BRM304枚方400km gaap参戦記

 BRM304枚方400kmにgaapにて参加してきました。
 この時期の400kmはリスクの方が多いので厳しいのですが、GW開催の倉敷発の中国地方一周1000kmの参加資格がSR必須なので、ここで押えておく必要があり出走しました。

 正月の玉川101で200km、高松102で400kmを既に認定あるので、後は300kmと600kmを取る必要がありますが、近畿で300kmがスケジュールの都合で出走できず、となると上位互換の400kmかと言う事で今回のBRM304にと言う事です。

0.準備〜スタート

 キューシートとGPSデータの作成。
12946333_2246761591_159large.jpg
12946333_2246761589_60large.jpg
ここまではいつも通り。というか、2月はいろいろバタバタしており、ブルベも松阪200km走るのみで自転車にまたがったのはその1回のみ。準備も2日前にキューシート、GPSデータ作成の体たらく。整備も空気入れるだけで何もしてない状態での出走となり、相当準備不足でそもそものリスクを自ずから作っていたようなもんです。

 しかもスタート時間を何故か8:00と勘違い。9:00スタートだったので朝ゆっくりで良かったのに4:30起きで始発輪行。オーバーナイトブルベでは事前の睡眠が大事ですが、睡眠4時間程度で行ってしまいました。

 スタート地点は山田池公園。最寄駅が東西線の藤坂駅でしたので、うちから一本で行けるので楽でした。
 8時スタートならこのスタート地点もありですね。
12946333_2246760749_16large.jpg
12946333_2246760747_84large.jpg
 ブリーフィングを経て、8:00組の出発を見送り、9:00組なんで9:00スタートと相成りました。

1.スタート〜PC1

 スタートからは珍しく快調。スロースターターな自分にしては珍しくロードの方の集団に相乗りさせていただきました。奈良県との県境の峠に風の森峠と小さい峠を2つ越えますが、ほぼ集団を外れることなくPC1にお昼ごろに到着。PC1はローソン 五條住川町店、8:00スタート組に食料が食い尽くされている可能性があるので、手前の7-11で先に補給。
PC1には12:00頃到着です。この時点で約1時間の貯金確保。順調順調。
ちなみにPC1のローソン 五條住川町店は泉佐野ブルベでよく使うPCでしたね。帰り道のPCによく設定されています。

2.PC1〜PC2

 先に手洗い・補給は済ませていたのでPC1ではコーラ飲み買い物してレシートゲット。
 早々にリスタート。暫くは泉佐野ブルベでよく使うコース。
12946333_2246760769_172large.jpg
 紀ノ川沿いに出て調子よく進みます。途中、R424木津バイパスがなんと当日開通のルートでしたが、9時スタートだったので問題なくで、その手前の7-11で一度ドリンク補給。ここからが本日のメインディッシュの山田牧場に至る登り開始地点。

 ルート的には往き側の方が斜度がきつい筈なので、ちょっとばかり気合を入れて走り出します。
 12946333_2246760767_227large.jpg
 今回は600km、1000kmへ向けての布石だし、また、鈍った身体に活を入れる目的もあり、往きはアウター縛りで。復路では夜間の通過になるために、道の状態も確認しながら登ります。

 何箇所かアスファルトの傷んだ箇所があり、一か所はダートっぽい所もあったので記憶。

 ヒイヒイ言いながらかなりの登り脚を削られて山田牧場に到着。
12946333_2246761597_53large.jpg
 記念撮影。

 降り面は荒れて無いようで登りで失った時間を回復すべく鬼漕ぎ。
12946333_2246760762_48large.jpg
 一気にPC2ローソン広川インター前店(140.5km地点)に日暮れ前、17時前に到着。

3.PC2〜PC3

 PC2出るとY字路でそのまま、室川トンネルへの登りへ。

 標高213mまで登りますが、先ほどの山田牧場で登り脚が売り切れてしまったので、アミノバイタルでドーピング。ヘロヘロアウター縛りのまま何とかトンネル到着。そのまま、一気に海岸沿いまで出て、後はひたすら白浜方面へ。
 平坦とはいえ、海岸線は意外とアップダウン有り、登り脚が削られてるので登りは控えめ、降りと平坦は頑張る路線で。
12946333_2246760761_161large.jpg
 陽も落ちてきて道も暗く。

 180kmも越えて、そろそろ8時スタートの先頭とすれ違う頃。

 3人ほどすれ違って、185km地点で、すれ違い様、名前を呼ぶ声が。
 なんとinainaさん。暗い夜道でよくこちらが分かったもんです。
 お疲れ様!頑張って!とエール交換。

 白浜への入り口を右折して、少しアップダウンして白良浜へ。
 PC2ファミリーマート白良浜店(207.9km地点)に21時過ぎに到着。
12946333_2246760760_46large.jpg
 白良浜も真っ暗でした。
 
4.PC3〜PC4

 ファミマにたどり付いて店の前に和歌山ラーメンのお店があるなぁと思い、晩御飯はラーメンにしようと思い、お店は入って手洗い済ませて、レジに行くと何故かパスタとお握りとコーラを買ってしまうと言う罠に。意外と疲れてるみたいで思考回路が上手く行ってない感じ。ラーメン屋の暖簾観ながらコンビニ飯の悲しさよ。。。

 片道12時間で来たので帰り道も何とか12時間で走り切りたい。今回はスタート地点の山田池公園でゴール後BBQ開催有りとのことで事前に申し込み、受付でお金を払っている。昨年のBRM1029みたいに遅れて肉の無いBBQは勘弁なので、食事を流し込んでいそいそと出発。ちなみにBBQは朝9時スタート。火起こし準備とか考えても9:30にはゴールしたいと。

 今回は折り返しブルベなので来た道をそのまま戻る。まぁまぁのペースで走ってるが、登りでペースがガタ落ちなので平地で頑張る。
 
 やはり疲労からか、何故かここで次のPC4広川インターのクローズ時間を2時と勘違い。2時間の貯金やから、67kmを12時ぐらいには通過しないと?と勘違い。室川トンネルの時点で、とっくに時間も過ぎ去り、もうアカンと諦めモードに入ってしまい、ようやく室川トンネル超えて降って行く時点で諦めてモードに。
 次の広川インターのPCは確かイートインがあったから朝までそこで過ごすことなどを考えてしまう。

 で、PC4ローソン広川インター前店(275.2km)に1時半過ぎに到着。

5.PC4〜

 降りで身体が冷え切ってしまったので、広川インターでホットレモン呑んで一息。一応レシート取ったから時間をキューシートに記入。そこでクローズ時間は9時スタートだから3:20であることに気づく始末。。。まだ2時時間近く貯金合って余裕やんと。

 勿体ないので、早々に走る用意して出発。

 ただ、身体冷え切ってしまったので、出て直ぐ、再び先のローソンにイン。
 ウインドブレーカーを着こんで、手袋が夏モンだったので、手袋を購入して眠気覚ましのコーラを飲んで一息。
 そこでコンビニの店員さんとおしゃべり。
 「今日は何かのイベントです」
 「ブルベってやつで今日は枚方-白浜往復ですよ」
 「ああ、よくやってるやつですね、和歌山一周の時はうちの店がPCなんで大変なんですよ」
 「あ、そうなんですか、いつもいつもありがとうございます。今日は広川インター店の方が往きも帰りもPCなんで向こうの店員さんはてんてこ舞してますよ」
 「えっ!そうなんですか?自分はこっちと広川インター両方見てて、今日はこっちなんですと、向こうだったら大変だったよ!」
 「いつもいつもスイマセン(なぜか謝る)」
 「また、和歌山一周あるんですか?」
 「また今年もあるんで宜しく」と言っておきました。

 で、ちょっと一息してから山田牧場の登りへ。
 ちょっと登ってもうだめ。早々に押し歩き。。。。
 一度DNFと思って気力を立て直すのは難しい。
 何とか押し歩きして山田牧場までたどり着くも、くだりは道が悪い所抜けるまでペース上げれらないしでゆっくり目。アスファルト荒れてたところ抜けて精一杯降りを漕ぐも、身体が芯まで冷え切ってします事に。
 陽も登ってきて何とか気力を立て直したい所やけど、眠気と放射冷却でさすがに身体が暖まらず。。。
 県道13号にて力尽き、一旦、歩道に避難して横になる。

 タイマーで15分だけ寝落ち。

 アラームで起きて自転車跨るも地面に横になったので更に身体が冷えてしまい、まったく走れない。

 紀ノ川の対岸で列車の音が聞こえた時点でプチンと心の折れる音が聞こえました。

 大門口橋で対岸に渡り、和歌山線の西笠田駅へ。
 駅に着いたら、王子往きの電車が出る所。となると、単線だからしばらく電車来ないかと思って時刻表観たら5分後に和歌山行が来る。

 チャッチャッとgaapをバラシテ輪行袋に放り込み、切符買って(ICOCA圏外)、ぎりぎりセーフ。7:06発の電車で輪行。
 車内から主催者さんへ連絡。寒さにやられてDNFしますと。

 エ〜っと言われてしまいましたが、もう折れた心は取り戻せないので、BBQには行くからと言ってあとはひたすら電車の旅。

 後20kmでPC5セブンイレブン五條二見店だったので、ヘロヘロとはいえ1時間走れば貯金30分程度で間に合ったのに。まぁ、後の祭りってやつですね。

 和歌山駅でくろしお乗って天王寺から京橋経由学研都市線で再び藤坂駅へ。

 10時過ぎにゴール受付に到着。

 堂々?のDNFとなりました。

6.BBQ

 到着したらちょうど、炭の火起こしが済んで肉が焼き上がり始めたタイミング。
 帰ってくるなりちょうどいいタイミングと言われちゃいました。DNFですが。
12946333_2246761596_175large.jpg
12946333_2246761600_147large.jpg
12946333_2246761592_222large.jpg
12946333_2246760751_153large.jpg
 10時ごろには日差しもぽかぽかでちょうど良いBBQ日和。

 DNFして家に直帰しなくて良かった。

 途中、ゴール受付してる主催者さんが肉食べれないと騒がしかったので受付を交代。

 ゴール受付をしばらく担当します。

 ゴール受付で皆のレシート時間見てると大体おんなじペースで走っている感じ。
 諦めなければ完走できてたなぁと激しく後悔。

 主催者さんにもこの400kmクリアしてないとGWの1000km走る走力は無いよと言われる始末。
 うーん、2月はさぼりすぎたなぁ。。。

 受付したり、ブルベ四方山話などしつつ、最終走者の受付を11:40に済ませて片づけなどで13時位までだべってましたでしょうか。

 お開きとなって再び輪行帰宅。

 洗濯機回して、風呂入って、ソファーで寝落ち。
 夕方、家族が帰ってきて起きる始末。洗濯物干してブルベ完了。

 と言う事で、今回は無念のDNF。
 SRリーチが掛かっていた今回の400kmを逃してしまったので、とにかく今月中に300kmを少なくとも完走せねばならなくなりました。
 と言う事で、次回はBRM326たまがわ300km、大洗-銚子の海鮮巡りの深夜0:00発ブルベです。
 当初は片道で大洗で聖地巡礼DNFを狙ってましたが、本気で完走狙いで行かねばならなくなりました。

 ちょっとだけ、がんばるぞ!


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM212松阪200km gaap参戦記

 アイスブルベでは10km程度しか走らなくて、実質今年入って走ったのは正月のBRM101とBRM102のみ。
 流石にこのままでは鈍ってしまうので隙間を狙って申し込んだBRM212松阪200km走ってきました。


0.スタートまで

 日曜日ブルベなので、準備はのんびりめ。
 キューシートとGPSデータの作成は平日に。そして自転車の整備は土曜日に。
 そもそも、アイスブルベからgaapは放置状態でスパイクタイヤ履かせたまま。
 土曜日にホイールごと換装。

 チューブも451用に入れ替えて、ドライブトレインに注油して整備完了が昼ごろ。
 土曜日は各地で雪降る悪天候で装備をどうするか迷ってしまったが、天気予報は好天の兆しが有ったので防寒装備は間引いて用意。

 奥様のバレエのレッスンが終わってから出発の予定が、昔のお友達と盛り上がって昼間から呑んできたらしく帰宅が遅くなり、陽が落ちてからの出発。甲子園から輪行して、上本町で近鉄特急に乗り換えて一路松阪へ。夜遅くに到着したので生憎お肉屋さんはどこもラストオーダー後。。。前に300kmブルベでゴール受付したホテルにチェックインして、仕方なくコンビニ飯でしのいで早々に就寝と相成りました。

1.スタート〜PC1

 駅前に行くと多数のランドヌールが。あれ?こんなに出走者いるの?
 結構びっくり。
12946333_2244630544_119large.jpg
 ブリーフィング。今回クイズポイントがややこしいところらしいのでみんな注目。
12946333_2244630547_184large.jpg
 受付が混雑してるので、ちょびっと車検のお手伝いをして、スタート。
 と言う事でほぼしんがりにてスタート。

 でも7:10ぐらいにスタートかな?

 天気はいいけど、寒い。身体が暖まるまでペースが上がらない。市街地から出ていくと少し路肩に雪が残ってます。微妙に凍ってるところもあるけど、ほんの少しで走るには影響ない。でも寒い。ちょっとウェアの選択間違えたかな。。。上半身はいいけど、下半身が寒い。パンダーニのロングビブを履いて来ればよかったなぁと思いつつ。シューズカバーもほしかった。脚が寒いとペダル回しても回しても血行が良くならず寒いまま。。。往きは追い風区間だから稼ぎたかったけどあんまりペース上がらず、でも数名追い越して調子こいてたら、35キロ地点ぐらいで穴ぼこに前輪落としてボコンと嫌な音。

 あ、これはリム打ちしたなぁと思いつつ、登りに差し掛かりそのまま能見坂へ。登り切ってトンネルくぐって前輪チェックしたらやはり空気圧が落ちてる。スローパンクしてるようで、もう一本トンネル抜けて広い所でチューブ交換。
12946333_2244631023_46large.jpg
 ちょうど橋のたもとで景色良く、写真撮られてる方が数名。結局、ここでほとんどの人に追い越されて、おそらく最後になって、最初の通過チェックフォトコントロール河村瑞賢公園へ。
12946333_2244629341_162large.jpg
 河村瑞賢さんが誰かはよく知らないけど、写真納めて、手洗い済ませて、次へ進みます。
 ようやく体も温まり、追い風基調でPC1ファミリーマート近鉄賢島駅改札外店(96.9km地点)に昼過ぎに到着。
12946333_2244629340_176large.jpg

2.PC1〜PC2

 貯金は1時間以上もあり余裕。アメちゃんだけ買って、次へ進みます。
 ここからは志摩半島の先っちょ御座白浜までの折り返しルート。
 既に先頭はぐるっと半島廻ってきてます。

 たくさんの方とすれ違いながら御座を目指します。海辺の景色は天候もよくきれいなもんです。
12946333_2244629310_111large.jpg
12946333_2244629309_192large.jpg
 この御座白浜には大学生の頃に一度海水浴に来たことが有り思い出ぶかいです。
 但し、そん時は一日、台風に遭遇し、唯一の国道が冠水し、民宿でこの後、救援に自衛隊が来るらしいみたいな話になって、いやいや、別に台風去るまで居て、その後、海水浴して帰るからと断ったことがあると言った記憶ですが。台風一過の天気は良く気持ちよく遊んだものです。
12946333_2244542690_138large.jpg
 そんな記憶を思い出しながら、御座の港に到着。郵便局で多くのランドヌールが集まっている。
 今回は、通過チェックはクイズポイント。
 御座港の中にある潮仏の隣の石碑に書かれている和歌を選んで穴埋めすると言ったモノで、難易度高いから、救済措置として、郵便局の監視カメラの型番を控えるのもいいとのことで、こちらに集まっているみたい。
 まぁ、それもいいけど、まずはクイズポイント探そうと漁港の方向かっていきます。
 と、自転車が置いてあるところについて、ちょうどクイズポイントから戻ってきた方がいて、この先奥だよと教えてもらい、無事に潮仏に遭遇。
12946333_2244542692_189large.jpg
12946333_2244542699_121large.jpg
12946333_2244629313_203large.jpg
 クイズ確認して回答をブルベカードに記入して、一応写真に納めて次に進みます。
12946333_2244542713_154large.jpg
 ここからは半島の内側?を戻っていく事になります。一度軽く登って橋をすいーっと抜けて行きます。
12946333_2244630540_218large.jpg
12946333_2244630538_137large.jpg
12946333_2244630550_174large.jpg
 で、再び、15時頃、ファミリーマート近鉄賢島駅改札外店に到着。ここがPC2(142.1km)地点となります。
12946333_2244629113_35large.jpg

3.PC2〜PC3

 ここまでほとんど補給をしてこなかったのでまずはコーラ補給。
 近鉄特急「しまかぜ」を写真に納めてたりして、軽く休憩して、出発。
12946333_2244629338_50large.jpg
 コーラだけではお腹空くのでここは予定通りCOCO'Sへ。
12946333_2244629331_229large.jpg
12946333_2244629335_20large.jpg
12946333_2244629333_69large.jpg
 無事にクリアファイルゲットして、復路をひたすら走ります。

 帰りは北へ向かう事になるので予想通り、北風、向かい風。。。
 しかも、結構な爆風。ずっと斜度2%ぐらいの路を登ってる感覚。
 延々と続きました。さすがにヘタレてしまい、メータ読みの時速が20km/hを切ることもしばしば。

 PC3ローソン伊勢二見町茶屋(175.4km地点)には日も落ちるころに到着。

4.PC3〜GOAL

 毎回、松阪ブルベに来ると伊勢神宮に参拝していこうと思うのだが、向かい風にやられて、今回も断念。
 うちの小学校は大阪では珍しく修学旅行が倉敷・鷲羽山だったので、お伊勢さん詣でを関西人としては珍しくしていないので今回こそはと思ってましたが残念。また、次の機会に。

 日も暮れて、暗くなってきて相も変わらず向かい風。。。

 コースプロファイル的にはノートラブルで10時間後半台、トラブっても11時間台と思っていたけど、ふたを開けたら向かい風にやられて12時間台のゴールに。

 ゴールの阪内川スポーツ公園(203.9km地点)には19:12到着。

 ゴール受付に行くと珍しく渋滞中。
 12時間ちょうどぐらいが一番ゴールした人多かったみたい。

 ゴール受付済ませて、無事にメダルとAudax近畿謹製200kmバッジも購入。
12946333_2244628487_96large.jpg
12946333_2244628485_203large.jpg
 赤福もちを頂きました。久し振りに食べたら滅茶旨かった。甘いものが染みますね。
12946333_2244629326_41large.jpg
 しばらく、次の枚方400kmのコースの話で盛り上がりつつも、電車の時間が気になるので、退出。多分最終走者が武道館外に出た時に到着したみたい。お疲れ様&完走おめでとうと言いつつ、駅へ向かいます。駅までは3km。手袋を仕舞ってしまい、指がかじかんでしまいましたが、松阪駅で輪行セット。

 お土産と駅弁を購入。
12946333_2244629110_183large.jpg
 特急にて一路大阪へ。
12946333_2244629323_45large.jpg
 パッケージ取ると牛が怖いんですけど。。。
12946333_2244629321_86large.jpg
 駅弁が蓋を取ると音楽が鳴ると言うモー太郎弁当なるもので、焦りましたが、中身は肉びっしりで疲れた筋肉には沁みる味でした。大変おいしゅうございました。
12946333_2244629316_232large.jpg
12946333_2244629314_121large.jpg
 最寄駅には23時頃到着。
 日曜日ブルベだったのと200kmにしては疲れてしまっていたので洗濯は後回しにして寝てしまいました。
 
 次は再び400km、BRM304枚方400kmです。ここで400km落とすと、3月中に別に300kmブルベをクリアしないと行けないから、ちょっと頑張らんとね。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

アイスブルベ2017−【アフターブルベ編】−

宴会付のブルベと言えば大体フレッシュとか忘年会(ブルベ界隈では10月末のBRMか11月、12月の走行会)とかが有りますが、フレッシュは24時間走る続けるため、ほぼ屍状態で臨むことになります。しかしながら、アイスブルベは日中時間帯で終わり、宿泊地も温泉なので、リフレッシュしてから宴会と言う事で、それを楽しみに行っていると言っても過言ではない!
12946333_2243271893_201large.jpg
と言う事で、皆の無事帰還を確認して宴会に突入なので有りました。

1.アフターブルベ【宴会編】

 まずはお酒。
12946333_2243271897_220large.jpg
 日本酒大好きの北の有名人Mさんの元、各地から集まった日本酒たち。
 こちらは六甲山の麓から宮水(西宮神社の南東側一帯から湧出する、日本酒つくりに適していると江戸時代後期から知られている水。灘五郷の酒造に欠かせない名水として知られる。)の産地。そうなればそれなりのモノを差し入れなければと言う事で、宮水の湧き出す場所に一番近い酒蔵のお酒を持参。これは、西宮市内の特約酒販店しか卸されていない(ネット販売すらない)、「宮水の郷(無濾過)」です。毎年2月に絞るお酒で今年の新酒はまだ手に入りませんが、しっかり一年寝かせたモノです。後は大吟醸で一本。それと自分用のシャンパンを。他にもあちこちの銘酒が並ぶ様は壮観でした。

 で、主催のKさんの挨拶・乾杯と共に宴会スタート。

 豚シャブを食べ、大いに呑んで大騒ぎ。
12946333_2243271896_211large.jpg
12946333_2243271894_204large.jpg
 DNFしたから全然疲れてないし、元気いっぱいでおしゃべりしまくりで、21:30で一旦宴会場はお開きになりましたが、お宿の好意で部屋はそのまま使っていいと言う事で、そのまま、深夜まで宴会。
 さらには部屋呑みに突入し、多分深夜2時頃まで大騒ぎしてました。
12946333_2243446744_133large.jpg
 翌日は6:30起き。バリバリの二日酔い。。。頭痛いので温泉入って酒抜きして朝ごはん。
 
 当初、日曜日は十勝岳ヒルクライムに代表から誘われてましたが、アイスブルベ完走も出来ない実力ではご迷惑をおかけすることになると思い、謹んで辞退。日曜日はちこりんさん達のスキーに便乗させていただく事に。

2.アフターブルベ【スキー編】

 朝ごはんを食べて早々に出発準備。ちこりんさんの車に同乗させていただき、旭川方面へ。
12946333_2243271887_96large.jpg
 いい天気で、道路も除雪されており、良い状態。こんな環境でないと小径車では走れません。来年はこんなお天気でない限り出走しないと決めました。

 スキー場はカムイスノーリンクススキー場。
 麓ではスノーサイクルイベントが開催されており、ファットバイクがたくさんいました。

 で、スキーの予定ではなかったので道具はレンタル。
 ウェアは勿体ないのでサイクルジャージにレーパンで。
12946333_2243271993_14large.jpg
12946333_2243271995_137large.jpg
お天気最高!絶好のスキー日和。
12946333_2243271983_128large.jpg
氷点下で木々も綺麗に凍り付いています。
12946333_2243271990_210large.jpg
氷点下の中、グローブは防寒テムレスでOK!どんだけ最強やねんテムレス。
12946333_2243271861_119large.jpg
 自分含め、ランドヌール、ランドヌーズ5人で滑り出したのだが、ビビった。
 前の日にスキーに行きたいとちこりんさんに言って、スキーのレベルを訊かれ、自惚れではないが其れなりに上手いと思っているので心配なくとお伝えしたのだが、上手い下手とかで無くて、この人たち、おかしい。
 なんでも修行にする。

スマホで撮ってみた。

こっちはOLYMPUS AIR

これはレンズのみのカメラでViewが無いのを手持ちで撮ったから、水平になってない。見てると酔う。でもレンズはマイクロフォーサズレンズなので画質は良い。ヘルメットマウントできるカメラが欲しくなるなぁ。

 ゴンドラ乗って約3キロのコースを超高速ターンで滑降。再びゴンドラへ。集団で並ぶと混んでるので、一人レーンに並んですぐゴンドラ乗って山頂で集合。再び一気に三キロ、一回も停まらず滑降。で、無限ループ。これがお昼ごはんタイムまで続きました。

 皆さん、北の大地の方ですからスキーが上手いのはまぁ、想定内でしたが、ブルベしてる頭のおかしい人たちって所を忘れてました。無尽蔵の体力にモノを言わせて、ガンガン滑る。昼前に泣きが入って、既に太ももプルプル筋肉痛。

 お昼も、下のスキーセンターで食べると混むからと、ゴンドラ駅横のロッジで。
12946333_2243271868_126large.jpg
 食べたらまた、ひたすらスキー。

 旭川のTさんはヒルから用事があると言う事で、昼から一本滑って離脱。その後、Yさんの飛行機の時間までひたすら滑降。

 スキー合宿でした。。。

 でも、日曜日は最高のスキー日和で昨日とは打って変わって天気良くサイコーでした。

 皆さん、お付き合い頂きホントにありがとうございました。

 
3.アフターブルベ【札幌観光編】

 スキーの後はちこりんさんに札幌のホテルまで送って頂きました。
 ホント、お世話になりました。また、どこぞで一緒に遊んでくださいませ。

 で、ホテルにチェックインして、アイスブルベではほとんど使えなかったgaapを再び組み立ててホテル前に。
12946333_2243271851_117large.jpg
 そこで、街歩く人から不意に声かけられて、「これってgaapですよね?」って。
 gaapを知る人がこんなところにいるとは、かなりの不意打ち。
 話をしてると、gaapを持っているそうで。

 スパイクタイヤを履いたgaapにかなり驚かれてました。

 gaapの写真を撮って行かれましたので、また、どこかでお会いできるかもしれません。

 そこから、南風自転車屋さんへ。18:00まで営業しているとアイスブルベの時に伺ったので早速訪問。
 17:00頃にお邪魔してきました。
12946333_2243271856_88large.jpg
 そこから、自転車談義をたっぷりと堪能してまいりました。

 さすが小径車からFAT、ロングテールバイクとプロの知識と造詣は凄いですね。店長との会話中にFAT乗りのお客さんが来店。表に置いてる小径車は不審だったでしょうね。聞くとFATバイクはやはり便利とのことで、荷物積載用にサイドパニアの相談しに来たとのこと。ブルベの濃い話なども交えて、関わると沼に落ちますよなどと楽しく会話(引かれてるかもしれませんが。。。)して、閉店時間もすっかり回ってしまったので、おいとまです。

 あと、COCO'S道して。
12946333_2243271854_15large.jpg
 時計台よったり、フラフラしつつホテルに帰還。
12946333_2243271974_50large.jpg
12946333_2243271969_68large.jpg
12946333_2243271965_182large.jpg
 適度に温かい中(氷点下5℃位?)雪道走るとBBあたりやドライブトレインが跳ね上げた雪で凍り付きますね。
12946333_2243271849_26large.jpg
12946333_2243271848_173large.jpg
12946333_2243271846_76large.jpg
12946333_2243271844_161large.jpg
 後は、輪行セットして、翌日のフライトでおとなしく帰宅。

 空弁なるもので機内でお昼ごはん。
12946333_2243271842_132large.jpg
12946333_2243271841_69large.jpg
12946333_2243271840_168large.jpg
12946333_2243271839_234large.jpg
12946333_2243271836_170large.jpg
 洗濯峠に突入して、DNFながらもアイスブルベをめぐる旅が完了しました。


 R札幌の皆様方、アイスブルベに参加された皆様方、宴会に参加された皆様方(うるさい関西人でスイマセン)、スキーにお付き合い頂いた皆様方、兵庫県民勢としてお誘いして参加頂きましたGさん、Yさん、多数の方々に厚く御礼申し上げます!ありがとうございました!

 あ、スタート時にムービーも撮ってくれてました。ありがとうございます!


 今回の教訓:アイスブルベは晴れない限り小径車では走ってはいけない!
         【天候によってはSDA王滝100kmより難易度高いです】

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

アイスブルベ2017 gaap参戦記 其の弐

1.スタート〜・・・

 調子よくスタートしたものの、最初の除雪された区間が終わり、最初の曲がり角を曲がって、3キロ程進むと除雪されていない道に突入。ここからはいきなりペースダウン。昨晩降った雪でフカフカ路面にて進まず。取り敢えず先行してる人の轍に入りなるべくスパイクが噛むように前後輪に荷重かけてトラクションをコントロールして何とか走るも、轍から外れると雪面下の凍った雪面までスパイクが届かず蛇行。フラフラしながらなるべくファットバイクや車の轍に入りコントロールしようにもちょっとした雪の厚みでコントロール不能に。
 途中、立ち止まってると第4WAVEでスタートした60kmの方々に追いつかれる。その時に南風自転車店の店長にアドバイスをもらい、空気圧を落とす。
 ちなみに店長はパラトルーパーをアイスブルベ仕様にしての参戦です。
 ちょうどこのとき、スマホで音楽鳴らしており、このときかかっていたのが、トップをねらえ!GunBusterで、思わず店長が「努力と根性ですね(笑)」と。
 後輪のバルブキャップをはめてなくて、既にバルブの先端が凍り付いており、押しても空気が抜けず。前輪のみ圧を落としていく事に。
 確かに前輪だけでも空気圧落とすと接地面が増えて少しはマシンコントロールできるがどんどん雪の量が増えており、もうどうにもならない。努力と根性でもどうにもならない局面まで来てるのが分かってしまい、取り敢えずネタ写真の撮影。
12946333_2243271912_160large.jpg
12946333_2243271911_139large.jpg
12946333_2243271909_223large.jpg
12946333_2243271953_153large.jpg
 地図を観てると幹線道路まで行かないと除雪路面は無いだろうから戻るか進むか悩みどころ。取り敢えず、駅を目指すもおおきな道路と交接するまで行くかとトボトボ歩いていると回収車が。「乗ってく?」とのお言葉に思わず手を上げて「ハイ!」と。

2.DNF〜お宿まで

 ちーん。12km地点でDNF。しかも回収車の面倒になると言う最低の終わり方ですね。。。

 回収車にgaapを積んで頂き、そのまま、同乗。
12946333_2243271905_127large.jpg
 ヤバいですね、目が行っちゃってます。。。
 
 そのまま、巡回に同行させていただきました。

 途中、いきなり周りが真っ白に覆われて視界ゼロになるホワイトアウト、横風から雪が舞いあがり吹き付けてすべてが凍り付いていく地吹雪を車の中から体験しました。クルマもスタックの危機に陥る事もあり、ホント先に進まなくて良かったです。

 その後、同行させていただき、DNF連絡の名簿チェック等のお手伝いしつつ、麓郷の登りでまだ走ってる方の応援を。
12946333_2243271806_248large.jpg 
 さすがにFATバイクは圧雪されてない路面でもぐいぐい登って行きますが、タイヤ幅の細い(それでもおそらく2.5〜2.7ぐらい)のMTBではかなりきついみたいで、蛇行してるか、押し歩きの方がほとんど。

 一応、DNFするかどうかの確認をとりつつ行くも皆さん、まだ頑張るとのこと。

 そのまま、通過チェックのフラノジャム園(36.8km地点)へ。
12946333_2243271821_246large.jpg
 しばらく待ってると先頭が。先頭の方はMTBでした。
12946333_2243271812_115large.jpg
 MTBで相当なペースでここまで来られてると言う事は相当な脚力・技術を持っている方ですよ(後から聞くとかなり有名な方でXC等のレースで上位入賞されているとのこと。納得です)。

 で、誰もその後来ないのでジャム園を引き払い、少し下って、60kmの通過チェックの「北の国から」の「五郎の拾ってきた家」付近へ。
12946333_2243271810_209large.jpg 
 しばらく待って人が来ずで、取り敢えず、この後、回収が忙しくなりそうなので、先に昼食。

 卵とじ蕎麦頂きました。
12946333_2243271903_164large.jpg
 ここで多数のランドヌールが避難してきて満席に。皆に状況を訊くとかなり厳しい状態の様。

 この先、かなり巡回スタッフは忙しくなりそうなので、わたしだけ先にホテルへ戻してもらう事に。

 途中、除雪車とすれ違い。
12946333_2243271900_115large.jpg
 除雪された路面なら何とかなったような気もしますが、この後、再び天候が悪化したので、よかったかと。

 と言う事で恥ずかしながら自己完結できず帰ってまいりました。。。
12946333_2243271898_171large.jpg
 あ、ブル「ペ」がブル「べ」に直ってる。

3.その後

 gaapを輪行状態にして、温泉入って、受付で皆の走行状況を見守る。
 かなり巡回スタッフが回収に入っており、輪行可能な方を駅へ運んだり、DNF宣言した方のこの先の避難状況を確認し、必要なら回収車の手配をしたりと大あらわ。。。何もお手伝い出来ないのが不甲斐無さったら。。。。

 皆の無事の帰還を祈りつつ待機。
 ちらほらとタイムアウトDNFしつつも60kmのコーストレースして帰ってくる方も。

 60kmの方はタイムアップながらもその後、帰還者が。
 
 そしてついてに16:30に100kmの時間内完走者が帰還。
 ロビーは拍手に包まれます。

 予想通り、ふらのジャム園に最速でたどり着かれたMTBの方でした!
 凄いです!
12946333_2243271899_235large.jpg
 この後は日も暮れ、吹雪は更に酷くなるも、続々帰ってきて、最終的には18時過ぎに全員の安否確認が完了。

 結果としては100km時間内完走1名、60kmはタイムオーバーするも完走者数名と言う過酷なサイクルイベントとなりました。

 正直、走り出した時はまだいけると思いましたが、走り出して除雪されてない道路に行くとまったく走れない。雪道走行技術以前の問題で、タイヤ幅の狭い(シュワルベマラソンウインターしか選択肢が無い)小径車では今回の天候では走ってはいけませんでしたね。

 回収車のお世話になってしまい、スタッフの方々には大変ご迷惑を。また、私の走ってる轍(グネグネ蛇行している)を観て危ないと思われた方もたくさんいたようで、皆様方に心配をかけてしまい、今回のDNS判断しなかったのはホント反省モノです。昨年は氷点下15℃ぐらい(朝一番は氷点下20℃)で除雪された締まった雪面でスパイクがしっかり噛んで走れたと言う体験から甘く見てました。

 冬の北海道でFATバイクが実用的に走れる様になってきた中で、ウインタースポーツとして定着させたい皆の思いがあってのイベント、アイスブルベです。スタッフの皆様方の熱い思い、素晴らしい事です。何とか完走してその思いに応えたかったのですが、やはり、遭難や事故等の洒落にならない事態が起きないように回収して頂いた事は正解だと思います(自分的には自己嫌悪ですが。。。)。

 結局は、自分の実力(走力・技術)、小径車でのハンデ、等々いろいろ考えさせられました。

 でも、来年はと聞かれたら、多分また行くと思います。但し、北の大地の厳しさを身を以て体感できたので、次回はきちんと走る前の判断、走っている途中の判断、DNFの見極めをしっかりしたいと思います。

 唯一の成果は昨年、寒さにやられ脚の感覚が無くなるほど身体が冷えたことに対して、今年はしっかり対策をとれたことで、気温こそは氷点下6〜7℃程度でそんなに寒くもなかったですが、吹き荒ぶ風雪の中、身体が冷えてくる感覚は無く、服装的にはOKだったことが成果ですね。この辺りは冬の装備としては最強に近い形が出来たと思います。

 で、まぁ、走らなくても、楽しいイベントで有る事は間違いありません。

 と言う事で、次回、アイスブルベ−【アフターブルベ編】−に続く! 

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

アイスブルベ2017 gaap参戦記 其の壱

今年も行ってきました。アイスブルベ2017、北の大地をgaapで味わてってきました。

0.スタートまで

 金曜日、午前中で仕事を終わらせ、帰宅。伊丹空港へ。
 10kmほどの道のりですが、スパイクタイヤでアスファルト上を走るとギャラギャラたいそうなロードノイズが出て、道行く人にガン見されます。
12946333_2243271951_187large.jpg
 この日の関西の気温は14度くらい有り、長袖春ジャージで無問題。

 汗をかかない程度のビミョーなペースでたどり着き、輪行セット。

 早々に機内の人となりますが、北海道方面、雪の為、機材の到着遅れ。
 出発が30分遅延。

 いきなり出鼻を挫かれます。この時点で押えていた乗り継ぎの特急に間に合わないことが判明。
 但し、どうしようもないので、空港到着次第、列車の便変更を掛けることに。
12946333_2243271950_62large.jpg
 機上からは下が雲海で悪天候な気はするも、夕日が映えて景色はよい。下界の事は想像したくはない状態ですが。。。
12946333_2243277440_95large.jpg
 無事に新千歳空港到着。

 自転車受け取りみどりの窓口へ。次の列車に切り替えするも、当初、21:30に上富良野駅着の予定が、既に最終列車に変更となる。この時点で到着後、宿までの移動をタクシーに切り替え。道民の方々のアドバイスもあり札幌到着時点でタクシー会社に電話を入れて予約。
 安心して、駅弁を買い込み旭川へ。
12946333_2243271949_141large.jpg
12946333_2243271946_172large.jpg
 旭川で富良野行最終電車へ接続が悪く一時間待ち。

 一時間もあるし、街出てラーメンでも食べるかと外へ出ると吹雪いてます。
12946333_2243271942_34large.jpg
 これは、ラーメン屋まで500mたどり着く前に遭難するかもと思い、おとなしく駅の待合室にて待機。

 最終列車に揺られて一路、上富良野へ。
12946333_2243271940_78large.jpg
12946333_2243271937_170large.jpg
 列車の中で「アイスブルベですか?」とお声掛け。
 昨年、薄野200kmを小径車で完走されたランドヌールからお声掛けです。

 小径車でアイスベルべ出るんですよ〜等々盛りあがり。
 ブルベもメジャーになってきたのか、感慨深い。

 上富良野駅に到着し、輪行袋抱え、出口に向かって、あ、タクシー居た居た、で、よたよた近寄っていくと、同じ列車に乗っていたお客さんがすたすたタクシーへ。そのまま乗り込んで行ってしまいました。。。

 えっ〜!!

 ちなみに当日の服装は夏用ノースリーブインナーに長袖春ジャージ。昨年、移動時間帯は全て屋内で北海道の暖房が相当高く設定されていることから、いきなり新千歳到着して、ほとんどの防寒具を脱ぐ羽目になったので今回は薄着で、レーパンだけ冬用と言った次第。防寒具入った荷物は宅配便でお宿に送っていて、手持ちは無い状況。。。

 無人駅?無人の時間帯?で、駅舎のストーブの火も落ちている状態でこの格好で、いきなり遭難の危機に陥りました。
12946333_2243271935_24large.jpg
 自転車組み立てていく事も頭をよぎりましたが、除雪されてない吹雪の中、春ジャージで漕ぎ出しては1〜2kmとて遭難しそうだったので、落ち着いて、タクシー会社に再連絡。10分ぐらいですぐ行かせますとのこと。駅舎で凍えながら待機。さすがにヤバかった。無事にタクシー来てくれて、フラヌイ温泉到着。

 早速自転車組み立て。
12946333_2243271932_243large.jpg
 既に色んな自転車が。
12946333_2243271925_77large.jpg
12946333_2243271922_52large.jpg
12946333_2243271921_227large.jpg
 このタイヤ格差ww
12946333_2243271929_68large.jpg
 風呂も入らず就寝。

 翌朝、早めに起床して取り敢えず温泉を満喫。昨日の移動の疲れを取って、朝ごはん。
12946333_2243271918_6large.jpg
 着替えて、降りていくと多くの参加者が来ていますね。
12946333_2243271833_238large.jpg

1.ブリーフィング〜スタート

 一年ぶりのご挨拶や、見知った顔やネットでのお知り合いとご挨拶。

 お部屋の中で、ブリーフィング。
12946333_2243271823_83large.jpg
 主催者さんからのアイスブルベについて説明。冬の北海道と言う事で、通常のブルベと違い巡回車で回収も行うとのこと。安全には配慮とのことですが、一応、自分的にはブルベと名のついているイベントですので何とか自己解決で済ませたい思いもあり、装備には一応輪行袋をセットしていく事に。

 外に出て車検、記念撮影。
12946333_2243271917_89large.jpg
 南風自転車店の店長にもご挨拶。店長はパラトルーパーセミファット仕様で参戦。
12946333_2243271915_188large.jpg
 
 今回は60kmと100kmで合わせて50人のエントリーとのことでスタートは4つに分かれて、100km1、23と60kmに。
 自分は3番手出走。

 雪の降りしきる中、走り出しました。
12946333_2243271957_173large.jpg


小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR