました。幸い何故か未使用のヒラメの横カム式が一個家に有る。
 でもこの重さで携帯ポンプは無いなぁなどと思っていた時に何気に​気になる携帯ポンプが有ったので買ってみた。
 パナレーサー BMP-22AEZ-S
1223.jpg
1234.jpg
 この口金が優秀で確かにワンタッチで着脱出来て便利。
12345.jpg
 しかし実際にブルベに投入してみたのだが、サイズが小さく、ポン​ピングで高圧入れるには限度があり、お蔵入りになってしまった。​

 で、このバルブヘッド使えないかな?っと思って、試しに強引に引​っこ抜いてみたら、流用できそう。

 と言う事で、ACORミニフロアポンプAS3のバルブヘッド取っ​て、取り付けてみる。

 ジャストフィット!
12946333_2269196741_108large.jpg
 ただ、ヘッド部分が大きくなるので、全長が長くなり、サドルバッ​グへの収納がし難くなったので、ホースの本体固定は諦めて、ホー​スを適度な長さに切断してバルブヘッド取り付け。収納時はベルク​ロで本体にホース巻き付けてみた。
12946333_2269196745_159large.jpg

 これで携帯ポンプ沼から脱出!出来るといいなぁ・・・。




スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR