BRM912泉佐野600gaap参戦記



SR取得のために600kmにチャレンジすること三回目。おかげさまでようやく完走を果たしました。一応レポートを書いておきますね。

1.準備編

 埼玉からの遠征になるので、準備が大変です。
  ・飛行機の手配
  ・宿の手配
  ・飛行機輪行の段取
 特に飛行機は往路は伊丹便しか取れず、りんくうタウンまで自転車かついで移動するのは大変でした。ついつい楽するために、特急はるかで行くことにしちゃいました。宿は、一番最寄のりんくうゲートタワーホテルに贅沢にも前泊、後泊を予約。睡眠は大事ですから。
と言うことで、仕事を金曜日午前中切り上げ、一度帰宅。急ぎ出発し、21時過ぎに到着。軽く用意をして早々に就寝。
ツインのお部屋で37階の夜景のきれいなお部屋でした。

2.出発

5時に起床。6時にホテルを出て、すぐに到着。
近畿は小径車も多く、早速、皆さん物珍しげにgaapを見物されちゃいます。そんなこんなでブリーフィング。参加者は50名程度。天気予報も悪い中、たくさんのヘンタイさん集合です。関空をバックに簡単な説明。
で、7:00に出発します。

3.スタートから~PC1

スタート地点から早速公園の出口が分からない(笑)、兎に角みんなに付いて行く。歩道を走って橋を越えて、一般道に突入。早速、雄ノ山峠に突入。ここでそれなりにトレインを組んでいたのが早速バラけます。

適度にペースに合う人の後ろに着かせてもらい、何とかややこしそうな序盤の道をクリアしていきます。特にライオンズマンションの右手に入っていくところは、普通なら走ろうとは思わないような抜け道で、かなりびっくり。で、海南越えて、ようやく国道42号に突入、これでしばらく一本道。ミスコースすることは当面ありません。

有田を越え、よく海水浴に行くとき通る道を通ります。すっかり懐かしい気分に浸りながら、進みます。海水浴には良く通った日高辺りはなんとなく懐かしく、大阪に帰りたい気持ちがふと出てきます。

しかし、さすが600キロ。PC1まで遠い!最初のPC1はキューシート見ると119キロですよ。いきなり、先が長く感じます。でもまあ、知らない道でもないんで、楽しく走ります。結構平坦なようで海岸線沿いなのでアップダウンの繰り返しで微妙に脚を使います。気がつくと100キロ地点ぐらいで右膝に違和感が。。。。先週のアタックヤビツで橋の欄干に激突して、いためた左太ももをかばって余計にダメージを受けた右ひざが突如痛みます。。。これはやばいと。まだ500キロもあんのに、この痛みはDNFっぽいぞ。しかしながら何とか12:40ごろにPC1に到着。ここはレシートチェックなので昼ごはんを兼ねて買い物。

昼はオムそばとピルクルで済ませ、先は長いので早々に出発。

4.PC1~PC2

膝の痛みが気になるので、薬局を探します。で、大き目のドラッグストアで痛み止めシップ薬を購入。痛みを止めて無視する作戦にでます。シップを貼り付け、急ぎ先へ進みます。

白浜町に突入。ここも海水浴に、花火見物に、更にはパンダを見にしょっちゅう通った町です。しかし今回はスルー。。。。ここまできてパンダの良浜(ラオヒン)、隆浜(リュウヒン)、秋浜(シュウヒン)にもまた会いたかったのですが涙を飲んで先を急ぎます(泣)。

相変わらず微妙なアップダウンに向かい風に苦しみながら進みます。
ようやく潮岬の看板が見えてきます。潮岬は半島で走っているとこからは良く見えるのですが、ちらと見ると急勾配の坂道が。。。しかも半島の先からえげつない向かい風。ここでこれは無いやろうと思いながらちんたら登っていきます。で、潮岬の観光タワーでスタッフの方が待ってくれています。ここで、ちょうど17:00です。結構いいペースで貯金もそれなりに確保できています。しかしここは補給できる場所が無いので、再び国道42号を目指します。

5.PC2~PC3

42号に戻って早々のコンビニで休憩。ちょうどコンビニ前にドラッグストアが合ったので、痛み止めの薬を追加。シップ系は汗ではがれやすいので、今度はスプレーで一気に塗れるのにしました。たっぷり右ひざにかけて安心感を得ます。コンビニでは、食欲落ちるのを防ぐためしっかり刺激のあるものを食べようとして、パスタでぺペロンチーノを頂きます。胃に刺激を与えて活性化させます。

さらにここで夜間走行準備です。ヘルメットにライトを取り付け、各ライトの点灯確認。で、出発します。

再び42号を延々走行するわけですが、ここで一人旅になります。しかも三重県に入り熊野の辺りで雨が本格的になってきます。今回は雨具を忘れてしまっていたので、ずぶ濡れになりながら進みます。気温はそんなに低いわけでも無いので淡々と進みます。しかしながら、270キロを越えた辺りから本格的に登り区間に入ります。結構身体も疲れてきており、ダメージも多い中の峠道はかなり厳しいです。しかも眠気。。。。

つらいつらいと文句を言いつつ登ります。道の駅で何度かドリンク補給の休憩を取りつつ、PC3を目指します。日付も変わり深夜1:30ごろにようやく紀伊長島の道の駅まんぼうに到着。早速ドロップバッグを受け取り濡れたジャージ。肌着を着替えます。仮眠場所は既に結構埋まっており、仕方なく屋根はあるだけという状態でエマージェンシーブランケットに包まって兎に角寝ます。周りはブランケットに包まれたミイラ上のブルベライダーだらけ、異様な光景ですが、睡魔に襲われているので兎に角寝ます。3:30に寒くて目が覚めます。。。もう少しと思いつつ目が覚めてしまったので仕方なく4:00頃出発します。

6.PC3~PC4

この先も相変わらず坂道を登ります。夜間でしかも眠気全快、膝の痛みも痛み止めが効かなくなってきておりやばくなってきます。峠道を脱出した頃に夜が明けてきます。この辺りで4人組の早い人たちの後ろに着かせてもらいます。彼らにはこの先あちこちで付かせて貰いかなり引いてもらい高速巡航できたのでほんと助かりました、なかなか気にいい兄ちゃんたちで大変助かりました。後この辺では、ビアンキの小径車乗りの方とも同行させていただき、眠気でつらい状態の中、ホント助かりました。で、朝の7:00にPC4、385キロ地点に到着。右ひざの具合は一向に良くはならないがここまできたら、何とか完走できそうな気がして少し気分が楽になってきます。時間貯金も1時間半あるしね。

7.PC4~PC5

お陽さんも登って明るくなってきたのでようやく目が覚めてきました。たまごサンドにバームクーヘンで朝食をとり、出発。

いきなりサニーロード等とお気楽な名前の激坂(今から考えると激坂では無いのですが、痛んだ身体には激坂でした)に突入。20キロほどアップダウンを繰り返し、ヘロヘロぼろぼろになって行きます。しかしながら何とか坂道区間を脱出、南伊勢から松坂に抜けていきます。松坂はいると肉の店があちこちあるのですが、胃がへたって来たため食欲がわきません。。。仕方なくスルーで、先へ進みます。三重県庁をスルーしたところで、一台のロードの方につかせてもらいます。向かい風の中、いいペースで引いてもらいました。またまた、人様のお力を借りて先を進みます。この方とは最終50キロも同行させていただきホント助かりました。で、そのまま、PC5国道1号関宿に到着。11:30ごろなので何とか二時間貯金を追加します。何とか食べないと死んでしまうので無理くりざるそばをコーラで流し込みます。さらにポンジュースでビタミン補給。さらに痛み止めを更に塗りこみ出発です。

8.PC5~PC6

ここから先は最後のメインイベント、針までの国道25号のアップダウンです。最初は国道25号の旧道に行きます。途中砕石場があり、整備されていない旧道は舗装も無くなり悪路をがんばって登ります。ここでいつもの4人組にパスされます。しかし下りきった辺りで何とか追いつき、伊賀辺りで再び彼らについていきます。何とか、最後の補給地点の490キロ地点のコンビニまで同行し、休憩する彼らをにお礼をいい、下手れ脚のこっちは先を急ぎます。ここから名阪国道沿いに旧道のアップダウンの厳しいところです。ひたすら文句を口に出しながら登っては降りを繰り返します。最高標高地点が515mと分かっていたため、470mまで上がりもうすぐやと思ったとたん、また下らされ、次こそはと登って標高500mまできて今度こそと思ってまた下り。心が完全に折れたところでようやく天辺に。そこからすぐにPC6針のコンビニです。ここで16:30ごろだったかな。何とか1時間貯金を残して最後のゴールに向けて出発です。

9.PC6~ゴール

ここから再び一人旅。兎に角下りなのでかっとんで行きます。天理まで下る下るで一気に降りて、天理市に入り、彩華ラーメンを横目で見ながら、食べようかとは迷いましたが、胃が受け付けない気がしたのであきらめ、今度は平地ちんたら進みます。ようやく大和川にたどり着き、帰ってきた気分になります。ここで橋の欄干に近畿600がんばれメッセージのポスターが張ってあり、かなり感動しました。先を急ぐため写真を撮らなかったことを後悔していますが。この先は大和川沿いで、唯一奈良から大阪に抜けるのに峠を通らなくていいコースなので安心して進みます。王寺の辺りで関宿まで付かせて貰ったロード乗りの方に追いつかれます。日も暮れてきたので二人でゴールを目指します。藤井寺から外環に抜けて、三原のロータリーから阪和道の下を抜けて26号を目指すわけですが、さすがに堺を離れて10数年。この辺の様変わり具合にかなり驚きながら進みます。深井の辺りでだんじり祭りに遭遇。少し血が騒ぎますがおとなしく前進。26号に入りもう20キロでゴールってところで二人とも脚が売り切れ。仕方なくコンビニで休憩。最後の補給を行います。胃が何も受け付けそうに無いのですが無理やりそうめんを流し込みます。二人してボーっとしてると一人ブルベライダーが通過。いかんいかん、こうしてる場合じゃないので再出発。何とか21:00過ぎにゴールイン。ほんとにかなりうれしかったですね。落ち着いてコーヒー飲んで待ったりさせていただきました。カップめんも頂きました。で、ここで落ち着いていると事故の連絡。。。26号入ってすぐのとこで車と接触。スタッフの方が様子を見に行かれたようですが、ゴールまで後20キロで事故ってDNFなんて悔しいだろうなぁと思います。

しばらくして4人組も帰着。お世話になった皆様にお礼を行ってホテルへ帰ります。自転車を輪行バッグに入れて片付けして、速攻、風呂に入り、この世のものとは思えない香りを放っている自分をきれいにしてすっきりして、寝ました。

何はともあれ、無事にSR取得。これで胸を張ってブルベライダーだといえますね。また、距離感壊れたヘンタイに一歩近づくことが出来ました。次は今年最後のブルベで埼玉の300にするか千葉の400にするか悩むとこですね。
スポンサーサイト


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR