第8回GSR-CUP in茂原ツインサーキット gaap参戦記

茂原ツインサーキットにて開催の第8回GSR-CUPにgaapで参加してまいりました。
12946333_2284127926_154large.jpg
サバイバルニパ子車で今回は参戦です。
ホイールカバーはミヤノサイクルワークス様のミニベロ決戦兵器のカバーをローロフハブ用に特別に作っていただいたものに、GRANTdesignにステッカーシートデザインし、施工してもらった特別なお品物です。

0.前日

 お休みとって移動。
 準備が間に合って泣く、うだだうしたり、クリーニング行ったりしてて意外と時間を取ってしまい、早々に出発して、一旦宿に行って荷物預けて身軽に都内に戻るつもりが、時間なく、仕方なく、輪行のまま、蕨の水餃子屋さん「江月」さんに。

 蕨駅に早めについたので輪行解除して、ウェットティッシュで自転車磨き。最後の悪あがきですね。開店前ですがそのままお店に。
12946333_2284127605_17large.jpg
 店長も先日肋骨折ったということで、骨折なかーまで、骨折トークで盛り上がり。
 今回はgaap仲間のgapperさん、k川さんもご来店。

 久しぶりのメンツに話が盛り上がります。

 もちろん、ピータン豆腐に水餃子、豚角煮に魯肉飯(ルーローハン)頂きました。
12946333_2284127604_64large.jpg
12946333_2284127673_28large.jpg
12946333_2284127671_187large.jpg
12946333_2284127670_27large.jpg
12946333_2284127669_121large.jpg
 どれもこれも大変美味しく明日のレースへ向けてたっぷり栄養補給と相成りました。

 前回来たとき、ロード乗りに送る「SDA王滝の進め」(written by @oyaoya_r1100rさん)を献本してるのをすっかり忘れてたので今回宣伝。
12946333_2284127608_212large.jpg
 いろんな自転車四方山話をしてると、最近ヒルクライムに目覚めたgaaperさんに、店長が、台湾KOMチャレンジ(標高0mのスタート地点からゴールまでの標高差は3,275m、コース全長は105㎞)のお話を振ってくれてGaapOwner'sClubにて参戦とかで盛り上がりました。

 あとは伊豆大島行きたいとか、そういえば乗鞍の宿とかどうしようとか、まぁ、久しぶりなんでいろいろ盛り上がりましたね。

 積もる話はまだまだあるのですが、ここから茂原まで移動しないといけないので9時ごろお開き。

 輪行セットして茂原まで。
 千葉国をなめてました。

 こんな時間だし、東京駅乗り換え余裕やろって思ったら、大混雑。
 スイマセン。ラッシュアワー状態で輪行しちゃってごめんなさい。当初の予定通り、昼間にホテルに行って荷物おいてくるべきでした。ホント、千葉国民の方々、ごめんなさい。

 ホテルついたら、本日満室とのこと。GSR-CUP決まったとすぐにお宿取ってて良かった。

 明日も早いので早々に就寝。

1.スタートまで

 ホテルを出てサーキットまで自走。
 途中のマクドで朝ごはん。

 荷物背負って、えっちらおっちら10kmほど。

 入場して受付行くと、ゼッケン等が行方不明。。。。
12946333_2284127665_65large.jpg
12946333_2284127664_230large.jpg
 今回エントリーしていたのは、AM中の3時間エンデューロとPMの3時間エンデューロ オフィシャルチーム「ろんぐらいだぁす!雛子さんチーム」の2つ。
 で、どうやらオフィシャルチームの方が持っていたれた模様。
 あとで分かったのですが、オフィシャルの方が、まとめて受付してるので持ってるからオフィシャルチームのところに来てねってTwitterで呟かれていたのを見逃していました。
 オフィシャルの方を呼び出してもらい、待つ。待つ。待つ。。。。ようやくお会いできてゼッケンその他もろもろを受け取り、慌ててゼッケン付けて、試走の間もなく、そのままスタート地点へ。
 幸いにも、コースインしてスタート地点までほぼ1周回まわる形だったので、一応、初めてのコースだけど一回はコース確認できて助かりました。

2.3時間エンデューロAM

 最初はミクサポ先頭でパレードラン。
 もう一回コース見直しながら微妙なアップダウンとカーブの曲がり具合、傾斜の確認。飛ばしどころと最後のコーナー手前の緩いのぼりをいかに攻略するかがこのコースのポイントやなと。
 パレードランが終わり、ペースが上がっていくので、そのまま体温めつつ、最初は全力走行。1周回2分弱なんで、90周回ぐらいが目標。100はさすが無理かと。

 スタートしてから、サイコンのスタート押してないことに気づいて、スタートセット。距離のリセットも忘れてたから、さっぱり周回数が分からない。。。
12946333_2284127643_110large.jpg
12946333_2284127640_134large.jpg
12946333_2284127634_26large.jpg
12946333_2284127629_118large.jpg
 コースが一周1170m何周いけるかさっぱりわからないまま、1時間ほど走って途中ダレてきて、最終コーナー手前の登りで補給開始。アミノバイタルゼリー、パーフェクトエナジーを流し込み、度インクごくごく、一息ついて再び全速力。30分おきぐらいに補給を繰り返して2時間経過。ようやく、脳内麻薬出てきて最後の一時間はちょっと頑張れたかなと。

 3時間エンデューロAMの部、男子ソロで81周回で11位。一周1170mだから、大体95kmを走破。平均速度31.6km/h。ロード勢多数の中、47人中ミニベロで11位は頑張った方ではないかと。

3.3時間エンデューロPM エンジョイクラス

 一息つく間もなく、ゴール後、すぐにエンジョイクラスのオフィシャルチーム「ろんぐらいだぁす!」の招集時間。
12946333_2284127646_171large.jpg
12946333_2284127645_60large.jpg
 ろんぐらいだぁす!オフィシャルジャージに着替えて、顔だすと、FORTUNAジャージが勢ぞろい、圧巻ですね。

 三宅先生を総監督、スーパーバイザー?に編集いしこうさん、チームスタッフにパカさん役の東城咲耶子さん、そして3チームもの人数が集まったので、それぞれ3チーム結成で、雛子さんチームリーダーはMAKINOのばんざいさん、紗希さんチームリーダーはゼンコーさんこと辻善光さん、、弥生さんチームリーダーは阿部良之さんと錚々たるメンバー。
 全体ミーティング後、それぞれのチームリーダについてコーチング。自分はばんざいさん率いる雛子さんチームの末席にということで。出走順番を決め、バイクの点検や注意点、エンジョイの課題クリアーの為の段取り等々。

 ばんざいさんに自転車も見てもらいましたが、しばらく気になってた疑問が解決。
 ハンドルしっかり握って左右に力こめて降るとどうもステアリングコラムがブレるのを見つけてもらい、コラム短めにしてステムで角度調整した方がよいとのこと。
 gaapの場合、ミニベロと言うこともあいまって、コラム長めにしてましたが、下ハン握るとぶれるのを目の当たりにしてしまい、ちょっと小改良せなと。いままだ下りの高速域でぶれるのはホイルのフレかと思っていたが、こんなところに原因があったとは。やはり素人組み立てはあかんなぁ。。。と。

 その後、試走時間でコースの攻め方とかのアドバイスを貰ったり、レース開始までにかなり有意義な時間を過ごせました。

 三宅先生にサインいただいたり、ジャージ着たまま、東城さんにサイン貰ったり。
 背中にサインいただいたのでレース終わって脱ぐまでどんなサインか見れませんでした。
12946333_2284127647_137large.jpg
12946333_2284127650_118large.jpg
12946333_2284127648_170large.jpg
 合間に食事券でおにぎりと角煮食べたり、ちょっとブース見て回ったりと。
 ここでキルシュベルクブースでLAKEシューズ見るとニパ子デザインがリリースされるとのこと。しかも午前中のレース中に発表されたって!びっくり!デザインは最終稿でなく初稿をゴッドハンドさんとこれから調整らしく、期待度が上がります。
12946333_2284127659_4large.jpg
 レース始まって、自分は第5走者なので合間に、エンジョイクラスの試練をクリアしに。

 先ずは、コントロールタワーからの全景を写真に。
12946333_2284127618_68large.jpg
12946333_2284127616_183large.jpg
12946333_2284127615_89large.jpg
 続いて、ミクサポさんと写真。
12946333_2284127613_34large.jpg
12946333_2284127614_78large.jpg
 GSR-CUP名物水浴びプール写真。
12946333_2284127609_109large.jpg
 ただプール撮るだけは詰まらんので、八墓村とのご要望でポーズ(八墓村でなくて犬神家ですね・・・)。
12946333_2284127612_246large.jpg
12946333_2284127611_176large.jpg
12946333_2284127610_2large.jpg
 BBQエリアで、マシュマロ焼いて、チョコクッキーに挟んでサモア!
 等々をクリアして周回加算を。

 ピットエリアに戻ってくると、自分のサバイバルニパ子車の隣になぜかサイクリングニパ子車が。
 記念撮影。
12946333_2284127660_65large.jpg
12946333_2284127662_15large.jpg
12946333_2284127664_230large.jpg
 また、走者はピットチェンジの際にミッションクリアーでさらに周回加算。
 
 うまい棒3本で1周(口の中パサパサ・・・むせる)
 あずきバー1本で2周(固い、モース硬度で宝石並み硬度)
 新幹線アイスで3周加算(スプーンが刺さらなく食べづらい)

 などでピットエリアも大盛り上がり。

 夕方になった自分の番がそろそろかということで、準備していると、悲報。ピッチエリアミッションの食べ物すべて完食され、もうないとorz。。。
12946333_2284127655_19large.jpg
 ここに満載の食べ物があったのに。。。すっからかん。楽しみにしてたのに(泣)。

 で、さらに、チームリーダーバンザイさんから、残り45分くらいあるけど一気に最後まで走り切ってって。。。。

 一人30分程度かとおもいきや5人チームなのですが、意外とみんな微妙に早く帰ってきてて、残り45分交代なしでって。
 ちなみに他のチームは二回ずつ走り、二回目は15分だけ全力で出し切れってことで、ピットには屍累々になってました。。。

 いや、自分は午前中の疲れも取れてるしたぶん45分くらい大丈夫大丈夫。。。。

 ということで、最終走者になってしまい、残り45分突入。
12946333_2284127620_176large.jpg
12946333_2284127619_134large.jpg
 チーム285に負けるなとの東城さん指示のもと、ニパ子見つけるたびに全力で追い越しにかかるでかなりのハイペースのまま45分。ニパ子4,5回抜き去ってやったぜ!

 20周回して、無事に終了。
 
 結果はエンジョイの加算を抜くとなんと3位!

  なかなかろんぐらいだぁす!オフィシャルにエントリーしてくる人たち、ゆるふわって言いながらエライ猛者ばかりでした(笑)

 会場出る前に話したタカオディスクホイールの方にお話し伺い、痛車の興味深いお話聞けました。タカオ愛もすごかったです(笑)
12946333_2284127653_87large.jpg
 名残惜しいですが、大阪まで帰らなあかんので、皆様に早々に辞去して帰宅の途へ。

 大変楽しい時間をありがとうございました!

 主催のグッスマさんにオフィシャルチーム段取りしてくれたauroraさん、ありがとうございました。
 三宅先生にいしこうさん、東城さん、チームリーダーばんざいさん、ゼンコーさん、阿部さんありがとうございました。

 そして、参加の皆様方ありがとうございました、お疲れ様でした。

 では、次回!っていつなんでしょうかね?

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM414枚方300km渦潮 gaap参戦記

 先日の事故で、無理やと思って行く気はなかったのですが、自転車乗ってみると意外と大丈夫そうだったので急遽、BRM414枚方300km渦潮、走ってみました。

0.スタートまで

 主力のホワイトgaapは先日の事故の為、入院中。初代ラベンダーgaapにて出走を決めたので、軽く整備。ホイルはハブダイナモにしてライト系も接続。ただしテールライトはダイナモライトがどこかで断線してるようで、付けたものの点灯せず。仕方なくテールライトは電池式を2灯セット。

 ウェアは悩み悩んで最低気温9度を信じて長袖春ジャージで。
 雨降った時もレインウェアでなく厚手ウインドブレーカーで凌ぐ作戦に。

 スタートは4:00だったので、1時起床、1時半に家を出て枚方まで自走で向かいます。

 到着してみると、風が冷たい。自走で来たので最初は暑かったので皆が橋脚に風を避けて避難してるのがなぜかわからなかったのですが、だんだん体冷えてきて、ウェアの選択間違ったかもと。
 ブリーフィング後、車検を受けて出発。

1.スタート〜PC1

 スタート時は暗い中、171沿いに西国街道を抜けて川西方面へ。
 中山寺あたりで明るくなります。
12946333_2283451108_204large.jpg
12946333_2283451106_81large.jpg
12946333_2283451105_65large.jpg
 宝塚歌劇とその横の花のみちを抜けて、蓬莱峡へ。
12946333_2283451104_64large.jpg
 日の出。
12946333_2283451103_204large.jpg
 登りで体も暖まり、船坂でいったん登り終わり。
12946333_2283451100_104large.jpg
 有馬街道のアップダウン走りながら、帰りもここ通るのかと思うとうんざりしつつ、PC1ファミマ神鉄谷上駅前(53.2km)地点に7時頃到着。
 登りで意外とヘタレてしまい、いきなりぎりぎり隊へ。

2.PC1〜PC2

 ここで軽めにホットドッグとソーセージナンで温かい補給を。

 急ぎ出発し、明石まで一気に下りかと思いきや、意外とアップダウンでやられます。

 8:30のジェノバ目指して必死こいたのですが、乗船券売り場に到着したタイミングで残念ながら船は行ってしまい9:00便まで待機。
12946333_2283451980_113large.jpg
 直後オダキングが追いついてきて、自転車おいて即補給職を大量買い。時間を無駄にしない流石です。

 9:00の船は小さい方で、もしかしたら皆乗れないかもって言われたので、おとなしく2番手で待機。5:00スタート組が追いついてきて、一杯になるも無事に明石海峡大橋をくぐり、淡路島は岩屋港到着。
12946333_2283451097_212large.jpg
12946333_2283451112_116large.jpg
12946333_2283451110_230large.jpg
 到着後、35km先のPC2まで、急ぐかと走り出すも、意外と向かい風。オダキングが前を引いてくれたのですが、しばらくして、急にお腹すいて、脚が止まり、仕方なく千切れて、コンビニで補給。キングを見習ってジェノバの待ち時間で補給食買い込み、しっかり食べればよかった。。。

 即効くジェル系と別に、ハッシュポテトにパンをお腹に詰め込んでリスタート。

 前回、淡路島小さく一周の時は岩屋から洲本まで一時間で走り切ったのでそのぐらいで行けるかと思いきや、今回はアウタートップが52t×12tの低速仕様。しかも途中から向かい風が爆風。。。

 延々向かい風に苦しめられ、洲本で寄り道考えていたけど、洲本城から先、PC2へ先を急ぎます。
 で、PC2ファミリーマートサントピアマリーナ店(115km地点)には40分貯金の11:00頃到着。
12946333_2283451987_109large.jpg

3.PC2〜PC3

 パンとチョコレートをサイダーで流し込み、補給にリンゴ一個を背中のぽっけに押し込んで出発。

 向かい風が相変わらず爆風。これはPC3でタイムアウトもありうるかもと心細くなりつつ、謎のパラダイス立川水仙境通過。1600mにわたり平均斜度8%、そんなにきつくもないけど向かい風に足を削られたので結構つらかった。。。
12946333_2283451829_58large.jpg
12946333_2283451825_56large.jpg
12946333_2283451822_84large.jpg
 水仙境から少しアップダウンを乗り越えて、海沿いの平地区間へ。
 ここで稼がないかんのに、向かい風がやまない。

 心へし折られながら黒岩水仙境を通過し、ヘロヘロになりながら福良港へ。

 ひらまつ食堂が空いてそうだったので、心惹かれながらも通過。PC3道の駅うずしお(164.3km地点)に14:00頃到着。
12946333_2283451814_128large.jpg
12946333_2283451813_143large.jpg

 道の駅の進入路でオダキングとすれ違い。貯金50分。
12946333_2283451986_134large.jpg

4.PC3以降

 道の駅でレシート、何で取るかと考えつつ、淡路島バーガーが並んでなかったので、カウンターへ行くと、待ち無、すぐ用意できるっていうことで淡路島オニオンビーフバーガー頂きました。
12946333_2283451979_167large.jpg
12946333_2283451977_243large.jpg
12946333_2283451983_182large.jpg
 玉ねぎが甘くておいしゅうございました。
 ちなみにレシートは15分くらいくるっていたけど、時間内だから気にしない。

 食べたらすぐ出発。

 ここで折り返しだからこの後は追い風ヤッホーが待ってると思って坂を下り平地区間へ。
 いい具合にの追い風に快調に走る。
12946333_2283451807_105large.jpg
 途中、いきなり右折でコンクリ○舗装でうへっ!!てなりましたが乗り越えていいペースで回していきますが、ポツポツと雨。。。

 仕方なく、途中のローソンで補給もかねてウインドブレーカを着込みます。

 雨降り出し路面もウエットになったので、追い風とはいえ慎重に。
12946333_2283451834_161large.jpg
12946333_2283451835_129large.jpg
 何とか17:20便のジェノバを目指して走るも、5分遅れで岩屋港へ。
12946333_2283451982_184large.jpg
 次は18時便となり、ここで30分以上の待ちとなりました。

 ここで一気に身体を冷やしてしまい、明石に上陸するも、心ぽっきり。。。。

 明石駅見た瞬間に右折してしまい、気が付くと輪行セットしてホームに立ちすさんでました。
 いかんいかん、主催者さんにDNF連絡。
 「あれ?明石ならまだ全然大丈夫やん?」と言われるも、丁寧の固辞してDNF宣言を受け取ってもらい帰路へ。

 実家にもともと帰る予定だったので、山陽明石から山陽電鉄で、尼崎から近鉄乗継で無事に東大阪に20:30帰還。ソッコー風呂入るも体が冷え切っており全然温もらなくて、ご飯食べてしばらくしてからようやく落ち着く始末。

 皆さんの状況も気になるも、速攻で寝落ち。
 翌日、起きて、結構の人が淡路島脱出してDNFしたことを知り、なかーま!一杯!と思いつつ、6時スタートの最終走者完了まで枚方待機の主催者さんには頭が下がります。

 ご一緒頂きました皆様がたありがとうございました。

 今回は、怪我の復旧がやはり未だということもあり無理しないが前提なのとウェアの選択ミスが敗因でした。今期は雨ブルベすべてDNFということもあり、雨天対策を今まで、万全のミートテックに頼っており、また今期は荷物減らすことにチャレンジして結局対策が打てず断念が多い気がするので、やはり気象に合わせて臨機応変に対応すべきと。。。次回、怪我治してからリベンジです。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM407川西200km 事故DNF! gaap参戦記

 神戸300,神戸200に続く、ご近所ブルベ第三弾、BRM407川西200kmに参加してきました。

0.スタートまで

 天気予報は当初雨予報だったが、前日段階では曇り予報。降水確率も20%以下。雨具はこの時点で荷物から削除。200kmだし、今回も最低限の荷物で行くことに。チューブ二本にタイヤレバー、携帯工具、タイヤパッチにタイヤブート。それと非常時の@ab_pekoさんの超軽量量輪行袋をAPIDURAフードポーチにいれて準備完了。

 天気は良いが気温はあまり上がらないようなので、ノースリーブの保温シャツ(背中放熱メッシュ)にろんぐらいだぁす!冬ジャージのセットで行くことに。

 当日は5:30起床の6:00出発。スタート地点まで自走で。

 ちょうどドラゴンランド出入り口にて、京都主催者さんが珍しくロードバイクのってブルベ仕様で居てはってご挨拶。フル装備の自転車装束の京都主催者さんを見たのは昨年の415の枚方600km試走時以来。レアですよね〜。今から次週の渦潮の試走とのこと。通り道だから覗きに来たそうです。試走お気をつけて〜。
12946333_2283160734_63large.jpg
12946333_2283160684_64large.jpg
 スタート受付済ませてご挨拶等々してると、これまたレアキャラの神戸主催者さんが。オダ近ピンバッジの補充を持ってきてくれたそうです。
 ビスコと補給食いただきました。
12946333_2283160685_36large.jpg
 ブルべカードも丁寧に袋入り。
12946333_2283160689_247large.jpg
 で、ブリーフィングを済ませ出発。
12946333_2283160732_134large.jpg
12946333_2283160730_130large.jpg

1.スタート〜PC1

 このコースは2回目だし、序盤は他のブルベでも走っているので、快調に。身体も暖まったころにちょうど西峠。標高468mまで上がります。
12946333_2283160727_68large.jpg
12946333_2283160665_217large.jpg 
 これで今回のブルベの最高峰はクリア。あと、すぐに登りかえして城東トンネル(標高407m)をクリアしたら大体OKな感じ。
12946333_2283160683_82large.jpg
12946333_2283160720_71large.jpg
12946333_2283160719_93large.jpg
 恐竜の里へ入り。
12946333_2283160717_147large.jpg
 途中、昨年のトライアルで通過チェックだった恐竜像でパチリ。
12946333_2283160716_184large.jpg
 あとはひたすら西進。向かい風きつっ!!

 結構脚をつかってPC1ローソン丹波市山南町奥店(67.7km地点)には11:00前に到着。
12946333_2283160681_247large.jpg
 3時間で70km弱。まぁまぁいいペース。

2.PC2〜PC3

 お昼には早いので次のPC付近で飲食店があればと思い、ドリンク補充だけで出発。
 北へ方向を転じたのに向かい風。。。。

 平地巡航メータ読み25km/hを維持するもきつくなってくる。距離は22.8kmなんで1時間ほどでPC2ローソン青垣町小倉店(90.5km地点)に12時過ぎに到着。
12946333_2283160680_30large.jpg

3.PC3〜PC4

 お食事処に寄れなかったのでコンビニ飯にて補充。
 軽めにして福知山で食べるのも考えたけど、この先の酷道を急ぐのも嫌なのでここで済ませて出発。

 最初は普通の3ケタ国道。。。
12946333_2283160715_25large.jpg
12946333_2283160713_32large.jpg
12946333_2283160712_239large.jpg
ここで「うん?んんん?」ってなって。
12946333_2283160707_14large.jpg
 高速道路手前で脇に入ると一変して酷道へ。
12946333_2283160703_46large.jpg
12946333_2283160701_224large.jpg
12946333_2283160701_224large.jpg
 ただ斜度は無いのでえんやこらと淡々と登る。対向車と後続車がきて、ここも車が走るんだと驚くも、抜ける道が無いから仕方ないのねなどと思いつつ、福知山との境目の榎峠へ。
12946333_2283160700_202large.jpg
12946333_2283160678_85large.jpg
軽く下ったらふつーの道に戻るので頑張ってみる。

 福知山城で写真を。
12946333_2283160698_75large.jpg
12946333_2283160697_74large.jpg
 ここで、止まる際に、何気にリアブレーキをギュッと握ってしまい、タイヤを雨でたまった路肩の砂利の上で滑らせてします。で、タイヤのゴム面がパリッと剥がれてトレッド面が剥き出しに。
 やべぇ、あと100km持つかなぁ。。。

 タイヤブートもあるし、ここで輪行して帰るのは楽やけど、諦め悪く先へ。

 何台かのロードバイクの方々に追いつかれて暫く平坦路を先頭牽かせてもらいます。
 福知山入ってからは追い風ヤッホー状態なんで絶好調で走っていきます。

 気が付くと列車が崩れて後続は二人だけ。

 まぁ、ブルベだしみなさん自分のペースもあるだろうから、そのまま待たずに進んでPC3ローソン京丹波升谷店(143.2km地点)に15時前に到着。
12946333_2283160676_71large.jpg

4.PC3以降

 次は通過チェックは30km先、残り60kmだし、ドリンク補給だけで出発。
 PC3手前から降り出した雨は本降りに。天気予報に騙されたかと。。。
 雨雲レーダー見せてもらうと、狭い範囲の雨雲と同じペースで進んでいるみたい。。。
 
 まだまだ余力はあったので、いいペースで進んで行くも体はずぶ濡れ。
 中山峠越えて通過チェックへ。

 通過チェックでアイス最中とドリンク補給して残り30kmを急ぎます。

 これはちょうど10時間切るくらいのペースだなぁと、最後のひいらぎ峠を登り切った瞬間「ぱーん!」ってパンク。

 案の定、タイヤ擦ったところでパンク。タイヤブート貼り付けてチューブ交換。
12946333_2283160696_217large.jpg
 府境でパンク修理して。
 ここから先は市街地まで下りなんで再びペースを取り戻して進みます。

 一庫ダムを抜けてR173へ。夕方の時間帯に差し掛かり、道は混雑中。

 気を付けながら進んでいたのですが、ホームセンターからいきなり出てきた軽トラ(軽ワゴン?後ろ小さい荷台の車)を避けきれず、軽トラの左角に脇腹を痛打、自転車ごと吹っ飛ばされて隣車線まで。右足を下敷きに落車して、あ、ヤバいと。後続車も来てるので、慌てて、gaapを引きずって、歩道まで逃げる。

 事故に会いました。ここで今回のブルベ終了。。。。


5.事故後

 歩道にて、gaapを立て掛け、ガードレールにもたれ掛る。

 脇腹に激痛。息が詰まる。

 即110番。

 警察に場所を聞かれる。国道沿いのホームセンター。他の目印は、店名が分からない。えーと、なんか立札が、「三ツ矢サイダー発祥の地」と。それを伝えたらわかってもらえたようですぐに向かうとのこと。救急車は必要ですか?と聞かれたけど、今の段階でどのくらい痛いのか自分でもわからないと伝えました。必要なら自分で呼んでください!警察は今すぐ向かうので10分ほど待ってと。

 保険会社にも事故の一報。

 事故報告中に警察が来てくれて、保護されました。
 雨がしとしと降る中だったので、パトカーに。

 やはり脇腹が痛い。動けない。警察が救急手配をしてくれました。

 パトカーで待機中に主催者さんに電話してDNF連絡。
 ここでBRM407川西200kmは残り3〜4キロを残して終了・・・・。

 とりあえず、心配は自転車。
 放置するわけにも行かず、救急隊員がきて、自転車も病院まで運ぼうか?とも言ってくれたんですが、警察が、現場検証に預からせてとのことなので、お願いして、最悪はホームセンターに地球ロックを依頼。

 人生初救急車。
12946333_2283160672_97large.jpg
 運び込まれるも、担架に腰かけてから、寝転んでと言われると激痛で寝ころべない。
 支えてもらって何とか寝そべって、痛いところのチェック。

 左肩、左腕、左小指と薬指の痛み。指は根元が腫れ上がり大変なことに。
12946333_2283160670_56large.jpg
 次に靴脱いで足のチェック。右脚脛を触られて瞬間、自分でもびっくりするくらいの悲鳴。
 何事?っと思うと、右脛、弁慶の泣き所がCW-X越しでも分かるくらい腫れて膨らんでる。

 救急隊員が、切っていい?って言われて、止めて!これ結構なお値段するねん。痛いの我慢しながら、救急隊員に補助してもらって全裸プレイ。。。レーパン下はノーパンなのがここにきて改めて恥ずかしい。

 脱いだら、右脛は出血あるが開放性骨折はないけど、腓骨は折れてるかもって。
12946333_2283160669_224large.jpg
 脇腹は肋骨逝ってるかもって。
 帰って反射ベスト見たら脇腹に衝突痕がくっきり。
12946333_2283160667_35large.jpg
 受け入れ先が見つかったので、そのまま病院へ。

 全裸でベッドへ移り、紙おむつとパジャマ借りてしばらく待機。
 救急隊員さんにお礼を言って、病院に引き継がれました。

 病院ではレントゲンとCT撮影。

 結局、指、肩、右脛は打撲はあれど骨折は無。
 ただ、肋骨は6番、7番折れてるとのこと。
 
 指は腫れがひどいので添え木(添え鉄?)で固定。
 肋骨は、太いマジックテープ付のバンドで固定してとりあえず一息つきました。

 警察に連絡取ってみたところ、gaapは回収してもらい、警察署に保管していただいているとのことなので、警察へ向かうことに。よぼよぼですが、駅まで歩いて電車乗って警察まで。

 無事に自転車引き取って、いろいろ聞かれて終了。
 捜査担当の方は自転車通勤されている方で理解があって話早かったです。

 さて、どうやって帰るかということで、保険のロードサービスを利用して帰宅。

 家族に心配かけてしまいましたが、何とか帰宅。

 しばらくおとなしくしてますね。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM331倉敷400㎞さよなら三江線 gaap参戦記

3月最終日、JR三江線最後の日、倉敷発のBRM331倉敷400㎞さよなら三江線に参加し、三江線の最後を見届けてきました。

0.スタートまで

 急に暖かくなり、桜がこの週末で満開となりそうで、ここは家族とお花見に行くべきかだいぶ悩んで出走するとの判断は前日。
 慌てて用意です。
 天気は好天。但し気温が22度から0度までと寒暖差20度はあるとの予報、ウェアーの選択に悩みます。
 冬ジャージにノースリーブのインナーで行くか、冬インナーで春ジャージで行くか。 今年の取り組みはリアバッグなしで最小限荷物でどこまで行けるかなんで、ここは悩みどころ。
 結論は、ノースリーブの表厚地に裏メッシュの春用体幹を冷やさないアンダーに、冬ジャージ、手袋は指ぬきに、春用薄手の指ありの二枚重ね。
 足元はシューズカバー装備。これは耐寒というより安全装備。シールスキンズのネオプレーン素地のシューズカバーですが踵にLedライトが装備できる優れもの。 あとは薄手のウインドブレーカーを背中ぽっけに。
 ろんぐらいだぁす!反射ベストを装備。
 服装はこんなもん。
 装備はAPIDURAフードポーチをステム左右に装備。
 携帯工具とチューブ4本、補給食入れて、リアサドルにL100軽量輪行袋装備で。 スタートが8:00なので4:30起きで始発にて輪行移動。
 7:08新倉敷着 北口へ降りていくとすでに参加の皆様方が。
 皆の注視の中、輪行解除。こっぱずかしい。
 S井さんにご挨拶してると、マヤさん登場。遠いところ、ご苦労様です。 主催者さんに電話あり、某女史がスタート地点間違えて倉敷駅にいるらしい。。。
 後に聞くところによるとY田さんも倉敷駅にいたらしいww
12946333_2282461271_182large.jpg
12946333_2282461269_117large.jpg
 ブリーフィングから車検をしてへて8:00組スタートと。

1.スタートからPC1

 スタートしてしばらくはちょっとアップダウンのある農道。我慢の子で乗り切り、蛸村峠乗り越えて平地区間へ。
12946333_2282461268_33large.jpg
 謎の嫁いらず観音。
12946333_2282461267_201large.jpg
 広島県突入。
 早々に通過チェックセブンイレブン神辺上御領店(33.6km地点)に9:30頃到着。まぁまぁ、いいペース。帰り道はここが最終PCとなるので記憶と。ここでは序盤だけど一応補給。サイダーにホットドッグにから揚げ棒。序盤に食べれる油ものをしっかり食べておく。
 休憩には早いので早々に次に進みます。
 じわじわ上って標高408m。一瞬下って、上り返して上下の街に入ってPC1セブンイレブン府中上下店(78.1km地点)に12:00頃に到着。

2.PC1~PC2

 おにぎり2個に唐揚げでお昼ご飯。
 今回、札入れの長財布忘れて手持ち現金3千円のピンチ。
 グルメはあきらめ、ICOOAチャージの電子マネーで乗り切ることとなりました。。。 地図上でルート確認すると、上下の街は旧道を往きは通り帰りは新道側らしい。
 12946333_2282461255_173large.jpg
12946333_2282461253_206large.jpg
12946333_2282461246_143large.jpg
 なんでかなぁと思うと、旧道に入って納得、旧道側は宿場町の街並み保存されておりきれいなもので、昼間ならこっち通らんとということでコース設計の主催者の心意気にちょっと嬉しくもなりますね。
 上下の町を出るところ。分かれってブランチなの?
12946333_2282461245_187large.jpg
 ダーッと下って、一回上り返して尾道自動車道をくぐって、三良坂の街境で上ってからは一気に三次の市街地。
 三江線の始発駅三次駅のロータリーをかすめてPC2ファミリーマート三次市役所前店(111.6km地点)に13:40に到着。

3.PC2からPC3

 ドリンク補給と暑いのでガリガリ君補給。
 温泉まんじゅう味!!
12946333_2282461338_57large.jpg
12946333_2282461336_217large.jpg
 三江線沿いに進んでいきます。
12946333_2282461229_29large.jpg
12946333_2282461226_217large.jpg
 線路沿いの道なんでなかなか細くて走りにくい。しかも三江線最終日なんで意外と人出が多い。
 車すれ違いの出来ない箇所が多くて、「対向車来ます」センサーがあちこちに。
 しかも走行中レベル4の落石注意の看板があちこちに。
12946333_2282461205_122large.jpg
 何時ぐらいに車両が通るのだろうかと気にしながら走っていると、手を振るスーツ姿の怪しい人影。
 主催者さんでした(^^;)
 シークレットということでブルベカードにハンコ頂き、ついでに差し入れのもみじ饅頭頂きました。
12946333_2282461219_186large.jpg
 ゴール時間は9時頃予定で10時には電車乗って帰りたいとお伝え。 
 雑談しているうちに、この先10分程度で三江線が通過とのことなんで出発して、撮影スポットで待機。
 最寄りの駅ではイベント開催。多くの人で賑わっていました。なぜか甲冑姿で法螺貝が聞こえましたが。
12946333_2282461218_124large.jpg
 三江線の列車の雄姿を記念に納めてきました。
12946333_2282461208_191large.jpg
12946333_2282461210_250large.jpg
12946333_2282461326_92large.jpg
12946333_2282461315_97large.jpg
 江津へ向かう列車を見送ってから再び線路沿いに。130km地点くらいから線路外れて軽く登って島根県へ突入。
12946333_2282461204_77large.jpg
 降って、再び三江線口羽駅付近へ。この時点でまだ余裕時間の判断がつかなったので先へ進み、再び三江線から離れます。 145km地点で一旦ストップ。時間貯金は2時間。
 ここからは3.2km寄り道、往復6.4km。一時間あれば戻ってこれるとの判断から、県道292号にて一路宇都井駅を目指します。
 軽く登って、下り始めて、あれ、結構な勢いで降っていくぞ、これ?戻るのやばくないと考え始めるころにはスピードついてもう遅い。。。
 相当降って、天空の駅、宇都井駅到着。 
12946333_2282461193_179large.jpg
 まずはホームへ続く階段へ。
12946333_2282461190_237large.jpg
12946333_2282461312_228large.jpg
12946333_2282461310_115large.jpg
 一気に階段駆け上がって、記念撮影。
12946333_2282461304_235large.jpg
 とってくれたおじさんありがとう!
12946333_2282461284_108large.jpg
12946333_2282461282_196large.jpg
 記念にノートに一筆と思いましたが、鉄オタ的な人達が黙々と複数のノート占有して書き綴っているので割り込めず断念。。。 時間もあれやし、早期撤退。
 降りると駅の下はいろんな出店が。
12946333_2282461187_215large.jpg
 トミーテックさんはジオラマ持ち込んで本格的でして、なにかエライ人が来てるとかで現場の営業さんが大騒ぎして張りました。
 しかしながら来ていて良かった宇都井駅。
 この先、観光資源として地元に譲歩されるようなのですが、維持管理含めて方針が決まっておらず、立ち入りが出来るかは未定とのことで、4月1日以降、駅構内(階段から先)は登れないんだって。ラストチャンスにホームまで上がってよかったです。
 で、元のルートに戻ると。
 激坂。。。内装ローギア一杯まで初めて使いました。 ヘロヘロになって、元のコース復帰。
 ロスは一時間くらい。
 157km地点の峠を越えて、一気に下ってPC3ローソン・ポプラ川本因原(171.7km地点)に17:40に到着しました。

4.PC3~PC4

 ここでは塩おにぎりとホットドッグ補給。
 マヤさん、到着。
 ここまでの長い下りで、帰り道、これ登るのもういや!って言って江津でDNFするって。。。標高は300mくらいで大したことないけど、距離15kmだらだら上るかと思うとまぁ、気持ちは分かりますが。
 次は江津まで。
 この先の江の川の桜が綺麗で写真納めたりいてるうちに余分に時間を食っちゃいました。
12946333_2282461183_185large.jpg
12946333_2282461367_103large.jpg
 列車にはどこで遭遇するか分からないので先へ急ぎます。
 180km地点で反射ベストの方が。おそらくは先頭とすれ違い、ということは40km差。
 はえーと思いながらもこちらも急ぎます。

 大きな道を外れ三江線沿いに、日も暮れて真っ暗ですが、写真スポットらしきところには撮り鉄の方々が。
 スタンバイし始めている方もいてて、そろそろ来るかなと思って走り続けていると汽笛の音が。
 待ち構えていると列車がやってきます。
12946333_2282461364_148large.jpg
12946333_2282461361_240large.jpg
 見届けつつ、見送ってから、江津へ向かいます。

 PC4折り返し、ローソン江津嘉久志町店(202.6km)移転には19:15頃到着。

5.PC4~PC5

 デニッシュパンとカップヌードルごはんで補給して、江津駅へ。
 列車はこの後、21時の最終の入線のみですが、最後を見届けに来たお客さんでにぎわってました。
12946333_2282461357_99large.jpg
12946333_2282461355_172large.jpg
12946333_2282461352_25large.jpg
12946333_2282461353_135large.jpg
 駅を見届けてから、出発。

 再び来た道を戻ります。

 折り返しなので9時スタート組とすれ違いながら暗い夜道をえんやこら。
 登りでウンショと言ってるときに多分マヤさんとすれ違い。江津で無事に帰路につけたのでしょうか?

 細い三江線沿いの道から国道に戻ってペースアップ。
 
 三江線とは江の川を挟んで対岸に。
 暗闇の中、走っていると汽笛が。

 最終列車が江の川向こうを走っているようです。
 姿を観る事はできませんでしたが、最後に汽笛が聴けて大満足。

 再び、PC5ローソン・ポプラ川本因原(233.5km地点)に21:15頃到着。

6.PC5~PC6

 暖かい系の補給をしたくて、ナンロール丸ごとフランクを温めてもらい補給。
 ではここから15kmほどだらだら登るかと観念して出発。

 この区間、行きと同様、60km無補給区間なので、持参の補給ジェルを3個活用しつつ登っていきます。
 ただし、行きと違って三江線最終の後なので三江線沿いを通る必要はなく、最初の15kmの登りを我慢したらあとは道路幅もあり整備されたR54で峠一本少なく、平たん路を一気に駆け抜けれます。
12946333_2282461343_149large.jpg
 広島県に突入して、再びPC6ファミリーマート三次市役所前店(292.3km地点)に日付も変わって4/1の0:30過ぎに到着しました。

7.PC6~PC7

 カレーメシのキーマカレー版で補給。
12946333_2282461278_169large.jpg
 ここのファミマは小さいながらもイートインがあり助かります。
 
 次の区間は三良坂の町境の峠と尾道自動車道のところの峠と2か所攻略。
 この辺りで大体ペース合うメンツ4人ぐらいでパックになって進みます。

 上下の街に入って、ようやくPC7セブンイレブン府中上下店(325.8km地点)に3:00前に到着しました。

8.PC7~PC8

 補給的には足りてるのでブドウ糖補給にラムネ菓子をポリポリ。
 あまりに寒いのでウインドブレーカーを装着。
 この時点で、気温は4度くらい。

 完全にウェアーの選択間違えました。

 缶コーヒーで身体温めてから出発。

 この先一回、上下の町境まで登ってから降っていくのですが、登りで身体が温まったせいか、下りに入ったら急に眠気が。
 ヤバいヤバいと思いながらも睡魔は止めれず。下りで結構な速度域の中、後続3名を巻き込んで自爆するわけにもいかん。

 どこかで身体冷やさず休めるところって走ってると、明かりが。
 皆には先を譲り、コイン精米へ入り15分だけ横になって仮眠(よい子はまねしちゃいけないよ)。
 
 ちょっとマイクロスリープに入れたのか、眠気は少し取れて、先へ進みます。

 グダグダになりながらも最終PC8セブンイレブン神辺上御領店(370.3km地点)に5:30過ぎに到着。

9.PC8~GOAL

 残り34km。ドーナツとコーラで補給。眠気覚ましに飴ちゃんかって出発。
 最後の行程は農道のアップダウンが最後に合って辛いよって主催者の弁。
 行きしにそうでもなかったけど帰り道は脚が売り切れてるから辛いかな?などと思いつつ走っていきます。

 蛸村峠を越えて農道に入って、アップダウン。身構えていたので何となくクリアー。

 このペースだと23時間台でゴールできるかと思って、最後GPSの残り距離表示とにらめっこしながら進みます。
 一緒にパックで走ってきた地元組と四国組がコンビニに吸い込まれていきましたが、こちらはもう残り10kmないし先へ。
 最後の阿南トンネルの登りをクリアして、ゴール地点へ。

 無事にゴール地点セントイン倉敷(404.4km地点)に7:38到着。
 ちょうど、外に主催者さんがいてくれたので、ゴール受付して23:38で完走となりました。

 オダ近ピンバッジ400kmも無事ゲット。
12946333_2282461275_128large.jpg
 これで残るは200kmと600km、1000kmを残すのみ。
 近畿SRにはまだ200,600が残ってますが、SRには残り600kmのみとリーチかかりました。

 今回はコース的には楽なコースで楽しく苦手な400km走れました。
 しかも三江線ファイナルというイベント付きで。

 今回のコース組んでくれた主催者さんに感謝感謝です。

 ご一緒した皆様もありがとうございました。

 帰り道、神座のラーメンで塩分等補給して帰宅。
12946333_2282461273_149large.jpg
 ここでお店にお土産忘れてしまって、後でもう一回行ったのは内緒だ!(お店の方、有難うございましたm(__)m)。
 
 では、次回は川西200と渦潮300と続けていきますよ。 

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

BRM321神戸200km Granfondo Stage.1 gaap参戦記

ご近所出発ブルベの第二弾、BRM321神戸200km Granfondo Stage.1北摂・六甲に参加してきました。

お題の通り、神戸発のグランフォンドシリーズ第一弾、200kmなのに獲得標高4000mを超えるとんでもないコースですが、ご近所ブルベなので出走せざる得ないという事で、DNF覚悟のご記念受験ならぬご記念出走と相成りました。

しかし、天気予報が無慈悲にも当日、全てのエリアにおいて降水確率90%の雨天予報。気温も10度まで上がらず最低気温は2度程度。標高高いところは0度程度の予想、厳しい戦いになるなぁと。

0.スタートまで

 今回は、山岳ブルベということで、ここ最近メイン車両としているローロフ内装14段のgaapでなく、外装でカーボンフォークを付けた軽量化したレース用gaapでの出走としました。

 山岳対応にフロントは52-39-30のトリプルを実装。リアは12-30tの乙女ギアを実装。
 バッグ類もすべて外し、フードポーチにチューブ一本、ツール、タイヤレバー、@ab_pekoさんの超軽量輪行袋のみもっていくことに。

 服装は冬用上下に雨具は無し!!

 濡れても芯まで冷えなければ大丈夫との判断で、上はガールズ&パンツェーのウインタージャケット(これが、実は 耐水圧:10000mmの高機能ウェア)にインナーにファイントラックのレイヤー1長袖にアンダーアーマーのアンダーアーマー コールドギアを装備。
 下はメリノウールのウインターソックスにCW-Xの冬用防風モデルにビブタイツで。ネオプレーンのシューズカバー装備。
 手袋は防寒テムレスを装備。

 あと、上下サイクルジャージには、装甲騎兵ボトムズAT09スコープドッグレッドショルダーを着込んで出撃。

 少しでも濡れたくはなかったので、輪行で灘駅からスタート地点に。

 スタート地点着くと、「ほんとに来はったんや!」とお褒めの言葉をいただく。
 7:00スタートー組は8人のみ出走。
 7:30組もちらほらしかいない模様。

 昨晩のうちに主催者にDNSメールがスパムメールのように届きまくっていたらしい。

 まぁ、すでに土砂降りの雨の中、走る方がどうかしている。
 集まったのは頭のネジがぶっ飛んだ方々のみなので、逆に主催者的には安心かもしれない。
 120名エントリーで最終的には32名が出走だったらしい。
 と、思いきや、ブリーフィングで初ブルベの方がいてたのがびっくり。神戸発着で200kmの言葉に惹かれて来たかも知れんけど、それは無謀では。。。

1.スタートからPC1

 ブリーフィングに車検を受け、出発。

 先ずは再度山へ。ダンシングでぐいぐい登っていくのは三船さん。もちろん付いていけるわけなので自分のペースで登っていきます。
 最初はえげつない斜度。
12946333_2281864231_194large.jpg
 途中も結構キツイ。
12946333_2281864232_240large.jpg
 でもまぁ、冷えた身体温めるのにちょうどよい。ちょっと負荷大目に漕いで行って最初のチェックポイント再度公園入口にて写真。
12946333_2281769816_141large.jpg
 ここで気づいたのですが、荷物減らしすぎて防水カメラ忘れた。。。
 スマホ頼りになるので、浸水の憂き目に合わんように気を付けなければ。

 ちょびっと残りちょっとを登って標高437m地点、降りに入っていきます。
 下りはいるといきなり寒い。

 しかも、掌がなぜか冷たい。
 どうやら、防寒テムレスが浸水しているみたい。
 今までどんな雨でも一切の浸水が無かったのに、なぜ。しかも外側でなく手の平側。どうやら長年の仕様で掌側が摩耗して微小な穴が開いているみたい。
 そういえば最後に使ったの昨年11月の冬王滝。落車も数回してるし、穴開いていてもおかしくない。。。
 こうなるとテムレスはその耐水性能からえらいことに。中に入った水が抜けず、指先まで雨水でチャプチャプいう羽目に。

 信号とかで止まるたびに手を挙げると、水がドバっと流れ出てくる始末。

 次のPCでビニール手袋買うしかないかと諦めて、アップダウンを繰り返しながら最初のPCへ。

 PC1ローソン西脇高松店(51.5km地点)には10:30頃到着

2.PC1〜PC2

 運よくここのローソン、テムレスが売っていたので、インナー手袋とともに購入。
 寒さに負けぬよう肉まんとおにぎり、コーラで補給。

 手をよく乾かして、準備していると、若者が一人、ガタガタと歯を鳴らしながら震えている。
 大丈夫かと聞くと、低体温になってしまい、もうDNFするとのこと。
 帰りの手段はと聞くと、親御さんが近くに車で来ているとのことなのだが、あいにく、携帯が水没して連絡中に切れたらしい。居場所は伝えたので待っているらしいのだが、番号がわかるならかけてやると言ったが親御さんの携帯番号までは覚えてないらしい。とにかく、食べれるなら暖かいスープとか飲んで芯から暖めた方がいいよと助言しておいた。ローソンに何やら電話がかかってきたようだから、大丈夫だろうと判断して、こちらは出発させてもらった。

 ここから黒石ダムまでは緩やかな登り。
 淡々と登ってクリアして。通過チェック写真をおさめます。
12946333_2281769815_33large.jpg
 下ってこのままここから先はほぼ平地のサービスステージ。
 調子よく時間稼ぎに飛ばすも、じわじわと微妙な向かい風に体力を削られ、途中、古市でちょびっとコース外れて、ローソンで昼ごはん。カップヌードルご飯にデニッシュパン、チョコレートと大量にカロリー補給。

 この先篠山抜けて大体平地。カロリー補給したはずなのに脚が回らず。仕方なくアウタートップで漕いで行くも、山岳向けにF52t×R12tしたおかげで20インチタイヤでは速度が上がらず失速するだけ。うーん、どうも先日の大洗での献血道した影響か。負荷高めても、どうも力に繋がらず息切れしてしまう。中3日で血液量は回復しないなぁと実感した次第。

 出来うるだけの速度で何とか天引トンネル超えてるり渓入り口。
 ここからるり渓温泉まで登りだが、以前にロングテールで登り切ってる道だし、まぁ、そこそこでクリア。るり渓温泉にて通過チェック写真。
12946333_2281769814_25large.jpg
 ここからは高速ダウンヒルにて一気にPC2へ。

 PC2ファミリーマート能勢町栗栖店(127.6km地点)には15:30頃到着。

3.PC2〜PC3

 ここでは途中チェーン切れの方や、パンクでタイムオーバーの方も。
 自分も貯金30分ではこの先の大野山や六甲山は厳しい状態。DNFも頭をよぎり悶々。。。
 ここで曲がらずまっすぐ降れば一庫ダム抜けてそのまま川西に出て自走帰宅も簡単。

 だがW島さんが果敢にお先と進んで行くので、こちらも行くかぁ!となってリスタート。

 南山の府境超えて下って猪名川方面へ。天文台への登り開始の一方通行の斜度見て、ここで今回初めてフロントをインナーへ。アウター縛り解除でもくもく3km登ります。うーむ、道には落石が一杯で斜度もきつく、しっかりコントロールしないと後輪が滑りそう。必死に登って天文台へ。

 ここでフォトコントロールだったのが、スタッフでI上さんとM女史が待機してくれていて、有人チェックで。
12946333_2281769812_155large.jpg
12946333_2281769810_210large.jpg
 M女史、写真ありがとうございます!

 標高700mの寒く雨の中、待機してくれていて、ありがたいことです。
 正直、ここでタイムオーバーっぽいのでたぶんDNFするよって宣言しつつも、とりあえず降らないと帰れないので、リスタート。

 ここの下りがヤバかった。斜度もあり、ブレーキ握りっぱで降る羽目に。最後の方は握力尽きてきてホントコースアウトしそうで、へっぴり腰で下りでまったくスピード出せずに元のコースに復帰。PC3までは下り基調の平坦路なのでここはアウタートップでガシガシ漕いでクローズ2分前、18:00にPC3 ローソン 猪名川町川床店(158.1km地点)に到着。

4.PC3〜

 時間内にはPCに間に合ったが、補給してるうちに借金状態に。
 この先、山越えしてGOALに間に合う可能性は全くないのでとりあえず主催者さんに電話入れてDNF連絡。六甲山頂でGOAL待機は寒いとのこと。ホント、寒い時期の有人対応は大変です。主催にはホント頭が下がります。

 さて、ここからショートカットして川西方面に行くかとも思ったが、最寄までコース上で帰れるのでそのままコースをトレース。途中、新名神のとこで道間違えたけど、多少のアップダウンをクリアして宝塚の生瀬まで到着。

 ここまで来たらあと20kmやけど、流石にハニー坂に六甲山と登る気力はDNF宣言している以上なく、武庫川沿いにあっという間に進路転換。

 暖かいお風呂に突入したのであった。

 ということで200kmブルベでまさかのDNF、200kmでDNFしたのって昔、宇都宮の山岳シリーズで日光での200でのパンクでまさかのPC115分間に合わず以来かも。あの時ブルベ初めて2年目、あんまり成長してないってことですかね。山岳というか、登りがやはり弱い。しばらく週末は六甲山錬して鍛えないといけませんね。次のGranfondo Stage.2は300kmになってもっとヤバいコースみたいだし。頑張りましょう!

 ちなみに今日、気づいたのだが、サイコンとして使っている例のバルブ型パワーメータ―専用のサイコンがどうも浸水で壊れたようで。ボタン押して音はすれど、画面がつかない。。。しかも、テールライトに使っているウインカー機能付きテールランプ「nubeam」も水没死亡。。。雨ブルべは電子機器の耐久性も試す場になりますねぇ。。。

小径車でブルベや王滝ってとこに男意気を感じた方は↓↓をクリックwww
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロングテールバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
プロフィール

ambassador_spock

Author:ambassador_spock
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR